昭和40年代・幼い日の恐い思い出

明るい春の日差しに、白髪も増える、今日この良き日。
皆様お元気でいらっしゃいまする???


我が家は・・・。
子供4人中、2名がインフルにて高熱中。←小学生
1名が、ワケあって昨日抜歯。←帰省中大学生
夫は夫で、仕事であまりにも過重なるストレスを抱え、へろへろ・・・・。←クレーマー対応


そんな、春の陽気とは無縁な、むさくるしい、モヤモヤした、ダル~~い本日でございます。
ま、それはそれで、私は好きよ。
頑張らなくてもいいような気がする日・・・・・。
生きてるだけで十分だろう?的なね。


ところで。
年のせいでしょうか・・・・。
この頃、なんだか幼い日を思い出したりすることが増えた気がしますわ。

皆様はいかが?
え?
まだ若いのにッ失礼ねッ、ですと?
アハハ~~~。
すんません~~~





幼い頃
私は、東京近郊ではあるものの、非常に田舎っぽい、とある団地に住んでいました。
5階建ての集合住宅が、何十棟も立ち並ぶ団地でした。


赤ちゃんの頃~小学校低学年まで、過ごしたのです。
時代で言えば、そうですね、昭和40年代をほぼその地で過ごしたことになりますでしょうか・・・。

関東地方とはいえ、開発途上の、雑然とした、非常にローカルな場所であったと思うわ。
山や田んぼや畑もそこかしこに存在していたものでした。
工事現場だらけで、子どもにとって、危険だらけの街だった気がします。
正体不明の土管や穴、そんなものが色々とむき出しにされた町でしたわ~~。

ただし。
その代わり、車は圧倒的に少なかったよね。


このごろ。
もう、何十年も訪れていないその団地が、ふと懐かしくなりまして・・・。
かといって、今さら訪れても、会う人もいないかな・・・。
わざわざ訪れるまでもない。
思い出の中だけでもいいよね
・・・・と思ってたんだけど!



あッ!
そうだッ!

今なら、ネットで検索すれば、その団地の今の姿が見れるかもしれない・・・!
・・・という、ネット社会の恩恵を受けることを思いついたのです!!

今まで思いつきもしなかったわ。



んで・・・。

検索!
検索~~~!!
一昨日昨日と、検索しまくりまして。



ありましたよ~~~
ありました

山ほど画像も出てきましたし、歴史も詳しく書かれていました。
私の人生と、その団地の歴史は、ほぼ重なっていましたよ。
どちらも、約半世紀・・・・・。
50年か。

・・・・・・そりゃあ、ガタが来る頃ですな



でもね。
何枚もの画像を見て、
「昭和40年代の○○団地」
という白黒写真も発見し。
本当に嬉しかったのでした。


ああ
私が幼い日を過ごしたあの町は、実在してたのね。
マボロシじゃなかった・・・・!という思い。

それは。
私の持ってたイメージと、大きくは変わらない風景でした。
ただ、あの頃よりも緑は濃くなり、しっとりとしたいい感じになってたようにも見えました。



ところで!
そんな懐かしの風景を見て、私の記憶の蓋が少々開いたのですが・・・・・。


私のかすかな記憶によると・・・・。
当時、関東の山方面の、開発したての田舎町だったその辺り。

野犬だらけ
だったんですよーーー


迷子犬?
いえいえ。
捨てられた飼い犬?
いえいえ。
そんなかわゆいものじゃなく。
オオカミのような、野生の恐ろしい大きな犬たちが、唸りながら、5~6匹で群れを作って徘徊していたのです。

怖い怖い存在だった。。。。。
もちろん、子どもが噛まれた!という事件は起こってたと思います。よく知らんけども。



たまに・・・。
私たちが公園で遊んでいると・・・・。
野犬の群れがやってくるのでした。
その恐怖と言ったら
今の私だったら、絶対に、ちびってるわッ!

私ら子供たちは、ジャングルジムや、ブランコの棒などによじ登り、群れが去るのを震えて待つのでした。
大人たちは、きっと、気づいてもいなかったと思う・・・・。
町中、子どもだらけでした。
大人の目などなかった。




その後
数回の引越しをしました。
が、その後は、東京近郊ではなく、地方都市に住んだのです。
それらは皆、古い城下町のような街でした。
そして、それ以来、野犬の群れなど出会ったことはありません。

もちろん、そんな地方都市でも。
昭和の頃は、普通の野良犬は、たまに歩いていました。
でもあの、恐ろしい野性味を携えた、大型野犬の群れに遭遇し、命の危険に脅えるようなことは、なくなったのですわ~~~。
存在してなかったと思います。



んで。
今になって不安なんですよ~~


あの、恐ろしい野犬の群れは、ホントに実在したの?
それとも、私の夢の中の出来事なのか?
という点について。

・・・ワカラナイッ



夢かもしれませぬ・・・・・



昭和40年代・・・・・。
中途半端に開発され途中の関東のカタスミには、結構いたのでしょうか!?
どなたか経験者の方がいましたら、教えてほしいものですわーーー。

その後、様々な人々の努力のお陰様で、動物たちは保護され、子供たちも守られるようになったのでしょうか・・・・?




幼い日の印象的な出来事って・・・。
後から思うともう、夢なのか、事実なのか、ワカラナイね・・・・。
共有できる相手がいればいいけどね。
自分だけの記憶だと、本当なのかどうか自信が持てなくなる・・・・・というものですわね?




昨日は。
ネットで、私が数年間だけ通っていた小学校のホームページも見つけました。
当時、一学年が10クラスあった学校でしたが。
時代の流れですね。
今は2クラス規模の、小さな小学校になっていたのでした。


うわ~~~。
今は、なんか、タイムスリップの旅から帰還したような気分だわあ。
素敵な時間でしたよ♪

私たち家族が住んだ、304号室に、今も誰かが住んでいる・・・という不思議。
幸せな誰かでありますように。

昭和の時代にはもう、正直、戻りたくもないけれど。
幼い自分の目や心が見た風景というのは、きっと、奥深くで人間を形作ってるんだろうね~~~。
あんな危険な環境で子育てって、親も大変だっただろうな~~~。


他にも、いろんな景色を思い出したひと時だったわーーー



またね




にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村










スポンサーサイト

コメント

幼い日と子育てと

 こぶりんぼさん、こんばんわー。抱っこヒモとバックは手作り品で、届くのが月末かなーと密かな楽しみである、さくらです。
 さてさて、幼い日ですが-、ちなみに私もふとした瞬間に思い出します。ただ、思い出すのは哀しいものばかりですが・・・・。
私も、小学生時代は団地に住んでましたねー、小学校も少なくとも7クラスぐらいあった時代でした。
その、団地にトラックで野菜何かを売りに来ていたので、よく買い物に行ってました。
 こぶりんぼさんが、野犬が徘徊していた時代、土管や工事現場が身近にあったのは、よく分かります。
私も小さい頃は、引っ越しを繰り返していたようで、そんな光景見てました。
 ただ、幼い日をよく思い出すのは、やはり良い思い出もあったのでは?また、両親からの愛情一杯に育てられたのでは?
 末っ子君や三男君の姿を見ていると、思い出したのでしょう。インフルエンザは大丈夫ですか?早く良くなるといいですねー。
旦那様のヘロヘロモードも大丈夫?抜歯した長男君は、食事摂れてますか?
 私も検索したいけど、怖くて出来ないかも・・・・。
我が長男や次男、姫様に良い思い出となるよう、日々を過ごしたいです。

私も小学校低学年まで、団地暮らしでした!そして、私の時代も(昭和50年代)、野犬がいましたよ。子どもたちの間で、「今日は野犬がうろついてるから気をつけよう」みたいな話をしていたのを覚えています。野良猫もいましたね。
私も団地への懐かしさがあって、同じ大阪だったので主人にそこまで連れてってもらったことがあります。
自分が大きくなったから、とても、小さく感じられました。
最近は、子どもたちの記憶のなかに、笑ってたお母さんが出てくるようにいつも笑っていなきゃなと思っています。

一緒にタイムマシンに乗ったようでした!

懐かしい昭和の光景てすね。

てか、、、こぶりんぼさん。
むずかしかったわ~
アヒルと鴨のコインロッカー^^;

やっと読みました。
時間かかりすぎ^^;
斜め読みとか無理ですから、、、頭の中で思い描きながら読むと時間がかかるのですよ。笑

幼き日の思い出は誰かと共有しない限りウソかまことか、、の部分って多々ありますよね。

私も一緒に昭和に戻ったようでしたよ。

ねむりねこ

私は生まれた所に、今でも住んでいます(^^;
野犬、いましたね~!
追い掛けられて、全力で走り、道路標識のてっぺんまでスルスル~って登った事があります!
あまりの恐怖に、今でも覚えてます(ノдヽ)
それと小学1年の時、野犬ではないのですが、外に繋がれてた犬を触ってて、顔を噛まれた事があります(*_*)
私が悪かったんですケドね…。
う~っ!て唸ってたのに触ってたのですから(^。^;)
でも、犬はキライになりませんでした(*^.^*)
今でも少し傷が残ってます(>_<)
父には、『お父さんのお尻の肉を顔にくっつける手術をするんだ。お父さんのお尻が痒くなったら、お前の顔も痒くなるんだぞっ!』て言われてました(;´Д⊂)

Re: 幼い日と子育てと

>  さくら様

こんにちは~~♪

えええ~ッ!!??
ビックリです~~!
手作り品の抱っこ紐&バッグでしたか~~。
それはまた、素晴らしい選択ですなぁ~。
手作り品となると、お高そうですが、とっても素敵な一生ものになるかもですね。
いやあ~~、さくらさんがブログをやってたら、画像をアップしてほしいくらい興味ありますわ~~。
・・・さすがに、コメント欄に画像はたぶん、無理よね。
見たことないから、不可能なんでしょうね。

ところで、さくらさん、そんなにつらい過去をお持ちなのですね?
時折そのようなお話しをお聞きしますと、生家に関する記憶が、とても悲しいもののようで、胸が痛みます。
それでも、非常に前向きに生き、ご主人やお子さん方に愛を注いで生きてるのは、素晴らしいことですね。
誰にでもできることではないと思います。

悲しい記憶を抱えながら、強く生きるということは本当に大きな努力をしてきたのでしょう。
私も見習って、もっともっと努力しなきゃな~~と思いますわ。
ありがとうね。

Re: タイトルなし

>  チェリー様

ヤッホーー♪
お久しぶり♡

OHHH!!
昭和50年代の、大阪近郊の団地周辺にはいたのねーいたのねーー!?
野犬!
うわああ、嬉しい(?)ご報告だわー。

私は50年代にはもう、地方の歴史ある小都市に移り住みまして、そのような街には、全くいなかったのよ!
もっともっと、美しくて整った、住みやすい場所だった気がします。

あの頃、大都市周辺の、開発したての場所には多くいたのかしらね~。
何かと、荒れた環境だった気がするわね・・・(泣)
工事だらけで危険だったしね。

でもまたそれが、時代を象徴してた気もして懐かしいわねーー。

お互い、野犬の群れから生き延びた、大事な命なのね♡
大事に生きて行きましょうぞ♡

Re: 一緒にタイムマシンに乗ったようでした!

> あるく様

ヤッホーーー♪
コメント欄にようこそ♡

うわあ。
むずかしかった~~?
確かに、時系列や人物が、入り乱れるもんね~。

私自身は、あるくさんとは正反対で、斜め読みしたり、すっ飛ばして読んだりなど、かなり適当な読み方をするタイプかもわからん・・・(←いいのかッ!?)
んで、結末がわかってから、「ほほ~ゥ」とか言いながら、戻ってみたり・・・。

あるくさんの読書は、丁寧で真剣勝負なのね~~?
素晴らしいね!

作者のボブ愛は伝わったかしら~~~。
私自身は稲葉愛一筋なので、そこは共有はできないのですが、でも、素敵さは十分伝わります。
音楽が、思いがけない所で人生のカギになるっていう感覚も、すごく共感できました♡
確か、濱田岳主演で映画化されてるはずよ~~♡

思い起こしてみると、昭和って本当に、平成とは全く違った世界だったね。

Re: ねむりねこ

>  ねむりねこ様

ヤッホーー♪
コメントありがとうね。

OHHHH!!
いたのね~~!?
うわあ、嬉しい!
しかも、高い場所に逃げた経験まで一緒!
そうなんですよね、とにかく、なるべく高い所に逃げたものでした。
標識に登ったなんて、うわあ~~、忘れられない恐怖感だね。
コワかったよね、あれは。

ねむりねこさんは、私よりもお若いはずですから、昭和50年代でしょうか?
いつから消えたかね~?
60年代にはもういなかった?

50年代でも、私が引っ越した先では、全くそのような存在はいなかったのよ~~。

野犬の群れも、時代と、場所との、絶妙なコラボだったのね!

お互いに、生き延びてきたことに、感謝だね♡

No title

こんにちは♪

懐かしい昭和話。。。今日のブログ読ませていただき、わたしまでタイムスリップしましたよ。^v^
わたしも昭和の香りをかぎたくなることが時々あって、昔のドラマ、映画を見るぐらいでしたが、そういえば、Googlemapみたら今のあの頃が観れるかもしれないんですよね~。わたしも今までそういうこと思いつきもしませんでした。
こぶりんぼさんありがとう~!!
今からさっそく見てきます。

犬に対するイメージもおっしゃる通り変わりましたよね~。
昔から犬が好きで近づいていくものの、心のどこかでなめられないように。と気合いを入れて接していたような。。。

昔は犬が恐ろしかったからなのかもしれませんね~。(すっかり忘れていたけど、それも思い出させてくれてありがとう~です♪)

Re: No title

> けろちゃん様

こんにちは~~♪
コメントありがとうです!!

けろちゃんさんは、さぞかし、真面目で純粋な少女だったことでしょうね~~。
目に浮かびますわ~~~。
ただし、もしや、少々ドジでした?うふふ~~。

私は意外と内気な真面目な女の子だった・・・ような気がしますが。
自分じゃわからんねえ。
けっこう生意気だったかも!
今現在が超ナマイキなので、その芽はあったかな~という気もします。

もしも、懐かしい場所があるならば、検索してみるのも一つの方法ですね。
本当なら、訪れてみるのも、とっても素敵なことでしょうが・・・。
意外と、思い出したくないことまで思い出しちゃう危険もあるよね。

けろちゃんさんも、幼い日は野犬恐怖!な日々でしたのね~~?
なんかね。
もう、別世界だね。
予想もしなかった未来に、今いる気がします。
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア