汚部屋と戦争。

「生活感のない部屋だね。」
と、言われたことは、ありますか?

私はあります
実の姉に。

「まあ♡、こぶりんぼさんったら♡
 そんなにキレイにお片付けなさってらっしゃられられ?
 もしや、カリスマ主婦??」

と思った方は、よ~~~~~く、反省していただきたい。(←逆ギレ?)


「生活感がない」
ということと、
「片付いている」
ということは、決してイコールではないのです。


いやむしろ。
正反対の場合も、あるのですぜ
日本語は、奥深いよね。



私の姉の家は、世に言う、生活感のある家ですわ。
コチャコチャと、いろんなものが溢れ。
干した洗濯物や、まだ畳んでない洋服、読みかけの雑誌などが適度に散らかり、散らかってはいるものの、どこか楽しげであるよ。
例えるならば、
『お祭りの屋台』
のような感じかな~~。
賑やかで、気取ってない感じ・・・・・。


それに比べ・・・。
私の家は・・・。
なんといったらいいのでしょうか。
散らかりすぎて、すさんでいる。

例えるならば、
『災害によって破壊された町並みに、台風が通過』
みたいな感じでしょうか・・・。


姉は言ったものです。

「生活感が、ないよね。
 こんな中で、どうやって暮らしてるの?
 ある意味、尊敬するよ。」

と・・・・・・




祖母は訪れるたびヘトヘトになるまで掃除に精を出しつつ、言ったものです。

「孫だから許すけど、嫁だったら、許さない。」
と・・・・。

恐るべし!!
大正のオンナ!!


天国のお祖母ちゃん!!
見ていますか!?
あなたの孫は、まだまだ発展途上ですわーーーー!!
っつうか、発展諦めマスタ。
決してあなたのヨメにはならないから、安心してねーーー!!





ということで、何が今日は言いたいかと言いますと。
実は、とても、大切なことが書きたかったんです!!
 ・・・・それなのに、こんな恥部をさらすのに、何行使ってしまったのか・・・・
いつまで経っても、バカな私。



そうなんです。
私が今日書きたかったのは、戦争へと歩みを進め始めてるこの国のあり方に対する、
モーレツな怒り!!!
なのですッ
プンプンッ


戦争と、汚部屋と、どう関係があるのかって?
大アリですわ!!!
どちらも、
「生活感がない」
「許せない」
「幸せ逃げてくよ!」
という点で、強く太く、繋がってると思うのです。
ああ。
私も、片付け上手だったら、今の10倍くらい、幸せになってると思うわ~~~♡



生活感がない私が言うのもなんですが、
生活感がないのは、よろしくないですよねーーー







私ね。
こんなこと考えてました。


「国家」
というのもが、例えば家庭における、夫(父親)だとします。
「国民」
というものが、家庭における妻子だとします。


夫は、
「家族を守るんだ!
 俺に任せろ!!」
と、勇ましいことを言って、刃物や銃や剣を、買い集ますわ。
そして、敵が攻めてこないか、常にギラギラと、監視してるんです。


私たち妻は、子供に美味しいものを食べさせたいと思っても、戦争グッズを買いあさってるため、家計はビンボー
オヤツも朝食も、パンの耳のみだわ。


子供を、塾に行かせたくても、その余裕もないの。
いやそれどころか。
高校・大学に行かせることも、諦めた方がいいかもしれない・・・。


せめて美術館に行って絵画を見せたいと思っても、
「美術館でテロが起こったらどうするんだ?」
と夫に言われて、外出もままならない日々よ。


「いい加減にして!!
アタシたちは、美味しいもの食べたいし、子どもの夢も叶えたいし、余暇を楽しみたいのよ!!」

と、叫んでも、

「俺は、お前たちを守るために、命を懸けてるんだ!!
 敵が攻めてきたら、この命差し出して、お前たちを守ってみせる!!」

と、愛に溢れた目をキラキラさせて、抱きしめてくる、キモい夫。

もうね、ナルシストの世界よね、それ。


そんな愛、イラナイ。
もっと、一緒に、美しい景色みたいよ。
子供を愛そうよ!!
美味しいコーヒー、一緒に飲もうよ・・・・!!!


でも今日も明日も、愛に溢れた夫(国家)は、鉄砲片手に、警備員。
来るかもしれない敵に備えて、筋肉作り。


妻と子供(国民)が、飢えてても、不登校でも、鬱になってても、気づかない・・・。
「外」と、「自分」しか見てないからだよね。
家族のことは、見てないない。
そして、「守る」自分に、うっとり。
俺って、カッケー♡
  ・
  ・ 
  ・

アホかッ






私から見たら、今の日本はそんな感じ。


お高い教育費。
私立ならまだわかるけれども、国立でさえ、ビンボー人には高嶺の花。

お高い野菜。
お高い家賃。
お高い水光熱費。
農業も漁業も、踏みにじられて。
若い才能が、ブラック企業に押しつぶされてゆく。

災害に苦しんだ地域の復興も。
過疎の村の支援も。
大都会の孤独も。
貧困に苦しむ子供たちも。


すべて見てみぬふりでしょ?
自分たちで、ガンバレバ?と思ってるでしょ?



そんな中で、軍事費だけ、増やすの?


生活感のカケラもない発想だよね。


そんな風にして、『国を守る』というけれど。
守る
って、なんでしょうか?
守られても、不幸ならば、それを守るというのでしょうか?




という、怒りを感じておりましたわ、私




にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村







 

スポンサーサイト

コメント

ほんとにね

戦争って一体なんのために
誰のためにするの?
例えば、この国の首相は
1番先に立って戦地には行かないでしょ?
高〜い安全なとこにいて
好き放題言うだけ
戦地には赴いて犠牲になった人には
正義には多少の犠牲はやむ終えない
って言うのよね…
兵器を作る会社だけが丸儲け!
自分が矢面に立って玉受けなさいってのよ!
戦争って、酷くて虚しいです!

ちなみに
テレビで、春香クレスティーン?の
汚部屋を見て
るこちゃんが、こんなだったら離婚する!って言われました(ー ー;)
愛していても汚部屋は許せないようです…( ̄◇ ̄;)

まさにその通り

 こぶりんこさん、こんにちはー。
3人目妊娠中、つわりと闘ってるさくらでーす。
 今回の話、なんだかすっごく分かります。
最近、主人がよく言っています。「明治時代に逆戻りをしているようだと」
それは、ブラック企業に若者の離職率、母子家庭に貧困の子どもたち、何より資格を持っていても何も役に立たず、資格を持っていない事務屋の方が偉くなり・・・・能力社会なんかじゃなくて、血筋を求める時代だと・・・・
本当、軍事費よりも、もっと今必要なものがあるんじゃないの?と思った1人です。
 それから、こぶりんこさんにお願いがありまーす。
4人の愛する息子たちの、妊娠中辛かったつわりの話と、出産の話が聞きたいです。無理ですかね?
 この、ブログに出会って、過去の分を読み返したりしています。更新されてると、嬉しかったりします。

間違ってました

 こぶりんぼさんでしたねー、ごめんなさい。ずっと間違えてました。

Re: ほんとにね

> るこ様
こんにちは~~~♪
子を育てる母親ならば、「暴力はイケナイ」と、教えながら生きてきてるよね。
どうしてくれるのでしょうね?
そのような道徳心の芽生えを?ねえ。
暴力を容認する人は、自らが暴力の被害者となる覚悟を持たねばならないですね。

ところで!!
るこさんのコメントを読んで、私思わず、お掃除しましたッ!!
ちょっぴりですけどもね。
私に必要なのは、そのような」厳しいしつけなのでしょうね、きっと!!
るこさんのご主人の厳しいお言葉を胸に、ワタクシも、美しいお部屋をめざし、成長していく所存ですわーーー。

どんなに掃除や片付けが苦手な人間でも、下手でもいいから、1時間必死に掃除すれば、お家はかなりきれいになるのですね・・・i-229
怠惰な日々を反省し、夫が逃げないよう、頑張りまーす!!
ARIGATO💛

Re: まさにその通り

> さくら様
こんにちは~~~♪
コメントありがとうございます!!
本当にね。
子育ての支援や、教育、医療、福祉など、まだまだどこもかしこも、資金は不足してるのにね!!

ところで、妊娠中の話・・・・ですね?
もう、はるか昔のお話しなので、もやんとした記憶しかないのですが、なるべく思い出して、そのうち記事にまとめますね☆

まあ、昨日も、40代の主婦仲間とおしゃべりしたのですが・・・。
「出産よりも、子育てよりも、何よりも、あの、妊娠期間が辛いよねッ!!
二度と無理だわ~~。
自分で自分を褒めてあげたい。」
と、2人で、語り合いましたよ~~。

妊婦と、小学生の親業の両立は、高校生が学業と部活動の両立をするのの、数十倍困難なことですわ。
ファイトッi-203
今を乗り切れば、人生怖いものはないかもしれません!!!

Re: 間違ってました

>  さくら様
まあ!!
全然気づきませんでしたわッ!!
こぶりん子。
も、いいですね☆
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
毎日毎日、B'zをBGMに4人の男の子を育てています。
育児は好きですが、家事は苦手。

よろしくお願いします☆

最新記事

最新コメント

カテゴリ

フリーエリア

リンク

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア