熊本の地震。

熊本の地震の現状を見て、胸がつぶれるような思いをしている皆様。
何をすべきか、何をしたらいいのか、正直私にもわかりませんが・・・。
今のところ、私は下記の団体に寄付をすることで、力になりたいと考えています。
被災地の子供たちを支援する団体です。
私は、B'zの、東日本大震災の支援活動を通して、この団体を知ることができました。
被災地の子供たちを救いたいという思いを、B'zのおかげで、形にすることができます。
感謝です。



Save the Children Japan


寄付→





そして。
私に出来る精一杯の応援は。
この歌を届けることでしょうか・・・。


これは、B'zの、とても古い歌(1997)ですが。
東日本大震災直後のライブの中で、ラストを締めくくる歌としてお2人が選んでくれた歌でした。

おそらく、若き日の稲葉さんは、遠距離恋愛をイメージして作詞したのでしょうが・・・。
震災後、被災者に届ける思いとして選んでくれたのです。
そのことに関して、
「自分で作った歌詞の新しい意味を、10年以上経ってから自分が発見することもある」
というような意味のことを、稲葉さんは語っていたはずです。


そしてこの曲は。
2011当時。
震災で少々疲れていた私が、B'zのライブに行けることになった時。
もっとも切望した曲でした。
私に限って言えば・・・ですが・・・。
こんな言葉が欲しい、と心から思った曲でした。






Calling

この声が聞こえるかい
今なら聞こえるかい
どうか苦しまないで

あっという間 時間は積もり
何も見えなくなりそう
街の色も 変わりつづける中で
なんだか 今も一緒にいる

何かが心をつないでいる
いつでも気にしている
強い磁石に引っぱられているように
気がつけば 無邪気に笑いあう

ひとつひとつと 窓に灯ともる

きみがいるなら 戻ってこよう
いつでもこの場所に
けがれなき想いが ぼくらを呼んでる

I can hear the calling

どれだけ離れ 顔が見えなくても
互いに忘れないのは
必要とし 必要とされていること
それがすべて
他には何もない

きみといるとき 
ぼくはぼくになれる そういう気がする
言葉よりはやく わかりあえる 輝く瞬間
あざやかに

いままでもこれからも 約束などすることはないだろう
誰にも真似できない 同じ夢を見よう

Can you hear the calling?

この声が聞こえるかい
今なら聞こえるかい
どうか苦しまないで







熊本には、私の大好きな方が住んでいます。
ひとつひとつと、熊本の街の窓たちに灯りがともり、
人々に無邪気な笑いが戻る日が早く来ることを、祈っていますね。







にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村




















スポンサーサイト

コメント

特産品に、義援金に

 こぶりんぼさん、おはようございます。姫様の離乳食は、お兄ちゃん達を見ているせいなのか、明らかに「これ、嫌」と言う素振りもなく、余裕があれば一日3回あげてます。ミルクを飲むのも、「億劫や」と言う態度が見え隠れ・・・まだ歯も生えてないし・・・半寝返り状態で、ウンウン唸ってます。義父が姫様に選んだ洋服は、「ザ・昭和」って柄でした。とりあえず。離乳食を買ってきたさくらです。
 しかし、熊本も地震は驚きでした。震度7って、阪神大震災以来じゃん。熊本城も、阿蘇神社も崩壊しているし、阿蘇山の小規模噴火に、山は崩れてるし、空港も使えず、道路は亀裂が入り、震災にあった場所に行き着けないじゃん・・・。
ニュースを見ては、胸が締め付けられます。妊婦さんや、小さい子を抱えたお母さん・・・・ミルクやオムツ足りてるかな・・・・。
せめて、熊本も特産品を買い、義援金をすることぐらいしか、出来ません。
そして、地震が収まって、早く元の生活に戻れることを祈っています。
 あと、この場を借りて・・・るこ様-、博多の方は大丈夫ですか?ご主人様の無事の帰宅良かったです。
 私も、熊本の一つ一つの明かりが灯って、無邪気な笑い声が戻って来ることを祈っています。

Re: 特産品に、義援金に

>  さくら様

こんにちは~~!!
ザ・昭和なお洋服を着たお姫様・・・ふふふ。どんなん?
むしろ、そういうのを探す方がムズカシイよね?
あちこちの子供服売り場を探し回って手に入れた究極の一品??
おじいちゃんの愛とは、時に重く、時に方向性を見失う、恐ろしいものですなぁ~~。

熊本の状況は、時間が経てば経つほど、大変であることが伝わってきます。
阪神の時には、火災がとても深刻でしたね~~。
東北は、津波と原発。
そして熊本は余震の激しさが、全く想像できないレベルですね。
こんなのは、聞いたことないですね。
余震さえなければ、自宅の食料などで多少生き延びれると思うのですが・・。
これではコワくて、自宅に入れないね。

どの災害も、起こるたびに、想定外のことがありますね。
辛さを思うと、胸が締め付けらますね。
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
毎日毎日、B'zをBGMに4人の男の子を育てています。
育児は好きですが、家事は苦手。

よろしくお願いします☆

最新記事

最新コメント

カテゴリ

フリーエリア

リンク

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア