子育ての森。

次男との喧嘩から一日以上経ち・・・。
まだまだ心が晴れずに、モヤモヤしています。

モヤモヤというよりは、鬱鬱・・・・・・

本当は、中学生3男の学校行事があり、見に行くはずだったんだけど・・・。
サボってしまった
サイテーだな、俺って・・・・・。


なんかさ~~。
気が重くて、体がだるくて、人に会いたくなくて。
どうしても足が向かなかった。
ああああ(涙)
反省(涙)。

三男には今日、何か美味しいもの買ってあげよう。






ところで。
子育てのコツって何かしらね?


私が今まで育ててみて思うのは、
「誉めて育てる」
とか、
「個性を尊重する」
等、色々な論があるけれども・・・・・。
やはり、当てはまる子と、当てはまらない子が、いるなぁ~~。

というのが実感です。



例えばね。
例えば、の話です。


お店に行くとします。
そして欲しいおもちゃがあったとします。

子:「これ欲しい」
母:「ダメよ」

という会話があったとしますね?


問題は、その後、ですよね?
その後の反応って、本当に、人それぞれ、子どもそれぞれなんですよね。


目に涙浮かべながらも、グッと我慢する子。
欲しい欲しいと暴れる子。
大泣きする子。
なぜ欲しいのかを、延々と、ブツブツグズグズと、説明し続ける子。


・・・・・そして。
その場では、聞き分けのいいフリして、後日それを、万引きする子・・・・・

別の日に、親の見ていないところで、そのおもちゃを持ってる友達を脅して、奪う子も、います


何も教えなくても、もう、その子の個性が、答えを出すのです。




そして。
そこからが、子育てのスタートだと思うのです。


『我慢した子』
は、褒めるよね。
そして、
「むしろ、もっと、自己を主張できる能力を、身に付けてあげなければ。」
というのが、子育ての課題になると思います。
こういう、けなげな、天使のような子供の場合、親はその子の美点をつぶさないように、そっと大事に育てることになるよね。
ちょっと疲れる。
でも、感動がいっぱい♡



『泣いたり暴れたりする子』
の場合は、親は苦労しますよね~~。
説得したり。
交換条件を出したり。
厳しく叱ったりと・・・・・。
「我慢を教えなければいけない」、というのが、子育ての課題になると思います。

でもね。
その後、我慢出来た日には大袈裟に褒めたりなど、親が親らしくいられるのは、意外とこのタイプかと思います。
「私子育て頑張った感」が持てる♪




『グズグズ語る子』
だったら、とにかく話を聞いてあげる。
そして共感してあげる、ということが大事になるよね?
きっとね?
「気持ちはわかるよ?
買ってはあげられないけど、でも、欲しい気持ちはよくわかる。」
というような姿勢を見せるのが大事になるのかな?

共感してあげる・・・・・ことによって、その子は何かを得るでしょうか?
わからないけれど。
きっとその子が欲しいのは、「オモチャ」じゃなくて、「コミュニケーション」なのかも??




でもさ~~~。
上記の反応は、みんな、カワイイ姿じゃない?
それぞれに、すくすく育ってる。



一番親が悲しいのは、例えば
『盗む』
のような卑怯な手段で、欲望を満たす子だよね?
しかもそれって、親は気づかないこと多いよね?
隠れてやるわけだから


誰かが気づいて咎めてくれればラッキーだけど。
そうでもなければ、何かの機会に、昔の罪を発見したりする。
既に、もう遅い。

で、
叱る。
怒る。
殴る???
追い出す?

・・・それで解決するでしょうか?
親の自己満足でしかなかったら?
「今度は見つからないようにやろう」
としか、思ってくれなかったら?



愛する?
抱きしめる?
認める?

・・・・・それで解決するほど甘くないよね?
そんなに甘くない



話を聞く?
・・・・・で、聞いた後、どうする?
プロのカウンセラーでもないのに、有効な聞き手になんて、なれない。
聞いて、そして、何が始まる?







これはあくまでも例であって。

今回。
次男は、何かを盗んだわけではないのです。

もっともっと小さな、家庭内での、些細な事件です。
法を犯すようなことでは、なかったのは救いです。



でもね~~。
他にも多くの道があるのに。
次男が選ぶのはいつも、

一番選んでほしくない道。
一番悲しい道。
すべてを踏みにじるやり方。
人を傷つける道。




私は怒りました。
泣きました。
語りつくしました。



何か変わるでしょうか?



高畑親子のように、何もかもを失ってからでは遅いよね。
それはわかる。


でも、じゃあ、どうすればいい?
厳しくすればそれで直るの?
ビンタして勘当すれば、まっすぐに生きるのでしょうか?
そんなものでもないでしょう。





息子には。
真っ直ぐに生きてほしいよね?誰だってね?

将来、妻や子供や同僚を悲しませない、そういう生き方。
周囲の人を踏みにじらない、自立した生き方。
そう生きてほしいのだけど。
・・・・・ムズカシイ。





子育てをしていると。
時折。
深い深い森の中に迷い込んだような気持ちになりますね。
そこは本当に、暗くて寒い。
孤独な森だよね。
夫はいてもね、母親の心は、父親とは全然違うよね。
だから、やっぱり孤独。


例えば、息子が転んだとき。
怪我の程度を冷静に見てあげたり、転んだ理由を探したりするのが父親。

母はね。
自分が痛い。
息子が転んだ瞬間に、自分に激痛が走る。
一瞬、息子が死んだかと錯覚する。
で、取り乱す。泣く。
そういうもんだと思います。
ま、私の場合。



でも。
そこを何とか踏ん張って。
あと半年で、この子を自立させたい。
そのためには、私が子離れしなきゃイケナイ。
父的な目が必要?

・・・・・・・イヤイヤそれは、なかなかムズカシイ。




そんなもんもんとした日々です。




にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村









スポンサーサイト

コメント

深い森の中でも、光を見つけて

 こぶりんぼさん、こんにちはー。病院通いは、主人が行ってくれていますが、いつになったらお子様3人が体調がいい日が来るのかと、途方にくれます。「下の子が幼稚園に行くようになったら、少しは楽になるよ」と、主人の職場で3児の母達が、声をそろえて言うそうです。その日を目指して、頑張るさくらです。
 さてさて、悶々鬱鬱しているんですねー。家庭内で些細な事件で合っても、母にしてみれば大事件で・・・。
怒り、泣き、語りつくしたんでしょう。
何か変わってほしいと願い、次男君の為にしたことには、間違いないし、次男君に響いてくれる事を、願ってます。
 そうそう、子供が転んだ時の反応は、父親母親で全く違うと、よく話に出ます。
父親は「受け身取ったか、大丈夫か」と言うセリフが多いらしいです。それは、息子の場合ですが、男たるもの戦うものだけに、受け身を取ることが、まず第一と考えるそうです。
母親は、「怪我はないか、大丈夫か?なんで転ぶのよ」と、体の事をまず心配し、転ばないようにするのが母親だと。
子育てで、こうも見るところが違うし、違うからこそ一緒にいて、子育てをするのが人間だそうです。
 私も、深い森の中にいて非常に孤独を感じることがあります。でも、こぶりんぼさんのブログを見たりして、光を見つける事だってあります。だから、孤独じゃないですよ。一人じゃないですよ。
 でも、自立させるには、子離れも同時ですよね。自立って難しい。

No title

子育ては修行、それも苦行に近いかもしれないと
思うことがあります。
子供はみんな(きょうだいでも)違うから、育児書通りには
いきません。深い森をはっきりした指針もないのに歩いて
行くなんて、何て頼りない旅なのでしょう。

先日たまたま三女の部屋を掃除中、使い終わっている
小学校時代のドリルノートを見つけてパラパラめくって
いたら、空いたページに三女の最近の筆跡で書いた日記の
ようなものを見つけてしまいました。
書いている内容がなかなか重くて、どうか思春期の悩みを
大げさに表現したものであって欲しいと思い、実際そう
なんだろうと私なりに納得出来る気もしています。

ただ、3番目の自分は姉と比べて取り柄がなくて、
母親(=私)に好かれてないかもしれないというくだりは
本当にショックでした。子育てしてきてこんなにガッカリ
したことはないです。
夫に話していたら泣けてくるし、一人でいても泣けてきます。
どの子もそれぞれ可愛いと思っているのに伝わらなかったの
かもしれないと思うと、悲しいです。

だから言って今更小さい子をあやすような接し方も出来ず、
私なりに愛情を伝えていくしかありません。
上の子達はどう感じていたんだろうか等、ここ最近は
今更ながら自分の子育てを振り返る日々です。

自分のことばかり長々と書いてしまってごめんなさいm(_ _)m
子供と一生いい関係で関わっていくためにもお互い
気分転換しながらタフな心で育児やっていきましょうね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 深い森の中でも、光を見つけて

>  さくら様

ヤッホーー!!
さくら様家のイクメン模様が、ちょっぴり羨ましい初秋の老女です。

いやあ~~。
まいりましたわ。
私は4人育ててきたけれど、思えば、夫が息子を病院に連れて行ってくれたことは、この20年間、ゼロですなぁ。
いやはや~~。
世の中には素晴らしい夫というものもいるものですね。
驚いたわホントに。

>でも、こぶりんぼさんのブログを見たりして、光を見つける事だってあります。

いやはや泣きました。
こんな言葉をかけていただけるとは、もう本当に、ありがたきことです。
なんだかんだとどうでもいいコト書き散らす日々ですが、でも、やっぱ、頑張ってきてよかったな、ってちょっと思うわね。
ありがとうね本当に。

いろんなことあるけども。
産んだからには頑張らにゃいけんね。
ありがとうね♡

Re: No title

> ひろみ様

こんにちは~~。

ひろみさん、胸に沁みるお話しでした。
読みながら思わずもらい泣きしちゃったよ~~~。
切ない。
切ないねえ(涙)
ひろみさんの心中を思うと、ヒリヒリします。

3女ちゃん、かわいい子だね。
感受性が豊かなんだね。
女の子というものは、表現力があるから、そういう風にして文字などの形で残っちゃうんだね~~。
賢いゆえの、つらさですね。

男の子は、そのような文章を自ら書くという子は少ないと思います。
そもそも。自分の心を言語化することが、大の苦手です、うちの子みんな。
自分が何考えているのかを把握しきれない・・・というところが男児の魅力であり、弱点でもあり。
などと感じる今日この頃です。

ひろみさんも私も、B'zがいるということは、最高の支えだねえ。
やっぱりね。
悩んだ日には、イケメンな顔ではなくて、歌詞。歌詞ですよね。
心の底から欲しますね。

今日はね。
衝動聞いてた。

誰もが無限の可能性を抱きしめて生まれてきたんでしょう?

って稲葉君に言われたらね。
悩んでる日には、号泣だね。

ひろみさんの三女様と、我が家の次男の、無限の可能性を信じて、一緒に頑張ろうね。


Re: タイトルなし

> 鍵コメ様

こんにちは~~!!

うわああ~~(泣)
切ない。
鍵コメ様も、すごく切ないなぁ(泣)

上の、ひろみさんのお話しも切なかった。
鍵コメ様の育児道も、涙なしには語れないね。
頑張ってきたんだね。

みんなみんな。
悩んで泣いて、苦しんで育ててる。
それが、しみじみと伝わってきました。

鍵コメ様のお子たちも、今じゃ本当に立派で頼りになる存在になったよね。
頑張って育ててきたからだね。

この先、あふれるほどの幸せが、鍵コメ様親子に訪れると思います。
大きな声で幸せそうに笑う鍵コメ様が、なんとなく、浮かびます♪

かなりでかい声で!

No title

ありがとうございます(^ ^)
信頼出来る人に聞いて(読んで)いただいて、
温かい言葉をかけてもらえてとても嬉しかったです。

こぶりんぼさん自身も悩み、迷ったから記事にしている
というのに、私の話で更に気持ちを重くさせてしまった
かもしれませんね。
それでも気遣ってくださるこぶりんぼさんの懐の深さには
頭が下がります。

から元気でもやせ我慢でも、家の中での母親はいつも明るく
いないと!と思っている私には、こぶりんぼさんとB'zが
頼もしく、ありがたい存在です☆

Re: No title

> ひろみ様

こんにちは♡

ひろみさんも本当に、日々迷い悩みながら真摯に育ててるんだね。
すごく伝わってきます。

うちの次男もきっと、
「自分ばかりがいつも叱られる。
自分だけ愛されてない。」
と、感じてるかもしれないです。

そうじゃないのに!!
そうじゃないのにね。

周囲の人に愛されて、支えてもらって、そして、自分の才能を花開かせる人生。
そういう人生を送ってほしいからこそ、色々いうんだけれど・・・。

なかなか伝わらないよ~~私も。

ひろみさんの三女さんには、自信を持って、にこやかに人生を歩んでほしいね。
遠い空から、こぶおばちゃんも、見守ってるから♡
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア