憧れのセンセイ

中3の次男の合唱コンクールを見に行った。
指揮者をやると聞いたのでね。

で。
結局。
一生忘れられない日になってしまった

本番が始まる前に、各クラス練習タイムがあったりするのだけれど、そんなワサワサした時間から、
『何かが違う』のだった。

なんか…。
  違う。
    うちの子…。


授業参観や、運動会。
色々な学校行事に参加してきたけれど、小学校の時から、この子のスタンスは、
「目立たぬように」
「張り切り過ぎないように」
「かと言って、叱られないように」
「無難に過ごせ」
というものだった。
それは、見ている私に、強く強く伝わってきていた。

家では、張り切るコトも、興奮するコトもある。
でも、
「それを学校で出すコトは、かっこ悪い…」
この子はそう考えてるんだな、そういうタイプの子。

ずっと、そんなだった。

それが

  張り切ってる

あの子が??
なんか、ソワソワして、盛り上げようとしてる?

涙腺、弛む。

なんか、変わった。
あの子の持つ空気感が。

指揮者に立候補したと聞いた時には耳を疑ったんだけど、なんか。
今見ると、いかにも立候補するタイプ的に、見えるじゃないの。
びっくら~~

で、クラス練習の番が回ってきた。
家では1度も練習なんてしたことないから。
初めて見る、息子の指揮者姿だった。

……なんか。
  いいんじゃない?

手がね、大きいんだね、あの子。遠くから見ると。知らなかったけど。
手首から先が、よく動いて、ひらひらしてる。

この動き。
何かを思い出させる。

隣の席の友人に、
「うちの子の手、何かに似てない?んん~~、演…歌…??」
う~~ん。

見終わってから気付いたわ。

水前寺清子さんの、手だ!!

手からも、コブシが伝わってくるような、手の『ヒラヒラ&エイッ』感。
  ・・・あれだわ。

大袈裟って、こういうことだったのか~~。
水前寺清子の、コブシの聞いた手遣いかぁ~~。
なるほど。
指の先まで、張り切ってるわ、確かに。

他のクラスの練習も見、私的には、演歌歌手のような我が次男の指揮が、1番華やかに見えた。


私も親バカよのぅ~。
年取ったもんじゃのぅ~。
孫を見るような気持ちじゃのぅ~。
おっきくなってのぅ~。
しらけたような姿ばかり見て来たがのぅ~~.

しみじみウルウルしながら、本番を終え、審査発表が。
したら。
な、
なんと。


「指揮者賞」なるものを受賞しちゃってるわ~~!!

単なる親バカなだけじゃなかったんか。
演歌的指揮を、審査員の先生も、お気に召したと見える。

涙腺、弛むよねぇ~、この展開は。




さて。
帰り道にしみじみ考えた。

なぜ、次男は、変わったのか。


反抗期の終わりは、既に、感じてはいた。
でも。反抗期が終わったと言っても、この、張り切りぶりは、意外すぎる。
暗すぎると言って、顧問の先生に怒られてたヤツなのだ。

と、ここまで考え。
……??ん??
『顧問の先生』!?

それだあ~~!
わかった



次男は吹奏楽部ゆえ、顧問の先生は、常に指揮者だ。

そっか~~。

先生を尊敬し、憧れてるコトは、常々感じていた。
叱られたりからかわれたりしても、なんか、嬉しそうだな、と、感じてた。
「部活だけじゃなく、授業もスゴイよ」
とか、
「深いよね、話が。」
とか、たまに言ってた。

先生に憧れ、先生のようになりたいと目指したんだな~、と、分かった。
だから、指揮者にも立候補したし、明るく楽しい先生の雰囲気を、今、頑張って目指してるんだろう。

うちの夫もよく言ってる。
「男の子は、変わる時は、一瞬で変わるよ。
  きっかけや、出会いがあれば、1日で激変するのが、オトコ。」

って。

先生との出会いが、そうだったのか~

良かったなと、しみじみ思う。
誰もが、ステキな先生と出会えるとは限らない。

そして、その顧問の先生だって、全ての生徒に尊敬されてるわけじゃない。
「先生がキライなので、部活やめたい」
と言ってる女子生徒もいるらしいし。

次男の求める「理想像」が、たまたま、その先生の中に、あったんだろう。
その先生にも、欠点も弱点もいっぱいあると思う。
でも、次男にとっては、探してた何かを持ってる輝く大人だったんだろう。
近づきたいんだろう。

うわ~~
ステキだな~~


次男の受賞も驚きと感動だったけれど、次男が、学校生活の中で、そんな素敵な出会いをして、成長中だということを実感して、感無量の帰宅となった。
先生、ARIGATO~~


あ、ちなみに。
母も、B'zと出会って、成長中だよ~~
ホントだってば!!





スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア