頑張れ~~若き母たちよ!!

私ね。
自分が子だくさんだから、思うんだろうけど・・・。


若い母親
を見ると、応援せずには、いられないですわ~~。


なぜなら、私自身、自分が『若い母親』であった日々が、人生で一番つらかったから。
『年老いた母親』という立場は、結構、楽しい♡
独身時代も、楽しかった♡

何より辛かったのは、
長男妊娠~~~次男幼少期
くらいまでの、5~6年ですかね。




元・妊婦の皆様ッ
妊娠って、キッツイですよねーーー?
マジでもう、ゲロゲロの最悪ッですよね?



妊婦未経験の皆様ッ(※含:男性)

妊娠って、死にそうなんですよ~~~
ほんっと、苦しいんすよ~~~
思いっ切り甘やかしてあげて下さいね~~~♡
メロメロのテロテロに、甘やかしてほしいと、切に希望しますわッ!!





「妊娠は、病気じゃない!!」
とか厳しいコトいう方いますが。
ふざけないでいただきたい

ぶっちゃけ、病気よりしんどいと、私などは、思うのである。
ああ。
もちろん、末期の癌などと比べればそれは、いくらなんでも、病気の方がきついでしょうが。



まあ少なくとも。
私の独断で言わせてもらえば。
インフルエンザよりは、妊娠ははるかにツライわ。
この意見は譲れないッ


しかも・・・。
幸せなはずなのに、なぜか気持ちまで、沈む沈む・・・・。
「身体の中に、大切な命を預かっている。
 なんかあったら、どうしよう・・・・
という、なんとも言えない責任感に、精神がやられます、まず。

責任感。
恐怖。
不安・・・・・。

望んだ妊娠でさえ、母は悩むのであるよ。
ましてや、望まない妊娠をした方の胸中は、想像を絶するでしょう・・・・



で、不安でいっぱいなのに。
そんな母の気持ちとは裏腹に、どんどん大きくなる、愛しい我が子。
ぶっちゃけ、巨大なる寄生虫を飼ってるよりもハードな日々なんすよッ!!

飲んでも飲んでもノド乾く日々。
思うように頭は働かず、イライラばかりが募る。




ホントにね~~。
なぜあんなに、妊娠って苦しいのかしら。


もうね。
初期は初期で、ツワリが苦しいでしょ。
あれはホントに、キッツイですね。


中期は中期で、
「動いた方がいいのよ」
とか言われて、もうさ

動悸息切れメマイ吐き気貧血腹痛頭痛で、そのうえなんと、毎晩足がつる・・・・
あれはもう、地獄っすよ。

後期はもうね。
この世の中の、どこまでが自分の体で、どこからが外界かが、よくわからなくなるわね~~。
ここにあるの、何かな?と思うと、自分の体の続きだった~~~みたいな意外性な日々。
もうね、半分、意識不明みたいなものだったと、今になって思いますわ。


私は、妊娠後期は、しょちゅう、自宅のトイレなどで、失神して倒れてた・・・・特に、下2人の時ね。
高齢だったからかな
便秘しては倒れ。
排便しては倒れ・・・・


次男の時は、激しい腰痛で、最後は歩けなくなりましたわ。
出産したとたんに治ったから、きっとあれね。
次男の足かなんかが、神経を押してたんかね。




そんなこんなで・・・・。


4回も妊娠出産した私が言うのもなんですが・・・・。

二度と無理だァ~~~~



で。
妊娠や出産を通して、忍耐力が身に付いたか?

いやいや。
そんなことはない。

むしろ。
「一生分の忍耐を、し尽くしたから、もう、勘弁してよん♪」
という気持ちが、私を怠惰な日々へといざなうのであった・・・。




なぜあんなにも、
「妊娠」
が、辛いのか?


私なりの、仮説。

①妊娠が気持ちいいと、人類がますます増加しすぎて、ヤバイことになるから。という説。
   →種としての本能が、妊娠にブレーキをかけてる。

②妊娠が気持ちいいと、子だくさんが増えて、貧困家庭が増えるから。という説。
   →貧困防止のための、本能の神秘。

③辛い10か月を過ごさせることによって、
 「本当にオマエは親になれるのか?覚悟はあるのか?」
 と、神が我々母たちを試している。という説。
    →ヒドイッ!!  イジワルな神・・・




まあね。
ホントの理由はわからんけどもさ。


ただね~~~。
妊娠期間が辛ければ辛いほど。
お気楽に、楽しそうに暮らす、夫が、憎らしく見えてしまうのは、絶対の事実だと思うわ~~~。



「アタシがこんなに辛いのに、飲み会ッ!!??
はあ!?
どーぞどーぞ。
勝手に行けばいいでしょ。
アタシはすごく、辛いけどね。
どーぞお気になさらず!!
ご自由に、なさるがよろしいわ!!
いずれ、この借りは、返させていただきますけども、よろしくって?
オホホ。」

と、私もですね。
4回の妊娠を通して、このような怒りに震えたことはですね。
まあ、ざっと見積もって、


長男時→ 20回
次男時→ 100回
三男時→ 30回
末っ子時→10回
 計     160回

という感じだと思いますわ。
飛び抜けて、次男妊娠時が多いのは、一番私が煮詰まってたからっす。

末っ子妊娠時に少ないのは、もうこの時期、夫も若くはなくなり、色々と配慮をしてくれる大人になってたからでしょうか・・・?



この、妊娠時の怒りを乗り越えて。
もう一度夫と仲良くなるって、とっても難しいことよね。
私も、随分時間がかかったよ~~~。
ふうう
疲れた日々だぜ


惚れてたから、乗り越えられたんかね~~
惚れてなきゃ、無理だったかもわからんねェ~~
いやもうホントに、夫婦とは、難しいものだわさ。





というワケで。
妊婦の皆様と、乳幼児育児中の皆様の、ますますのご発展を祈念いたしまして、ご挨拶とさせていただきますわ~~~



経産婦の皆様は、ぶっちゃけ、いかがな日々でした?






にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

「RED」・・・・・
   名曲すぎでした~~~~(号泣)















スポンサーサイト

コメント

No title

こぶりんぼさん、こんにちわ。私は若き母?かは分からないですが、一番下は生後7か月です。
 妊娠中は上の子二人を公園や海に連れて行くのが大変でした・・暑すぎて。今も、上の子のペースに合わせると下の子が熱中症にならないか心配です(汗)ほんとに妊娠中って大変ですよね。妊娠中の方、ぜひ自分中心に過ごしてください!

まさに、妊娠中

 こぶりんぼさん、こんにちはー。夜中に更新されていますが、睡眠はとれてますかー?
 そう、まさに妊娠中のさくらです。
 いやー、若き母ではないですが、妊娠中の心理状況って独特ですよね-。3人目の妊娠で、やっと自分も自分の子供達からも、ちょっと距離を置いて 見られるようになり、辛いつわりも何とか日々乗り越えてるって感じです。
 ただ、我が家の長男はちょっと早く生まれて来ちゃって、夫婦でNICU通いだったんですよー。いやー、怒濤の日々を送って育児をしてきたからか、夫婦の絆は強くなったかな?
 3人目で思います、上の2人を見ながらの妊娠は、想像以上に大変で・・・・何とか5ヶ月に突入しましたが・・・・そういえば恐怖の夏休みがある事に気付いて・・・・・ひぇーと声を上げてしまったほどです。
 ただ、このブログに出会ってから、楽しみが増えて日々頑張れそうです。

No title

そうそう、とうなずきながら読ませていただきましたよ!

私も長女妊娠から5、6年はツラかったです(>_<)

でもその当時は今から思うとまだ子供で、今より素直だった
私は、それほど夫に怒りを覚えることもなく、こんなものかと
我慢して頑張りましたよ。

実家が遠く、友達もいないし、今みたいに携帯で遠くの友達と
気軽に連絡も取れないし。義実家には毎日家業の手伝いに
通っていたし。
夫しか頼れる人がいなかったので、夫に嫌われたら
生きづらくなるのが本能的にわかっていたのかもしれません。

よく考えると、今更ながら怒りに震えそうになるので
考えないようにしていますが、義母に面と向かって
「妊娠は病気じゃないから」
と言われたことは、やはり忘れられません。

二人目妊娠中は血尿が出て痛かったし、三人目の時は
上の子達の行事について行ったり、等の細々した
用事が忙しすぎて本当に倒れそうでした(^_^;)

私ももう妊娠、出産は無理です(^_^;)
一生分の忍耐をしたつもりで、もう限りなく怠惰に過ごさせて
いただきたいと思います!

でも、街で、若い妊婦さんのちょっとしたお手伝いをさせて
いただくのは全然苦になりませんから、ベビーカーを
運ぶお手伝いとか、いつでも声をかけていただきたい
と思っています(*^_^*)

私の妊娠・出産の記憶は…不安の毎日でした^_^;出産の当日も、自分で運転して行きました(;^_^Aその代わり、二人とも凄く安産でしたね~(/-\*)あっΣ( ̄□ ̄)!乳腺炎は、かなり痛かったです(>_<。)
出産の痛みは忘れても、乳腺炎の痛みは20年経った今でも覚えています(T^T)

今日は次男の誕生日です(*^^*)
バースデーカードが届いて、喜んでました!
後3分で、生まれた時間です(/-\*)

Re: No title

> じのーんちゅ様

こんばんは~~!!
じのーんちゅさんには、そんなに小さなお子さんがいらっしゃるんですね~~!?
それはそれはもう、かわいくて、愛しくて、大変で、ヘロヘロな日々だと想像いたしますわ。
赤ちゃんと上の子を、両方満足させるような過ごし方など、ないですもんね~~。
どちらか優先にすれば、どちらかが我慢な時間になっちゃいますよね。
本当にお疲れ様!!

そちらは暑いでしょうね~~i-1
私の家は、昨日はヒンヤリで、深夜は暖房点けましたわ~~。

どうぞ疲れすぎませんよう。
難しいかもですが、可能な範囲で、のんびり過ごしてね!

Re: まさに、妊娠中

> さくら様

こんばんは~~~♪
お腹の中の赤ちゃんと、お腹の外の幼児ちゃん方は、お元気ですか?

随分と、大変な日々を、夫婦で乗り越えてきたのですね。
先日の「ハグ」の件でも思いましたが、さくらさんのご主人は、非常に賢くて人柄があったかい方でいらっしゃると思うわーー。
素敵な男性と結婚したわね~~~♡
お手柄じゃよ、さくら殿。

夏休みは、確かに、一日中子供たちがいて、大変ではありますが。
でも、時間に追われずに済むし、
「今日は元気に登校するかな」
とかなんとか、そういう心配ごとからも解放されますわ。
「早く!!」
と叱る必要がなくなるのは、非常に嬉しい!
給食当番エプロンの持ち帰りもないし!!

というようなわけで。
私は昔っから、子供の夏休みは、意外と、まあまあ好きです。
大好きかと聞かれると、返事に詰まりますけども~~~アハハ。

Re: No title

> ひろみ様

こんばんは~~♪
「余生は怠惰に、の会」
を、ともに立ち上げましょうか~~?
うふふ~~。

でも、ダメねッ!!
そんなことしたら、私たち、もう、稲葉さんに会えなくなっちゃうね。
「RED」聴いてるとね、極限の努力を積み重ねる生き方の輝きに、圧倒されますよね~~。
ああああ~~!
限りなく怠惰に堕ちて行きたい自分の本能と、稲葉さんのように手を抜かず生きてゆかねばという理想とのハザマで、ぅ~~~ん、苦しいわね💦

それにしても。
ひろみさんのコメントを読み、
「夫に不満を感じたこと自体、恵まれた立場だったからなんだな~~」
と、しみじみと感じてしまいましたわ~~。

人間、切羽詰まった、厳しい状況の中では、相手に不平など感じてる余裕は、ないでしょうね~~確かに。
若き日のひろみさんの姿が、切ないような、痛々しいような・・・。
私、自分が恵まれた状況だったのだな~~と、反省しちゃったわ。

でも、孤独に耐えたり、傷つく言葉に泣いたりした過去が、今のひろみさんの魅力を形作っているのは確かだと、感じます。
苦労を糧にして、成長して、キャパを広げたのだなあ、と、感動を覚えますわ~~正直言いまして。


私も、妊婦さんや、乳幼児連れの方には、できる協力はしたいわ!!
いつも素敵なコメを、ありがとうね。
私たちは今、圧倒的なB'zパワーを浴びて、なんかもう、モリモリですねッi-233

Re: タイトルなし

> ねむりねこ様

こんばんは~~~♪
コメント、ありがとうです☆

あぁ~~私も、三男の時に、乳腺炎やったわ~~。
うん!
確かに!あれは痛かった~~ッ!!
苦しかったわね~~。
乳が、岩石のように固くなったのを、今も覚えているわ~~~。

次男クン、お誕生日おめでとう!!
これからの次男クンの人生は、きっと、輝く光に満ちていることと思います!!
素敵な素敵な次男クンの青春、バンザ~~~イi-237i-184

母になってから9年半になりました。

妊娠中の辛かったことは、すぐ上の子の断乳からの夜泣き、上の子達の病気の時、上の子達連れての外出時、などですかねぇ。

四人目は夜泣き期間が長く、寝不足でお腹の赤ちゃんに影響しないか心配でした。
病気の時も、子ども達の看病で寝不足になったり、インフルエンザがうつってお腹の赤ちゃんに影響がないかとか心配で。四人目五人目妊娠中にインフルうつりましたが元気に産まれてきてくれて本当によかった。鎮痛剤系の薬が飲めないのもつらいですよね。
あと外出時。初めての妊娠の時は重いものを持たないよう気を付けていましたが二人目からはそんなこと言ってられませんね。ベビーカーごと上の子抱えてエレベータのない駅の階段を昇ったりしたなぁ。

夫は家にいるのが大好きな人なので、飲み会で遅くなることも友人と遊びにいくこともなく、そういう腹立ちはありませんでしたが。
一人目妊娠~5、6年、確かに大変だった気がします。
今、五人目がもうすぐ一歳、まだしんどいけど、ようやく少し落ち着いてきました。
うちはだいたい二歳間隔なので、上の子が一歳数ヵ月で次の子を妊娠というパターンでして。
さすがにもう無理…。

今回も励ましていただける記事、ありがとうございました!!


No title

こんばんは。。
「妊婦」そんな時代がわたくしにもありました。。(遠い目)

お気楽で悩みなど無さそうなわたしですが、妊婦時代は思い返すのも泣けてくるような日々の連続でした。
なんとなんと、いかにも安産体型なわたしですが、息子&娘妊娠中は「切迫流産」「切迫早産」の危機でふたりの子どもの妊娠中はほぼ入院生活を送ってました(本当だよ〜)
24時間「ウテメリン」っていう早産予防の点滴を打っていたんだけど、ぶら下がってる点滴のボトルを見てると「ウテメリン」が「ウメマセン」=(まだ)産めません、に見えて来ちゃうの(笑)
おめでたい入院なはずなのに「わたしは一体何をしているのだろうか」なんて思ったりね。あの頃ネットやスマホがあったら、、も少し楽しい寝たきりだったかも。。結果、娘は31週で産まれちゃったけれど、ノープロブレムよん。あの頃のわたしに会えるならば「大丈夫だよん」って言ってあげたいわ。。

Re: タイトルなし

> チェリー様

こんにちは~~~♪
コメント、ありがとうです!

そうですか~~。
チェリーさんは、5人で「もう無理!」と思ったのですね~~?
私は4人目でした。まあ、年齢がすごく高かったので、誰がどう考えてももう無理状態ではありましたが・・・。

でも、年齢や体力金力のこと以上に、やはり、自分の精神的なものかな~~。

なんとなくね、3人目産み終わった段階で、
「もう一人、私の子が、待ってる!!」
って、強く思ったんですよ。

で、4人目産み終えて、
「もう、これで全員、無事、産めた~~~!! ヨカッタ!! これにて、終了♡」
という安堵感というか、そんなものを感じました。・・・分娩台上で。

こんな話、ほとんど誰にもしませんが、チェリーさんならもしかしてわかってくれるかな??と思いましてi-229

私自身はそのような感覚だったので、「計画出産」とか、「何人が理想か考えて産む」とかいう発想は、したことはないです。

もちろん、望んでも授からない場合もありますし、計画的な出産も素晴らしいことだとは思いますが、私はそういうワケで、4人の母ですわ~~。

うちも、4人とも夜泣きがひどく、特に次男は、幼稚園年中さんくらいまで、毎晩夜泣き。(蹴りも入る・・)
赤ちゃんと、幼児と、左右で夜泣きみたいな夜が、毎晩続いたわ~~。
あれは、辛かったな。
大きなお腹での、授業参観も、拷問のようでした!!

チェリーさんは、まだまだ大変な日々は続くと思いますが、お家のリフォームや畑仕事など、子育てしながら本当に頑張ってますね。
きっと、全員素敵な子に育ちますよ~~。
チェリー家みんなが大きくなるまで、ブログを通じて応援できればうれしいです!!

Re: No title

> tootan様

こんにちは~~~♪
コメントありがとうです!!

tootanさんの、妊婦時代は、本当に辛かったのですね~~(泣)
かわいそうに~~。

病気と一番違うのは、自分の体のことじゃなくて、24時間ずっと、「赤ちゃん」の心配してるってことですよね。
だからこそ、辛いし、苦しいし、落ち込むんだよね~~。
妊娠中ほぼ入院だなんて、かわいそスギル、若き日のtootanさんです。

そうね。
この年になると、若き日の自分に言ってあげたいことが、色々あるわね。
「大丈夫だよ」
とか、
「笑顔!!笑顔を忘れてるよ、アンタ!!」
とかね。
色々伝えたいわ~~。


でもでも!!
何よりも、今私が、若い自分に会ったら言いたいこと・・・・

「ゴメン!!
 金、くれッ!!  テヘ!!」


あああ~~。
金があった、あの頃・・・(遠い目)

Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
毎日毎日、B'zをBGMに4人の男の子を育てています。
育児は好きですが、家事は苦手。

よろしくお願いします☆

最新記事

最新コメント

カテゴリ

フリーエリア

リンク

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア