中学生息子との、数学な日々のハジマリ。

さて。
我が家の変わりもん、三男が中学生になり、半年が過ぎました。
前期中間考査と期末考査を経験し。
成績表ももらい。
様々なことが見えてきたんよ~~。


まず。
真面目な子であることが分かった
我が家で一番の真面目と思います。




長男は・・・。
真面目というよりはマニアックな感じ。
マニアックに学問好きな、理系オタクな感じです。
そして、自分で自分を追い込むことのできる、ストイックな人間でもある。
私は正直言って、長男を、心から尊敬してるんですわ~~。


ただ。
いわゆる「真面目」とは違う。
どこか非常に冷めていて、切り捨てるものは容赦なく切り捨てる。
くだらないと思うことは、クールに見下すこともある。
自分ルールで生きる、群れない男ともいえる。

学校や教師の論理に対しては、
「ついてけない」
「俺には無縁。むしろ俺に関わるな。」
と、思ってるっぽかったわ、高校までは。




次男は。
「真面目ってカッコ悪い」
という価値観に、長いこと縛られてたと思います。
思えばおそらく、小学校の高学年の頃から。

「真面目ってカッコ悪い」
「一生懸命なヤツと思われたくない」
というような屈折した自意識の持ち主だったと思う。

やっと高2くらいから、そこを抜け出せた感がありまして。
あれが彼なりの反抗期の現れだったのかなと、今改めて、そう思うのです。
損しますよね~~~。
そういう、過去の自分の無駄な自意識が、今の彼の、夢に向かうスタートラインを引き下げたなと思うのですわ。

ま。
自業自得。
因果応報。
今、苦労するがよろしい。
今、苦労して、ひたむきに努力することによってはじめて、彼の前の扉が開かれるのだろうと、そう思っています。



末っ子は。
こりゃ、もしかしたら、かなりのおバカちゃんかもわからん。

マニアックでもなく。
真面目でもなく。
屈折もしていない。

な~~~~にも考えてない、いつも上機嫌な、カラッポちゃん

のように見える・・・・・。
まだ小学生だから、今後の成長や変化はあるとは思うけれど、しかし、本質は見えてきたような気がするわ~~。
ただね。
運動能力がハンパなく、良い。
本当に私の子だろうか?



で。
本題の、三男ですが。

この半年で見えてきた、三男の特徴は。


真面目。
英語と国語が好きだし出来る。
数学が、致命的にダメ。
完全なる文系男だ。

そして。
一生懸命やること、先生に認められることなどに、大きな価値を感じてるっぽい。
いわゆる「学校的価値観」を、強く強く持ってるんやねェ~~。
ビックリするほどよ。


真面目だし、先生に褒められたい。
いい点数とるって、カッコいい。
クラスのリーダーになりたい。
授業中も、たくさん手を挙げたい。
内申書も気になるから、先生にいい印象を与えたい。
・・・・・そんな気持ちをもってる雰囲気を、ビンビン振りまいて生きてる。

家では、だらけ切った、「ヘンなおじさん」なんだけど。
学校では緊張して暮らしてるに違いない。


ゆえに。
なんとなく「賢い?」という印象も、与えがちなんだけど。(学校では)。
そううまくはいかないのよん。
トホホホ



数学が・・・・・
なんかもう、何もかもが、チンプンカンプンなんすか?
足し算は・・・・・ダイジョウブ??
・・・・・引き算は・・・・・苦手?・・・的な。

あああ。
ヤバイ



ということが、分かった。



んで。
この頃、中学生三男と、一緒に勉強タイムを始めました。
もちろん、主に数学!
これはなかなか厳しい時間であります。
ビシビシ叱りながらの、苦行タイムです。
誉めたり励ましたりなどの配慮は、ない。

それが今のところの方針。
あくまでも、「今のところ」ですん。

『今の三男には、厳しさが必要』
というのが、母としての、本能的な判断です。
時期が来れば変わるはずです。



一方。
大学受験生である次男は、随分と勉強も軌道に乗り始めたようで。
まだ成果としては不十分ながらも、黙々と取り組めるようになりましたん。

毎晩一緒のお勉強今も続いてはいますが。
「近くでやってる」
というだけで、今は、私は彼の傍らで居眠りばかり。
勉強の内容にはほぼノータッチですわ。


春には英語の長文に力を入れてた一緒勉強だったけど。
今は5教科7科目を順番に。
センター対応問題集を、一日1教科ずつやってますよ☆



三男の方は。
とにかく、数学をなんとかせんといかんとわかったもので。
できるだけ毎日(宿題が多い日などはムリ)、一緒に数学の問題を、ちょっとずつ始めました☆


方程式とか比例とか・・・・・・・
やってもやっても、彼の脳には、とどまらないようで・・・・・
ザルってゆうのは、こういうことかと。
そう実感し、時に叱り、時に怒り、時に泣かせ、時に追い詰めながら。

誉めは、ない。
誉める部分が、見当たらないんだもの、数学上は。




こうして。

息子とお勉強をしながら、しみじみ思うのです。

「私って、教育ママなんだわ~~」
と・・・・。

子どもが小さい頃は、そりゃあ、ひらがな教えたりなどは、自然とやってました。
誰でもやりますよね。


んでも。
中学生や高校生になった、思春期の息子らと、こんなに一緒に勉強するとは、自分でも驚きですわ~~。
そうそう。
次男が中学生の時も、随分と一緒に漢字練習をしたものでした。
(長男とはやってないな~~。
アイツは自分でやってたからな~~。)



先日。
中学生の息子を持つ母仲間たちと、そんな話をしました。

『一緒に勉強する派』は、私ともう一人の、計2人でした。
『勉強しろとは言うけれど、一緒には、やらない派』が、計2人。

その場の母たちは、見事に半分に分かれたわ~~。

『勉強しろとすら言わない派』は、皆無でしたよ。
母親ってそんなものですかね。
たまたまでしょうかね?




もちろん。
全ては人それぞれ。
母の個性や子供のタイプによるものですよね。
それでいいと思います。
一緒にやる派も良し。
やらない派も、良し。



私の場合。
家事をするのは大嫌いでメンドクサイけれど。
子どもと一緒に方程式を解くのは、楽しい時間なのでしょう、きっと。
漢字や英語ならなお楽しいが。


てゆうか。
掃除や皿洗いをサボる理由ができたような気がして、むしろウレシイ。
のかもわからん。

これだ。
家事が嫌なんだ。
家事以外なら、結構何でも楽しいんだ。
そして。
子どもとの濃密な時間が、嬉しいのかもしれない。



という感じで。
真面目だけどお勉強がややヤバイ息子と。
家事から逃げたい一心のアラフィフ母の、数学な夜。

この秋、スタートいたしました。




にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメント

一緒にやりたいけど

 こぶりんぼさん、おほようございまーす。朝方の冷えがきつくなって来ました。湯たんぽを出したいと思っているさくらです。
 さてさて、三男くんと数学のお勉強ですかー。ちょっと羨ましいです。実は、長男の小2の頃までは一緒にやってました。それは、1対1で見ることが出来たから。でも、今はやんちゃな次男に、赤子の姫様が居るために、付きっきりで、見ることがで出来なくなってしまいました。宿題のチャックとかは、しているんですけどねー。
だから、週末に主人が集中的に勉強する時間を一緒に作ってます。少しづつ来年の算数先取りしたり、パズルをしたりと、工夫に工夫を重ねて、今のスタイルになりました。
ただ、主人が職場異動とかしたら、状況が変わるだけに、今の状況をどこまで維持できるのかが、親の課題になっています。
 けど、家庭学習の習慣って意外と無いって、主人が言ってました。共働きだと、塾任せになりがちだとか・・・。
確かに、私自身親と一緒に勉強した記憶って無いですもん。親とじっくり勉強タイム欲しかったと思います。

こんにちは(^^)

四人息子さんがいればやはりそれぞれ随分とタイプが違うのですね。
長男君は今はお家を出てしまってますが、タイプの違う若い男子四人と毎日毎日過ごせるなんて羨ましいですね。

うちはどちらかというと長男君タイプでしょうか。
すごくクールなんですよね。
そして群れないです。
1人でも行きたい所には行くしやりたい事はやる。
男子には有りがちなのかもしれないですが、私が理解するのに時間がかかりました。
今でも友達いるの?と心配になります。
でも本人的には同学年のほとんどが友達だと。

これから大学生になり大人になるのだから友達がいないと不安というよりは、1人でなんでも出来るほうがいいのかなーと思うようにしてます。


ところで、松本さん稲葉さんのソロライブの発表ありましたね‼︎

これまたすごい倍率になりそうですが、頑張って申し込みしてみます‼︎

こぶりんぼさんは丁度次男君の受験の時期に当たってしまうのでしょうか?

ソロももちろん嬉しいですが、早くB'zのライブかみたいですね(^^)

Re: 一緒にやりたいけど

>  さくら様

こんにちは!

親と子の関係は、きっと、「正解」っていうのはないのでしょうね。
きっとね。
お友達親子でうまくいくならそれも良し。
伝統芸能の世界では、早い段階から師弟関係でしょうよね。
それもまた、素晴らしい、その親子だけの宝物のような関係だと思います。

私は、小さい頃は、母とよく勉強していました。
ただし、小学校2年生くらいまでだと思いますよ。

小学校の高学年から大学入試に至るまで、親と一緒に勉強したことはないです。
親と一緒にしたかったな~~と思ったこともないです。
想像しただけで、鬱陶しい!!
なので、うちの子たち、よく我慢してるわ~~と、感心します。

私はね、一人で黙々と勉強する子だったんですよ!
今思えば本当に良く勉強していました。
暇な日は、世界地図に国名を入れたりなどして過ごしていたモノでしたわ~~(遠い目)

んだから今も、一人で黙々と、ブログの更新してるのかも。


そんな私なので、別に、我が子と一緒に勉強したい!と思ってやってるというワケでもないのです。
見るに見かねて・・・?
それに、塾は高すぎるとか・・・。
そういった、仕方ない!って感じのスタートでしょうかねェ~~。

お金持ちだったら、塾に行かせて家庭教師もつけて、家政婦も雇って、庭師も雇うのですが・・・。
貧乏なのでとりあえず、できる範囲で自分で・・・でしょうか(笑)

さくら様家は、パパの出番が多くて羨ましいです。

Re: タイトルなし

> I.S様

ヤッホーー!!

おおお。
I.S様息子君は、我が家の長男タイプなんんですね?
長男に多いタイプなのでしょうかね~?

確かに、我が家の長男も、2年2か月間は、一人っ子だったんですよねi-237
我が家で、短期間であっても、一人っ子を経験してるのは、もちろん長男だけですからね。
もしかしたら、そういった共通点があるんかもしれないねえ~~。

私が男児4人育ててみて思うのは、男児には友達不要みたいよ?
友達にこだわるのは、ヤンキー位なものかもしれない。

普通の男児は、「友達」が大事なのではなく、「何か楽しいことはないかな?」という思いだけかもしれないよ~~。
『楽しそうなコトしてるから、たまたま、○○君と行動を共にする』だけであって、つまらなかったらすぐに離れるかも。
別に、嫌いとかケンカとか、そういうわけじゃないのね。

「誰と」ということが大事なのではなく、「何をするのか?それは楽しいのか?」ということが大事な人たちだと思いました。
そこが、女子とは完全に違うところだな~~と・・・。
「友達」という言葉の概念が違うのかな。

本当に、男と女の違いは、予想以上に大きいね。

ところで。
東京の稲様を申し込むつもり♡
でも倍率高くなりそうで、当たる気がしない(涙)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 鍵コメ様

ヤッホーー!!

うん。
鍵コメ様家は、それがいいと思う!
んだって、な~にも言わんくとも、お2人とも立派過ぎるくらい立派です~~♪
これで鍵コメさんまで教育ママになっちったら、お子たちには重すぎますわ~~。

やはり、どのような路線を行くかは、阿吽の呼吸で決まるよね?
夫がどんな夫か?
お子の性格。
親の日常の過ごし方。
どんな学校か?
等々。
一概に「こうすべき」というのはないと思うわ~~~。
だからこそそれぞれが模索するのでしょうね。

ところで!
〇〇2についてですが。
正直、他の会社のを使ったことがないので、比較はできないです。
が、印象としては、機能はそこまで色々なさそうですが、わりと簡単で敷居が低い感じがしますよね?
誰が訪問してくれたとかそういうことを追跡するのはちと劣ってるのかなぁ~~?
リブログとかもないしね?

んでもそういう細かい事気にしないタイプで、更新と写真アップくらいできればそれでいいという感じのユーザーには、おそらくですが、便利と思いますよ。
ア〇〇ト関係とは、無縁でいられます。

私本人が変態という難点はあるが。

ウェルカム~~~♪

コメントお久しぶりですが

毎更新楽しみにしています♪

いつもこぶりんぼさんの、息子さん達それぞれの性格とか個性ってゆーんでしょうか??の分析力が物凄いな!と驚きっぱなしです。
そして、兄弟同じ環境で暮らしながら、こうも違うものなのか!!!とゆーのが、物凄く興味深くて、しかも説明がわかりやすくて………本当に、「男子の参考書」って本出版してほしくらい!「中2」で遊び方があっち側へ行ってしまう?的な話も、興味深かったーーーー(笑)

私はまだまだまだまだ、息子の事、わからないだらけです(汗)

Re: コメントお久しぶりですが

> koz様

きゃ~~~~ん♡、コメントありがとうです♡
お話しするのはお久しぶりですねぇ。

思えば、kozさんと知り合った頃は、ご長男君について、kozさんもアレコレと悩んでおられていたね~~。
我が家の長男の小さい頃を思い出してしまい、私もついつい応援していたモノでした~~。

最近では本当に、ご長男君も元気そうでのびのび育ってる感ありますですね~~。
ご次男クンはもちろんのこと♡
今じゃ何の心配もないすくすくっぷりだと思います!

きっと、キャンプに行ったり、自然豊かな毎日。
そして優しいご主人と、かなりお茶目なkoz母様と、愛らしいワンちゃんとか。
そういった素晴らしい環境の中だからこそ、息子ちゃんたち、思いっ切り少年時代を切り開いてるのでしょうね。
素敵だよ~~~。
それらの環境は全て、kozさんがお子さんに与えた宝物だと思います。

そして。
息子君たちのこと・・・、kozさんがアラフィフになったら、見たくなくても見えてくるよ。
わかるとガッカリな部分も多いですけん、謎のままでいいのよ~~(笑)
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
毎日毎日、B'zをBGMに4人の男の子を育てています。
育児は好きですが、家事は苦手。

よろしくお願いします☆

最新記事

最新コメント

カテゴリ

フリーエリア

リンク

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア