私の好きな偉人と、妄想力。

先日。
「一番好きな、歴史上の人物を決めよう。」
という課題を、自分に与えた者でございます。

しかし。
なかなか方向性も定まらず。
悩んだ私は、参考にしよう、(あわよくば、パクろう)と思い。
皆様方のお好み人を、こっそり教えてもらったとです。


そして、何人かの方が、自分の大切なお気に入り偉人を教えて下さいました。
ありがとーーーーー!!




皆様が挙げてくださった偉人たちを眺めてみますと・・・。
実に!!
実にですね。
実に、その方の個性と、選んだ偉人の雰囲気とが、カブってる!

やはり、その方らしい人選なんですねえ~~。
しみじみ感じましたです。


確かにね。
誰を、どのような理由で選ぶかということは、そのままそれが、選んだ人間の人生観、生き方、理想・・・そううものであるわけですね。
当然そうなるよね。


そこで。
私も改めて、考えてみたのです。

私の人生観や、理想の生き方を、最も具現化した、歴史上有名人は、誰ぞ???

と・・・・。


誰もが知ってる名前で。
そして、私が「こうありたい」と思える御人・・・・・・・・。
Who are you???


そう考え始めたら、すぐに出会えましたですこと!!
運命の扉が開かれたんですのよ~~~!!
ビビーーーンと!!
ビビビビ―――ンと、来たんす!!!
分かったの。
分かったのよ~~~私の愛する昔人が♡
皆様のおかげですたい!
色んなインスピレーションいただきました!!



私の生きる道、いや、生きたい理想の道の、キーワードは、3つかなと思うの。


孤独 自立 そして、妄想!!!

これよこれ。
一番大事なのは、妄想力ね。



妄想界のスーパースターと言ったら、紫式部じゃないッ!!??
というわけで。



孤独な妄想ウーマン、紫式部。




・・・・に、決定いたしました♡


源氏物語は、一説によると、日本のみならず、長編小説としては、世界最古である可能性も大であるとか?

源氏物語よりも古い文学作品は多々あれど、その内容は、

叙事詩
史書

説話や神話
日本なら、歌物語や歌集

等がほとんど。


つまり。
事実を記したり、伝承文学を書き留めたり。
または自身の感動を記したり。

というものがほとんどであり、100%虚構の世界を、気が遠くなるほどの長編で構築したのは、源氏以前には見当たらないのでは??
と言われているらしい。


光源氏という存在も。
紫の上も、弘徽殿の女御も、葵の上も。
義母との密通も、雨夜の品定めも・・・。

何もかもが、紫式部という一人の女性の頭の中の空想だなんて!!!

すべてが妄想界の住人だなんて!!!!!!!




いやはや~~~



後世、これほどまでにもてはやされ、有名になり、影響力を持った「源氏物語」ですけども。
書いてる最中には、本人にはそんなことはわからないわけで。
ただただ、自分の頭の中の妄想を書きちらしてたのでしょうなぁ~~。


誰も誉めてくれないかもしれない。
そもそも、みんな、読んでくれるのか?
今、面白いともてはやしてる人たちも、最後までオレについてこれるのか??
そんなこと、わからないじゃないか!
最後には、誰も読んでくれないかもしれないじゃないか!
「くだらない」と言われたら、返す言葉もねえ!!!

という中で。
これほどの長編を、たった一人で書きまくってる姿の。

なんと孤独でヲタクで、頑張り屋で、妄想チックなことよ!!



まあもちろん。
史実は不明なわけで。
作者は別人とか。
複数人の合作とか。
いろんな説はあるようですなぁぁ~~~。




んでも!!

私は心の底からリスペクトするぜ~~~!!

妄想力の権化。
孤独な時間に耐え、髪振り乱し、悶えながら書いたであろう、バイオレットな彼女を!!!

妄想万歳。


というワケで。

人生50年目にして、「一番好きな歴史上の人物」が、決定しまして。

今、私はとっても、穏やかで安らかな安心感に包まれています。
達成感と言ってもいいかもしれません。



紫式部・・・・。
あなたもきっと、孤独に泣いた夜をいくつも乗り越えて生きたのでしょう。

周りの美女たちが、遊んだり、恋に落ちたり、おしゃれをしたりしている時間。
一人、自室にこもって、墨をすりすり、孤独に虚構の世界に身を沈めていったのでしょう。
紫の上の死の場面では。
きっと泣きながら書き進めたことでしょう・・・・。


あなたの妄想が生み出した、何人もの登場人物は、こんなにも、日本人に愛されていますよ~~。




『私も頑張ろう!』
彼女の人生を思う時、私も自然にそう思える!!

小中学生の頃から聞いてた名前だけれども。
今、また、新たに出会ったような、素敵な気持ちになれました♪




偉人探し&自分のお気に入り偉人紹介。
皆様のお話し聞くのが、すっごい楽しかった!
ありがとう~~~~~!!!








にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

ピッタリです

 こぶりんぼさん、こんにちはー。もう、エアコンなしでは寝られません、日中は灼熱地獄と化してるし・・・・熱中症に気を付けないと・・・いつ倒れてもおかしくないさくらです。
 まずは、4兄弟の言葉の事ありがとうございます。主人に、話しておきますねー。我が家は、姫様が何となくしゃべりだしているため、次男が急に何とか言葉を話そうとしています。
長男がかなり遅くて、その前例もありそんなには、心配はしていませんが・・言葉を話すかどうかよりも、意思疎通がちゃんとできて、コミュニケーションが取れていることが大事ですよね。
 で、本題に戻って、紫式部っていやー、こぶりんぼさんにピッタリの歴史上の人物だと思います、
確かに、妄想だけであの物語をかいたのならば、ある意味凄いですよねー。
 そうそう、歴史上の人物で寧々さんの他に、頭に浮かんだのが前田利家の奥さんのまつか、山内一豊の奥さんの千代でした。
でも、ピーンと頭に浮かんだのは寧々さんでしたねー。かぶってい言われて、恥ずかしいぐらいです。
自分の持っていないものに憧れると言いますが・・・奥様達をまとめるリーダーで、時には秀吉さえも怒ったという、秀吉の裏では、家臣たちに目を向けて意見を聞いたり、日常の雑多なる物を仕切っていたようで・・・ある意味憧れているのかもしれません。
 そうそう、今日通知表をもらって、明日から夏休み。で、泳げないので水泳教室に、合唱の練習に、課題も盛りだくさんです。今年は、ポケモンの映画を見たいと言ったり、少しづつですが成長しているようです。
計画立ててやらないと、宿題山ほどです。

紫式部!
こぶりんぼさんの解釈を読んで、彼女をグッと身近に感じられました。
サラサラと物語を編むだけの印象だったけど・・当たり前だけど、感情のある一人の人間だったんだよなぁ!

私は、ずっと歴史上の人物を思い浮かべているんですが・・
知識がなさすぎて誰一人思い当たりません(;´д`)情けない。

せっかくなので源氏物語を読み直してみようと思います!( ´ ▽ ` )ノ

Re: ピッタリです

>  さくら様

ヤッホーーー!!
そっか~~、そちらはそんなに暑いんね?
お疲れ様。倒れませぬよう。

我が家はね~~涼しい立地にあるんよ~~。
まだ、一回もエアコンはつけてないんよ!
扇風機をたまに回してる程度・・・。

今日なんか、寒くて、長袖のカーディガン羽織ってるわ~~~。
仕事中は、激アツ・汗だくだけどもね!

ところで、さくら様は私から見ますと、非常に良妻のイメージですわ~~。
おそらく、ご主人にとってはかなりのアゲマン・・・・♡ではないでしょうか??
ふふふ。
そういうのって、なんとなく、じわじわわかるものなんすよ~~~。
寧々様とさくらさんは、アゲマン繋がりっつうことですわ!

言葉という点で考えるならば、男児は、女児には太刀打ちできんでしょうねェ~~。
てゆうか、一生、男は、おしゃべりでは勝てないね!
次男クン、頑張れ~~~!!

男児とはナゼにこのように、不器用でかわいくて単純で純粋なのでしょうね?
女である我々には、よくわからん物体やね~~。
我が家もそうよ!
男児も夫も、謎の物体だわーーー。妙に愛しいものですなぁ~~。

Re: タイトルなし

> syouyu様

ヤッホーー!!
syouyuさんはまだまだお若いんですもの!
じっくりゆっくりねっとりと、究極のお一人を選んで下さいな~~。
私も50年かかっちまったよ!

syouyuさんは、芸術に造詣が深いと思われますわん。
吹奏楽や、美術など・・・、あなた様の人生の軌跡は、芸術方面のお花畑ではないでしょうか???
そちら方面にも、有名なすんばらすい人々は、おいででしょうなぁ~~。

そういえば、以前、B'zの歌詞を調べてる関係で知った、モネの生き方も、スンバラスイものでしたわ~!
睡蓮見ただけで泣けるほどに!

強引なモネ押し!
えへへ、失敬!

紫式部とこぶりんぼさん、ばっちりはまっちゃいました~♪これから紫式部と聞くと、こぶりんぼさんを思い出すでしょう♪
私は歴史が苦手。なので好きな歴史上の人物も思い浮かびませんが、こうやって探してみるのも楽しそう。そうすれば少しは歴史も親しみを持つことができそうですね。

我が家長女は、歴史好き。野球好き。母はどちらもサッパリデス。
これから子ども達が私の世界も広げてくれそうな気がします。

Re: タイトルなし

> チェリー様

こちらにもコメ、ありがとうね~~♡
紫式部への愛が溢れて困ってるわ~~~、素敵な感覚です♡

チェリーさんも、まだまだお若いでしょうが、でも、生き方の方向性はすごく明確ですよね。
そこを意識すればきっと、この人!というのはいるのではないでしょうか???

すっごく余計なお世話ですが。
私から見たチェリーさんのイメージに合うのは、宮沢賢治だよーーー。
農業と文学のロマンチストのヒューマニスト!
畑しながら素敵なブログを更新してるチェリーさんのイメージです☆

という、勝手な押し付け、すんませんなぁ~~💦

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 鍵コメ様

ヤッホーー!!

まあにゃんとゆう!!
にゃ~~~~んとゆう、濃い愛を注いでおられる!
さすがです~~~。
素敵です~~~~。

私はまだまだ勉強不足でして。
んでも、「紫式部」と決めたからには、私も、ライフワークとして、色々読みたいと思います!

私は実はね。
高校の頃はあまり好きではなかった気がします。
色々古典に触れた時期もありましたが、私が好きだったのは、徒然草でしたよ~~~。

この年になり、やっと、源氏の魅力に気づいた感じでしょうか。
んだから、鍵コメ様に比べればずっと、素人、新参者ですわ~~。

私の浅い知識の中で、最も興味を惹かれ、共感を感じるのは、弘徽殿の女御かなぁ~~。
うん。
ワカル。
ワカルよ~~と、涙出ますわ。

んでも、もっと勉強していくね!


一緒に、
「好きな歴史上の人物は、紫式部!」
な人生を歩みましょうね。
わ~~~~~~い\(^o^)/

稲葉さんと、紫さん。
私たち本当に、好みが合うのね♡うれしい!♡
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア