B'z「FIREBALL」の出た頃。

こんばんは~~♪


今朝ね。
キュウリを朝食に出そうと思ったら!(←という表現が、デキル主婦っぽいん??)

見て見て~~


2016063006590000+(2)_convert_20160702133243.jpg


こ・・・・
これはテンション上がりますよね?
息子どもと盛り上がったわい。
「6」
だよね?

去りゆく6月への、別れの歌。なのか?


ちなみに、こうゆうキュウリで、小中学生はもちろんのこと、高校生及び社会人男性も喜んでくれるのが、我が家族の長所である。と思う。
次男と夫よ、ありがたふ。


ちなみに。
なんか食べれなくってさ~。
まだ、ヤツは健在よ。
記念撮影に応じた後、古巣の冷蔵庫内に戻ったわ。




ところで!

もう一個、見ていただきたいお宝があるんじゃよ。
あ、野菜じゃないのよ。
キュウリのことはもう、忘れていただきたい。
もっとおいしいもの、ハ・ナ・シ💛
ウヒヒヒ


ああ皆様。
失神しないでいただきたい。
かといって、惚れたりもしないでいただきたい。
かといって、無関心もツライ。
キミはきっと、思わず画面に触れてしまうであろう。
Oh!  my love!!!


コレじゃよ。



img001_convert_20160701002922.jpg



やめてほしいよね。
この漲り感!!←みなぎりかん、と読む。ようである。
2人とも、どんだけイケメンなのでしょう。
稲葉さんに関してはもう、ちょっと、理性吹っ飛ぶ。
ムズムズするわ







あああああ~~~。
魅力的。
魅惑的。
人類史上最高のフェロモンである。



ちなみに。
この曲に関しては、何年か前にブログに書いた記憶はある。
随分昔のような気がするわぁぁ~~~。
今日も同じようなこと書くかもしれん。
すまん!!




これは。
1997,3,5に発売されている。
まだ、小さいCDが出回ってた頃だ。


1997の、3月か~~~~~。


遠い昔よのゥ。
皆様何してました?



私は。
初めての出産を終え、実家で過ごしてたわ。

あの頃。
まさかその後、自分がこんなに子だくさんになるなど、予想もせずに。
私の初めての、たった一人の赤ちゃんに夢中でした。
24時間、長男だけを見つめていたと思います。
身も心も捧げておった。


実家では、実はその頃。
ちょっとした事件が起こり、それをきっかけに、私の父が鬱病まっしぐらでした。
次第に、私の赤ちゃんにも興味を失い、4月には入院の運びとなったのでした。

帰省した娘の産後の世話と、夫の病とに挟まれ。
私の母がどれほど大変な思いをしたのか、今さらながらに頭が下がるわーーー。
母ちゃん、ありがたふ。


1997の春は、私にとって、そんな日々でした。
世間というものから隔絶された、陸の孤島のような実家で。
よく泣く赤子と、鬱鬱な爺と、てんてこ舞いな婆と。

そして私は、浮かれたように、息子に夢中でした。
父親の鬱など、正直、ど――でもよかった!
夫のことも、どーーーでもよかった!
息子ラブ。
ああそれだけだったあの頃。
ましてや、世の中のことなど、考えたこともなかった!!!


B'zのことも、そうさ!失念しておったさ!!
ごめん!!!!



そんなあの頃。
世間の人々は、こんなにも美味しそうな、旬な稲葉さんを堪能していただなんて!!
ピッチピチの、プリップリじゃないの~~!!


くうぅぅ!!!!!
悔しか~~~~ッ!! ←新たに発見した絵文字。どお?




なぜ。

なぜ急に、こんなアルバムジャケットを持ち出してきたかと言いますと。


今朝ね。
次男を車で高校に送りまして。
その車内で、かなりの音量で、この曲が流れたのよ。


そして、
「裏切られても
コケても
アレちょん切られても」
って稲葉さんが言うからさ。


『アレちょん切られても』
とかって、イナバさ~~~ん!
今私、思春期の息子と聴いてるのよ~~ッ!
TPOを考えて稲葉さ~~~ん!
その話は後にして!


てゆうか、誰なの!誰なのよーーー!
稲葉さんに『アレちょん切るぞ』とか、言ったヤツーー!!
ここに出てきて正座しろ。

そして、稲葉君は
「いじめられても たたかれても」
って言ってるぞーーー!
だから誰なんだ、イナバをイジメたりたたいたりした奴は、え
正直に名乗り出ろよ



みたいな気持ちになっちゃったのよ。



ってゆうか~~!


この歌の歌詞が、非常に身に沁みて身に沁みて泣けてきた、梅雨な朝。


「だれにも よりかからないで やっていくことは
信用するなとか 友情すてろってことじゃなく
クジがはずれても ねちねちグチらず 前にすすめるかどうかだろう」



コレだよ。これ。



稲葉さんが、多くの歌詞内で繰り返し語っているのは、


自立


だと思うのよ。



これは、何も、子どもが親から自立するとかそういうことじゃなくて。


寄りかかるな。
人のせいにするな。
社会のせいにもするな。
自分のせいだろう?
愚痴るな。
自分の言動に、選択に、責任持てよ。
うまくいかない時こそ、まっすぐ行けよ。


とまあ、そういうことだと思う。


これが、私が稲葉さんを、愛する理由。
こういう言葉を、くれる人。
私が今、心から求めている言葉たち。


いいかげんな情熱、灰になれ!
どうでもいい信念、灰になれ~~!!!!


数ある名曲な中でも、名歌詞中の名歌詞だ!
これはもう、20世紀を代表する、芸術としての詩ですなあぁ。

散りばめられた、宝石のような言葉たち。
散りばめられた、意表を突く、多くの比喩たち。
そして教えてくれる、一本の道。

ハズレくじを引いたとしても、愚痴らずに進めるかどうかで、人生は決まる。


ホントにそうだと思う。





FIREBALL

夜明けまで続きそうな おしゃべりに 頭が割れそうで
僕を見ようとしない きみに声をかけるスキはない

相手の流れに 押されてる
僕の命は風前の灯

尻にしかれっぱなし 座ぶとんのような心と体よ
この形勢を逆転したいと からまわりして びんぼうゆすり

がんじがらめかといえば そうでもない
ひまだらけの ちょっとむなしい感じ

裏切られても コケても アレちょん切られても
いじめられても たたかれても しぶとく生きたい
どんな高級セラピーも あてになんない時代にあと何がある

魂に火をつけろ まっ青に こおりついちゃう前に
My soul is flyin’like a fireball
クズのような 迷いも灰になれ
飛んでゆける 空を燃やしながら
夢のもとへ そして自分のもとへ


だれにも よりかからないで やっていくことは
信用するなとか 友情すてろってことじゃなく
クジがはずれても ねちねちグチらず 前にすすめるかどうかだろう

魂に火をつけろ まっ青に こおりついちゃう前に
目をとじ 耳をすまして
快感のしっぽをつかんだなら
一気に天まで届くような声をあげて
どんな国境も 自由に越えてしまえ

You know , my soul is flyin' like a fireball
いいかげんな情熱も灰になれ
どうでもいい信念も灰になれ
飛んでゆける 空を燃やしながら
夢のもとへ そして自分のもとへ




にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント

働いていた頃か・・・

 こぶりんぼさん、おはようございます。姫様の咳反射でミルク嘔吐・・・・次男はとびひにかかった感じで、今日は皮膚科に小児科にと医者のはしご予定です。病気の根源を直さないと、家族共倒れになっちゃう・・・それだけは避けたいさくらです。
 さてさて、1997年。わたくし、その頃はたぶん働いていたと思います。職場が代わった時で、実家で暮らしていたような・・・・。
そんな時代に、こぶりんぼさんは長男君を出産し、実父が鬱で産後の娘の世話と、実母も凄いですねー。
 で、そんな時に出てた歌の歌詞も凄い。でも、一言で言ってしまうと「自立」かあ。愚痴らずに、前だけ見て進めって、結構難しいし大変です。
 実は、結婚してお互いの実家は遠くて、どちらの両親も年老いているため、実家には余程の事がない限りは、頼れないのが現状です。そうなると、嫌でも自立をしないと、生きてけないし子育てなんて出来ませーん。
今は、主人の職場も近くて、しかも上司も現状を理解してくれているので、多少の時間の融通も利くので、子供の予防接種や病院など付き添ってくれます。
 今は、長男をいかに自立させるかが、夫婦で取り組んでる課題みたいなもんです。

こんばんは(^.^)

97年前後の稲葉さんはこの世の者とは思えないくらい、史上最高にイケメンですよね‼︎

若かった私にはエロ全開の稲葉さんを正視することができなくて、どちらかというとB'zを避けていたくらい。

できることなら20年位前に戻り、史上最高イケメンの稲葉さんを堪能したいです‼︎

もうじき〜enIII〜のライブDVD発売されますね(^.^)
楽しみでーす‼︎

熱かったよん・・・こぶりんぼさん

内容にグイグイ引き込まれていきましてん。(^-^;

キュウリは忘れてと言われても
数字の6以外に 何に見えるか考え〜のブログ読みいの

で・・・漲る で 読み仮名つけてもらってるし〜
サンズイだったから・・・ミナギルだと思った自分が嬉しかった(笑)

夜が明けたら
大音量でこの歌聞いてみようと思ってます!



この歌どぅあい好きです。
まだまだですが、私の目標とする精神的自立。
小笠原に移住して、親からの自立、そして今、旦那さまがとても精神的自立した人なので私も釣られてというか煽られて精神的自立の途中です。
初めて買ったB'zのアルバム「survive」擦り切れるほど聞きました。
カラオケでも歌いまくり、今でも1番好きなアルバムです。
この曲を取り上げてくれてうれしー!ありがとうございました。

No title

この頃の稲葉さん、色気とカッコ良さをどう表現しても
言葉が足りない感じがします☆
リアルタイムで気付いてなくてもったいなかったけれど、
やはりよかったです。
と言うのも、そのころの私は、ほぼ毎日仕事で不在が多い
夫の手を借りにくい状況で、年少の長女と1歳何か月かの
次女を育てるのに必死でした(>_<)
イケメンシンガーにうつつを抜かしていては、子供達に
危険がせまっていても気が付かなかったことでしょう!

それにしてもあの頃は稲葉さんだって若く、仕事は順調で
イケメンでモテモテ、天狗になってもおかしくない状況でしたよね。
それでいてFIREBALLのような歌詞が書けるなんて、凡人とは
違うなあと今更ながら驚かされます。

自立という稲葉さんが示してくれる生き方は、自分に厳しい
生き方です。自分に甘~い私はついフラフラしそうになりますが、
B'zの曲に触れるたびに、襟を正すきっかけになり、有難いです。
見かけはかなり昔から大人ですが、本当の意味での大人になる
には遠く険しい道が続いています(^_^;)

Re: 働いていた頃か・・・

>  さくら様

ヤッホーー!!
お子さん方はいかがでしょうか?
とびひは、やはり、季節もあるけど、疲れた時に出るよね。
何か疲れが溜まってるのでしょうなぁ~~。

歌というものは、不思議な力を持つものですねえ。
私はこのFIREBALLは、ここ数年気に入って聞いてるんだけども、きっと、発売当時聴いていたら、全く違う感想を持ったかもしれないね。
今だからわかることもあるし。
逆に、今はもう失ってしまった感性もあるはずですよね~~。

同じ歌でも、聴く時期によって違うんだろうなぁ~~と、しみじみ思いますわ。

さくら様も、子育てや病院通いでてんてこ舞いの今だからこそ!心に響く歌というものもあるはずですねえ。

私自身は、さくらさんのような境遇の頃。
息子らと一緒に、歴代の「ウルトラマン」たちのテーマソングを集めたCDをよく聞いていましたわ~~。
ティガとかね。
ガイアとかね。
その辺りの歌が、いいんですよ~~。
すっごくいい歌ぞろいだったわ💛

あとはやはり、おかあさんといっしょのCDなんかも買ってましたよ~~。
童謡聴いても、共感しまくりで泣けてきたものです。
「ぞうさん」なんか聴くとさ、
「そっかそっか、母さんも長いのか~~そうかそうか。
そんなに母さんが好きか~~」
と思って、泣ける泣ける!!

ってなもんでした。

子育て中は、涙腺全開っすよね!

Re: タイトルなし

> I.S様

ヤッホーー!!

あああああ。
ワカルよワカル~~
横断歩道ないけれど~~大好きな稲葉への道だもの~~~♪

ああ。
分かるわ。
見れなかったね。
なんかもう、遠い存在というか、直視できない存在だったよね。

太陽と同じでさ。
あの頃直視してたら、目、ヤラれてたね。
ヤケドしてたさ!

今この年になって、若き日の稲葉さんを振り返るからこそ、愛しさも、かわいさも、魅力も、むしろわかると思いますわ。
当時はまた、ちょっとついてけない盛り上がりでしたし。

今の、月光のような輝きが、一番ッス!!

Re: 熱かったよん・・・こぶりんぼさん

> あるく様

ヤッホーー!!

んまあ!
品のある、思慮深型主婦であるところのあるく様!
このような、ヲタク感あふれる、エロ世界にようこそ!!
その扉は開かれてしまいましたわね~~~!
もう戻れませんて。

FIREBALL
の魅力に取りつかれたら、もうね、B'zのいない世界には、帰れないわよ♡

キュウリね。
他に何に見えた?
アハハ。
変なものにも見えるよね。
ふふふ~~~~

Re: タイトルなし

> yumi様

ヤッホーー!!

おおおおお~~!!
yumiさんも、大好きなのこの歌!!?
いいよねいいよねいいよね~~。

SURVIVEはもう、すんばらしい名盤だよね。
稲葉さんも、確か、一番好きなアルバムに挙げてなかった?

いやもう本当に素晴らしいよね~~~。

私はこの当時の稲葉さんの、色気もイケメンも好きですが。
正直言いますと、ちょっと、色っぽ過ぎて、なんかもう、お腹いっぱい。
映像は、めったに見ないです。

今の、いぶし銀のような稲葉さんの方が、しっくりきますわ~~。


んでも!!
この当時の、作曲センスと歌詞センスはすっごいよね!
いやはや~~~。
表題曲の「Survive」も、たまらないよね。
前奏だけで泣ける!
いいアルバムよね、人生の宝物だね。

Re: No title

> ひろみ様

ヤッホーー!!

いやもう本当に、素晴らしい歌詞ですよね。
私はもう、この当時の稲葉さんから溢れ出る、
「比喩能力」
に、もっとも脱帽です。

比喩がさ。
個性的、ユーモラス、かつ、風刺的。
だと、本当に思うのよ。
すっごいことだよね~~

当時は、色気も魅力も、なんだかもう、大変なことになってますが。
やはり、アマリニモカッコよすぎて、ちょっとね。

学校一番の人気者には、凡人少女は近づけないじゃない?
それと同じで、ここまでカッコいいと、「ファン」と名乗るのもビビっちゃうほどですわね。

イケメンぶりは健在ながら。
やはりほどほどに年を取って。
シワも疲れもにじみ出始めた、今の稲葉さんが、私には一番です♡

私も常に、生き方を稲葉さんの歌詞に教えてもらっています。
インタビューや、トークでは、稲葉さんはあまりたいしたことは語らないね。
適当に流してると思います。
もう、歌詞で語りつくし、ライブで表現しつくしてるから、何も残ってないんだと感じるわ。

やはり、稲葉さんの、本当に大事な根幹の部分は、歌詞に映されてると、信じてるわ~~~!
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア