受験生の日々:次男の場合。

こんにちは♡
秋晴れの今日、この佳き日。
我が家のスッポコポン、次男の受験勉強について、まとめておこうと思います。


今高3の次男が、今の希望進路に気持ちを固めたのは、もはや3年生になろうという頃だったと思います。
ある日。
それまで、工学部志望だった次男が、あっさりと、進路を変えたのでした。

「気づいたんだけどさ。
俺、物理と数学がキライだったわ。」

って~~~
アホかいな早く気づけアホかいな。
そう思ってしまうのも、仕方ないでしょうよね?


んでもね。
気持ちも少々わかるのよ。
「物理の先生」が好きで、授業が楽しかったりすると、
「俺ってもしかして、物理好き?」
と思っちゃったりもするよね。

んで、年度が替わり、先生が変わった途端、
「アレ?なんだか物理が大嫌いだ・・・・
と気づいていまうこともよくある話。



まあ。
次男の迷走も、そういったっところが原因かと思われますわ。
きっとね。


それにね。
迷走するのも、若者の権利ですね。
本当の自分に出会うためならば、少々の回り道も、仕方なかろう。
たとえ、選択科目が決定した後であっても・・・・・



そして。
我が家のボンクラ大王・次男が見つけた夢は、
「美術の先生になりたい」
というものでした。
美術部所属でもないし。
美術の授業すら選択していなかったのです、彼は。←だから推薦が受けられない。

実は。
選択したかったんだけど、人数調整で、音楽に回された過去の持ち主。

もちろん、その頃は、
「ま、どうでもいいや、芸術科目なんて」
と思ってた次男のせい。




それに対して。
我が家の夫は、
「美術の道への大学受験は、オマエがそう望むなら、賛成する。
頑張れ。
しかし、美術教師の採用は、ものすごく少ないのが現状。
多くの20代30代が、正採用されないままに、臨時の非常勤講師をやってる。
卒業後は、教師の道にこだわることは、ないんじゃないか?
ま、入学後じっくり考えろや。」

というもの。


で。
我が家のボンクラ女王、私の意見も、大体同じ。

「美術系の進路に進みたい、本気で努力する、というならば応援する。
ただし、美術部でもなく、受賞歴もないあなたは、不利なスタートであることは肝に命じなさい。
不利ではあるけれど、不可能ではないからね。

でも、ママも、教師にこだわる必要はないと思う。
企業に普通に就職してもいいじゃん。

まずは一生懸命勉強して合格し、入学後も一生懸命にすべてに取り組んでごらん。
その先の道は、おのずと開けて行くよ。
大丈夫。
入学後、サボって努力をしなかったら、おのずと道は閉ざされてゆくよ。
そういうものです。

まずは、合格目指すなら、死ぬ寸前くらいまでの努力をしなさい。
応援します。
あなたが努力をやめたら、私も応援はやめます。」


というものでした。


その日から、次男は、とある国立大学の芸術コース的なところを第一志望に定め。
勉強に、デッサンにと、努力を始めたように見えました。
そこは、一次試験はもちろんセンターで。
二次試験は、実技になります。
デッサンとか平面構成とか。




夏休み前までは。
高校の美術室に入り浸り。
美術の先生のご指導をいただき、随分とデッサンの練習をさせてもらいました。
感謝でいっぱい♡

美術の先生は、必死に頑張る次男をかわいく思ってくれたのでしょうか。
スケッチブックとか、そのようなものを、プレゼントしてくれて、応援してくださったのでした。

そして。
そのような数カ月を過ごしたのち。
次男は、夏休みに、美術系予備校に通いたいと。
美術の先生にも、その方がいいと言われたと。


で。
真夏のある暑い日。
私と次男は2人でとある予備校に出向いたのでした。


その教室に一歩足を踏み入れた時。
なんとなく。
なんとなくですが、運命を感じたのでした。


次男は、ここで、変われる・・・・?
次男はこの場所を、求めてた・・・・?

みたいな、スーッと胸に沁みてくる何かが、あるような気がしました。
想像よりもアットホームな、こじんまりとした予備校でした。
生徒達は、受験生だというのにギスギスせずに、皆、とても幸せそうに絵を描いていたのです。
塾長先生は、とてもにこやかな、話の楽しい明るいオジサンでした♪



受験に合格してもしなくても。
どっちにしても、ここの場所に出会えただけでも、次男は何か大きな宝物を手に入れられそう。


そんな気がしましたよ。




あれから。

次男は本当に頑張っていると思います。


先々週からは、石膏デッサンのレッスンも増やしました。
(追加振込約〇万(涙))
昨日も一昨日も。
高校の授業終了後、予備校に向かい。
夜の10時過ぎまで、絵を描いています。
お菓子とかお餅とか。
色んな差し入れもあるらしく
美味しく楽しく頑張って描いてる様子。


そんな日は、私は車で迎えに行くのです。
10:30ごろに、クタクタに疲れた次男が乗り込み。
家に連れ帰ります。


デッサンのし過ぎで、腕が筋肉痛だそうです。
ほほう。
そういうものか・・・・・。



予備校のない日は、ひたすら、センター試験の勉強をしています。
すこ~~~~し、成績が上がってきました。
ような気はします。
・・・・・どうかな




次男の高校は。
長男の高校とはまた別のところなのですが。
いつ行っても、生徒が真面目で落ち着いている高校だと思います。


周囲の影響を受けやすい、弱い次男ですが。
高校の真面目な校風と、予備校のアットホームな温かさに包まれて。
素敵な環境に出会え。

今、やっと。
なんだかすっきりとした表情で、ひたむきに頑張ってる気がします。

ただし。比べて言うのもなんですが。
長男は、もっと激しい努力をもっと長期間続けていたモノでした。
思い出せば泣けてくる。

ま。
比べても、仕方がないよね。
次男は次男。
ボンクラだから。←そこがきっと長所でもある。



今。
こんな日々です。
夜の10:30に、迎えに行くのはとても素敵な時間です。
B'zをガンガン鳴らして迎えに行きますよ♪

「オレが行こうか?」
と夫も言ってくれますが。
私が行くと決めたので、必ず私が行きます。
次男と2人で帰る夜の道は、大事な時間ですから(たとえヤツが爆睡してても。)



今まで。
何度も何度も。
大きな喧嘩をした次男ですが。
・・・・・・・もう、しないかもしれない。


そんな気が、しています(願望?)。




若者は。
ひるむな。
諦めるな。
もがき続けることに、意味がある。
そう、思っています。
・・・・・・大人も。だね。

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村








スポンサーサイト

コメント

こんばんは!

今日はお迎えの日ですかね(^-^)
今頃車の中で、B'zの曲がガンガン流れてるかなぁ~♪
次男さん、目標に向かって頑張ってるのですね!
その姿は、さぞや美しいことでしょう(´- `*)
応援してます!

こぶりんぼさん、運転はお気をつけて^_^;

次男くん、がんばれ!!
受験ていう、人生に数回あるしんどいイベント、でも振り返ればいい思い出。
次男くんに手を差し伸べてくれた人たちとの時間、プライスレス!!

そして、いきなり進路のハンドルを違う方向に切った次男くんをサポートするこぶりんぼさん夫婦、ステキです!
私もそんな姿を見せられるようになりたい。

次男くん、まっすぐまっすぐ進め〜!!( ´ ▽ ` )

可能性がある限り

 こぶりんぼさん、おほようございまーす。わたくしの、寝ている時、熟睡すると足を上げて寝ているそうです。姫様もその癖はあるようで・・・・朝方足がつりそうになるのは、そのせいかも・・・と主人に言われたさくらです。
 さてさて、次男くんの夢は、美術の先生とは・・・・進路変更とは言え、真逆ですよねー。
でも、デッサンとか、予備校通いとか、今まで悶々としていたものが取れて、スッキリとした表情しているのであれば、その道のほうがあっていたのかもしれないですよねー。
勉強も、地道で地味の積み重ねの努力ですから。
 遠くの空から、次男くん応援してまーす。
 若者の、夢が叶うような、可能性が広げられる、世の中であって欲しいと思います。
 

好きなこと見つけられたことが、とても良かったと思います。好きだからこそ、筋肉痛になっても頑張れるんですよね。
私も今好きなことを見つけて、そういう時間があるから、嫌なことだって乗り越えられるよなぁとしみじみ。
うちの子達にも、時間を忘れて打ち込めるものを見つけてほしい、そう感じています。
次男君の将来が楽しみ♪もう親戚のおばさんの心境です(笑)

こんばんは(^^)

今回の記事は我が家にとってとても参考になりました。

来年高2からの文理選択で生徒も保護者にも説明がありました。
息子の学校は理系を選択する生徒の割合がかなり高く、大学の学部を文系と決めていても先ずは2年生は理系を選択する生徒も多いです。
先生からは「安易な文転は結局回り道になります。理系でも文系でも最終的には本人が好きな事が1番長続きします。」と。

次男君は理系からの文転?でもなく芸術系だから何転でしょう?^^;
でも一番大事な”好きな事 やりたい事”を選らんだのだから間違いないですね‼︎
自分で決めた事と好きな事はやはり頑張れるのですね‼︎
息子にもそんな選択をしてもらいたいです。

次男君が決めた夢に向かって頑張ってくださいね(^^)



Re: タイトルなし

> ねむりねこ様

ヤッホーー!!ありがとうね。

やはり、次男お迎え曲の、ナンバーワンは、衝動です~~♡
衝動サイコー!!
泣ける泣けるでございます💛

その他にこの頃は、
ゆるぎないものひとつ・グローリーデイズ・などが心に沁みますですね。

子育てしてるとホント、泣ける場面が多すぎますね。
ねむりねこさんも、涙腺全開な日々を送ってることと思いますわ~~。

Re: タイトルなし

> syouyu様

ヤッホーー!!
ありがとうね!!
お若いsyouyuさんからのエール、とても嬉しいです。

確かsyouyuさんも、美術方面に進学したかったけども、言い出せなかったという過去をお持ちでしたよね~?

たぶんですがきっと次男も、心の中では高1くらいから思ってたんじゃないかなと思います。
たまに部屋を掃除してみると、お絵かきだらけでしたから。

でも、
『絵は趣味としてはいいけど、進路としては、現実的に言って、無理だし才能ないかもだし親も反対するだろう』
と思って心に封印してたのではないか?
と想像しています。
次男に聞いてみてはいませんが。
 (なんとなく、踏み込めない気がするのよ。)

ギリギリだったけども言い出してくれてよかったなって今は思うわ。

次男の絵の道の先輩だね、ありがとうね。

Re: 可能性がある限り

>  さくら様

ヤッホーー!!

おおお!
足を上に上げて熟睡を・・・?
うわああ。
想像できないですが・・・。
トレーニングしながら寝てるようなもの?
そりゃあ、つるよね。
お疲れ様だわ~~。

本当におっしゃる通りですね。
若者が夢を持てるような、そしてチャンスを与えられるような世の中であって欲しいです。
チャンスをものにできるかどうかは本人の努力や運にかかってくるのでしょうが、チャンスだけは平等であって欲しいよね。
なかなかそれも難しい世の中ですが。
せめて自分の子の背中は押してあげたいよね。
んでもそれだけでもムズカシイのよこれが。
努力が足りないと、イライラしちゃうしね。
努力しすぎても心配だしね。
母親業もホントに、永遠に終わらない宿題みたいでね。
たまに気が遠くなりますね(笑)。
頑張ろうね、お互いね。

Re: タイトルなし

> チェリー様

ヤッホーーー!!
ありがとうね。

私もさ~~、ブログ復活後のチェリーさんの頑張りというか、生き生きというか。
すごく感じていました。
畑やるようになって、チェリーさん変わったなって思ったよ。
頑張り屋さんなイメージは昔からですが、もっともっと柔らかくなったよね。雰囲気がね。
好きなことやってるからなんだね~~。

いやあ。
むしろ私自身が、チェリーさんの親戚のおばさんになってる心境よ。
ブログを読んでは、
「あらチェリーちゃん、今日も元気ね。野菜も絶好調だわ♡」
「あらチェリーちゃん、粘土細工、天才だわこの子♡」
みたいに頷きながらホッコリしてます。

Re: タイトルなし

> I.S様

ヤッホーーー!!

んまあ。
我が家のボンクラ息子の受験記が、I.Sさんの参考になるだなんて、光栄ですわ~~。
書いてみて良かった♡

我が家の息子の高校もだいたい似てる感じです。
やはり、2年になる時に文理の選択があり。
息子は迷わずに理系を選択したの。
小学校の頃には「大工さん」と言ったりしてたから、彼の工学系には私たち夫婦も疑問を抱かなかったんだよね~~。

でもね。
他の方の返信にも少し書きましたが、息子の部屋を掃除すると、お絵かきだらけだったんですよ。
なんかね。
コピー用紙みたいなのを自分で絵用に買ってあったんですね。
んで。
漫画、風景。
そしてなんと。
稲葉さんの似顔絵まで!!
何でもありました。

きっと次男は心の中はずっと、美術系を向いてたんだと思うの。
でも、「進路」としては、想定できなかったんでしょうね。
自分でも、「国公立工学系」という固定観念に縛られてたと思います。

受験勉強が進むにつれてきっと、抑えていた本当の気持ちに自分で気づいたのかなと思いましたよ。

今は、理系クラスにいるから、受験で使わない教科の授業も色々受けています。

そして本文にも書きましたが、美術系の推薦入試を受けるには、例えば、
「美術の評定が4.3以上」
などのような指定があるのよね。

4も5も何も。
評定自体がないからさ。
本当に途方に暮れてしまったのですよ。

今は予備校の先生を信じて、ひたすら実力を磨くのみですね。
受かっても落ちても、ブログでのご報告はするつもりですが。
でも実際落ちたら、私も、地の底まで落ち込むわね~~きっと。

I.Sさんの息子君も、どうやら今、人生の激動期にいるようなので。
もしかしたら、受験までに色々あるかもしれないね。
でもきっと、最高の夢を見つけると思います!!
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア