エイプリルフールの、翌日に。

皆様。
エイプリルフールは、楽しみましたか~~?
素敵な嘘をつけるヲンナって、いいっすよねーーーー。


ワタス???
いやあ~~~
今まで、恥ずかしい嘘、卑怯な嘘はついたことは多々ありますが。
エイプリルフールに素敵な(または面白い)嘘をつけたという経験は、ないわーーー。
なんかさ。
エイプリルフールって、よっぽど上手でオシャレで笑える嘘をつかなきゃならないようで・・・。
ハードル高いわ
うん。
期待に応えられない・・・。

そう思っちゃう、ネガティブ女である私は。
ここ数年、エイプリルフールに嘘をついたことは、ないような気がするわー。


でもね!
子供は別よね!

子供たちが。
エイプリルフールだからと言って、張り切って、くすくす笑いながら、次々に大ぼらを吹く姿は、かわゆいものですよね~~♡
まあ、ちっちゃい子限定ですがね。
思春期にもなれば、わざわざ母親とこの日を楽しもうだなんて、そんなかわゆいことは、してくれないわ。


で。
エンドレスに「ちっちゃい子」が存在し続けてきた我が家は。
毎年、彼らのホラ吹きを、楽しんで来ました。

・・・・・・去年までは・・・・・



そーなんですよ~~~
この間の4月1日・・・・・。
家族間で「今日はエイプリルフールだね!!」と、話題に出たにもかかわらず・・・・。
誰一人、かわゆい嘘をついてはくれなかった・・・・。


まあね。
高3次男は当然だね。
中1三男も、そろそろ無理か?
しかし。しかし。
小4末っ子くらいはまだ、「ボクねー、ホントは宇宙人なんだよ!」てな男児っぽい嘘をついても、いいんじゃないか?


(さりげなく。
全員、一個づつ進級♡してる!)



今年はね。
だ~~~~~れも、そういう張り切りもなく。
しら~っと、一日が過ぎて行きました・・・・・・




寂しいものだな~~。
我が家の歴史が一つ、終わったのかしら~~~。



と思ったりしていた、翌日、4月2日のこと。



20分くらいの間、一人で留守番していた末っ子・・・・。
私が帰宅すると、家の中が醤油くさい!!!
そしたら、ドバドバに醤油がこぼれて濡れた座布団を持ってきて、

末っ子:「ねえママ~~。
誰かが醤油こぼしてたよ~~。」

ですと!


私:「誰かって・・・。
末っ子ちゃんしかいなかったんだし、末っ子ちゃんこぼしたんでしょ?」

末っ子:
「え?
僕じゃないよ?
もう、前からこぼれてたんだよ?
僕じゃないから。」
ですと


でもさーーー。
ママが出かける前、こんな醤油臭は、してへんかったわ!

明らかに。
明らかに、今、末っ子がこぼしたばかりであることは。
コナンじゃなくても、誰でも、わからあ


末っ子ったら!
エイプリルフールの翌日に。

ホントの嘘、ぶち込んできたーーーーーッ!


この後も随分と会話を交わしましたが。
『僕じゃない』の一点張り!

いやはや~~~




どうすっぺ?



悩むわこれ。



小学生だった長男次男を育ててた、約10年前あたり。
私はこのような場面では、非常に恐ろしい怒り方をしていたと思う。

「嘘をつくのは、許しませんッ!!」

という、確固たる信念のもと。
威嚇・叱咤・怒声・お仕置き。
なんでもアリな感じで激怒していたわーーー。


特に。

特に、次男は何度も嘘では叱りつけたものであるよ~~。



ところが!!


お醤油事件で、見え透いた嘘をついた末っ子を。
私は怒ることができんじゃった。

怒らなかったんじゃない。
怒れなかったんす。


なぜか?
なぜでしょう・・・・・・。
自分でもわからん。


怒る気力がなかった・・・?
のかもしれない。


次男のことを、そうやって厳しく育てたけれども、高3の今。
その効果があまり、感じられない。・・・・・からかもしれない。
ちっちゃい時に、厳しく躾けても。
なんだかもしかして、ちょっと、・・・・無駄じゃない?
と言うムナシイ結果論を、次男育児で身に付けてしまったんじゃろか。



それとも。
トシのせい??
年も取ったし。
そして、なんだかそうやって、必死に保身のために嘘をつく末っ子が、プププ、と、かわいく見えちゃったせいかしらん?


しかし、そもそも。
醤油をこぼしたくらいで、私は叱らないはず。
信じてッ!!
末っ子は何をそんなに脅えているのか・・・・?
私そんなに怖い母かしらん・・・・・?

と言う自責の念であろうか?


もしかしたら。
10年前の方が実は、私は、自分の育児に自信があったのかもしれない。
育て方の信念みたいなものがあって。
そして、自分の正しさに、自信を持っていたのかも。




まあもちろん。
今だって、直感的に、
「許せん!!」
と思ったことは、激烈に叱ります。
スッゲー怖いと思います。
しかし。
しかし今回、叱れずに、うやむやにしてしもうた。




うううう~~~む。
嘘をつく末っ子。
それを、その場でバリっと叱れなかった自分。
ううう~~~む。
微妙に嫌な後味の出来事だわ。
どうすればいいのかしらね、こんな時。


「お前の嘘は、見破った!!」
と、高らかに宣言して、ガツンと一発。
そんなのが理想?
でもなんだか、今の私にはできない。
前はできたのに。

母親も、時とともに変化するもの・・・・?




うううう~~~~む


と、母は考え込むのでありましたとさ。





これがうちの次男です。
という、ゲヘヘな嘘。

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

嘘と分かっていても

 こぶりんぼさん、おはよございまーす!!!姫の夜中のミルクは一回になったと言うのに、朝食の用意が出来ませーん!!!何で?そう朝起きられないんです・・・・。さすがに、春休みが明日で終わるので・・・心を入れ替えて朝起きる事をまず、目標にしたいさくらです。
 さてさて、確かにエイプリルフールに上手に嘘がつける女性には、なれそうにもないですねー。
 そうそう、末っ子君の醤油座布団事件には、困りもんですねー。でも、何で座布団に醤油をかける状況になったんでしょう?
食事をしていたようでもないですし・・・・間違ってこぼした・・・・これってありえないし・・・・・。
私だったら、激怒していたでしょうねー。怒りまくって、声を嗄らすほど怒鳴り散らしている姿が目に見えるようです。
 それを、叱らずにいたこぶりんぼさんは、母として成長した?のかな?
 でも、感情にまかせて、ダラダラ怒るのって、案外怒られた本人には響かないと、どこかで聞いたことがあります。短く、これは駄目って所だけは言うけど、後は引きずらないのが良いとか・・・・。
 そんなの、分かっているけど出来ないのが母親の感情なのです。
子育てに正解はないだけに・・・・対処の仕方は難しいですよねー。

No title

こにゃにゃちは^v^。

そうなんですか。なるほど。そういう心境の変化があることもあるんですね~。なんとなくわかるような気がしちゃいました。


私も時々、ふと子どものしでかしたことにおおらかでいられるときがあるのです。ソファーの間から干からびた大福がでてきたとき、息子が大福好きすぎてソファーの隙間にがめこんでいたということがすぐに解ったのですが、なんとなく怒れなかったです。それほど自分用に1個余分にキープしたかったんだね。って。

普段なら激怒りしているはずなんですけどね。食べ物を粗末にするな!!隠しちゃダメ!!食べ物のカビがついたソファーどうする!!

ってね。

でもなんとなくその時、怒るより笑いが先にきてしまいました。
思い切り息子の気持ちがわかってしまっている自分がいて。。。


もしあれが、ポテチとか、ひもチョロQという今風のお菓子だったらもしかしたら爆弾が落ちていたかもしれません。ということは 「大福」という物だったから怒れなかったのかも。。。なんか許せる。

そう考えると、今回こぶりんぼさんが怒れなかったのは、「しょうゆ」だったからなのかもしれませんね。どう考えても末っ子さんがこぼしてしまった醤油→家中に広がるこおばしい美味しい醤油の香り→必死に宇宙人のせいにしようとしている息子さん→それぐらい迷惑かけちゃって悪い!!という気持ちがあることを感じるこぶりぼさん、  

なんだろう?ちょっと笑えて幸せな気持ちになりました。^v^

なんともいえなく、ほのぼのとしたブログでした。ありがとう~^v^。

Re: タイトルなし

> 鍵コメ様

こんにちは~~♪
お元気でしたか~~?
鍵コメ様も、試行錯誤しながら、必死に育ててらっしゃるご様子、ひしひしと伝わってきましたわ~~。

確かに、子育てって、やればやるほどわからなくなって来るよね。
若いうちは、私の場合、理想もプライドも、高かったと思うわ~。
それはそれで、若い母の意気込みみたいなものの現れでもあるので、素敵なこととも思います。
そして、年を取って、何人も育ててくると、全く理想通りにはいかなかった自分の軌跡に、驚いたり呆れたり・・・。
いい意味でも、悪い意味でも、諦めや、現状容認力が、高まってくるわね~~。

お忙しい春のスタートですね!
疲れすぎないようにしてね。

私も、PTAの委員やら、同窓会の役員やら、なんだかんだありますが、出来る範囲で、やって行くよ。
謝り上手になってゆく一方だわーーー。

お互い、しんどい日もあるけれど、子どもに助けられながら、頑張れるはずだね。
応援してるからね。

Re: 嘘と分かっていても

>  さくら様

ヤッホーー♪

まあああああ!!
さくらさんが、声をからすほどの激怒ですと~~?
意外だわー。
ビックリです。
穏やかな、ニコニコママのイメージしかないわ~~。

でもね。
どんな母も、激怒しない母なんて、いないよね。
怒ったり笑ったり泣いたり。
ホント、母親業は、情緒の安定とは程遠い、揺さぶられっぱなしの日々ですなぁ~~。

私の想像では、テーブルにあった醤油を、何かにかけるためにコタツに持ってきた。
その後、バスケットの準備を始めた彼は、コタツの脇を、でっかいバッグをもって通り抜けた・・・。
その時に、バッグが、醤油さしにぶつかり、下に落ちた。
そしてそのまま数分間、醤油を座布団に注ぎ続けた・・・・。

という流れかと思いますわ!(確信)

私もね~~~。
次男の時には、そりゃあもう、怒るのよ。
次男ばっかりかわいそうね。
でもね、その分、高校生にもなって今一緒にお勉強してます♡
なかなかいい時間です♪

Re: No title

> けろちゃん様

こにゃにゃちは~~~♡

まあ!
けろちゃん様も、私的には、いつも冷静優しいあったかい、やや過保護なくらいの、アツいアツい愛情で包んで育てていらっしゃる母のイメージよ~~~ん。
激怒り等と言う選択肢の持ち主とは、意外性アリですわ~~~。

うふふ。
いろいろ考えると、面白いね。
大福では怒れないけど、ポテチなら怒れる。
あぁぁぁ~~わかる気がします!!

私たちの怒りのスイッチなんて、もしかしたら本当に、そういう、驚くほど些細なところなのかもね。

たとえ4人育てても、なかなか、育児に自信は持てません。
むしろ、失敗体験が増えて増えて。
僅かに持っていた自信やプライドが、ガラガラと崩れてゆくばかりですわ~~~。
「こんなはずじゃなかった」
とか、
「私って、こんなにも、ダメ母?」
というような思いを、日々重ねてるようなものだわ~~~。

けろちゃんさんの毎日の中に、少しでも笑いを届けられたなら、本当に、生きてて・・いやいや、ブログ書いててよかったわ!!
ありがとうね。
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア