少子化の世の中で。

常々モヤモヤモヤモヤとしていた思いが。
たった一行の言葉を見た途端に


スッキリッ

ということって、ありますよね?
言葉の力とは、スゴイものですよね~~。


先日、本屋さんに行って、棚を眺めていまして。
タイトルを見ただけで
おおお!!
それが言いたかったのよそれが!!!


と思った本がありました。


で。
買いまして、読みました。
それがコレ。


P1050263_convert_20151020162321.jpg


読んでみて、非常に面白かったかと聞かれれば・・・・ううむ。
正直、面白かったとは言えないわ。
んでもね。
非常に共感したし、考え方のヒントがわかった気がした。


私は、子だくさんゆえ、時々このように声をかけられる。
「日本の少子化対策に貢献してくれている。」
と。

はッ??



子供を産む産まないということは、女性にとってはとてもナイーブな問題だ。

欲しいのにできなくて泣く人。
愛してもいない相手の子を身ごもり、悩む人。
未婚の中、死ぬほどの覚悟で産み、苦労して育てる人。
育児に悩み過ぎ、2人目の決断ができない人。
子供が欲しいのに、夫が浮気などしていて、それどころじゃない人。


本当に、人それぞれの人生があり、葛藤があり、苦しみがあって。
愛とか憎しみとか貧乏とか仕事とか、いろんな中でギリギリの決断をして、大きな犠牲を払って産むのである。

誰が、少子化の日本のために産むって?
んな暇はないッ





そもそも。
少子化問題を考えるとき、ナゼ、
「少子化=改善すべき問題点」
という前提があるのだろう???

と、常々、モヤモヤしていたわ。



で、このタイトルに魅かれ。
読んでみたワケっす。

本書の理論は明解でした。



「少子化ゆえ、年金などが破たんする」と
いう意見に対し、

「少子化」を改善するのではなく、「年金制度及び、社会制度そのもの」を改善すればいいだけ。
方向性が、誤ってる。




そうだよ

「子供を産め、増やせ。」
と、掛け声だけかけるのは、問題解決を庶民に押し付けてるだけじゃないのか?

年金制度の発想の根幹が間違ってるから破綻するのであるからして、年金制度そのものを改善すべきなのに。
国にはその能力も財力もないから、責任をすりかえてるんじゃないの!!??


「生産力が低下する」
というのも、やはりすり替えでしょ?、と。
今の、非正規労働とか、若者の就職難とか、ブラック企業とか、過労とか色々、社会には問題が山積で。
すべてを一度に解決するのは難しいけれども。
少しでも良い労働環境を求めつつ、やがて来る生産人口の少ない社会に適した社会の在り方を、求めるべきである。
それは、必ずあるはずだし、よりよい未来図もあるはずだ。


つまり。
私なりにまとめると、このような考えか?

「少子化=絶望感」
のようにイメージさせることは、国の、単なる、イイワケでしょ?と。
うまく行かないことを、少子化のせいにしてんじゃないの?

少子化は、止めようもない現実なのだから。
そこからスタートして、最善の方向を探れ、と。
そして、
「子供を増やす」ことではなくて、
「生まれてきた子供を全員幸せに育てる」
ということに、価値を求めよ、と。
子供は資源じゃないぞ、と。







私もねーーー。
正直、その通りだな、って思ったわ。

子供を産む産まないは、お金のあるなしとか、愛のあるなしとか、男女の平等とか、そういうのとはまた違う次元の問題だと思う。
男女共同参画とも、保育所の増設とも、別の話だと思うわ。

むしろ、「生物」としての、健康や本能と密接だ。


そして。

「子供を増やすことより、生まれてきた子供を一人残らず幸せに育むことの方がずっと大切だ。
そのためには、「産め産め」じゃなくて、実際に産んだのちの支援が大事である。
そしてまた、「産まない自由」とか、「産めなかった人の幸せ」を、尊重するべきだ。」

と。

そんなの当たり前だと思うわーーー。
当たり前なのに、そこが、不十分だわよーーーー




これは
私の持論なんだけどさ。
魚って、何億も卵産むじゃない?
それって、生存可能性が低いからでしょう?
何億も産んで、生き残るのは、数十匹という過酷な海で。


人間も同じだと思うのよ。
途上国のように、乳幼児死亡率などが高いような、過酷な国の場合、「種の保存」本能として、子をいっぱい産むと思うのよね。
生き残る確率が、低ければ低いほど。

先進国などで、医療や生活水準が上がると、出生率が下がるのは、種としての当然の結末なのではないでしょうか?



震災後・・・。
結婚するカップルが増えた時期がありましたが・・・。
そういうのも、やはり、生き物としての危機を感じると、
「子孫を残したい」
という本能が、理屈ではなく、ホルモンの次元で、湧き起こるからではないかな~~と思うんですわ。


だからむしろ。
出生率の上昇というのは、哀しい現実かもしれないのだ、もしかすると。
人間が、生物として、危機感を持った結果なのだとしたら・・・・。





国や社会というものは。
女性に、産めとか、産むなとか、そういう余計なことは言わないでほしい!!
男女共同参画をいくら進めたって、少子化は止まらないぜ!
若者の個人主義は、日々加速してるぜ!
「家族」だって、幻想かもしれないんだぜ?
ならば、それ前提の社会を再構築するしかないよ。

というのが、私の共感部分でもある。

ぶっちゃけ、我が家の長男など、超超個人主義である。
結婚願望など、無であろう。
母の「結婚してくれ願望」は、デカいが・・・・・

それが現実だもの、仕方ないさ。




けっこう、本書には怒りに満ちていて、一緒に怒りながら、読みましたーーーーー。




あたしだって。
たぶん、夫と結婚しなかったら、未婚子無しで生きてたはず。
確信するよ。


ほんの些細な分かれ道だ。





にほんブログ村






スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

選択肢

 こぶりんぼさん、こんにちはー。妊娠も佳境に入ってきました、目標は一応臨月を迎え、赤子を大きく産むことのさくらです。
 少子高齢化・・・・嫌って程聞く言葉です。ただ、少子化になるよ!と思わずにはいられない世の中です。
「産まれてきた子供を全員幸せに育てる」これが出来るような社会になって欲しいし、それは本当にそう思います。
日本の社会基盤そのものを、根本から見直さないといけない時期に来ているのに、本当の現実を見るのが怖くて、見送っている感じがします。社会自体の再構築、これが一番必要なのかも。
 夫と出会って、子供が3人産めるって言うのは、幸せなのかも知れませんね。
 そうそう、何にせよ、色んな選択肢があり、その選択肢から選べて、幸せに暮らせる世の中になるといいですよねー。

だねー

私なんか、結婚したら子供は作るものって
漠然とした考えで子供産んだんで
深く考えてなかったっていうか・・・
子育ては思ったより大変で・・・
二人育てるだけでも
私は本当にダメダメな母親だよなーって
反省点ばかり気になります・・・
なんとか無事に成人してくれたからいいようなものの
子供を育てるっていうことは
ひとりの人間を形成していく大事な過程を担うって
実はすごく重責なことなんじゃないか?と
今更ながらに怖いです・・・

私もたぶん、結婚しなかったら
子供は産まなかったと思います(;^ω^)
自分自身がダメ人間なのに
恐れ多くて人を育てるなんて・・・
私には子育ては二度と無理だな・・・
なので
もし、孫が出来ても面倒見れないし
口出しなんてとても出来ませんね~(^_^;)

Re: No title

> 鍵コメ様

ヤッホーーーー♪
お元気そうで何よりですわ~~~♡
そして、ブログに関するあれやこれやの経緯をお聞きし、共感したり驚いたりしながらも、安心いたしましたわ。
いろんなことや思いが、あったのですね。
でも、考え抜いて出した結論ですから、最良の道だと思います。

数年後再開予定とのこと!!
おおお!
楽しみ♡
できればそれまで、細くてもいいので繋がっていたいものです~~♡
せっかくのご縁だし、私たちにしかわからない喜怒哀楽もやはりあると思うのですわーーー。

鍵コメ様の、やっと見つけたやりたいこと!
応援してますよ~~。本当に。
人生が今新たに開け始めてるところですねーーー?

私もね、本当は、B'z歌詞論を究めたいのよ~~。本当は。
なかなかね。
日常に紛れてしまい、歌詞世界に没頭しきれないんだけども。
ブログの最大のテーマは実は、B’z歌詞です。
本当にちょっとずつですが、歌詞の記事を書きためて、納得いくまで語り尽したいのです~~~。
道は遥かなのよ(泣)。

年齢も地域も違いますが、でもやっぱり仲間だと思っています。
一緒に頑張りましょう♪

Re: 選択肢

>  さくら様

ヤッホーーー(^^♪

ホントにねえ。
世の中は色々あるよね。

色々な人がいていいと思うよね。
子を多く産む人、産まない人・・・。
仕事を頑張る母、PTAを支える母・・・。
いろーーーんな人がいるからこそ、世の中は回ってるわけで・・・。
全てを包み込むような社会が理想ですね。

少子化をこれほどまでに問題視してるのも、正直、うさんくさいわ。
「それじゃあ!」って言って、日本中の女性が全員急に10人ずつ子供産んだら、ホントに国は面倒見てくれんのすかッ!?
と、アタシは聞きたい。
子供が多くたって、絶対に年金は破綻するとも思うわーーめちゃくちゃだものi-282

・・・・と、怒りモードが冷めやらない今日この頃ですわ。
お腹も大きくなったでしょうね。
お大事にしてね。

No title

その本、興味深いタイトルですね!
こぶりんぼさんが一緒に怒りながら読んだのなら、是非
読んでみたいです(^o^)

確かに少子化はマイナス、というイメージになっていますが、
地球上の他の生物からすると、人間という残酷で欲張りな生物は
これ以上増えないで欲しい、と思っているかもしれませんし、
立場が違うと違う意見がありそうですね。

国から言われる「産めよ、増やせよ」というスローガンは、女性を
モノ扱いしているようで、不快ですね<(`^´)>
時代が変わったとは言え、お産は簡単にできるものではないし、
育てるのも本当に大変です。
今からだったら私も3人産んで育てるのは躊躇するでしょう。

でも他の方も言われているように、私も若いころは結婚したら
子供は産むものだと思っていたので・・・
親になる覚悟がちゃんとあったかどうかは微妙でしたし、無知で
ヒヤヒヤの育児でしたが、末っ子も無事に高校生まで育って
いるし、結果オーライ、という感じです。

将来娘が育児をすることになっても、アドバイスはあまりできそうに
ありません。手を抜ける時はなるべく手を抜くという事は、既に私の
背中を見て知っているでしょうし(笑)!

そんな私ですが、機会があって、「おしん」を見始めました。
色々考えさせられるドラマですが、特におしんの骨身を惜しまず
働く姿には反省させられています(^_^;)

Re: だねー

> るこ様

ヤッホーーーー♪
コメありがとうです!

まあ!
るこさんの口から(手から)、「ダメ人間」などという言葉が出てくるなんて、激烈ビックリです。
ダメ人間は、50になって連チャンで夫婦エッ〇は、しませんて。
それはもう、非常にですね、意欲的で、健康で、創意工夫に満ちた、思いやりがある人間だけに開かれた、美しき扉ですわーーー。


でも、るこさんの、
「子育ては思ったより大変で」
っていうのは、世の中の母たちの思いを代弁して下さってます。
ホントにそうだよね。
何の練習もないままに、イキナリ本番だしね。
失敗しても後戻りできないしね。
本当に、心身ともに追い詰められる、ハードなミッションだよね。

それをさー、無責任に「産め」とか、気軽に言わないでほしいッ!!
産めというなら3000万よこせ、って、まあ、正直思うよね。
あら?
アタシだけ???
オホホ。

Re: No title

> ひろみ様

ヤッホーーー♪
でしょでしょ?
ついつい魅かれるインパクトあるタイトルだよね。
ほんとにね。
「何が悪いか!」
ってね、ほんとにその通りだなって思ったわよーーー。

少子化対策とか偉そうにやってる人は、自分が10人の子供とか養ってから発言してほしいよもうホントに。
おまえが産めッまたは養えッ!そしてしつけろッ!反抗されろ!
プンプンッ!!
・・・・と、怒りに翻弄されるアホ母でございますわ、エヘ。


親になる覚悟・・・・
それは、親になった後で徐々に高まっていくのでは~?という気もしますわね。

だってね~。
初産は20代~30代前半が多いと思いますが、はっきり言って、その年齢で「覚悟」は、ムズカシイもんね?
子供みたいな若夫婦が赤ちゃん産んで、それを熟年スタッフが温かく見守る・・・というのが、自然な姿かもね~~。

私ももちろん、未熟な若母だった過去を生きてきまして。
ほどよい成熟期というものはなくて、いきなり未熟から初老(痴呆ぎみ)にすっ飛んじゃったわーーーi-282

立派な素敵な大人時期が、思い当たらない!!

アハハ~~~。
切ないわーーー。

でもさーひろみさん!
本音を言えばね。
「親になる覚悟を決めた、成熟した賢い男女」だけが子を持てるのだとしたら・・・。
とっくの昔に、人類は滅亡してるよねッ!!
人類はみんな、もとは、「うっかりできちゃった赤ちゃん」なのではないでしょうかね?
そこがまた、人間の愛しい所だと思うわ~~~i-179
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア