初めの一歩だよ。

ずーっと
心に引っかかってたことがありまして。


5年前の震災の時。
私の家や家族は無事だったんです。
だから、私も、苦しんでいる被災者のために、何かしたかったのでした。


でもね!
寄付をしたり。チャリティ―グッズを購入したり。
そういうことを、本当に少しだけ、しただけでした。

そして、救命活動や、医療に携わる人。
ボランティアに駆けつける人たちを、祈るような思いで、画面を通して心で応援していたのでした。




子育て中の母
というものは、ですね。
もちろん、人それぞれだとは思いますが・・・。
私は、4人を産み育てた10年以上の年月。
「行動の自由」
は、完全に諦めた境地にいました。

どこへも行けない!
自由時間など、ない!
いつも縛られてる。
いつも追われてる!!
・・・・という感覚ね。



とにかく、子どもを置いていくわけにはいかない。
誰かに預けるわけにもいかない。
預かってくれる人もいないし、正直、他人に預けたくもない。
預けて何かしても、楽しくない。



まずは子供。
1に子供、2に子供。
3,4も子供。
5も子供。
6,7,8,9、みな子ども。
1005番目くらいに、夫・・・・・かな?
1000005番目くらいに、実家の親・・・・を、思い出す・・・べきかッ?うう~~む。
かなり薄い。
1000000005番目くらいに、義実家・・・・・なの?

あ、自分・・・・・?
へ?
誰だっけ、それ???


みたいな日々でしたわーーー。(遠い目)

いや、夫は好きですけどもね、ええ。好きですよ。
1005番目って、かなりいい順位だと思いますよ?

あ、実家?
あ?義実家・・・・?
あああ。
好きと言えば嘘になると言えなくもないような気がするような不思議な気持ち。




というワケだから。
正直、震災の時も、何をしたわけでもない。
少々の寄付。
頑張ってる方の声掛けに応じて、微々たる協力。
・・・それだけっす。


とにかく。
我が子を育てねばッ!!
我が子を守らねばッ!!!

ふんがーーーッ


それしかできないっしょ。ぶっちゃけ。母って・・・・。
だって、囚われの身。
不自由の身。
一泊すらできないんだぜ?
しかも。
カネも時間もないんだぜ?

ヒ―――ン
なんもできねえ~~!!

でも仕方がねえ~~!!
子育て優先でしょ。
私がいなきゃ、この子たちは生きて行けないんだもの。
こんなにも、私を求めてるんだもの!
囚われちゃうでしょーーー。



と思いながら生きてきたのよ。





でもね!

私、今年は50になりますん♪

最後に出産(←何回してるん?という話)してから、はや10年。
やっと。
やっと私も、自立の時だ!

10年目にして、こう思ってるわ。

もはや、産後ではない!


『もはや戦後ではない。』
と、時の経済白書が言ったのは、戦争から何年後のことかしら。
10年後くらいのことのようですわ。
それをもじってみたのよ。エヘヘ~~。




先日。
あまりにゴロゴロしてばかりいる私に、軽蔑と憐憫の混じった視線を投げかけてきた夫に、
「たぶん私。
まだ、産後の疲れを取ってる最中だと思う。」
と発言して、失笑されたわーーー。
失笑すんなー
私は本気だ。
自己弁護をさせてほしい!

子を産んだら、最低10年は、産後の疲れが取れませんて。
いやホントに。ホントよ。
その疲れの一番の原因は、私思うに、
上記にも述べた、
「囚われの身」感

だと思うんですよーーー。
どうかしら?

自由がナイ!
・・・ということからくる疲れ。
だと思われますわ~~。


ところが!!

な~~んとなく。この頃。
気づいてみたら、あらまあ、檻はどこ?
消滅?

仕事だイナバだと、自分のことをアレコレやりはじめたのが40代後半だけども。
んでも、それでも、幼稚園の延長保育で、一人ぼっちで待ってる末っ子は、切なかった!
んでもこの頃、そういう切なさが、なんか・・・生活の中から消えて行ってる・・・?


という感触もありました。


で。
「私も、50歳になるんだから、一歩。
一歩踏み出してもいいのではないか?」

と、最近(←特に、先日の3.11以降)思うようになっていたのでした!


いよいよ、『産後からの脱却』ですな。
自由を手に入れようという、意欲的姿勢。


「自分には何もできない」
という無力感を払拭するべく。

ある一つの、ボランティア団体の一員となることにしたのよ。
会員となって、何かしらの活動をしよう。
そう決めたのですわ~~~。
たまに寄付するとかそういうのじゃなくて、継続的に、何かに取り組もう、と・・・。

今までも関心はあったのです。
でもね、自分の関心を絞ることも難しかった。
ぼんやりと、「自分も何かしたい」という思いを、具体的な活動内容と結びつけるということは、難しいね。


何をするのか。
それでは、どのような団体に属するのか?
あるいは、単独行動できるのか?
誰を支えたいのか?

などなど。
決めなきゃいけないポイントはいっぱいあって、なかなか難しいけれども。
いろいろ調べる中で、

ピーーン☆!!

ときたところがあったので、それもご縁と思い。
迷わずに、とあるボランティア団体の扉をたたいてみたわけでした。



・・・というワケで。
産後10年目。
震災後5年目。
人生50年目の。
私のささやかな、始めの一歩。


頑張れるかな~~~私。←不安。







にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

その一歩が大切

 こぶりんぼさん、おはよございまーす!!!!春めいてきましたねー、昨日は主人と中華でランチをしてきました、で体重がやばいことになっているさくらです。
 さてさて、ささやかな第一歩を踏み出したんですねー。何をするかは存じませんが、ピーンと来たボランティア団体のドアを叩いたんですねー。
初めの一歩って凄い勇気がいると思うんです。その一歩が踏み出せたことに、拍手ですねー。
 そうそう、ただ今育児真っ最中の私にとって、行動の自由を奪われ、囚われの身という言葉は、まさにビンゴ!!!
確かに、旅行で泊まりがけでってありえないし、出かけたくても出かけるのは買い出しのみ・・・・見えない檻の中に居るかのような・・・・・。
それは、自分で選んだ道だと分かっていても、囚われている身には結構きつい・・・・。
精神的にきつさを感じるのは、これだったのかーと妙に納得した私です。
 で、最近せめて読みたい本は手元に置いときたい症候群に囚われてる?と言い訳をしつつ、文庫本買いまくってます。
主人から「積ん読にならないように、しなさい」と何気なく、言われてしまました。
 それから、言葉が遅いと言われていた次男が、しゃべりましたー!!!そう、初めての言葉は・・・「出たー」と言いつつお尻を押さえて、自分のオムツを持って来ました。
あと、朝食に食べている「ぶっどー」と言って、葡萄を美味しそうに食べてました。
 それと同時に、我が家の姫は指しゃぶりから手を丸ごとしゃぶり、喃語らしき言葉をアウアウ言っています。見つめるとにっこり笑い・・・・主人はメロメロです。
 では、こぶりんぼさん頑張ってくださーい、遠くの空から見守っていますよー。

No title

産後の疲れをとってる最中♡ ←これはまさにあらゆる年代の主婦の心の声でございますね。

ここ10年の間にきいた言葉の中でも1・2を争う光る言葉です。


そういう私も産後の疲れがまだ残っております。もう最後の出産から14年ぐらいたってますけど。

これからはじめる新しいチャレンジ、がんばってくださいね。
こぶりんぼさんが着眼された団体ということは、とてもいい活動をされているのでしょうね。こぶりんぼさんが力を貸してくれるなんて、その団体はラッキーですね♡

頑張れますとも!

私なんかどうするんですかー!
最後の産後から26年
四分の一世紀ですわよー!
来月は55歳のわたくし
もうアラカンですわよー!
火葬場が近づいてますわよー!

でも!
いいんです~
我が人生に悔いなし!
ってか、あらかた忘れてるだけですけどね~(^┰^;)ゞ

No title

ぴーんときたボランティア活動。
きっと生涯こぶりんぼさんの生きがいになることでしょう!!

あたし、50歳になったときにちょっとへこみましたが
今は、50歳なんて若い若い!!
80歳すぎてもなお元気な方々の素敵さにきゅんきゅんしてます。

ハートに響くことが、自分を輝かせる場なのよね。

こぶりんぼさんは,その道を一歩踏み出されました。
あたくし、まだどの道進もうか模索中。
でも、近々すと~~んとその道が見えてくるような
気もしています。

還暦過ぎてから、ワクワクできる社会
それが夢ですね~~♪

Re: その一歩が大切

>  さくら様

ヤッホー♪
姫様、あうあうですか~~?
あうあう・・・・
くうぅぅ。
鼻血が出るほどの可愛さですね。
あうあうかァ~~ふわあ、懐かしいです~~~(涙)

そんで次男クンは、出た~、からの、ぶっど―ですかァ~~。
いやもう、お家の中のカワイイパワー充満っぷりが、スゴイことになってますや~~ん。
あまりの可愛さゆえに、どうにもならないがんじがらめ、というのが母の実態ですかね?

そのようなとろけそうな家の中を、なかなか渋いお言葉で締めて下さるのが、ご主人ですね?
「積ん読にならないように、しなさい」
とはまた、痛いところを突いた、シブいお言葉ですなぁ~~~。
いやはや。油断ならねえ。

囚われ仲間のさくら様。
本当にね、タイムマシンがあったら、独身の自分に会って伝えたいと思いませんか?
「あなた、自分の自由を、当たり前と思うなよッ!
自由ってな、スゴイことなんだぞ!大事にしろよ。
ところで、お金貸して?」
と、独身だった自分に言いたいものですわーーー。

Re: No title

>  けろちゃん様

ヤッホーー♪

OHH!!
けろちゃん様は、産後14年目にして、今だ産後疲れの真っ最中ですな?
そっかーそっかー。
10年じゃ、全然足りないんね?
いやはや、失礼いたした!

確かにね~~。
私が、「産後からの脱却」を試みてるのはもしかしたら。
最後の出産から10年経過したからではなく。
「最初の出産から20年経過したから。」
なのかしら、きっと!!
今分かったわ。

大事なのは、最後の出産ではなく、最初の出産。
そう思えば私も、20年目の脱却よ。
20年かかるのね~~~(ということに決めよう)。

けろちゃん様!
最初のご出産から20年経つには、あと6年ですわ!←長ッi-201

本当にもうね。
この気苦労。
常に心配。
常にイライラ。
常にウルウル。
そりゃあ、疲れるよね~~~。

初めの一歩が、100歩1000歩となれるよう、そうなるように生きてゆきますね。

Re: 頑張れますとも!

> るこ様

ヤッホーー♪
先輩母たるるこ様の、はつらつとした若さを見ますと、本当に勇気をもらいますよ~~。

ブログを読ませていただきますと。
ご主人とのラブラブとか、温泉巡りとか。
株とか、お引越しとか、息子様の応援など・・・・。
いろーんなことに、ワクワクしながら取り組んでるのが伝わります。

それが若さの秘訣ね♡

Re: No title

> 青海藍花様

ヤッホーー♪
切羽詰ま子先輩~~、ようこそ!

藍花さんは、お仕事を通して、たくさんの成長を遂げ、出会いも多く、素晴らしい社会貢献をされてると思いますわー。
他に何かなど、探す必要もないくらい充実していらっしゃるご様子は、とっても伝わってきていますよ~~。
自分の一本の道を、歩み続けているのだなと、いつも思っております。

私はね。
年を取ることは、寂しくも悲しくもないのよ~~。

むしろ、この年まで死なずに生きてこれたことを、ラッキーだと思ってるわー。

年を取ることも出来ずに亡くなっていった子供や若者のことを、ついつい考えてしまいます。
そういう人々から見れば、50歳60歳・・・、どんなに羨ましいことかと。

できないことはできないこととしてスッキリ諦めて(例:家事等)。
小さくても、できることを探していこうと思うわ。

切羽詰ま子後輩として、頑張りますわ~~♡

そういえば

 こぶりんぼさん、おはよございまーす!!!実は、連休中長男と次男を連れて、主人が実家へお泊まりに行っていて、姫と二人で過ごしてます。あと、抱っこ紐とバックが届きました-。手作り品で、抱っこ紐の方は海外製よりは体にフィットしました、バックは思ったよりも軽くて使いやすそうです。
 そういえば、震災後に私達に何が出来るのか・・・・夫婦で考えて、確か次男妊娠中に仙台へ旅行へ行った思い出があります。
電車で出かけようとしたら、結構大きな地震が来て電車がストップしてしまい、ホテルでずっとテレビを見つつぶっ倒れておりました。
 せめて、何かと思いバスかなんかで出かけて、神社に安産のお守りを買い、土産物を買って帰ってきました。
 ホンの少しだけ、復興に貢献したのかな・・・・って感じです。

ささやかな…ではなく、大きな大きな一歩だと思います!
行動にうつすのって、なかなか難しい事ですよね…。

私は、長男も次男も生後6ヶ月で保育園に預けました…。
その時は、働くのに精一杯で何も考えられませんでしたが、今思うと、可哀想な事をしたかな…。

本日、長男が寮から実家に帰ってきます!
今度から、実家から通学します!
(寮代結構高い(・・;))
2年ぶりに、同じ屋根の下で暮らします(´- `*)

Re: そういえば

>  さくら様

こんにちは~~!
返信・更新が遅れ、すんませんですた~~。

震災に限らず、様々な災害や事件など、もう本当に、苦しんでいる方々たくさんいますね。
私も、自分にできることを探して、取り組んでいきたいと考えるようになりました。

ただやはり、子育てや、自分の仕事が一番大事なことはもちろんなことで。
シッカリ育て、しっかり働くことが一番の貢献だろうなとは、常々思っていますよ~~。

さくら様ご夫婦が、温かい心で色々な行動をしたり、仲良く3人のお子さんをしっかり育てたり。
そんな日々のすべてが、多くの方々を支えてるんだと思います。
素敵なご家族だね。

さくらさんがこうして私にコメントをいつも下さることで、私もすごく支えてもらています。
ありがとうね。

Re: タイトルなし

> ねむりねこ様

こんにちは~~!

長男君、帰って来るの~~~♡!!??
おおおお~~!
子供って、巣立つも嬉しい、戻るも嬉しい、何でも嬉しいわね♡
仲良く楽しく暮らすんでしょうなぁ~~。

ねこさんのような、優しいお母さんで、息子さん方は幸せだよ~~。
保育園に預けたとか預けないとか、どっちでも関係ないよ。
愛があるかないか、だもの。
こんなに愛情深い母で、息子さん方は幸せですって~~~♡
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
毎日毎日、B'zをBGMに4人の男の子を育てています。
育児は好きですが、家事は苦手。

よろしくお願いします☆

最新記事

最新コメント

カテゴリ

フリーエリア

リンク

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア