同窓会役員というオツトメ。

時々・・・・。
たま~~~に、ホソボソと、地味に、関連記事を書いてるのですが・・・。
昨日は、高校の同窓会の幹事会の会議に出席してきました・・・。


昔の記事の説明と重複するかもだけども・・・・。

私は高校の同窓会の役員をしていますのですわ。
これは別に、クラス会の幹事とか、同窓会パーティーの企画とか、そうゆう華やかなことではなくて・・・

もっともっと地味な、縁の下の力持ち的な・・・?
感じでしょうか。


上は80才90才という方々、下は卒業したての18才19才という若者までを網羅して。
名簿を作ったり。
会費を集めて管理したり。
寄付を募ったり。
卒業式の際、同窓会としてお祝い品を贈呈したり・・・・。
たまには校内のどこかに、記念碑的なものを建てたりですとかね。


という、非常に地味な活動に、長年コツコツと取り組んできた方々がいるわけです。
そのほとんどは、ご高齢の方々が多いわけでして。
私など、
「お若いヒト」
とか呼ばれて、お茶入れや、ごみの片づけなどにいそしむわけですわ~~~。



同窓会や、町内会みたいに、平均年齢が65才くらいの組織に行くと。
若い人扱いが、妙に心地いいわ♡



その中にあって・・・。
普段の私の主なお仕事は、
『同窓会報の編集』
なんですわ💛
私は文章書きは好きですし。
割り付けしたり、コメントつけたりも好きなんで。
ピッタリ♪
な、役割分担と言えるわねん・・・・♡




もっちろん!!
こうゆう会議の席では!!
私は、借りてきた子羊ちゃんみたいに大人しくしてますからネ。

私の中でビュンビュンほとばしる稲葉さんの○○のこととか、(←妄想♡)
夕べ耳元で、コウシ君が「ボクのを噛んで♡」と囁いたことことなど(←妄想②♡)
は、心の中にそっと隠して。
品行方正な雰囲気で。
真面目そうに黙って座ってますわ。


居眠りッ!!??

あらやだ。
どこで見てたの?
気づかれないように、髪を下してうつむいて寝てたはずなんですが・・・。


・・・・と、まあ。
こんな、熱意不足の私が同窓会に関わるようになった理由は・・・・。
ただ一つですわね。


断れなかった・・・・

この一言に尽きますです。


私たちの代で、委員長的な役割を担って下さってる、
豪快な女・R子!!!
がいるのですが・・・・。

家が近所。
子ども同士が同級生(しかも、2人も!!)。


まず最初に、R子に、
「当然、手伝ってくれるよね?」
と、授業参観中に耳元でささやかれた経験についても、以前書いた記憶がありますわ。
コトワレネー!!



その方のみならず。

数年前、まだ私が
出産~育児~出産~育児
の、無限ループ内でもがいていた頃に・・・。


同窓会組織の中心人物として活躍していたのが。
私の高2の時の担任の女性先生、Mセンセイでして




M先生は私が高校時代当時。
『母校へ赴任』
ということで、非常に張り切っておられたらしい!!

で、母校に赴任して初めて担任を持ったのが、私ら学年だったというワケ。


いやああ~~。
ヤケに元気な先生だと思ってたけども。
元気というよりは、張り切ってたのね!!
センセイったら~~

ということが、20年以上経って、わかったわ♪


その後、定年退職されたのち、Mセンセイは、同窓会を牛耳るようになっていったのでしょうね~~~ふむふむ。


そうゆう経緯なもんだから。
M先生が、在職当時の教え子(「豪快な女・R」や、私、など)に何人か声をかけて、

「同窓会、手伝いなさい!」

と、命じて・・・いやいや、誘って下さったという次第ですわ~~~。




もちろん。
断った同級生もいっぱいいるんですよ。ええ。


でもね。
私とR子は、断れませんでしたわ。
ナゼでしょうね~~?




よくわからないけども。たぶん。
心のどこかで、
「母校に関わりたい」
的なチャンスを、求めてたのかもね~~~。




というのも・・・。



私がもしも・・・・・。
もしも、今も、高校教員として、フルタイムで真面目に働き続けていたとしたら・・・・。
今頃、もしかして、母校に勤務などというチャンスをもらえていただろうか?


・・・・・わからない。
わからないけれども、もしもそんなチャンスを与えられていたら、30年前のMセンセイ以上に、私も張りきったことでしょう。


「なに一人で張り切ってんの?
 うっざーーーー
とか、高校生にウザガられながら、私はきっと、一人、カラ回りするほどに、張り切ったことでしょう。



でもね、もちろん。
高校教諭を、途中で辞めたことに、悔いはないのです。
続けていたら、絶対に、

・三男と末っ子は、産まなかった。
・たぶん、若き日の激しい夫婦げんかのどこかの時点で、離婚してた。(収入があるから。)

はずです。


専業主婦になったからこそ、私は、子どもをたくさん持つ道を、選んだのですから。
そして、だからこそ、今こうして、貧乏にあえぐ日々を迎えているワケで。
すべては、自分の、選択ですわ。




今・・・・。
夫と仲良く暮らして、足のまあまあ速い三男と、足の非常に速い末っ子に出会えたのは、私が、教員の仕事を辞めたから、だと思う。
それは間違いない事実だと思う。




なので・・・・・。
悔いはないのです。
自分の選択に。


悔いはないけれども、きっと。
心のどこかに、未練は捨てきれないのかも、私。



仕事、続けてたら、どうなった?

担任もったり、部活の顧問やったり・・・・。
いろんなこと、成し遂げてたかな、私?


という、未練・・・・・。



続けてたら、たくさんのものを失ってたかもしれないのにネ

鬱病とか、なってたかも
というか、過労でもう、死去してる可能性アリ
育児放棄気味になり、息子に、深刻な影響が出てたかもしれない。


と、いろいろ考える反面。


職場で活躍してたかもしれない自分・・・・。
担任や顧問を持つことの、充実感や。
自分の指導した生徒が、入賞したり、表彰されたりした時の、喜びとか。
受験指導なんて、もしかして、私、向いてたかも・・・・。
 
・・・・・という、根拠なき妄想・・・・・。
が、時として、脳内を駆け巡る。



もちろん、今も。
非常勤の講師という形で、お若い方々と接することのできるお仕事に出会えて。
しかもそれだけで、ヒーヒー言ってるのでね

そんな簡単には行かなかったはずだよ、仕事と家庭の両立は。
私の場合は。

わかってる。
わかってるって!♪♪!

でもでもでも。





そんなモヤモヤを抱えた私だからきっと。


今。
同総会役員という立場で。
母校の頑張る若者を、応援してるのかもしれないね。
ちっちゃいちっちゃい、チカラだけどね。
自己満足・・・・にはなるかな、少しは
そういえば、豪快Rも、元教師だァ~~~



皆様は、いかがですか?

自分の選択に、何の悔いもない方。

「コレデイイノダ」
と言い聞かせて、なんとか日々を送ってる方。

再スタートを切って、颯爽と暮らしてる方。

色々でしょうね~~。



『多少の後悔を抱えつつ、それは自分の胸にしまい込み。
自分の選択を信じて、なんとか頑張って生きてる方』
・・・・が、ほとんどなのかな~~~。

等と思う、昨日今日でしたわ。



長い・・・
長すぎる記事、すんまへ~~ん💦







にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

No title

 こんにちわ、こぶりんぼさん。そちらは寒いのですね・・思わずコメントを2度見してしまいました。
 教師の方との出会いは、本当に人生を変えますよね。私は高校生の時、ある授業を受けました。差別についての授業でしたが、「もう現在、この差別は残っていないとか、寝た子を起こすなとか、あなたたちは今後いろんな言葉に出会うでしょう。しかし、知識を持っていずに自分の予測しない差別に出会うよりも、知識を持っているということは確実に強い。あなた方は、それは間違っているとはっきり根拠を持って人に言うことができる」という言葉、信念をもって話してくれた先生のことは今も覚えています。
 勝手な意見ですが、こぶりんぼさんにはぜひスクールカウンセラーになってほしい!(勝手すぎ)多角的に物事を見る視点、人間に対する優しいまなざし、人生・子育て経験、適度なズボラ感・・・自分を振り返っても、勉強にも部活にもいまいち熱中できず、悩み多きどうしようもない学生でした。高校生って、悩んでるけど実はあんまり人に言えない、そんな時期ですよね・・ぜひ、こぶりんぼさんになってほしい!(勝手ですみません)
 後悔は、日常的にはあります、たくさん!短気なので、子供に怒りすぎた後とか・・・でも、大きな「あれで人生変わったかも・・」というのはないかもです。多分、短気な人の特徴として?※すぐに行動、ものを言い、熟考しない→すぐ忘れる→前しか見ていない(後ろを覚えていない)があるからでしょうか。基本的には、人間万事塞翁が馬 と考えてます。(でもそれどころじゃない時もあるので軽々しくは言えませんが・・)
長くてまとまらずにすみません。体に気を付けてお過ごし下さい。

それは、みんなどこかしらで・・・・

 こぶりんぼさん、こんにちはー。あー、やっと安定期だーと思った途端に、つわりが復活し、なぜか急に食べられなくなった・・・さくらです。
 結婚してから見ていた好きなアニメで、鋼錬を知っていますか?その中で、出てくる言葉があります。
「同価交換の原理があり、何かを得られれば、何かを失う」と・・・・言われてみれば、当たり前なのかもしれません。が、私はなかなか気づくことが出来ませんでした。
 私自身、結婚する前は医療従事者でしたが、結婚を機に辞めて通信制の大学に入学して、数年間勉強してました。解らないことだらけで、随分と主人に勉強を教わった日々でした。
 確かに、仕事を辞めてからは・・・・「今頃なあ」と時たま思います。
けれど、結婚して妊娠、出産、子育てを仕事と両立できるほど器用でないし、どこかで自分を納得させて、生きているんでしょうね-。
 ただ、結婚してからなかなか子供を授かることが出来ず、夫婦で煮詰まっていた時期もあり、今は3人目妊娠中ですが、呪人からすると信じられないような世界にいるらしいです。
子供が出来たからこそ、行った場所や学んでいることも多く、その分悩みも尽きませんが・・・・・
 こぶりんぼさんの言っている、
『多少の後悔を抱えつつ、それは自分の胸にしまい込み。
自分の選択を信じて、なんとか頑張って生きてる方』
まさに、この言葉は身にしみます。
 学生時代に、こぶりんぼさんの様な、教師にお会いしたかったです。

No title

こぶりんぼ先生 こんにちは☆


私は、↓下のタイプかと思います。

>「コレデイイノダ」
>と言い聞かせて、なんとか日々を送ってる方。

過去の選択がなければ、今の自分は存在していないと思っていますので。
別の選択をしていたら、うつ病や、命に係わるような事態になっていたかも知れない・・・などと、
今の自分に対して都合の良い考え方、をしているだけかもしれませんが。

音楽短大卒業後、小学校と中学校の音楽教師を20代半ばまで勤め、
結婚後はピアノ教室のピアノ教師になり、現在に至っています。
思えば私の場合、音楽どころじゃない時も仕事として音楽が待っていた事は救いだったようです。
(「不幸なことがあったから幸せがわかるんだ」、というような諦めに辿り着いたのも、シアワセ?笑)


私は「ロックね!」という言葉を、「その生き方カッコイイーな!」という意味で使っています。
音楽のロックとは直接関係なくて、
子供のために頑張っているお母さん、家族のために一生懸命働いてるお父さん、超ロック!

だから、こぶりんぼ先生、超々ロック!!

*私は、自分の感情を適切に表現できる術が乏しくて、コメントに不快な部分があったらお許しください。

Re: No title

>  じのーんちゅ様

こんにちは~~~♪
日本列島は、長~~~いのですねェ~~。
しかも、我が家は標高まで高いので、朝晩が、異様に涼しい(寒い)!!
さすがに、そろそろ、本格的な暑さも来てますが・・・。

優しい先生、厳しい先生、信念のある先生、おおらかな先生・・・と、先生は、様々な大人のタイプを見せてくれる宝庫ですわね。
どのタイプもそれぞれに良さがあり、どれがベストとは言えませんが、強い信念を伝えてくれる先生と出会えたことは、幸せでしたね~~。

でも、その先生の言葉や情熱を、受け止めるだけのチカラが、若き日のじのーんちゅさんには備わっていた、ということなんだと思います。
どんなに素晴らしい言葉も、関心のない人にとっては、ただの説教にしか聞こえないと思います。

じのーんちゅさんはきっと、学生時代から、社会の出来事や、人間の生き方というものに関心のある、素敵な生徒さんだったのだと思いますよ♡

カウンセラー・・・・i-183!?
まあッ。
考えたこともなかったです!
カウンセラーになるには私、ちょっと、説教臭すぎないですかi-229
素敵なお言葉、光栄ですわ~。

私の長所である『ズボラ感』をこれからも伸ばしていく所存ですわ~~。
じのーんちゅさんも、ぜひ、『短気』を極め、マッハな母を目指してくださいませ♡

お互い、年も場所も違いますが、一緒に頑張りましょうね~~~♪

Re: それは、みんなどこかしらで・・・・

>  さくら様

こんにちは~~~♪
ええええ~~ッ!!
ツワリ復活~~?そりゃまた辛いですね。
カワイソウニ~~i-241

確かに私も、出産するまでずっと、嗅覚や味覚に関しては、不気味なものがありましたわ~~。

本当に、命を一つ創造する、というのは、簡単なことではないと思います。
お疲れ様です。


そうでしたか~~。
さくらさんにも、色々な時期があったんですね。
不妊に悩んでいたご夫婦に、3人も授かるとは、素晴らしいことですね。
大事な大事なチビちゃんたちですね~~♡

医療従事者と言いますと、医師・看護師・様々な技師・・・、どのお仕事も、素晴らしい資格を持ったお仕事ですよね。
さくらさんの人生計画まではわかりませんが、私ぐらいの年齢になった時、復帰の道もバリバリありますよね。

私も、同期の女性教師の友人などが活躍してる噂を聞いたりすると、やはり、少々凹みもしますわ~~。

でも、さくらさんのおっしゃる通り。
私も、我が子の成長を楽しみ、我が子に成長させてもらった自分に気づき・・・、
「やはり、この道が一番だったはず。」
と、自分にささやきかけますわ~~。

それにね。
仕事が多忙だったら、ブログなんて、開設してなかったと思うしね~~。
うん。
やっぱり、今が、いい!!!

Re: No title

> もえ様

きゃああああ~~~i-233i-184
もえさんったら、「もえセンセイ」だったのですね~~?
元教師とは、めちゃめちゃ親近感です~~~♡
嬉しいですわ~~~~i-233

・・・と、少々興奮してしまいましたわ💦


もえセンセイ、お久しぶりでございます。
お元気でしたか?
社内で「睡蓮」聴くたびに、もえさんと、最愛のご主人のことを、思い出しておりました♡
で、愛ってすごいな~~と・・・。


私は、弱い人間なので・・・。
後悔してみたり、「コレデイイノダ」と言い聞かせてみたり、今の暮らしが一番と確信してみたり、かと思うと、活躍してる女性に嫉妬してみたり・・・と、もう、ぐらんぐらんに揺れてるッi-238!!
という気がします。

でも、やはり、もしもどこかの時点で夫と別れてしまっていたら、私の人生は闇だったと思う。
だから、今がやっぱり、最高なんだと思います。
もえさんご夫婦のように、本当のお別れが来るその日まで、愛し合っていけたら、最高です。


B'zの松本さんも、「ロックかどうか?」が、すべての判断基準なんですって~~♡
で、もえさんと同じで。
それは、例えば昭和歌謡曲であっても、クラシック音楽であっても、「これはスゴイ!!」と思ったものが、松本さんにとってのロックなんだそうですよ~~。

もえさんと、松本さん・・・、音楽に人生捧げたお2方が、そうおっしゃるのだから、すごいことですね!!

私は・・・・ロックな人間には程遠いと思うけど、もえさんに頂いた言葉を胸に、ロックなおばちゃん目指して、頑張ります!!
ARIGATO~~~☆


※不快な部分など1ミリもないですけどもッi-237i-88

色々、想像してしまうことはありますね…私も。
私はいわゆる、外資系の一流企業に就職したのです。初任給こそ一般的でしたが、ボーナスや手当や休暇も充実していました。職場はきれいな高層ビルの中。3年半しか働きませんでしたが、海外出張に二回行きました。飛行機も、ビジネスクラス。その頃の年収は今の主人の年収より多かったです。
ある時、若くして部長になった方に、私ともう一人の女の子と、食事のあと社会勉強といって、横浜のランドマークタワー(だっけ?)の74階ぐらいにある夜景の素晴らしいバーに連れてってもらって、カクテル一杯ずつおごってもらいました。
そのすんごい夜景を見ながら、「きれいだな、すごいなー。でも私の幸せはここにはないな。」と感じたんです。
先輩方は、(私から見ると)とっても高い賃金をもらって、福利厚生も手厚いのに、労働組合通じてもっと賃金をあげろ、とかいう運動をしてました。人間の欲はとどまることをしらないなぁと思ったものです。
リッチな生活を覗かせてもらって、もう私は気がすんだ感じでした。
付き合ってた今の主人と、そのあと婚約して、赤ちゃんができたので、結婚を気にスパッと辞めました。「もう少ししたら、自主退職制度が発表されて、退職金上乗せされるから、待ってみたら?」なんてアドバイスしてくれた人もいましたが、新人の私に英語習わせてくれたり、会社にはもう充分してもらったので、これ以上はもらいすぎだと思って、自己都合で退職しました。
今、充分幸せです。選択は間違ってなかったと思います。
でもね…、そんな私でも、家計簿つけて現実見ると、「もしあのまま勤めてたら、リッチな生活が…」なんて妄想することも(笑)
お金の不安はありますが、お金よりもっともっと大切なものに恵まれたので、これからも、カツカツで幸せに暮らしていきます!!!

Re: タイトルなし

> チェリー様

こんにちは~~♪
素敵なコメント、感謝です。

チェリーさんの、若き日(今もお若いですが・・・)と、現在とのギャップに、も~~、ビックリでした!!
バブルの頃のようなお話しですね。
そんなにオシャレな環境で、そんなに稼いでたのですね~~~i-153!!。
いやはやッ!!

それが今や、子だくさんの、農業ガール♡とはッi-183

チェリーさんのように、いろんな立場を経験した方が、結局一番幸せと言って、子だくさんの手作りライフを選ぶのですから、やはり、幸せとはお金ではないのですね~~しみじみ。

私も、自分で選んだ道ですし、ほかの選択をしていたら、確実に病んでいたという自信もあります。
ですから、胸を張って、今の道を進んでいこう!!
とは思っていますが・・・

お互いに、タイムマシンに乗って、若き日の自分に、金を借りに行きたいわね~~。
借金はキライですが、自分なら、いいでしょうね。
ああ。
貸してほしいッってゆうか、ただで下さいッ!!自分ッ!!オネガイ!!

・・・と、思ってしまいますわ~~~。


そしてまた、人生生きてれば、次の展開もまだまだあるかもしれないですしね。
何か、子育ての次に待つ、大切なものに、出会えるかもしれないよね。
チェリーさんは、野菜作りやお家のリフォーム、など、今、いろんな引き出しを自分の中に作ってるところでしょうから、そのどれかが、将来花開くかもですね~~。

私たち、今から富豪になる可能性も、ゼロではないッ・・・・・かなi-237

No title

稲葉さんの歌詞、こぶりんぼさんのブログ、どちらも
私にとって、そのつど、生き方や心のあり様を考えさせて
くれる、貴重な文章だなあとしみじみ思います。

「あの時~たら、~れば」、と思うことはたくさんありますよね。
でも他の選択をした結果は、選んでないから分かりません。

最近、私は
「紙一重の選択が幾重にもかさなって
     幸せにつながってゆくよ 
         そのSwitchを押してみたらどう?」
という稲葉さんの歌詞をよく思い出します。

選択をしてきた自分を信じて、これからする自分の決断も
大丈夫と信じて、その場所で自分の役割を真面目に
やっていけば(たまに手を抜いても^_^;)幸せでいられる気が
しています。

似たような価値観を持った夫と子供がいるから、そう
言えるのだと思いますが、贅沢はできなくても日々の平凡な
暮らしに感謝して生きていたいと思います(*^_^*)

教師になるからと親を説得して、短大じゃなく四大を
出してもらったのに、夫の家業に関係する会社に入社して、
そこもさっさと退職し、結婚してしまった私。

私が考える「~たら、~れば」、はそのあたりの時代が多いです。
親にはちょっと申し訳なく思いますが、若くないと出来なかった
私の選択は間違ってはないはずです(笑)


Re: No title

> ひろみ様

こんばんは~~♪
返信遅れて、ごめんなさいi-238!!

そうでしたか~~。
ひろみさんの人生もまた、人生いろいろですなぁ~~。

やはり、特に女性の人生は、男性以上に、岐路また岐路の、繰り返しですよね~。

結婚や出産で、全く違う方句へと転がってゆくものですよね・・・。
結婚しなければしないで、出産しなければしないなりの、波瀾万丈が待ってると思います。
平坦は、ないような気がします。

どのような人生を選んだとしても、
「選ばなかった別の道」
が、3つも4つも、あるのでしょうね~、誰にでも。

分岐点 合流点 出発点 そして終点・・・・
本当に、いろんな「点」が、人生には地雷のように埋められてるのだな~
と、しみじみしちゃいましたわ~~。

すべての選択をプラスに変えて、誇りとして生きてゆけるような、そんな日々を、重ねたいものですね。
簡単ではないですが!

一緒に頑張りましょう♡
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
毎日毎日、B'zをBGMに4人の男の子を育てています。
育児は好きですが、家事は苦手。

よろしくお願いします☆

最新記事

最新コメント

カテゴリ

フリーエリア

リンク

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア