読書日記~オーデュボンの祈り・伊坂幸太郎~

この頃、伊坂幸太郎にドハマりしている私は。
数日前、新幹線に乗るにあたって、未読の処女作
「オーデュボンの祈り」
を、駅の本屋にて購入したのでした♪


以前読んだ「仙台ぐらし」の中で、ご本人が
『案山子が喋るような突拍子もない小説』
と、自虐的なカンジで語っていたのが印象的で、早く読みたいなぁ~~と思いながら、月日が流れたのでした。


そしていよいよ、機が熟し!
私はこの本を手に取りましてん。


P2201444_convert_20160220164422.jpg


これね~~~。
面白かったわ~~~。

・・・という、全く個性のない感想を、お許しください

もともと好きな伊坂幸太郎が、ますます好きになりました♪




これは、
平成12年に発行されたらしい。
もう、16年も前なのか~~~。
私が、3歳の長男と、1歳の次男と共に、毎日毎日公園に行き、絵本を読み。
どーーーーっプリと育児に没頭していた頃の作品だわ。


私が陸の孤島たる我が家で、必死に子育てをしていた間に。
B'zは売れに売れ、伊坂は書きに書いていた。というわけか・・・・、ふむ。
まあ、それもこれも、素敵な世界である。
非常に美しく、宝石のような小説だと思ったわ。
ラストなどもう、読みながら、稲葉愛さえあふれてきて。
私の胸の中で、伊坂とB'zのコラボ現象でしたわ!!!

だって。
音楽というものの素晴らしさを、しみじみ感じさせるんですもの。



そもそも。

この小説は、ミステリーなのか?
ファンタジーなのか?
歴史小説なのか?
人間模様小説(←てゆうか。)なのか?


伊坂幸太郎は、どのようなジャンルに入れられることを良しとするのだろうか?
ミステリー???なのか・・・?
そうではなかろう。
じゃあ、何?


読後、そう考えた時。
彼自身の
「突拍子もない小説」
という言葉が光る。



自虐でもなんでもなく、これは、ジャンル分けを拒否する、断固たる誇り高き言葉であったのだな~~~。
と感じたわ~~。
『突拍子もないだろう?
こういう小説、読んだことないだろう?
初めてだろう?こういうの?』
という、挑戦的で意欲的な思いを、やわらか~~く優しく包んで表現したというワケか。
きっとそうだ。
と思ったわ~~。


強いて言えば、私は、伊坂幸太郎の、人物造形が好きだな~~と思う。
私的キーワードは、
「優しい若者」
である。



本書でも。
「アヒルと鴨のコインロッカー」でも、「重力ピエロ」も。
「ゴールデンスランバー」も・・・・・。
描かれてるのは、この日本の至る所に存在する、優しい若者の姿だと思う。



優しさゆえに、悩み、戸惑いながらも、最後に自分で決断をして進んでゆく姿。
悪意に翻弄されながらも、良心を保ったまま、徐々に学び成長する姿。
そんな登場人物(主に主人公)に、私はきっと、息子を重ねて読んでるのだと思う。
頑張れ、くじけるな、と・・・。
そして、優しい青年を、社会よどうぞ踏み潰さないでと、祈るのである。
伊坂作品を読むと、そんな思いがこみ上げてくる。
だから好きなのかな、きっとね。


そして、伊坂作品に欠かせないのが、動物愛だね!
犬や猫を始め。
様々な動物への愛が、半端ない。
そして、動物や、弱者を痛めつける残虐な存在への怒りも半端ない。

そういうところも、好きだなと思う。


「オーデュボン」
というのは、鳥の研究をし、鳥の精密画を描いた、歴史上の人物名なんだってね。
知ってた??
私は読むまで知らんかったわ~~~。


こんなすごいのを、たーーくさん残しています。

Ectopistes_migratoriusAAP042CA[1]_convert_20160220170725



うっとりするわね、こういう絵。
「神は、細部に宿る」
という言葉を思い出すわ~~~。




細部へのこだわりという点で言えば、伊坂作品もまさにそう。
B'z松本さんのギター演奏に対する信念にも通じるね。
稲葉さんの喉のケアに対する姿勢もまさにそうだね。
偉大な人間は、細部に手を抜かない。



神は、細部に宿る・・・・・。
本当にそう思うわ。

手抜きな私には苦手だな~~~💦
そうできる人でありたいけれど。

伊坂幸太郎を読むと。
ちょっと、生き方を変えてみたい。
と、そう思わせてくれる読書です。

全作品読破するまで、まだまだこの熱は続く予感がします☆



・・・・という読書日記でした。
またね



私の祈りは、
コレ。

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント

買ったのに読んでない

 こぶりんぼさん、こんばんわー。姫様の夜勤は主人が替わってくれて、貴重な睡眠をとっているさくらです。そうそう、姫様が笑うようになりましたー。
 さてさて、伊坂祭り開催中ですねー。
以前、こぶりんぼさんが面白い!と言っていた「仙台ぐらし」を買っちゃいました。が、未だに読めず・・・・。
この、デビュー作は気になってはいるんですよねー。何だか、題名の響きがよくて・・・・内容は想像とは違うようですね。
 ゆっくりと、本が読める時ってくるんでしょうか?とさえ、思ってしまうほど、日々一日を送るのが精一杯で・・・・やりたい事とか、やらなくちゃいけない事とかあるのに・・・・。
 最近は、次男のかまってかまってが凄くて、赤ちゃん返りも凄くて・・・一時的と分かっていても、手を焼いている状況です。
なかなか、3人がバランスよくなる状態がくるのか・・・・。
抜け出せない、暗闇に居るようで・・・・。
 好きな作家の本を、思いっきり読みたーい!

Re: 買ったのに読んでない

>  さくら様

ヤッホーーー♪
まぁ!さくらさん。
むしろ、赤ちゃんがいらっしゃるのに、こうして、ネットで他者とつながる時間が取れるということは、素晴らしいことだと思うわ!
スマホやパソコンで手軽にさまざまな世界に触れることができるというのは、驚きの革命よね。

12年前・・・。
もっともっと、世界は閉ざされていたわーー。
若き日、仕事でパソコンをいじったことはあっても、私はネット界とは無縁でした。
一方通行のテレビぐらいしか、世界への窓はなかったでした。
もちろん、読書の時間もなかったわー私も。
ただもうひたすら、お母さんと一緒を見たり、ばばばあちゃんとかの絵本を読んだり、公園で穴掘ったり。
それだけの日々だったわーーー。

さくらさんはこうして、ネットという窓を持ち、自分の文章も発信してるんですもの。
視野も広くて、素晴らしいことだと思います。

本は、何年も、何十年も、待っていてくれるから。
必ず、いい時期は来ますよ~~。今はまだ、お子さんのかまってちゃんの方が、大事だもんね!

・・・と、まるで自分は子育て終了のような言いぐさですが。
我が家もまだまだ、息子のかまっての方がずっと大事だ!反省i-229

No title

おお~~
面白そうな本の紹介
ありがとうございます♪

あたしも読んでみようっと!!

Re: No title

> 藍花様

こんにちは~~~♪
お気に召すといいのですが・・・。
読書も音楽も人それぞれなので、すこ~し不安ですが!
もしも機会がありましたら、感想など教えてね~~~♡
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
毎日毎日、B'zをBGMに4人の男の子を育てています。
育児は好きですが、家事は苦手。

よろしくお願いします☆

最新記事

最新コメント

カテゴリ

フリーエリア

リンク

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア