学問の扉は、開いたのかな。

なんかね。
小3末っ子がこの頃。

歴史ウンチク小僧になってきてるん♪


萌え




「あのねー。
 上杉謙信ってね――。
 あのねー。
 うんとねー。
 一番ねー、強いんだよーー。
 でもね―――。」

とか。


「あのね――。
野口ね―――。
あれ?、なんだっけ、ひでお?ひでよ?」

「あ。
ひでよだ!
あのねー。
野口ね―――英世ってね―――、やけどでね――。」



とか・・・・・。



話が、長いッ!!
わからんッ!!!



しかしですッ!!


彼が、日本史や、偉人伝のようなものに、並々ならぬ関心を持ってることは、よーくわかった。
うむ。
よ―――く、伝わったぞよ、殿よ。



こういうのも・・・。
『出会い』ですよね。



たぶん。
3年生になって初めて出会った、男の担任の先生が。
とっても楽しく、歴史のお話しをしてくれてるのでしょう。きっと。
アリガトウ!!



小学生男子で、歴史ヲタクになる子は多いと思うのだけど。
不思議と、我が家には今までいなかったっす。


大1長男も高2次男も、化学や生物系には大きな関心を示したけれど。
歴史系には、とんと無関心。
昔っから理系な奴らであったわ~~。


小6三男は、おそらく、私の予想では、体育会系・・・・
肉体というものに対する興味が、半端ねェッ!!!!
先日も、似たようなタイプのお友達のお宅に遊びに行ったんですが・・・。
「○○と、腹筋100回やった~~♪」
ですってよ。
そうゆう遊びしてるらしい。
。。。。。マジか






こうゆう傾向って、本人の資質もあるとは思うけども。
大事なポイントで、どんな先生に出会うかってゆうのもすごく大きなきっかけですよね♪



末っ子は、昨日の記事にも書いた通り。。。
先生の話を聞かず。
バスケに行ってもコーチの話を聞かず。
好き勝手に自分で盛り上がって騒いで、叱られるタイプ。


九九を覚えるのも、非常に大変で。
今でももちろんあやふやなんです。
算数の文章題では、問題の意味が読み取れずに泣いたり。
宿題プリントが、ぐっちゃぐっちゃに破けて、ランドセルの底から発掘されたり。
そんな、我が家の、困ったちゃん・・・


そんな末っ子が、歴史に興味ッ!?
まあなんと


もうね。
私は、末っ子担任先生に、心から感謝です。
どんなお方かよくは知らないですけども(←おいおいッ)、本当にありがとうございます。
苗字は知ってますが、お名前はまだよく知りませんが、(←テヘ)、先生、本当にありがとうッ!!!!!





確かにね~~。
子供の知的好奇心を目覚めさせるのって、幼児期は親の役目かもしれないけれども、大きくなってくるとなかなか、親には難しいよね~~~
先生とか、コーチとか、そういった、多くの大人の方々との出会いでグングン変わってゆくのが、小学校の高学年から高校ぐらいまでの時期かなと思うわ~~~。




でね。

私こう思うんです。
大人の役割って、一人一役で十分じゃないかな、って。
全部は無理だし、不可能


私は、たぶんだけど、母親として、末っ子には、温かさとか、優しさとか、厳しさとかを与えてると思う。(と願う)。
あと、食事を与え、世話をしてる。
夫は、ルールを教え、成長を喜び、激励を与えてると思う、我が家の場合・・・。
あと、お金を稼いでる。




とすると。
学校の先生には、私は、学力を伸ばしてもらいたい。
と願ってる。
それだけですかね。
もちろん、優しい先生や厳しい先生は、それは素晴らしいけれども。
でも、優しさや厳しさは、私ら親でも、与えることが出来るもの。



親にできないのって、学力を伸ばすこと・・・・・。
あるいは、学問の世界の魅力を伝えること・・・・・。
これ難しいですね。


勉強しろと説教したり。
成績上がったと褒めて喜んだりは出来るけど。
これはとても間接的な『応援』でしかないよね。


実際に、野口英世の偉業を教えたり。
実際に、化学の実験の世界にいざなったり。
そういうのは、なかなか親にはできないよね。




実際ね~~。
私も、お仕事では、高校生に、いろいろ教えました。
教室で。
寝てる子もいれば、興味を持ってくれた子もいましたわ。
受け取り方は、人それぞれっす。

ただ。
未知の世界を、紹介してる・・・・・、という実感は、私にはありましたわ。
どの先生も、そういう感覚は、持つと思います。


でもね。
我が子相手は、無理です。
ぜ~~~~んぜん、無理


質問に答えることは出来ますが。(知ってることなら)。
『新しい学問の扉を開いて、ワクワクさせる』
ということは、それは、不可能です。


幼児期に、一緒に絵本絵を読んだり、TVを見たりして、いろいろ学ぶことは出来たとしても。
小学校高学年~高校へ、と、ステージが上がれば、それはもはや、親の手を離れてしまう。
それは当然なのではないかな?





だからこそ。
出会った先生には、やっぱり、お勉強の楽しさを伝えて、いろんな学問の世界を紹介してほしい!!
学問だけじゃないね。
芸術とか、スポーツとか・・・。
とにかく「家庭」では、日常に紛れてなかなか没頭できない、素敵な世界に誘ってほしい!!

と、私は願っています。





極論を言えば。
優しくなくてもいいのです。
厳しくなくてもいいのです。
だって、それらは、私でも与えられるものだから。
  (あ、もちろん、優しい方が、好きですが)




思い起こしてみますれば。
大1長男に、物理の奥深い魅力を教えてくれたのは、彼の高校の先生でした。
とっても素敵な、賢い先生でした。

悩める高2次男に音楽の世界を教えてくれたのが、中学の顧問の先生。
努力の価値を、身を持って教えてくれたと思います。
そして今、中途入部の次男に、スポーツの世界を見せてくれてるのが、今の高校の顧問の先生。
颯爽とした、アニキ風の雰囲気で、スポーツの喜びを日々与えてくれています。

三男に、手とり足とり、シュートフォームを教え、速攻を教え、足腰を鍛えてくれてるのは、バスケのコーチ。
肉体派の三男は、コーチに指導された内容は、ほとんど全て、記憶してる。




「人間なんて誰だって
 とても普通で
 出会いはどれだって
 特別だろう」  (B'z 「RUN」)




本当にそうですね。
稲葉さんの、超名言っす(*´▽`*)



閉ざされていた扉を、開いてくれるのが、「先生」だと思うんです。
そして、そこに歩みを進めるかどうか、決めるのは「自分」。
歩むために必要なもの(食料やお金や)を、準備するのが、「親」、でしょうか・・・。




そして今。
末っ子の前に、初めて開いた新しい世界の扉は、どうやら、日本史の扉。

一歩踏み出したかな?
スッポコポンな末っ子ちゃん。



文系の私ですからね。
やっぱり、嬉しいね。

先生、ありがとうッ!!!





嬉しかった私は。
伊達政宗に、並々ならぬ興味を持ったらしい末っ子を連れて。
ついでに、暇そうな三男も連れて。
博物館に行ってきたよ♪


末っ子ちゃん、土器や土偶や鎧兜を、熱心に見てました♡
売店では、兜のレプリカを欲しがりましたが、お高かったので、諦めさせマスタ。
代わりに、自動販売機でジュースを買ってあげた。(←代わり?











にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村
↑このお方も、2人兄弟の、末っ子ちゃん♡














スポンサーサイト

コメント

No title

うちの息子は5年生の時の担任の先生のおかげで、読書ラブの男になりました。もう、感謝してもしきれない!
私は読書命なので(漫画もだけど)、いかに素晴らしいか説いても、しょせん母親の言うことなど耳も貸さず!でも先生の影響で、毎日本読んでるわ~。
だから、こぶゑさんの言うことチョーわかる。

あと、グラデーション兄弟、もうハラを抱えて笑いました。

No title

ほんとにそうですよね~。

一人一役。その通りですよね~。

歴史に興味を持たせてくれた先生って、本当に素敵ですね♡

タイミングよく博物館へ連れて行ってあげたっていうことも素敵。

写真から嬉しそうなお二人さんの様子が伝わってきますよ~。

ペットボトルの持ち方がそれぞれで、ほのぼのします~^^♪
(いいお写真だ~)


No title

おお~、末っ子くん歴史方面ですか!
実は私、大学は史学科だったんです^^
日本史に興味を持った末っ子くんとは逆で西洋史専攻でしたけど、すごく嬉しいです♪
専攻に全然関係ない仕事に就いちゃって随分経ちますが、歴史って楽しいと今でも思います。
このまま興味持ち続けてくれると良いなぁ。
私もとある先生のお陰で興味を持ったので、先生次第ですよね、やっぱり^^

前記事のグラデーション兄弟、私もかなり笑わせてもらいました~笑笑
いやでも、良い兄弟ですね、なんだか和みました(*^_^*)

No title

 こぶりんぼさん、こんにちはー。更新を楽しみにしている、さくらです。
 末っ子くんの、学問の扉は開かれましたね-。興味を持ち、その上博物館に連れて行ってくれるこぶんぼさん、このタイミングって大事ですよねー。
 我が家の長男は、国語の読解力や理解力が遅れていて・・・・・算数はできるんですがねー。
今は、ひたすら夕方にやっているテレビを見ていますが、ポケモンとバトスピにはまっています。
いい先生に出会って、学問の扉を開けて欲しいです。

Re: No title

> かよ☆かあちゃん様
こんにちは~~~♪
コメントありがとう!!!

息子さん読書ラブですか~?いいですね。
本を読む男子は、大好きですッ💛
きっと、いい男になるわ~~♡、稲様のように♡

グラデーション兄弟、笑ってくれて嬉しゅうございます。
身長もグラデーションになったら・・・コワッ!!
まだ、成長期なので結果が出るのは10年後くらい?(←その際は、画像をお届けしますわ。)

Re: No title

> けろちゃん様
こんにちは~~~♪
コメントありがとうね!!!

私たち親も、あれもこれもは、無理よね~~。うん。
育児も家事も、だけで私はすでに、ギブアップ!!
産み落としただけで、勘弁してほしいっす!(←本音。)

博物館は、そもそも私の好きな場所。
私が行きたかったんです~~~♪
短時間でしたが、楽しかった!!

Re: No title

> もえ様
こんにちは~~~~♪

OHHHHHH!!
睡蓮、聴いてくださったのッ!?
まあ♡
素敵♡
もえさんのお陰様で、もともと大好きだったこの曲が、ますます好きになりました。
人生を賭けた最高の愛の姿というものは、きっとこの歌のように、穏やかで静かで優しいのかもしれないね。


で、うちの末っ子と、稲葉様が、オマタ仲間~~i-233
キャイ~ン♡
そういえば、稲葉さんが。ちょうどこんな感じに、オマタにマイクを挟んでグイグイ迫ってきたライブ映像も見たことありますわ💛
ああ。マイクになりたいi-233


ホントに、人間はみな普通だけど、出会いは特別・・・ですよね。

これはきっと、稲葉さんは、松本さんとの出会いを思って語ってるのだと思います。
松本さんと出会わなければ、稲葉さんも、今頃、普通の中年だったかもしれませんね。
松本さんだって、稲葉さんと出会わなければ、どんなにギターが上手くても、脚光を浴びることは出来なかったかもしれない・・・。

もえさんも、ご主人との出会いで、人生が輝いた一人でしょうか?
私もです。
夫と出会わなければ、私はきっと、もっともっと、くらい愚痴っぽい人生送ってた気もします。
どこで何してたやら・・・。

息子たちにもそれぞれ、素敵な出会いが訪れるよう、母としては祈るのみです。
ありがとうね。

Re: No title

> エラニユース様
こんにちは~~~♡
歴女のエラニユースさん・・・・萌え~~♡
歴史、面白いですよね。
上の子たちがどうして無関心なのか、私にも不可解ですわ!!

どの歴史も、現在という時間と繋がってると思います。
だから、「今」を考えるってことは、昔を知って、そして未来を予想することと、切り離せないことだと思うわ~~。
稲葉さんも、もともとは理系の方ではありますが、歌詞を書くようになって、歴史や古文、そして英語と、その関心はきっと、広がる一方だったでしょうね~~♡
いや、今も広がり続けてるのでしょうね。
追いかけたいわね、永遠にi-233

我が家のグラデーション兄弟、気に入っていただけましたか?
4人合わせて、完璧になる!!、と思えば、一人一人の欠点も、気にならなくなるかしら~~~♪?

Re: No title

>さくら様
こんにちは~~~♪
さくらさんの、つわりのお供、こぶゑですぅ~~♪

私しみじみ思うんですが、男児って全般的に、まあ、ぶっちゃけ、おバカちゃんですわね。
元女児の我々からは、想像もつかないほど、特に、「思考力・表現力」は、ないと思います!!
代わりに、「体力・瞬発力・そして優しさ」を持つ、という特徴があるんじゃないかな~~。

男児の思考力がグイグイ成長するのは、私の経験では、高校2年生ぐらいかな~~と思うわ!!果てしない道のりね。
その代わり、その時期にものすごくグイグイと伸びて、女児はどんどん追い越されてしまう場合も多いのかな~~と思うわ。
生物としての、発達の速度が違うんじゃないかしら・・・。

ご長男君の実態はもちろん私にはわかりませんが、我が家の長男も、小1の段階では、「さしすせそ」すら言えなかったのよ~~~(遠い目)
さくらさん、ファイトですぜッ!!
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア