B'z「自由の代償」を、聴きました。

こんばんは!!
いやはや~~~。
書きたい記事が色々あって、ムラムラしてました
                  ↑
  と、エロセクハラ警察官の使った擬態語を拝借してみましたわ。エヘヘ。



先日・・・・・。
私の大切な稲ヲタ友人が、教えてくれましてん♪
「B'zの、新しい曲が、You tubeにアップされてるよん!」
と。


ソロ続きで、B'zに飢えてた私は、
ぎゃおっす!!
と思って、早速、検索検索。


「自由の代償」

というその曲は、epic nightツアーの、帰る時に、流れてた曲でした。
フルで聴くのは初めてで、喜び勇んで聴きまして・・・・・・。


んで。





泣く。



まあ。
当然の結末ともいえるけどもん。

泣いちゃったわーーーー。
泣いちゃったわーーーーーー!!!


私が泣いたワケと言えば・・・・・。
それは、若き日の孤独を思い出したからでした。


愛しすぎて、重たがられ。
精一杯愛すれば愛するほど、逃げてゆく男・・・・・
好きなのに、なぜ?
そんな一人ぼっちの孤独な夜を、何度過ごしたことでしょう!!

泣けるよなぁ。




今思えばさ。
重いんだよね、愛し方が。

深夜の長電話・・・・・しかも、無言続きとか。
2人で会ってても、泣いたり拗ねたりとか。
「何考えてるの?」と言う、不毛な質問攻めとか・・・・・・。
ああ、重い。
私、重かったわーーー



でもね。
重くて不器用で幼かったけれども。
んでも、そういう、若き日の一途なひたむきな、一生懸命な愛って、本当は。実に実に尊いものですね。
思い詰めるような、真剣な思いは、もう二度と帰っては来ないです、私の場合。
そしてそれは、本当に、純粋な、不器用な愛でした。


それが窮屈で。
若い男というものは、
重い!
逃げたい!!
自由にして!!!!
と思っちゃうものなのでしょうね。


自分が受け取ってる愛の価値に気づかずに。
鬱陶しいだけの檻のように感じて、逃げ出すのでしょうなぁ~~~。



やがて。
40や50になった頃。
そういう、若い女性の重いほどの愛情の、愛しさというようなものに、男は気づいて後悔するのでは・・・・・?
そんな後悔の気持ちが伝わって、泣けるのですね、この歌。
後悔しても、遅いんだしね。



お互いにね。
失った時間は戻らない。
年月を経てから大事なことに気付いても、もう、どうにもならない・・・・・。




実はね・・・・・。



私の独断妄想ですが・・・・。

この曲の第一印象は、
「あ!
稲葉さん、最初の結婚の失敗を、歌ったんだ
というものでした。


稲葉さんは若き日に、一度離婚を経験してるんですよね。
B'zが、売れに売れて上昇気流の真っ最中。
若かった奥様は、いつも一人でほったらかし。
その生活に耐えられなくなった奥さんは、未練たらたらの稲葉さんを捨てて出てってしまったらしいよね。

稲葉さんは、本当に未練いっぱいで。
どうしようもなかったらしいよね~~~。
「もう一度同じ人と結婚する」
とか言ってたらしいじゃん??
   (カワイスギ

・・・・・・まあ、その後あっさり、別の方と再婚するんだけども!!
  ↑
 なぜ、私とじゃなかったのかは、謎である。



とにかくですね。
好きなのに、寂しくさせた。
大事にできなかった、傷つけた。
ごめんね。
そんな、かつての結婚の苦い思いを、こういうさらっとしたメロディにのせて、歌っちゃったんじゃないかな~~?
と、そんなふうに感じたわ~~。


独断ですけどもね




ねえ?
皆様にはどのように聴こえた??
私の友人は、
「青年の自立」
の歌ととらえ、母の立場で涙したようでした・・・・
ああ。
そういうイメージもまた、泣けますなぁ~~~。


いやはや。
男というものは。
随分と、周りの女を泣かせる生き物よのゥ~~~


でもまあ。
正直言って・・・。
「ゴメンね」的なこと、男に言われると・・・・。
ふにゃん
てなるよね。
ふにゃん
ってね!!
それが、夫であっても、息子であっても。


くうぅぅ~~~!!
悔しいけれども!!













にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント

聴いてみました

 こぶりんぼさん、おはようございます。姫様が、本格的に食事へと移行しようとしています。「ミルク買っちゃたよー」「10倍粥ってどうやって作るんだっけ?」って言う状態です。そうそう、姫様、一人になると地響きの様な唸り声を上げて、「抱っこして-」とこちらを呼んでいます。相当の抱っこ魔のようです。
 さてさて、自由の代償ですか・・・・。確かに、一人にさせてしまって寂しい思いをさせてしまって・・・・・自分は自由だけど代償になった物は大きい・・・離婚した奥様に対して歌っていた感じも・・・・歌詞の端々に滲み出ているような・・・・。
 けど、自由だけど孤独って言うのはあるかも。歌を聴いて、ウンウンと頷いてしまう自分がいます。
 こんな歌詞を書く、稲葉さんは素敵ですねー。色んな思いを載せて書いているんだと思いますが・・・・。

おはようございます(^.^)

なるほど人それぞれ色々な解釈があるんですね。

私と主人の事は妄想しても楽しくないので、稲葉さんの離婚で妄想して聴いてみますね(^-^)

今、副都心線に揺られながら、ウォークマンで「ねがい」を聴きながらコメントを書いております(^-^)

私も、それはそれは重たい女でした(^。^;)
帰ったら聴いてみますね♪

これから日産スタジアムに行って、桐生くんの走りを観てきまーす(*^.^*)

あ、love me I love youが流れてきた♪♪

Re: 聴いてみました

>  さくら様

ヤッホーー!!
でしょでしょでしょ???
稲葉さんは、人類史上最高に素敵な人間であり、人間国宝、重要文化財であります。
こんなに素敵な人と同じ時代に同じ国に生まれて、オラ、幸せですん♪

姫ちゃん様は抱っこ魔でしたか~~。
将来も、お姫様抱っこしてくれるような、頑丈なオトコに出会えるといいですね~~。

自由と言うのは、稲葉さんにとって、何度も歌詞の中で追及してる、1つの大きなテーマですわ~~。
「自由」とは、つらく寂しく厳しいものだ、と言ってます。
「我儘」とは正反対にある、孤独で、責任の重いものだと考えてるはず。
本当にそのとおりだと思いますよね~~♡

Re: タイトルなし

> I.S様

ヤッホーーー!!

そうですそうです。
歌詞の解釈は、人それぞれ、、十人十色っすね!
やはり、自分の人生経験と結び付けてとらえちゃいますよね。
そこが、芸術というものの素晴らしい一面かと思いますわ。

私は離婚は経験ないですが、非常に興味はあります!←爆弾発言ッ!!??
いや、実際さ。
離婚について一度も考えたことのない妻など、あんまりいないよね、きっと?

Re: タイトルなし

> ねむりねこ様

ヤッホーー!!
今はもう、副都心線を降りたと思われるねむりねこさん、こんにちは~~。
随分、恐ろしいほどの名曲を聴いていらっしゃるゥ~~~♪
車内で泣いたり吠えたりしないよう、お気をつけあそばせ!!

既に無意識にやってるかもよん。ふふふ。


桐生くん見てくるの~~~!!??
おおおお~~!!
いいなあ。
焦らずに、じっくりと、記録を出していってほしいね。
彼は大物だよね。応援してる~~~~♪

No title

こぶりんぼさん、お久しぶりの小笠原からです。
去年の今日稲葉さんとお話していろいろあって(ナイナイ)娘が産まれ(犬ですけど)子育てに翻弄され、なかなか書き込みもできませんでしたが、このブログを読むこととやんちゃな娘の寝顔を見てる時が私の癒しの時でしたですよー。
交通事故や受験勉強、今1番心配なのは次男ちゃんですね。交通事故は不幸中の幸いでほんと良かったです。
あと息子ちゃんたちの絵もウケマス。
さて、この「自由の代償」は曲はあまりピンと来ないのですが、歌詞はさすが稲葉さんですな。でも、前妻に未練たらたらだったなんて知りませんでした。その話を聞いてからこの歌詞を聴くと「うん、うん」となりますね。「自由」といえば私は、[MAGIC]のラスト曲[Freedam Train]が大好きですぅ。ゆとり世代に是非お勧め!

Re: No title

> yumi様

ヤッホーーー!!
お久しぶりです~~~♪
・・・とはいえ、私も、yumiさんのブログには、度々お邪魔しては、ワンちゃんの成長ぶりに目を細めていましたわ~~。
大きくなったねえ。
やっぱり、ワンちゃんんは成長が早いねえ。
とっても賢そうで、優しそうなわんちゃんですなぁ~~。
癒されるというのも、よくわかりますわ。

そうそう。
稲葉さんとあれやこれやありましたね。
羨ましいったらありゃしない!
くうぅぅぅ~~~~ッ!!

ところで。
ネットの情報なので、本当かどうかはわかりませんが・・・。
そのようなことが書かれていたよ。
稲葉さんは別れたくなくて、悲しかったって。
離婚後も、「もう一度同じ人と結婚するかも♡」的な発言があったらしいよ。

その割には、けっこうあっという間に、次の彼女を作ってすぐに同棲して結婚しちゃったみたいで。
寂しがり屋さんなのかな。
言ってくれれば、温めに行きましたのにねえ、私たち!

そちらはもう、暑い日も多そうね。
育児もお料理も農作業も、全力投球、素晴らしい日々ね。
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア