B'z「世界はあなたの色になる」が、大好きです。


私達の
人生には、たくさんの糸が絡みついていて。
身動き取れない場面がいっぱいある。
子育てや肉親や仕事やお金、夫婦関係・・・。


でも。
その糸は、自分が吐き出した糸。
自分が伸ばした糸。
たとえ向こうから伸ばされた糸であっても、それを切らずに受け入れたのは自分。

糸を切る勇気を持ってない。
切ったっていいのに。
切らないのは自分。
ハサミはいつも、手元にあるのに。



そう考えると。
自分の目に映る世界。
それは自分そのものだと思う。

幸せな風景が見える人。
それは、その人が創り上げた幸せ。

優しい世界に生きる人。
それはその人が優しいからだよね。


厳しい世界が見えるのは、自分が厳しいから。
寂しい世界にいるのは、自分が寂しい人間だから。


すべて。
世界を創り上げるのは自分。
自分が、自分の世界に、自分だけの、色を塗るのだ。
誰のせいにもできない。


だから。
自分の世界を、素敵な優しい鮮やかな色に塗りたいならば。
自分がそのように動くしかないんだよね?


優しさを発信し、勇気を持って、自分の世界を塗る勇気。
笑われても、疲れても。
そこで頑張るかどうか。
その、小さな頑張りの一歩が、自分の人生の、鮮やかな色に繋がるんだよね、きっとね。


これは。

そういう意味で、とても厳しい歌だね。
厳しい厳しい歌だと思いました。
「ねがい」
と同じ世界観だとも思いました。



もしも。
あなたの世界が黒ならば。
黒く塗ったのは、あなた自身。

もしも、私の世界が暗いのならば。
照らせないのは、私。

旅に出るのを諦めるなら、諦めたのも自分。
イイワケをするのなら、イイワケ色のあなたになるよ?

そう言ってる。
・・・ような、気がする。


これは。

50代の稲葉さんの、厳しい覚悟、な気がする。

『自分の世界は自分色なんだから、その色が何色か、考えてごらん?
気に入らなければ自分で塗り直す。
そうでしょ?

少なくとも、僕はそういう覚悟です。
あなたはどうですか?』


・・・・・そう言ってるみたい。



稲葉さんの

そんな問いかけを感じて、私もやっぱり頑張ろうと新たに誓う日々なのです。

私の頑張るべきは。
せっかく出会えた今のお仕事。
せっかく出会えた4人の息子。
せっかく出会えた夫。
そこが柱になるはずだと思うの。


私は。

どんな一日でも。
笑顔で居続けたい。
キッツイ日でも。

どんな一日でも。
「ありがとう」を、言い続けたい。
忙しくても。

仕事で一緒になる人に。
隣の席の人に。
息子に。
夫に。
ありがとうを。


それが、

この歌を聞いて、私が新たに心に刻む決意なのです。

でもこれが、すごく難しいのです。
すっごくすっごくムズカシイ。

でも、それができないと、私は私好みの色が塗れない。
自分にとって一番きれいな色を塗りたいなと思う。
時間はあんまりない気がする。


ただね。

私にはなんだか、予感があるのです。


例えば、私が80歳になって、どこかの施設に入ってて、なんとなく寂しくヒマに暮らしてるとします。
息子の小さかった頃のことや、自分の若かった日のことを、脳内でかなり美化しながら語る日々・・・。

そんな「老後」というものが、私にも来るのであるならば。
私は、50歳、今のこの毎日を、とても懐かしく思い出すことでしょう。
そういう予感があります。


まるで。

キッツイけれども。
負けてばっかりだけど。
叱られてばかりだけど。
でも、必ずいい思い出になる、学生時代の部活動のように。


その予感が現実になるよう、自分が頑張るしかない。
自分で現実にするしかないわね。
私の世界は、私の色に、なってしまうから。
怖いことだね。
なんかね。



本当に本当に。

いつも稲葉さんは、一番大事なことを、歌ってくれる♡
と思う。





sekai.jpg








にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

夫婦の目標

 こぶりんぼさん、おはようございまーす。ますは、片付けとスケジュールの事を教えてくださり、ありがとうございます。
長男とは、大激怒してから距離を取り、主人に少しお願いしています。で、少しづつ自分の事は自分でやらせるように、しています。
ただ、主人の調子が悪くなり、家族全員が元気な時って難しいと、感じてしまうさくらです。
 さてさて、自分の世界の色は自分で決めるんですよねー。当たり前ですが、一度塗られた色を消して書き直すのって難しいことなのかも、知れません。
 最近になり、主人の調子がいまいち悪くて、それに伴い次男が不安定になり、泥沼状態にならないように、何とか頑張ってます。
 ただ、夫婦で話すと長女が出来たのが遅くて、年をとっても働かないと行けない現実。3人の子供をいかに自立させるか、これが夫婦の目標であり、私たち夫婦の世界の色なのかな。
 で、せめて子供達から手が離れたら、伊勢神宮には行こうと、話しています。
 今は、日々の生活で精一杯で、色を塗る暇さえない感じだけど、いつかは、カラフルな色が塗れたらいいなと思います。

No title

話がしみます。。。(´;ω;`)

No title

考えさせられました。
キレイな色を塗っても塗っても・・・
いろいろ混ざりあって、黒っぽい現在。
きついです。
けど、くじけそうになっても、何回も立ち上がってきたから、また頑張ります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 夫婦の目標

>  さくら様

ヤッホー―!!
その後、子育て模様はいかがでしょうか?
激怒あり、笑いあり、感動ありで、まあ全く、育児というものは、色々ですね。
この世のすべてを教えてくれると言っても過言ではありますまい。
私はこの頃激怒から遠ざかって暮らしています。
思えば、私の20年の育児人生の中の激怒のうち、過半数を次男が占めていたのでした。
なぜか??
と考えますに・・・。
私は次男を最も理解していたのだという気がしますね。
とっても、理解できる男だったのですよ。
おいらにそっくりだで。
んだもので、怒れたんですね~~きっと。
他3名、もう本当に宇宙人あり、野生動物ありで、理解不能。
どこをどう怒ればいいか、見当もつかないのです。

という私の狭い狭い育児経験から想像するに、ご長男君はもしかしたら、芯のところでさくらさんに似ていらっしゃる・・・?
とか・・・?

まあ、私の狭い体験が参考になるわけもないのですが。
腹が立つというのも素敵なことですけん。
いいことよ。

Re: No title

> ゆうり様

ヤッホー―!!
元気出していこうね、一緒にね~~\(^o^)/

Re: No title

> Qoo 様

ヤッホー―!!
コメントありがとう\(^o^)/

稲葉さんは本当に深くて優しくて真面目で努力家です。
多くの大切な真実を語ってくれます。

欠点といったら、私の恋心に気づかぬふりをしていること・・・でしょうか。
気付いているくせにね☆  ←妄想が止まらない~~タスケテ~~

Re: タイトルなし

> 鍵コメS様

ヤッホー―\(^o^)/
コメントありがとうです!!

うん。
この歌は本当に身に沁みますね。
「たどっていけば どこかに
 そう仕向けた 自分がいる」
とは、恐ろしいお言葉。

私もまだまだ、人生は完成しきらず。
色塗りの途中です。
私は、キレイなキレイな優しいオレンジの空と、緑の大地がいいな~~。
そんな色みたいな生き方、したいな。
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア