2070年の自分に出会う話。

おはようございます!!
あああ。
疲れたわーーー。

昨日ね、すっごくパソコンの調子が悪く。
んで。
なんかもう、見たコトもない怪しい画面が出てくるし。
普通に情報得ようとクリックする度に、
「アブナイ!!」
的な警告が出るし。
パスワードも受け付けないし。
何もかもがヘンでした。



ぐわああああ~~~ッ!!
メンドクサイ!!
パソコンの、ばかー!

と、イライラしながらふと。
パソコンの画面の右下に、見慣れない数字を見た。

うわああああ。
日付が、
2070年3月

になってたわ!!
時刻も全然違う!!

ぎゃあああああ。
どおゆうコト?
なんかその日付に合わせて、セキュリティも、キレた設定になってたらしく・・・。



んで。
まず西暦を直そうとしたのね?
そんだら。
手動で直すんよ??
一個ずつ数字を戻してさ。

2016まで戻してさ。
それから日付や時刻も手動で直したのよ。
電波時計風じゃなくて、一個一個ね?
「戻る」のボタンでね?
行き過ぎちゃってまた戻したりしながらね?
どんだけ手動なの?


どおゆうことかしら?
ネットって何?
パソコンとは何かしら?
みたいな不思議な気持ちになりました。



んで!
日付を現代に戻したら、にゃんと、パソコンの調子も戻ったのよ!!
どおなってるの我が家のパソ。
なんてアナログな男!!(うちのパソコンは、オス)

インフルエンザを、へそのゴマとチチンプイプイのおまじないで治したような。
そんな、気分だわ!


というワケで。
2070年の未来から戻ってきました~~\(^o^)/

時空の歪みのシワザでしょうか?


2070年・・・。
そこは、意外にも、きわめてアナログな、『基本に戻ろう』みたいな世界でしたよ?
そしてね。
うるさいほどに、過剰に警戒心の強い時代かもよ?


「この情報危ないかもよ?」
「このコンテンツには怪しい何かがしかけられてるかもよ?」
みたいな警告が、超うるさかったです。
『過保護はウザい。』
と、心から思いましたわ。

だってさ。
和田アキ子の、紅白落選記事でさえ、気楽に読ませては、くれないんだぜ?
いちいちね?
「危ないかもよ?」
「気を付けて!」
って、うるさかった。

和田アキ子が、その記事に、何かをしかけたとでも言うのかしら?
その記事をクリックすると、
「和田を出せ」
という一票として、NHKに投票されてしまうような仕組みとか?


おおお!!コワヒ!



私が経験した未来社会には。
「君の名は」みたいな、素敵な出会いはなかったっす~~~。




それにしても。
2070年か・・・。

私が104歳の年かい?


もしや。
そこが私の寿命とか・・・?
未来から教えに来てくれたの?
「キミは104歳まで生きるよ!」
ってか?
うわああ。
スターウォーズみたいにステキなお話・・・・・かな

予想寿命が、長生きすぎだわ



2070年3月。
その日、きっと私は、最後のブログ記事を書きながら。
時空の歪みによッて、54年前、2016年の自分に出会うわ、きっと。

そして。
104歳から見たら、50歳なんて未熟で未熟で。
ついつい老婆心から、
「気を付けて!」
「危ない!」
と、お節介をするに違いないわ。
きっと昨日のパソコンのウザさは、あれは、104歳の私の心だわ!


そしたら、50歳の自分に、
「あああ~~
ウザい!」
と、反抗されて、頭にきてカッカしたところで、104歳の私の脳血管が切れ、あの世に行くのだわ。

「私の名は。
私の名は、こぶりんば~~!!」
と叫びながら。



あ。
これね?
打ち間違いじゃないからね?

こぶりんば。
こぶりん婆=こぶりんばね?

「こぶりんぼ」から、「こぶりんば」に、改名するわね?100歳の日にね?
ば行変格活用するのよ?
分かる?
私も昔は、「こぶりんび」だったんよ?、こぶりん美ね?
そりゃあキレイでな。
毎日段ボールに一箱分のラブレターをもらったもんさ?

ところがさ。
子供を産んだらあら不思議。
こぶりんぼになっちゃってさ、こぶりんボンクラね?



な~~~どと。
104歳になったら。
誰も知らないのを言いコトに、自分勝手な、過去美化はなはだしい思い出話をしよう。
美女だったことにしておこう。


104歳なら、許されるじゃろ。
つーか、自慢したって、フガフガしてっから。
何言ってるか、誰にもわからんじゃろ。


まあとにかくそういうワケで。
あと54年、ブログが続きますように。by:鼻水記(ハナミズキ)





にほんブログ村

太い女の家計管理は、ずさんです。

こんばんは~~♪

深夜にこっそり起きてる、不良母でございます。
てゆうか。
昼間にこっそり寝てるから、こうなる。

ま、いいや。

今日ね。
病院で検査の日だったんです。
んで。
財布の中には3千円しかなく。
こりゃあ無理だべナと思った私は、夫に万札を2枚もお借りして、病院に向かいました。

何の検査か?
えええ~~~と。
高血圧の治療の一環??

心電図とったりとかさ、レントゲンで心肥大の状況調べたりとかさ。
血液検査したり。
なんだか、動脈の硬化具合を調べたりするのさ。


んでもね!
最低最悪なコトあった・・・。

私ね。
「痩せた」と思うまでは体重計らない主義なんですよ?
だってさ。
思いがけず重い体重が出ちゃったらさ。
血圧がバカ高い私はショックで脳卒中行っちゃうかもじゃん?

だからまず順序として、
①痩せる

②計る
という手順を踏みたいわけ。

だから普段なかなか計れずにいたわけね?
彼女ったら、痩せてくれないからね?←他人のフリ



なのに。
「検査」の罠

予告もなしにいきなり体重計に乗らされた!
しかも!
私としては、身長を測ってるつもりだったの。
身長計だったのよ!
そんだら!
体重計を兼ねていたの。
気付かなかった~~~。


しかも!
言い訳させてクダサイ!

私ね。
尿検査もあると思ってたから、トイレ我慢してたんよ。
だから少々体重が重く出たと思うの。
おそらく。
膀胱内には、3kg分くらいの水分がたまってたかもしれないよ?

あ。
あとね。
タイツ履いてた。
厚めのタイツだからね、2kgくらいあるかもしれないよね?
ですよね?



という言い訳が、空しく胸の中をこだまする・・・。
あああ。
言い訳とは、なんと見苦しいものでしょうか。



あああ

体重・・・・知ってしまいました。←普段から知れ。ですけども。


私がね。

「あああ。
最近また太ったから、〇〇kgくらいになっちゃったかも~~
まだ計れないわ~~」

と思ってた、その、〇〇kgより、5kg、重かった


そしてついでに、インフルの予防接種して、そして万札が1枚消えた。
あああ。
こんなにショックを受けるならば、検査なんか受けずに、美味しいモノ1万円分食べればよかった!!

という、デブ的発想。
なんでも、「美味しいモノ」に換算する。

アラあなた。
美味しいモノがそんなにお好き?
んで、オタク、また2kgくらい太るおつもり?
オホホ。
愚かなヲンナ!!

また、他人のフリしてみた。


あああ。
そうそう。
今日はこんなデブネタじゃなくて、清く正しい「家計簿」について、書く予定じゃったわ!!


あのね。
この前ネ。
コメント欄で仲良しの、お若きステキ主婦、SKR様から、
「家計簿付けてますか?」
っていう質問をされましたン。

えッ?!

私に聞く????
ナゼ・・・?


と思ったのですが。
その場では
「その話は後ほどね」
と、もったいぶってしまった私がいます。
バカでした。


だってね。
答えはたったこれだけ。

「付けていません。付けたコトはありません。今後付けるつもりもありません。」


なんだもの~~~~

やだんもう。
私が家計簿付けるだなんて。
豚が家計簿付けるくらい、意外性あるわよ~~~。

と、体重に対する自虐性が、止まらない。


とにかくですね。
私は家計簿は付けないです。
理由は、「それが私の生きる道」だから。


家計簿を付ける人。
家計簿を付けない人。
ブログ書く人書かない人。
ツイッタ―やる人やらない人。


色々いていいよね?
みんな違ってみんないい、よね?


ちなみに。
家計簿はつけませんが、節約はします。


私の節約の基本は、

・旅行(レジャー含む)しない。
・極力、買い物行かない。
・ブランドを好まない。
・デブは何着てもデブだから、服もバッグも買わない。
・振り込め詐欺にひっかからない。

の、「五ない主義」でしょうかね?


ちなみに。
我が家は、夫のお小遣いも決めてない。
貧乏だけど、無制限。
そんな夫は、

・タバコ吸わない。
・酒飲まない。
・パチンコしない。
・趣味がない。
・仲間とつるまない。

の、「5ない男」なので、大丈夫。
でもね、実は靴ヲタク。

私もB’zヲタク活動にはお金もかかるので。
夫の靴ヲタク活動は、温かい目で見ていますよ♪うん。



という。
どこの誰にも参考にならない、
我が家の家計管理術
ですた。
あ、そもそも、管理してないか・・・。



なんかね。
貧乏だと太るんだって?
炭水化物が安いから。

あああああ。
確かに!!!



にほんブログ村






お久しぶりです。決まりましたが折れました。

お久しぶりです~~ヽ(^。^)ノ♪


さあ、何から話そうか。


と言いたいくらい、お話ししたいことがてんこ盛り!!
ああ。
この「てんこ盛り」ってゆうのは、最近息子が古い「トリコ」にハマってるので。
その登場人物の口癖なんですよ~~。

アレですな。
口癖とゆうものは、結構うつるものですな。

まあ。
山ほどのお話ししたいこともですな。
雑事に紛れて書かないでいる間に、すべて、忘却の彼方にすっ飛んで行くものであります。


現に。
私の人生を賭けた恋も。
死にたくなるほどの失恋も。
かわいすぎた我が子の新生児期の香りもしぐさも。
一生忘れるものかと誓った、夫婦間の愛憎も。


あ~~~ら。
何だかどれもこれも、あんまよく憶えてないワ。
憶えてるような。
忘れてるような。
どうでもいいような。
不思議な気持ちです。


というワケで。
文字に刻む
ということは、本当にですね。
人類の最大の発明と、言えるのではないでしょうかね?


・・・・と言うわりには、くだらんこしか刻んでないとゆう、悲しき我が身。
大根でも刻んでた方が、有意義じゃね?

あ。
でも、大根って、そうそう「刻む」食材じゃあ、ないっすね。
刻むと言ったら。
ネギ?
ミョウガ?とか?


とにかく。


私が最近、
「あ、これ、書かねば!
書いとかないと、流れちゃう!忘れちゃう!」(まあ、だから誰が困るわけでもないが。)
と思ったことを、述べさせていただくならば。

①末っ子の発熱
②オラのPTA活動のご様子
③末っ子の再度発熱
④三男の発熱
⑤私の登場曲が決まった(→前記事参照)
⑥プロ野球ピッチャーを目指すならまず、背番号を決める必要があったことに気付き、熟考の末決めた。
いや、目指してるわけではなかった。失礼!!!
⑦そして、末っ子の、
歯が折れた


いやこの、⑦番ね。
これはさすがに、ブログに書かなくったって、一生忘れない。
忘れたくても忘れない。

①~⑥まではね。
ソッコー忘れるわ!
もう既に、6項目とも、少々忘れかけとるわ!!

あ。
いや待てよ?

さすがに、登場曲は、忘れんわ!!

もう。
ピッチャーになることは、たぶんないと思うけど。
あ、いや。
絶対ないですが。

登場曲は、使える場面があるかもよ?


例えば?
う~~~~んと。

私が60歳になった時に、誰かが盛大に、還暦記念パーティー開いてくれるとするじゃん?
ホテルの大宴会場とかさ?

んで。
私が、赤いちゃんちゃんこ来て、派手目に登場するとすんじゃん?
その時に流すのよ~~~♪


とゆう、現実離れした空想。



まずね。
60まで生きてられるかね?
アヤシイね。

んで、生きてたとして、還暦記念どころかさ。
だーーーーーれも誕生日覚えてない可能性、デカいよね?
自分も忘れてそうだよね?


アハハ。
でもさ。
今から何があるかわからないじゃん?


息子がめちゃめちゃスッゲー人物になってさ。
「○○様のご母堂様」
として珍重されるかもわからんじゃないか。

その日の為に、登場曲を、決めおくのさ。
夢があっていいじゃないか。


んで。
今回決定した、私の登場曲は。

「EPIC DAY」
っす~~~\(^o^)/\(^o^)/








何がいいって。
「百年に一度の恋」
ってゆう言葉が、サイコーにいい!!

何が
「百年に一度の恋」
なのか?
ということを理解するためには、百年、生きる必要があるじゃないか!!

100歳の時にやっと、「百年に一度の恋」に、出会うかもしれないじゃないか~~!!

だから。
100歳までは、少なくとも、全力で生きねばならん。


私はまだまだ半分だ。
還暦まで生きれるかなどとゆう、弱気なことを言っていてはいけない!
百歳まで現役続行。
え~~~~と。
何の現役か??

う~~んんと。
B'zファンと、母親目線と、夫をかわいがる気持ち。
アハハ。
それを、後、50年持続させようではないか!!!


・・・・というワケで。私も正真正銘、50代に突入しました!!

マジで今まで死なずに生きてこれて、ウレシイ。

これから50年。
楽しみなことがいっぱい♡



あ。

私がめでたく50歳を迎えたその日。
末っ子の前歯が折れました。
ボッキリ!!
超ボッキリ!!!!!



ああああ~~~~
生えそろってからまだ、5年も経ってないような、新鮮な前歯だったのに(号泣)
全く虫歯にもなってない歯だったのに!

ああ。
どうせ折れるなら、虫歯の歯にしてくれればよかったのに。


img009.jpg

隣の歯にも、ひびが入っていたようです。
転んだんです、ええ。

大丈夫。
大丈夫ですよ~~~。
歯科医に通院しています。
面白い雑誌があるので楽しみです(←強がり)。




ところで。
「フライパンで焼かれる」
のと、
「鍋で煮られる」
のと、
「蒸し器で蒸されるの」
では、どれが一番いいですか?


と言うのが、とれたて新鮮、昨日の中学生息子からの、問いかけでした。


私は蒸されるのがいいな~~。
なんかさ。
体の余計な脂肪が落ちてさ。
死ぬ寸前の一瞬だけでも、スリムな健康体になれそう♡


煮られんのヤダ。
いまだって、煮すぎた煮物みたいなカラダしてんだもの。
これ以上は、いやだ!!!




またね!!



あ。
背番号は、11。
(理由:なばさんが番好き♡だから。)






にほんブログ村








眠い眠いはダレのせい?

お久しぶりです~~

いやはや。
なぜこのように更新が途絶えていたのか?
あああ。
ナゼでしょう?


忙しい?
まあ、そんな日もありますが、そうでもない日もあるのです。
理由になるほどまでには忙しくはないのです。




通信簿ショック?
いや、なんもなんも。
成績の悪い子がいたら、鍛えるのみ。
悩んでるヒマはないのです。
現在、ターゲットは次男から三男に移り、目下、鍛えまくり中。

こないだ、数学で、泣かせてもうた



もしかして、
何かで悩んで落ち込んでたかって?
いやん。
オラについて言えば、それはない。
それほど深い生き方はしておらん。




理由はただ一つ。


眠気。

いやこれが凄いんです。
破壊力のある、すさまじい眠気。


パソコンに向かって座るでしょ?
あれ?
気づくと、授業中の高校生みたいな感じで寝てる。

んじゃちょっと、ソファで仮眠取ってから、更新しようかの?
と思って、ソファに横になるでしょ?
仮眠のつもりがさ。
あれまあ。
気づくと朝5時。


ぎゃああ。
更新どころか!!
朝ご飯のコメも準備しとらん。
いやはや、洗濯機の中の洗濯物も干しとらん。
もつろん、夕飯の食器も洗っとらん。
いや待てよ、それより何より。
風呂も入っとらん。
むしろ、電気も点けっぱなしだったわ!

やべ!

5時に目覚めて、どれを優先すべきかッ!!??
と言ったら、やはり、更新よりは、風呂でしょう。

そして風呂に入り、朝ごはんを炊き、家族にご飯を食べさせ、仕事へ行き。
帰宅後、更新しようと思ってパソコン開くもまたもや激しい睡魔に襲われ。
仮眠を取ったらもう、夕飯準備。


あやや。
どうしましょ。




そんな、
自堕落な日々を送っておりました。


しかし。
こんなに眠いなんて、オカシイ!!!
もしや・・・・・・・妊娠??
と思うほどよ。
妊娠中というのは、果てしなく眠いものですよね。

今度こそ、今度こそ、稲葉様のお子が生まれる可能性は、ゼロではないんじゃないか?
という、素敵な妄想お花畑が嬉しい。
しかし。
わたしゃもう、老女じゃよ。

ごめんね稲様、せっかくだけど、もう、あなたの子を産み育てる時間は私には残されてはいないの。
せっかくの申し出を、ごめんなさいね。
残念だわ。
という、『稲様の申し出を断る』という、素敵な妄想お花畑に変更。



いや。
この眠気はもしや・・・・・・・成長期??
もしかして私の身長は、今が伸び盛り?
なんかこの頃、反抗期かと思うほどにエネルギーが満ちてるんだけど。
と思うほどの眠気です。


いや。
この眠気はもしや・・・・・・・更年期の症状??
あああ。
そうかもしれない。
更年期とは眠いものでしょうか?


いや待てよ?
この眠気は、もしや、老人化の道??
あああ。
実家の父も、そう言えばいつも、うつら~~うつら~~~~としてる。
ほぼいつも、夢の中にいる感じ。

えッ!!??
私もとうとう、実家の父に仲間入りッ!!??
いやだーーーーーーーッ!

それはいやだ。
絶対にいやだ。
ヤツは、80代だぜ?
私の年には、バリバリしとったじゃん。
悔しいわさすがに。





さっきね。
近所の、かなり年上の、仲良し上品奥さまにお会いしたから、思い切って聞いてみたんよ。

「すっごく眠いんですけど、更年期ってそういうものですか?」
ってね。



そしたら、一笑に付された。


「あらやだ、こぶりんぼさん。
秋だからよ。
秋だ・か・ら。」




ですってよ~~~~。



そっか~~。
秋だからか~~。
そっか~~。
ほのぼの~~~~。



でもね。
私は、秋なんかに負けないわ。
今夜も必ず更新するつもり。
ここに、宣言いたします。

宣言すればさすがに、私だって寝ないだろう。





にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村







女の園の渦に、溺れる。

ちょっとね・・・・
どよよん、とした日々を送っていました。
心が晴れないというか・・・。



私が下降気味な時はたいてい、仕事上の行き詰まりが原因なのですが。
今回はそうではなくて。

友人というか母仲間のいざこざ人間関係でのことでした・・・・・




私は当事者ではないのです。
だから、「傷ついている」のではない。
「どよよんとしている」というのが一番近い。


私の近くで、どこの集団にもありがちな、メンドクサイすったもんだがありましてね。




まあ。
かいつまんで話すと。


AさんがBさんに頭に来てて、でもBさんはCさんが許せなくて。
んである日Dさんが頑張ってるのにEさんは協力してくれなくて。
こんなに私だけ頑張るって、おかしくない?
とかキレたのが、DさんとAさんで、そしてFさんがGさんの陰口言ってて。
それにGさんが気づいちゃって傷ついちゃって。
でもHさんの息子はイジメの中心なくせに、Hさんはわかってなくて。
んでIさんの息子がいじめられてるからIさんは怒ってて。
JさんはKさんに、何かえぐるようなキッツイことを言われたようで泣いていて。
でもKさんのせいで傷ついてる人は実は多数いて。
んでもホントはLさんが陰で仕切ってるらしいよ?



ワカッタ??

『えええ~~~ッ!!??
全然わかんないよ~~
と思ったことでしょう。


うん。
オイラも、わかんないや


まとにかく。
今こんな感じですったもんだが絡みついてる?


で。
私にとって大切な友人が今、この渦の中にいて、傷ついて苦しんでるもので。
胸が痛い。


かといって、主婦のサガだともうのですが。
いくら仲の良い友人が苦しんでいても、そう単純に、トラブルの相手を『敵』認定は、できないっすよね。

主婦同士の付き合いって、
「この人は敵」「この人は味方」
なんてきれいさっぱり分けられるもんじゃ、ない。



私なんてさ。
子どもも4人もいるから、なおさら。
Aさん~Lさんまで、どの登場人物にも、あっちこっちでお世話になってるんすもの~~
  

相手の子供が、うちの息子と仲良くしてくれた
とか。
上の子の時のPTAで、非常にお世話になった
とか。
町内会が一緒だから、仲良くしたい
お互い永住だし。
とか
上の子同士が同じ部活
とか・・・・。
その他色々、絡みつく「諸事情」・・・・


母同士、地域内の付き合いって、ホントにね。
複雑に絡み合っていてさ。
そう簡単には、いかないっすよねーー


でもやっぱ。
友人が苦しむのはこちらもツライ。
あああ。
話しを聞こう。
それしかできない。

とか思う。





というような。
グルグルな堂々巡りな、『女の園』・・・・・。
解決法もわからないままに、どよ~~~~~~んと、気持ちだけが沈むのでありました。





んで。
そんなことで、沈みがちなまま、私がボ――――っとしながら座ってると。

三男がやってきて、聞きますんよ。

「ねえママ。
他に何も食べるものがなかったら、
接着剤かけご飯
と、
イソジンかけご飯、
どっち食べる?」

と聞いてきた。


うううううむ
何もかけない白いご飯のままで、いてくれればよかったものを。
なぜにわざわざ、そんなものをかけるのだッ!?
息子よ、何もかけないでほしい!


とは思ったけど、よく考えて、
「イソジンご飯」
を選ぶ。



すかさず、三男、
「ねえママ、砂漠で一番多い死因って何だと思う?」

私:「う~~ん、脱水症状?」

三男:「あのねえ、意外なことに、溺死なんだって!!!!(目がキラキラ)」



ええええ~~~ッ!!??
それはホントなの?
本当なの???

砂漠で溺死が多い理由を、三男が詳しく説明してくれたけれども、省略しますわ。
そもそも、ホントのことかどうかもわからないんで。




でも・・・。
と、思いを馳せる。

砂漠を旅する異国の人間がいたとして。
水分確保が一番大事なことだ、乾燥で死なないように気を付けよう、と、準備万端で旅をする。
そんな人が、砂漠の真ん中で、溺死する瞬間。
彼は何を思うのでしょう・・・・・?

勝手に男性に指定。
やっぱ、ここは、男でしょう。
砂漠の真ん中で溺死する女性は、想像がつかない。
ナゼだ?



ああ。
砂漠の真ん中で、愛を叫ぶ。
・・・・じゃなかった。
砂漠の真ん中で、
「タスケテ!溺れちゃう!!」
と叫ぶことの、やるせなさ。
むなしさよ。
「こんなはずじゃなかった」感満載であろう。
悔しかろう。

せめて、せめて、干からびたかった。
せめて、「水をくれ!」と叫んで死にたかった・・・、そんな後悔がこみ上げるだろう。



それを思えば。
主婦同士の人間関係のもつれなど、小さな問題のような気がする。


砂漠の溺死。
なぜご飯に、イソジンや接着剤をかけるのか?問題。
この世は、様々な問題に満ちている。



ああ
どうして、そんなヘンもの、ご飯にかけちゃうんだろう。
息子ったら!

あ、まだかけてはいないか。

でもさ。
仮定するだけでも、オカシイだろ






明日。
友人と会ってくるね。
話だけでも聞いて来る。

数年前。
私が、その集団内にまだ、だ~~れも友達がいなかった時期に、明るく声を掛けてくれた、恩人なんだ~~♡。

ではまたね




にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村









忘れっぽいのは、ダレのせい?

今日ね。
たまたま、仕事が休みなんですわ。


昨日の夜。
「うわ~~~~お♡
明日はお休み~~~♡
ヒャッホ――イ♪」

と思っていたわけっす。



夜遅くになって。
夫に、
「明日は仕事?」
と聞かれて、
私:
「えへへ~~お休み~~~♡ごめんよォ~~♡」
と言ってから。
ふいに思い出した!!



あ!!!!
末っ子の授業参観じゃん

忘れてたわ!
やべ。

私:
「あ~~~!授業参観だった。忘れてた!」
と言いまして。
夫:
「何時から?」
私:

・・・・・・わかんない!



と答えましたら。


黙って夫婦の会話を聞いていた高校生息子が

ぷッ

って失笑。
母親には失望さって感じだったわ。
ふんッ

小学生に失望されんのはちと悔しいが。
高校生に失望されても、なんともないわ!!



そして今朝。

朝、夫が出勤時に、
夫:
「授業参観だったよね?」
と言われてまた

「あッ!!
忘れてたわ!
やば!!」


その後、時間を調べたら、午後でした。



そして。
夫の出勤の約1時間後。

高校生次男が朝食タイムとなりました。
次男の食事をぼへーと眺めながら、
私:
「ママ、今日仕事休みなんだ~~(自慢)」
と言いまして。

そんだら次男が、
「授業参観?」

私:
「あッ!
忘れてたわッ!!
やば!!」



すると。
次男が、
「でもさ。
発表会とかじゃないんでしょ?
単なる授業参観でしょ?
行かなくてもよくね?」

という、魅惑的なアドバイスをしてくれたわ~~~~~。

うん、うん
ママも賛成したいわ!

でもね



私:
「でもさ~~
ママが仕事で来れないなら、末っ子ちゃんも我慢するだろうけどさ。
授業参観に来なかった母親が、帰って来てみたら家で寝てたとか。
そういうのって、やっぱ、子どもって傷つくんじゃないの?」

と、むしろ、高校生息子の意見を仰いでしまいましたわ。


次男:
「ふ(苦笑)。
んだね。」

と、クールな返事。


ですよね~~~




なんだかさ。
私は徐々に必死になってきまして。

「ねえ~~~。
ママさ、午後まで授業参観のこと、覚えてられると思う?
自信ないな~~~
忘れないかな?」

と、もはや次男にすがる感じ



すると。
次男:
「目覚まし、かけとけばいいんじゃね?」
と。



ああ
そーだねそーだね。

そう思い、その場でタイマーをセットしました。





んでも。
やっぱ不安。


私:
「でもさ。
ママが寝ちゃってさ。
目覚ましが鳴って、起きるとするじゃん?
でもさ。
起きただけで満足しちゃって、授業参観までは思い出せないかもよ(泣)?」
(↑めんどくせ~~ヤツ


次男:
「それはないっしょ、さすがに。」
そう言ってさすがに次男も、超ウザそ~~~~に、私から離れて行きました。



でもさ、皆さま?
それはないっしょって、若い次男は言うけどさ。
あり得るよね?
あり得ますよね?
アラフィフの皆様、あると言ってほしい!

あ。
アラフォーなら大丈夫ですことよ。
まだまだしっかりしとるじゃないか。
全然違うんよ!!!!!
なんかさ、アラフィフになると、なんか違うんよォ~~~~




というワケで。
午後から授業参観に・・・・・行ってきます!!
ええ。
行きますとも!
大丈夫。
こうしてブログに書けば、忘れるまい。

いや。
むしろ、書いたことで、まるで行ったかのような満足感を得てしまい、気持ちよくすっぽりと忘れてしまうかもしれない。

どうしよう。



正直。
末っ子の授業の様子には、あまり興味もないけれど。
(↑ほぼ毎週末、スポ少の試合応援に行ってるんだもの💦)

でもやっぱ、顔を出すのが、母の愛!!よね?


あああああ。
ホントに行けるかな。

なんでこんなに忘れっぽいのかな。

カレンダーにでも書いとけばいいだろうって?
いやん。
100年前から書いてんのよ。

見るのを忘れる。
違う日付を見てる。
夜になって手遅れになってから見る。等々の事情。



これは。。。。。
更年期のせい?
認知症?
それともオホホ、日頃の仕事疲れかしら?←美化してみた。




にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村






愚かで無知で、矛盾だらけなヤツ。

ねーえ?
一人で家にいる日中に。
家の電話に職場から・・・・・。
リリリリリ・・・・・・♪


そんな時。皆様は、サクッと出れる?


出れないよね~~~
出れませんよね~~~~。

ケータイじゃないよ?家の電話だぜ?
日中だぜ???
なんかコワヒよねえ。


うわああ
ぜってー自分、なんかやらかしたわッ
ヤバイヤバイ。
あれ?今日出勤日だった?
え、それよりヤバイことした?


そんな不安
が渦巻いて、怖くて怖くて、プルプル震えて、結局、出れない人・・・・・。
いらっしゃいますん?

仲間です。
仲間でございます(涙)

出ないことによって解決すること等、何もないのにね。
しかもたいていの場合は、たいしたことない用事なんだけどね。
バカだよね。

自分で自分を、「愚か者」と思う瞬間ださ。




あ、そうそう。
この間ね。
うちの外通路に、めちゃめちゃ立派な幼虫が3匹もいたの。


『あ。
コレ絶対にアゲハ蝶になるやつ。
大事に育てよ。
きっとこれ、黒いから、クロアゲハかも♡』


そう思ってさ。
写真まで撮ったさ。


写真載せるよ?







2016092115100000 (1) - コピー



こんなスッゲーの3匹ね。
ビロードのような高級感ある質感だったの。

うぎゃお
とは思うけどもさ、
『でもな~~♡ アゲハ蝶になるんだな~~♪ うちの庭から飛び立てよ~~』
と思ってさ。
調べてみたらさ。



・・・・・蛾なんだってさ。
スッゲー大きい、茶色い蛾になるんだってさ。
蛾ーーーーーん


しかもこの幼虫は、害虫らしく。
作物を食い荒らすらしい。
毒はないようだ。
ネット内には、このプニプニ感を愛して、手のひらでかわいがる愛好家も見受けられた。




知らんかったわーー。
こんなんが蛾になるなんて!
私、立派な幼虫はみんな、アゲハ蝶になるんだと思ってたわ。
蛾の幼虫はみんな、毛虫なのかと思ってたさ



自分で自分を、「無知なヤツ」と思う瞬間ださ。





それにしてもさ。

幼虫そのものは何も変わってないのにさ。
「アゲハ蝶になる」と信じてた時には、大切な宝物みたいに思ってたくせにさ。


「茶色いデカイ蛾になる」
と知ったら、もう、幼虫も、用無し。
邪魔だからどいてくれる?キモイんですけど?
みたいな冷たさが、自分の中に湧き起る。


これって、差別だよね



美しければ、価値があるの?
美しくないなら、邪魔なの?
そんな愚かな基準が、私の中にあるのね?
そもそも、そのような基準で考えるなら、私自身が邪魔な存在じゃん!!


オラなんてさ。
アゲハよりは、巨大蛾の方が似てるさ。
ぶッとい胴体と、もさもさの触角が、激似じゃんッ


自分の中にこっそり潜む、醜い差別意識が、自分自身の存在をも、否定する!!
うわあ。
生きるって、難しい!



我が家の通路の幼虫事件にて。
自分の中にある汚い心とか矛盾とかにも気づく。
そんな苦しい日もあるさ、ね?






にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村



連休の、今と昔。

こんにちは~~♪

連休でしたねえ。
素敵な連休でしたん??

私はねえ。
思えばスッゲー充実しまくりの連休でしたん。ええ

だってね。
・息子のスポーツ応援
・ドリカムのライブに参加♪
・深夜までの飲み会
・映画鑑賞 『君の名は』

ですよ~~~ッ!!


怠け者のヲタクな私にとっては・・・。
いやもう、こんなに活動していいものか?
どんだけ充実してんでしょ。
鼻血出るわ。
ってほどの、活動感。でした



私ね。
子供らが小さい頃は、連休は苦手・・・っつうか。嫌いでした。
ええ。
大嫌いでしたわ。
まあ、特にゴールデンウィークなどはいやでしたけれども、秋のこの辺りも辛いものがありましたっけ。


30代~40代初め。
夫はいつも忙しく。
連休ともなればいつも以上に忙しく。


うちには、常に幼児と赤ちゃんがいて、かつ、私自身も妊婦である場合も多々あった時期。
私と子供らは出かける当てもなく。
いつもと同じように部屋にいて。
天気が良ければ近所の公園に行き。
地味に日々を暮らしていたモノでした。


『あ~~~あ
つまんないな。
他所の家はみんな楽しそう。
パパがお休みで、レジャーの企画してくれて。
子供を遊ばせてくれて。
いいなあ~~~~。
どうしてうちだけ、こんなに、母子ほったらかし?』

と思ってたわ~~、あの頃!


世間がレジャーだ旅行だと浮かれてるように見えたっけ。
取り残されてる母子は、この世に私たちだけ・・・・・のような気がしてた!


幼稚園児の長男。
入園前の次男の手を引いて。
お腹の中には三男がいた頃なんてもう。
・・・・・なんか・・・・・。
辛かったわ私。
辛かったし暗かったし、なんかもう、こう、ザ・閉塞感。←コレだコレ。



ちょっと今思えば。
私も随分、他力本願とゆうか、夫依存とゆうか、愚痴っぽい女だったかもしれない。
でも。
妊娠してたり、乳幼児を抱えていればそれも仕方ないことだとも、今ならわかる。
子供を産み育てるということは、本当に本当に大変なことだった。
私には。

息子がかわいければかわいいほど。
大事なら大事なほど。
『自分自身が、消滅してゆく』
という感覚だった気がする・・・・・・。


そもそもさ。
よく考えれば、本当は、レジャーとか私、苦手なんですね。エヘヘ。
ホラ、根がヲタクだから。
並ぶのと、人混みが、特に苦手っす!
だから、本当は、私自身は遊びに行きたいというワケでもなかったんだ、きっと。



なのにね。
あの頃は、
「子どもがいたら、当然、休日はレジャーで派手に楽しませてあげるべき。
それが、いい親。」
と思い込んでたんかねえ。

てゆうか。
ただただ、夫にかまってほしかった。
「子どもを喜ばせるパパ」を演じてほしかった!!!!


なのに現実は。
私と言えば自由の利かないカラダ。
乳児を抱えているという切迫感。
縛られてる、不自由すぎる一日・・・・。
そして。
帰ってこない夫。
そんな夫へのいらだち。

楽しく子供たちをどこかに連れてってあげた日もあるはずだけど。
なんか、辛かった日々ばっか、思い出しちゃうってなもんだわーー。
ごめん夫!


そしてその頃。
自分の自由なんか、遥か彼方の手の届かない輝きでした・・・・・・。
自由を求めること自体、母失格のような気がしてた。
そもそも、子供たちを誰かに預けるということがもう、本能的に、無理でした。
離れられない。


一緒に居るのも大変。
でも、離れるのはもっと苦痛・・・。
そんな子育ての日々だった気がする!





そして、十数年後・・・・・・。
 
↑ここが、現在。


女友達がゲットしてくれたチケットで、女同士でドリカムのライブとは♡

自宅には、スーパーで購入した弁当4人分を置いて。
「行ってくるね~~♪」
と子供たちに挨拶一つで家を出る。
「いってらっしゃ~~い♪」
と、明るい声に見送られ。


まだ帰宅しない夫には、
「テーブルに弁当置いといたから、あと、よろしくね~~」
と、メール一つですべてはOK 。



「飲み会することになった~~。
遅くなる~~~」
とメールすれば、夫からは、
「楽しんでおいでね~~♪」
との返信。


翌日は、息子らが無邪気な顔で、
『楽しかった?』
『未来予想図歌った?』
とか、もう、質問攻めがまたウレシイ♡



そして昨日は。

夕方18:30からという、遅い時間の映画館へ行ったよ。
小学生と中学生息子と共に。

もう、この息子らと一緒の映画も、
「連れて行く」
という感覚は、私の中にはなくなった。

「一緒に行く」
の感覚っす~~~。

なんか、友人のような・・・・・・。
楽しい同行者のような。



行く道。
途中のコンビニで夕食を買い、車内で楽しく食べました。
映画館には予定よりも早く到着したものだから。
「20分間、車内で昼寝!」
と言って、本当に3人で寝まして。
それから映画に出陣。


そんな。
遠慮のいらない楽しい上機嫌の同行者。
それが、今の息子らです。



もう。
ぐずる子もいない。
お漏らしする子も、泣く子も騒ぐ子も、うちにはいないのです。
ただただ楽しい同行者。

帰りには感想を言い合い。
感動を分かち合える、楽しい仲間。


我が子が徐々に、そんな存在に、近づきつつある気もします。




そんなこんなで。

数年前には想像もできなかったような、自由で軽やかな連休でした♪



もちろん。
今も子育て、うまくいかないことだらけだけど。
悩みを上手に手放して、笑える材料を探しながら生きたい。
苦労して辿り着いた、今この、素敵な日々を、大事に暮らしたいなと思う。

そんなことを感じた3連休でしたよ。





あ。
ちなみに!
「君の名は」・・・・・。
確かに、面白かったけれども、私は世間ほどではなかったかも・・・・



あ。
更にちなみに。

ドリカムは、非常に最高にモーレツに
超サイコー!!!
ですた~~~♪
すんばらすいお2人ですなぁ~~~♡感動過ぎた♡

で。
ますます、「♡別の2人組♡」に、会いたくなっちゃったよ~~♡
♡早く会いたいよ~~~ん♡


にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村


プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
毎日毎日、B'zをBGMに4人の男の子を育てています。
育児は好きですが、家事は苦手。

よろしくお願いします☆

最新記事

最新コメント

カテゴリ

フリーエリア

リンク

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア