赤ちゃん誕生時の、上の子。

こんにちは~~~。゚(゚^∀^゚)σ。゚   
↑この顔文字、かわいいよね♡


ここのところ、三男末っ子の試合と、次男の期末テストに忙殺されていましたわ~~。


まあ。
試合に忙殺は、分かりますね。
準備、応援、引率、洗濯、その他、次々と押し寄せるのよ、やるべきことが。


でもね。
高校生の期末テストになぜ私が翻弄されなきゃいけないのか?
ハッキリ言って、自分でも説明できないわ~~。



「なぜ彼は、こんなにも、努力が苦手なのか!?立腹!!」

「いやしかし。
ここんとこずっと、体調不良だった彼に、多くを望みすぎるのはどうか?」

「いやしかし。
結果はどうでもいいけれど、努力はするべきだろう努力はよッ!!」

「いやしかし。
元気で生きてればそれでいいじゃないか。
そのうえ彼には、B’z好きな友達までいる。
多くは望むまいッ!」

「いやしかし・・・・


というような。
・・・・・・・Endless・自問自答で、疲労中・・・・・





さてさて。
今日は、こんな我が家の、昔話を少し。


テーマは、
「赤ちゃんが生まれた時の、上の子」



はああ~~~
これは切ないよね

なかなか切ない思い出ですわ。



今となっては、石仏のような不動感あふれる大1長男ですが。
次男が生まれた時の彼は、なかなかの動揺っぷりでしたわ~~~(遠い目~~)


次男が生まれた頃、2歳半前後でしょうか。

まず。。
コップから飲み物を飲まなくなりましたわ。
何が何でも、哺乳瓶で飲む!!
という固い決意をした長男。

しかも。
寝っ転がって飲む
という決意もゆるぎないものでございました。


しばら~~~くの間。
来る日も来る日も、寝っ転がって、哺乳瓶でお茶や牛乳など、摂取しておりましたっけ・・・・・・。
その上。
笑っちゃうことに。
ハイハイで歩いたり、もう、それはそれは、笑っちゃうほどの赤ちゃん帰りでした。

今思えば。
キャワイイ
あはは。

もちろん、若き母だった私は、必死だったので。
「きゃわいい」と思うよりも、「大丈夫かしらこの子」と思ってたような気がします~~。


まあ、これは、わりと、微笑ましい思い出。



もっとも切なかったのは。
三男が生まれた頃の長男・次男でした。


三男が生まれたのは、次男が幼稚園に入園した直後のことでしたわ。
  (彼は2年保育だったもので。)



初めての集団生活と、弟の出現が重なったもので。
今思い出しても、次男っは不安でいっぱいな日々だったと思うわ~~。
カワイソウニ

よくね。
「ボク、おしっこしたいのに、おしっこが出ない・・・
等と言ってました。
治ってたはずのおねしょも復活。
幼稚園でもお漏らし連発

家では、「おんぶ!」「だっこ!!」の連発でした~~。
いや待てよ。
道路でも、だわ。
おんぶオバケ




一方、その春。
長男は長男で。
小学校に入学だったんですわ~~。



長男も非常にキッツイ日々を過ごしていました。
毎朝、登校前に泣く。
登校しながら、泣く。
先生によると、登校後も泣く。
お友達もいない。
彼は、小学校と言う場に、全く適応できなかったのでした。


そして・・・。
三男が生まれた2~3か月後には、チックの症状が出たのよ~~。

目を激しくパチパチと・・・・・。
見てるこちらが苦しくなるほどに。
でも。
無口なだけに、言葉では何一つ訴えはしない長男だった。
「学校行かない」などの言葉を発したことも、なかった気がします。

ただただ、泣いて。
そして、目をパチパチと神経質に歪めるのみ・・・・



お漏らしオネショな次男と、チックの激しい長男と、生まれたばかりの3男を抱え。
きつかったわ~~私。

夫は多忙でほとんど不在。
「週休2日」
なイクメンもいるというのに、夫と来たら、ぶっちゃけ、
「月休1日」あるかどうか??
なオトコ。
夏と秋は、長期出張も度々で。


あんな日々は、今なら切り抜けられないかもな~~とも思う。
どうしていいかわからず、随分一人で泣きました。
当時はネットなんか無縁の世界に生きてたから、情報もあまりなくて。

「家庭の医学」
みたいなのを読むしかなくてね~~。
「チックの原因はストレス」
と書かれてても、何の解決にもならなかったわ~~~。
読んではまた泣くような日々でした


あの頃・・・。
長男は、あまりにヒドイ時期は、学校を休ませました。
で、ひたすらスキンシップに励んだキオク。
べたべたと、ソファでくっついて、時間を過ごしたものでした。

チック症状が落ち着くのには、半年くらいかかったでしょうか・・・・・。




んで3年後。
末っ子の誕生時には・・・。

もう、長男も次男も、精神が乱された様子はなかったわ。
むしろ、良きイクメンとして、父親の代わりに私を助けてくれた気がします。
とは言っても、所詮、小学生男子っすからね・・・・・。あはは。



その代わり・・・・・

3歳になってた3男の反応が・・・・・。
スゴカッタ・・・・・・

三男はね。
ひたすら、『赤ちゃんイジメ』


つねる。
たたく。
押しのける。
オモチャを取り上げる。


日々、暴力行為がひどかったわ~~~~
いやはや。
どんだけ意地悪なBOYに育つのでしょうと、私も胸を痛めたものでしたわ~~~。




・・・・そういえば。
いつの間にか、優しい気弱な兄になってるッ
いつの間に



そうそう。
子供が情緒不安定になるのはね。
下の子誕生だけじゃなかったわ!


脳卒中の私の母を我が家に引き取って、介護に専念した日々もあるのですが・・・。

母を引き取った翌日から、突然、何年振りかで、3男がオネショ連発ッ
だったことも、思い出深いわ~~。

下の子の誕生だけじゃなくて。
やはり、環境の変化。
特に、母親が、自分以外のことで多忙になるという現実に、子どもは耐えられないのでしょうな~~。
と思ったわ。

まあ、母の介護は。
私には無理だと悟り。
3年ぐらいで自らギブアップしましたが・・・・・





・・・・・という感じで。
今思えば、まあ、4人ともちゃんと育ってくれて、ヨカッタな、と・・・・。

「いつか子供も大きくなって、B'z萌え萌えな日々も、すぐに来るよ💛」
と、当時の煮詰まりすぎてた私に、教えてあげて!ドラえもん!!!


成績が振るわないとか。
試験中の次男が、2階で、何か熱唱してるとか・・・・。
あまりに本気の熱唱すぎるとか・・・・・・。

まあ、そういうことは、どうでもいいことさね。うん



にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村













スポンサーサイト

コメント

No title

息子さんたちの試験と試合の見守り、お疲れさまでした。^v^

本日の記事、とても共感します。

私はひとり息子を育てている身ですが、心理状態はまるで同じでしたね~。

10年後の私はいったい元気にやっているのだろうか?と黄昏の空をみながら毎日感傷的になっていた時期もありました。

私もそんな自分に、「今はその息子と一緒に映画を観て笑える」んだよ。って言ってあげたいです。

10年前のこぶりんぼさんに、「こぶりんぼさんは、10年後はファンがたくさんいるブログかいてるんですよ~。私なんて、思い切り笑って元気おもいきりもらってるんですからね。」とお伝えしたいです。

ありがとう~ってね。^v^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

甘かった。。。

長男の夜泣きが2歳ぐらいまで続いてたモンで、
自分の子育ては大変だった!と思ってましたが。。。
そーいえば赤ちゃん帰りはなかったなぁ~
逆に下が生まれてから、情緒不安定が収まったかもw

赤ちゃん帰りも、3人3様だったんスねぇ~~
寡黙長男くんまで!!カワユすぎる。。。(*^^*)
あ、当の本人(&こぶりんぼさん)は大変だけどー(^^;)

次男くん。。。
テスト中に熱唱したくなる気持ち、めっちゃわかるよ~w

経験談が貴重

 こぶりんぼさん、こんにちはー。昨夜の十五夜があまりにも綺麗で、月光浴をしたら、つわりが一気に悪くなったさくらです。満月に赤子が反応したんでしょうか。
 さてさて、赤子が産まれた時の、兄弟の反応有り難うございます。いやー、何とも貴重な体験談です。だって、経験してないと、分かりません。
こぶりんぼさんの、話を聞いて兄弟が2人から3人になる事が、ちょっと分かったかも知れません。
きっと、数年間は大変でしょう。まあ、主人が仕事のやりくりをしつつ手伝ってくれて、乗り越えていくつもりです。
予期せぬ病気や、赤ちゃん返りは想像つきませんが、一つ一つ向き合って行くしかないんですよねー。その覚悟が、ちょっとは出来てはきたかな。
 まずは、赤子を大きくして正常に誕生していただき、そこからがスタートです。

Re: No title

> けろちゃん様

こんにちは~~~♪
コメントありがとうです♪

子だくさんには子だくさんの苦労がありますし。
一人っ子には一人っ子のご苦労があるでしょうね~~。
それは、形は違うけれども、もしかしたら深い根っこのところは同じなのかもね。

「あまりにも大事すぎる存在」
の、命も何もかもを預けられてしまう、恐怖感かな~~という気もしますね。

コワヒ!!
ですよね~、なんかね。
母親が、100%負ってる時期ってあるもんね~~。

子供が大きくなると、やはりまず、子ども自身が、自分の人生に、ある程度の責任を感じてくれて、分業成立かな、って気もしますわ~~~。
夫??
あは、観客でしかないかも、我が家は・・・。
もしや、ケロ宅も??オホホ。

Re: No title

> 鍵コメL様

ヤッホーーー♪

ウルトラソウルなL様より、素敵な応援頂いた気がして、私は今、胸~がふ~るえる~~~♪

けろちゃん様返信にも書きましたが・・・。
子育ては、子だくさんでも一人っ子でも、男の子でも女の子でも、やはり、それぞれにそれぞれの辛さがあるよね。

一人っ子がラクとは、まーーーーーーったく思えないわ!
た・・・確かに、カネはね、4人よりはかからないけどもね💦。

でも、精神的煮詰まり度は、おそらく、子だくさんよりも過酷では?と思っています!

子だくさんだとさ。
一人がヤバイ事になってても、別の子が癒してくれたりとか、あるからね~~。
視線をそらせることができる、という強みがあるよね。

お互い、苦労の中身は違っても、苦労の量は、変わらないと思うわ~~。

まあね。
数年前には、我が子のお漏らしで苦労した我々も、今や、自分の尿漏れを心配しなきゃならんトシですわね!
オホホ。
我が子はかわいいからいいけど、自分はかわいくないから、厄介だわ!
ましてや、老母など!
かわいくもにゃ~~~んともないのに、どうすりゃいいの??だわね。
お互い、テケトーに、こなしませう!!

Re: No title

> 鍵コメT様

こんにちは~~~~♪

鍵コメ様も、本当にたくさんご苦労したよね~~(泣)
私が知ってるだけでも、出産関係も、義親関係も、夫婦関係も。。。。
何もかもが、試練満載な日々だったとお見受けしますわ~~。

そこを乗り越えて!!!
そこを乗り越えての、床上の居眠りですからッ!!
居眠りくらい、させて~~な~~~、だわよね~~~~♪

私もね。
4人産んで、育てたからもうね、余力ナッシング!!
オホホ。
お掃除も、お料理も、本当は好きなんだけどもね、もうね、ほら、余力がね・・・・
オホホホ~~~。

それにさ。
我が家はまだ、来年も受験がありますけん!!
お掃除なんかでエネルギー使ったら、残らないもの!
エネ貯蓄よ~~~。

お互いに、今と言う時間が、かけがえのない宝物だよね、しみじみと💛

Re: 甘かった。。。

> 小藤様

ヤッホーー♪

まあ小藤さんも、受験勉強は、熱唱で乗り切ったタイプすか??
アハハ。
目に浮かぶよ~~~。

小藤家の息子君たちは、赤ちゃん帰りや情緒不安定は、なかったんですね~~?
それはもう、スンばらしいことではないですか!!
きっと、小藤さんの情緒が安定してるんでしょうな~~~ふむふむ。

寡黙長男、小さい頃かわいかったですよ~~♡、マジで!!

「ぼっこっこ、てーだい?」
とか言ってましたから~~。
「かまぼこちょうだい」ってことね♡
好物がかまぼこなあたりも、なんか、かわいいでしょ??うふふ。

Re: 経験談が貴重

> さくら様

こんにちは~~~。
体調がすぐれず、辛い日々をお過ごしでしょうな~~。
ぶっちゃけ、妊娠中に体調のいい日など、ないよね?
ご苦労さんですわ~~~。

私の体験はあくまでも一つの体験談ですね。
小藤様家では、赤ちゃん帰りは、なかったんですってよ~~!!
むしろ、下の子が生まれたことで、上の子の情緒も安定したらしい!!

スゴイっすよね~~。

やはり。
母親の持つ個性や、夫の関わり方や、上の子の年齢など。
様々な要素が絡んで出てくることでしょうからね。

さくらさん家にはさくらさん家だけの、貴重なケースが今から出現するわけですわ~~。

人それぞれとはいえ、それぞれの体験談を持ち寄って、あーだこーだいうことが大事かなと思います。
参考にするかしないかは、受け取る側の問題ですもの。
経験者はバンバン、経験を提供するのがいいと、私は思ってますわ~~。

我が家は、「夫不在がちの一軒家ケース~その5~」ってな感じでしょうか・・・・。
あは。

No title

ふたたびすみません。
お返事ありがとうございます^v^。
ところで、ご長男さんがかまぼこのことをぼっこっこっておっしゃってたと
返信されているくだりを読ませていただき、
「かわいい~(;_:)」と感動してしまいました。
しかも、私の好物もかまぼこなんです。

これからおせちづくりの材料買い物メモにはかまぼこではなく「ぼっこっこ」と書くことにします。いや~、生きてると小さな楽しいことがこうして増えていくのですね~。ああ、ハッピー♡

Re: No title

> けろちゃん様

ヤッホーー♪
まあ、細かいとこ拾ってハッピーになってくださって、嬉しゅうございますわ💛

あはは、小さい子のイイマツガイは、かわいいですよね~~~♡

ちなみに、長男は、「お豆腐」のことは「おぷーと」って言ってました~~♪

・・・・・・それが今や石仏。
月日の流れは、時として残酷ね・・・・(泣)

No title

しつこくてごめんなさい>v<。

でもあまりにもかわいいので、ついまた。。。

おぷーと♪
かわいい♡


なんか癒されます。

私もお返しに息子がいっていた可愛いネタ思い出そうとしたのですが、

あまりにも暑くて頭が動かなかったときに自分が言った
バカげたネーミングしか思い出せいです。

扇風機→ぷーきせん

ああ、なんのお返しにもなってなくて、ごめんなさい;;;

Re: No title

> けろちゃん様

うふふ~~~♪
ぷーきせん、かわいいよ~~i-237

下の子たちも色々あったと思いますが、やっぱり、最初の子が何かと記憶には残ります。
けろちゃんさんも、息子さんの思い出アレコレ、大事なタカラモノでしょうね~~。

でもね。
予想以上に、思春期の息子もかわいいですね。
幼児期とは違った可愛さですが・・・。

けっこういつまで経っても、過去を振り返るチャンスは訪れないものだな~~という気もします。
いつもいつも、「今」で、精一杯だわ~~~。
きっと、死ぬまでそうかしら・・・。
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア