子育て概論。。。なんちって。

今大学1年の長男が、幼稚園の頃・・・。
とっても彼は泣き虫だった
私と別れる際には、毎朝しがみついて泣いていた。


泣き虫
なだけでなく。
一切、お友達というものを作らなかった・・・。
いつも一人で折り紙をしたり、穴を掘ったりしてた。
そんな彼に話しかける子も、ほとんどいなかった・・・・・



お友達を作らないだけでなく。
行事にも、全く参加しなかった
お遊戯会でも、一人だけ、全く踊らない
合唱でも、歌わない
てゆうか、歌の集団からトコトコ離れる・・・・・

理解不可能




こんな子供を持った母親は、みんな、悩むだろうよね。

私もとても切なかった。



他の子はみんな仲良く遊んでるのに、どうしてそこに入れないの
他の子ができることが、どうしてこの子は出来ないの?と・・・・・。


一方・・・・。
2歳下の次男は、ずっと器用に集団になじんでいった
幼稚園では、たくさんの男児と仲良くなり、小学校に入っても、すぐに遊ぶ約束がたくさん



でも。
長男を思うと。
情けなかったり、育て方に悩んだりで、一人孤独に涙する日もあったわ~~
私はいつでも、長男の心配ばかりしてたっけ・・・。



小学校に入学しても、長男の様子は変わらず・・・・・。

『毎朝、朝の会では泣いていますよ。』
と、担任の先生に言われた時には、目の前がサーーーっと、暗くもなった

運動会に行くと、一人で校庭の片隅で、アリの巣を掘って遊んでたりもしたっけ




そんな長男に!!
初めてのお友達ができたのが、忘れもしない、小学校4年生!
初めて、仲の良いお友達ができたのでっす!
その子は、2~3年アメリカ暮らしを経験して、帰国したばかりの子・T君だった


大人にとっては、ほんの短い年月かもだけど、T君はもう、すっかりアメリカ文化に慣れてたのでしょうね~。
日本の生活になじめずに、苦しんでいる様子を、懇談会の日にお母様が語っていた


イジメとまではいかなかったとは思うけれども、全くクラスに入れずに孤立していた、T君。
そして、それまで10年間、一人も友達を作らずに生きてきたうちの長男・・・。
そんな2人が、奇跡のように、友情を結んだのでした


たった一人のお友達♡
私はもう嬉しくて嬉しくて。
T君には、もう本当に、心から感謝しまくりだった。
頭のいい、穏やかな、いい子です


今でも忘れない、小4の運動会!!
応援席から離れた場所で、
2人で
アリの巣を掘ってたッ~~!(爆)!

気が合うのぅ~~
「2人で」
なら、なんか、いいよね!楽しそうで!!




そして・・・。
T君と仲良くなれたおかげで。
長男も、友達という存在の温かさを知ったのでしょうか。
その後、徐々に、色々な男の子たちと仲良くなれたのでした。
徐々に自分の居場所ができていった感じでした

賑やかではないけれど。
静かな真面目な男子数人と、和やかに過ごせるようになったのでした。



中学に入り、違う部活動に入ったものの、2人は、仲良く付き合ってたっけ。




やがて2人は、同じ高校に進学した。
なんと。
1年の時は、同じクラスだった・・・・



そして、高3。

医者を継がせたいご両親と、医者にはなりたくないT君が衝突している様子を、時折長男から聞いていた。
どこでもいいから、医学部に入れたいご両親。
行きたい大学がはっきりとしていて、理学部に進みたいT君・・・・という感じだったらしい。



結局・・・・・。
詳しくはわからないけども。
不本意な受験をしたT君は、とある国立大学に合格したものの・・・・。
そこをけって、今、浪人生活に突入したらしい


私はこっそり、陰から、絶賛応援中であるよ。
頑張れ~~T君!!!

出来ることならば、ご両親の夢ではなくて、自分の夢を、叶えておくれ。





こうして見てくると。
子育てって、本当にわからないものですね。


小さいころ、お友達ができずに一人ぼっちだった長男。
高校時代には、周りに流されない強い意志を発揮してゆきます。

周囲が遊んでも、自分は遊ばない。
みんながカラオケ行っても、自分は行かない、行きたくもない。
そして、黙々と勉強して、夢を達成しました。

かつて、アリの巣に向けていた情熱を、勉強へとちょっと方向転換しただけだと思います、彼にとっては。

・・・・・・小さいころ短所だと思ってた個性は、実は、長所だった






一方。

小さいころ、お友達が多くて、楽しげに暮らしていた次男は。
高校生になった今も、お友達と遊ぶのが大好きです。
今も、楽しいことも、大好き。
当然ながら。。。。勉強は全然足りない。
一人で孤独に勉強に励むなんて、そうゆうガラじゃないですわ。
そして私を果てしなくイラつかせる存在にッ



小さいころ長所だと思ってた個性が、今、彼の足を引っ張ってる~
かなり激しく引っ張ってるぅ~~~~

くうぅぅ~~~~





そして。
T君にも、ドラマのような人生があったわけで。
子供の頃から、海外生活、帰国、仲間はずれ、そして、進路決定での両親との確執・・・・・。

まだまだ、展開は読めません。






子育てって。
長い長い長いドラマのようなものかもね。
思わぬ展開。
思わぬ伏線。
名脇役も、盛りだくさん。
どんでん返しも、まだまだあるね。






昔泣いた、同じことが、今を、助けてくれてる。

昔喜んだことが、今、苦しみのもとにもなる。





わからないものだね~~~。
しみじみ。





さてさて。
末っ子成人まで、あと、12年!!!
元気で頑張って、私も、息子らの人生劇場の、名脇役として、お達者でいなければッ!!!
ええ。
そうよそうよ。
『妄想癖がちょっとイタイ、頑固な意地悪ばあさん』
として、息子の人生に、ちょっかいかけ続けないとだわ~~~~。


と、決意も新たな春の一日






にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村












スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは^^

なんとなく甥っ子とご長男とかぶる部分がありますね~~^^;
甥っ子も人との関わり合いがとて不器用で下手でした^^;
ついた病名コミュニケーション障害(笑)
なんでも障害つけんなって話ですが(笑)
家ではほんとによくしゃべるんです^^
私とも話してくれて^^
良く言う思春期の反抗期ってこんなもん??って感じ^^
でも、外では全く^^;
でも、そんな甥っ子が変わったのは高校時代^^
入った部活が合唱部^^
ミュージカルなんかするんです!!
見に行きましたよ~~^^
しかも3年の時は部長!!
舞台であいさつとかしちゃって!!
娘と二人で泣きましたよ~~(笑)

こぶりんぼさんのおっしゃるように子育てってドラマのようなもので。。。
終わりがないと思うのです^^
私たち一生。。。死ぬまで母親で^^
子供が父になり、、、母になるとまた役割と関わり方が変わって^^
そして、、、
母親としての通信簿が付くのは死ぬ時かな^^
言い換えれば。。。
一生女優??(●^o^●)


(笑)
私、息子の事を毎朝必死で起こしてて^^
ほんとに外まで聞こえる声で(笑)
かなり有名でした(笑)
今ほんとに我が家って静かなんだろうな(笑)
でも、仕事に出る前に起きないと遅刻は常習^^;
担任もいつも娘に確認取ってくださっていました^^;
息子のお嫁ちゃんに同情しますが、
一人暮らしの経験と社会の荒波にもまれて
寝起きは悪いなりに起きれているようです^^

ほんとにねえ

子育てって展開が読めないドラマみたいですよね~(^^ゞ

うちの場合
こぶりんぼさんの息子さんたちみたいに優秀じゃなかったから
先も知れたもんだと思ってたので
在学中もさほど心配もしなかったんです~(~_~;)
うちはビンボーだったんで
地元の大学しか行かせられなくて…(>_<)
長男は関東の大学行きたいって言ったんですけど
仕送り出来ないんで断念させたんです。
今も少しそれが私には心残りではあるけれど…

でもね
今があるのは、ここまで来る道を自分で選んだからだし
関東の大学だって、本人が本当に行こうと思ったんなら
おじいちゃんに借金申し込んででも行けたはず。
やっぱり
どれも自分で選択した道なんです。
その道を歩いて来たからこそ
今の友達や仲間で出会えた♪
有名な会社に入ったり、えらい人物になるだけが幸せじゃない。

今自分が幸せなら、
それが最高の仕事なんだって私は思うのですよ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

どのお子さんの話を読ませていただいても、
それぞれのお子さんのことを愛情たっぷりのまなざしで見つめているこぶりんぼさんを感じます♪だからこそ、それぞれのお子さんの長所が大きく開花したんですよね~。

素敵ですね~。

うちの息子も私がイライラしているポイントが花を咲かせるようになるのでしょうか?

ああ、なんかイライラしすぎて、蕾を思い切り折ってしまいそう\(゜ロ\)(/ロ゜)/

私がイライラする息子のポイント→やらなくていいことばかりする。


こぶりんぼさんのまわりは今が桜満開なんですね♡ きれいでしょうね~♡

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> すもっち様
こんにちは~~~♪
すもっちさん、お忙しい中ご訪問&コメント、光栄ですわ~~~☆

甥っ子さんも、うちの長男タイプだったのですね!!??
病名までついた・・・のですか!
でも、高校時代のご様子を読むと、それも誤診だったのかな?
きっと、ちょっとシャイで賢い、個性的なお子さんだっただけなのでしょうね~~。

うちの長男も、あの頃病院連れてったら、確実に病名付いたと思います!!

私、次々と妊娠・出産の嵐だったもので、気になりながらも、診断を受けるなんてゆう余裕もなかったわ。
自分の検診で産婦人科に通うのと、発熱やおう吐など緊急性のある子を小児科に連れてくので精一杯で、後伸ばしにできそうなことはすべて後伸ばしにしてた。

長男は、サ行の発音も悪く、小1の時には「言葉の学校に通ってください」とも言われました。
学校を休んででも、特別な指導を受けに行け、と・・・。

でもねーーー。
その頃ちょうど、三男出産。
んなわけで、それもまた延期延期にしてたら、すっかり治っちゃったわ!!

もちろん、これは、たまたまであって、医師の治療の必要なお子さんもたくさんいることは重々わかっています。
でも、中には、時間が解決する問題もたくさんあるような気もします。

もしも、あの時私が、妊婦や産後じゃなくて、長男をあちこちの病院に連れて歩いてたら、どれだけたくさんの病名が付いたかわからいな~~と思います。
そして、言葉の教室に通ってたら、もしかしたら、長男は学校の勉強に付いていけなくなってたかもです・・・、そして本人にも何かしらの劣等感を植えつけた可能性もあるかな、と・・・。


一生女優・・・いいっすね!i-233!その考え。
私も今、ズボラ主婦を演じています。
本当はやればできるんだけど、演技よね、演技♡(ムナシイ・・・)

Re: ほんとにねえ

> るこ様
こんにちは~~~♪
今まさに、子育ての醍醐味を味わい中のるこさん♪!!
成人してても、るこさんのご長男君のように、夢を追って頑張ってる姿を見せてくれる息子さんがいるなんて、本当に、るこさん、幸せね。
貧しさとか、夫婦の不仲とか離婚とか、仕事でクタクタとか・・・そんな必死な時代でも、るこさんが精一杯の愛情込めて育てた成果ですよね~~。
るこさんの子育て、本当に素晴らしい!!

稲葉さんのお母様はもう、80歳のお年寄りですが、ちょうど、るこさんがご長男君を応援するのとおんなじ感じで、今でも稲葉さんを応援しています。
化粧品店を営んでいるのですが、店内にB’zの写真を飾り、ファンの子が来店すれば一緒に記念撮影。
ライブにもしょっちゅう行ってるそうです。
あんなスターになっても、息子は息子。
いつまでも心配だし、頑張ってれば応援したくなるのでしょうね。

今のるこさんの姿を見てると、27年前、B’zがスタートしたばかりの頃、稲葉さんのお母様もこんな風に一生懸命応援してたんだろうな~~と、しみじみ感動いたします。

るこさんのご長男君がこの先、うまくいくのか苦労されるのかは、私にもわかりませんが、こうして頑張ってる姿を母親に見せてくれたこと、応援する楽しみをくれたこと、それだけで十分ですよね。
そんなるこさんの母心もすごくよくわかります。

でも、歌も上手、曲もいいし、2人ともイケメンかつ個性的。
きっと、ヒットすると思うわ~~~♪
何しろ、目標(←B’zでしょ!!??)が高いのが素晴らしい♡

Re: No title

> 鍵コメM様
こんにちは~~~♪
素敵なコメ、ありがとうね♡

確かに、医者の家系は、他とは比べ物になら似ようなプレッシャーが、ありそうですよね。
なぜか、親が医者だと、子どもに継がせたいみたいですね。
そのような宿命を小さいころから負わされてた子は、かわいそうですね。

私の友人に、歯科医の妻になった人がいるのですが。
息子さんには、歯科医を継がせたいと考えていたようなのです。
ところが、息子さんは、それほどお勉強が好きではなかったし、頑張ってもなかなか成果が出なかったですね。
高校受験の段階ですでに大きくつまづいてしまって・・・。

その時の、ご主人の、落胆ぶりは、話に聞くとすごいものがありました~。
俺の子として認めない、的な、もう、切り捨てちゃうような冷たい態度に思えたの。

本当にね、親があまりに子供の未来を先取りしちゃうのは、かわいそうだなと、近くで見てて感じていたわ。


ところで!!
キャア~~~!!
そうなんですね!!
あの曲が、そういうところで使われる・・・と・・・。
ムフフ~~カッコいい!!

ライブで素敵な時間を過ごしてきたのですね~~~i-233
オマタの様子はいかがでしたかi-233

Re: No title

> けろちゃん様
こんにちは~~~♪
コメントありがとうね♡

まあi-183
けろちゃんさんでも、息子君にイライラするのですか~~?
意外だわ~~。

でもでも、ぶっちゃけ。
けろちゃんさんは、明るく優しい天然ちゃんなので、イライラが息子さんに伝わってないのでは?と懸念していますi-282

けろちゃんさんは一生懸命イライラしてるのに、息子君は、
「お?
 今日の母ちゃん、イキイキしてるぞ!
 動きにキレがある!!元気そうだな。」
くらいに思ってるんじゃないでしょうか~~?

そこんとこ、よ~~~く考えてみてくださいね☆
そこがけろちゃんさんの、最大の長所であり、弱点でもあるのではないか?というのが、私のこの半年間の研究成果ですわ^^~~♪

やらなくていいことって、なんですのん?
イチゴの種の数を数えるとか?
台所でアリを飼育し、途中から数千匹放牧するとか?ですか~~?
一番最悪だった行動を、いつか教えて下さいね。
一緒に笑いましょう!!!

Re: ARIGATO〜♡

> 鍵コメL様
コメント、ありがとうです~~~。
そして、ご姉妹のこと、本当に心より安堵いたしました。
やはり、お金は大事ですしね!!

子育ては本当に、後から考えると、冷や汗ものというか。
後悔ばかりというか。
でも、あれでよかったんだと信じるしかないというか。。。。。
なんとも言えないよね。
子供の個性自体が千差万別なので、「育て方」なんて、ないのかもね。

お嬢さん、クールな女子に育ちあがったとのこと。
Lさんは多少寂しいかもわかりませんが、世間を代表していわせていただければ、仲良しのべったり母娘より、よほど素敵ですって!!
母娘があまりに仲良しというのは、見てるとムズムズイライラしますわ~~。
あらやだ。
決して嫉妬ではないことよッ!!
そりゃあ、私も、娘も欲しかったけれども。
嫉妬なんて、嫉妬なんてェ~~~~i-240

とにかく、母娘が依存状態に陥ると、結局娘さんを不幸にしてしまいがちですよね。
距離を取って接することのできるLさん。さすがだな~~と敬服いたします。
とても賢い母なのでしょう。

私もぜひ、早く息子らとクールな距離感を取って、一人でこっそり甘い甘い秘密の世界に浸りたいわ~~。(←ほとんどエロオヤジ?)
一緒に浸ろうネ♡ ネバネバ絡み合う、ミ・ヤ・ビな感じで♡

Re: No title

> 鍵コメT様
こんにちは~~~♪
心温まるコメント、ありがとう!!!

なんとまあ。
Tさんの息子君が、我が家の長男タイプだったとは、新鮮な驚きです!!
明るく活動的なスポーツマンで、国際色豊かな秀才君、というイメージでしたから~~。

最初からそうだったけではないのですね~~しみじみ。
つらく苦しい時期がTさんにもあって、そこを乗り越えた先に見えた素敵な景色だったと・・・、そういう感じですわね~~。
途中から、Tさんもお仕事で忙しくなったと思いますし、私も次々生まれる弟たちで精一杯で、長男に集中できませんでした・・・。
もしかしたらそういうのが、かえって、何かプラスに働いたかもしれないね~~。

男と女ってだけでも随分違うし、自分自身と似たところのない、こういう子の場合。
きっと、母たちの想像もつかないような、不思議な美しい風景を見ながら暮らしてるのかもね。
そこはすごくきれいな場所だから。
人間とか友人とかは不要で、ただその世界を知りたいだけなのかも、と思いましたわ。

女性の場合、友人なしの暮らしって、トシ取ってからは気楽でいいかもですが、少女の頃は耐えられない暮らしでしたよね。
でもそれって、女性限定の、偏った感覚なのかもな~~、少年はもともと他人には興味ない生き物なのでは~~?と、4人育てて思いましたよ。

そして、うちの長男もあんなに人見知りだったのに、今になったら留学が夢とか言ってますから、本当に変わるのね、男の子って!!!

また、楽しく語り合おうね☆

Re: No title

> PIDAMI様

こんにちは~~初めまして!!
遠いパリより、お若い(←たぶんi-236)ママからの素敵なコメント、光栄ですわ~~。

そして、日本を離れ、外国で必死に悩みながら子育てしていらっしゃる姿に、頭が下がります。
初めての子育ては、日本国内・・・いや、生まれ育った地元であっても、本当に大変なものです。
それを、そんな遠くで・・・。
それだけで、ものすごい頑張りだと思いますから、どうぞ、これ以上思い悩まないでいてほしいです。

とは言っても、悩みますよね!
男児子育て!!!

私はPIDAMIさんの息子さんとはお会いしたことがないし、たとえお会いしても、正しい判断などできないですけども。。。。。
ただ、私の個人的な体験から思うことは。
男と女は、同じ景色を見ていても、全く違う世界に生きてるって実感です。
息子さんの場合、ご両親のお国も違ってるなら、なおさらだと思います!

私のイメージですが、幼児期のうちの長男やPIDAMIさんのお子さんなどの場合、すごく美しい、興味深い世界を見てるんだと思います。
そこには、例えば『アリ』とか『数字』などの存在がキラキラと輝いてて、それを掘りたい!!みたいな衝動が心中にはあるわけです。
で、その景色の中で、人間とか他者とかはたぶん、背景でしかない。
背景ならまだいいけれども、時として、邪魔者!?
『アリ』や『数字』を踏み潰して、自分に「歌え、踊れ」と無理強いしてくる、いやな存在。
なのかもしれないな~~と。

そんな彼らは、お友達、とか、お遊戯、などの、意義が不明。
なぜ必要かが、ワカラナイ・・・。
それより、宝物を探したい!

というような感じの世界に生きてるのかな~~というイメージを、私は持ちました。


これは、長男が成長し、勉強に励む姿を見て初めて気づきました。
小さいころは、私も同じで、叱ってばかり。
叱るならまだいいのですが、長男の目の前で、情けなくて泣いちゃったりとか・・・。
かわいそうなことをしたかなとも思います。

ただ、そんな男児も、永遠にその世界に住めるわけじゃなくて、ふと、自分の身の回りの人々の存在にも気づいてく。
応援しあったり助け合ったりすると、すごく楽しいということに気づくときが来るんだと思います。

たぶんですが、私の感覚だとそれは、10歳以降、10代前半に反抗期と共に訪れるかな~~という気がします。


もちろん、これは私なりの感覚ですし、次男はもうちょっと、標準的な子でした。
その代わり、今になっても成績も何もかも、良くも悪くも『標準』ですわ~~(爆)

三男は、長男に近い世界観を持ってるみたいです。
で、末っ子は次男っぽいかな。
割合的には、我が家の場合、半々ですね!!今のところ。

息子さんは、きっととても賢い大事な宝石を内面に抱えてて、それを守ってるのかも?
という風に、私には感じられました。

うちの長男も、家ではおしゃべりでしたよ、小さいころは。
思春期以降は家で無口、外では少々しゃべるようになりました。


私でよければ、いつでもコメントくださいね。
子育てのことも、子育て以外でも、色々お話ししたいです。
フランスの幼稚園事情も興味ありますし。
ご主人の物理オタクっぷりには、萌えますなぁ~~~♡

No title

こぶりんぼさん、こんにちは!

息子のイライラエピソードお伝えしに来ました。

歴代NO.1はありすぎてちょっと思い出せないんですが、
ついおとといやっていたイライラエピソードなら健忘症の私でも思い出せたのでお伝えします。

時間に追われて生活している私たちなので、「速くお風呂に入ってよね。ママも忙しいんだから。」って大騒ぎしていたら、洗面所の鏡の前でペンライトで自分の目を覗き込んでいたんです、息子が。

「目痛いの?ゴミでも入った?」って心配して尋ねると、

「いや。光を当てたら瞳孔がどう変化するか見ていた。」っていうじゃないですか!!!

そんなことは 時間があるお盆かお正月にして!!って叫びそうになりましたよ。

毎日時間がない時間がないって、焦っている私の横で「ぜんぜん、今しなくていいことしてたんですよね。」。。。。。

こんなことばかりなんですよ。私の声とか、イライラに気づいてない?とは今まで考えたこともなかったんですが、もしかして本当にそうかもしれないと はっとしました。

でも、こうやって文字にすると息子のことも笑える気分になってきました。

また思い出したら書きに来ますね。^^♡ なんかイライラが収まってきました。こぶりんぼさん、毎度のことながら、ありがとう~♡

こんばんは(^-^)

自分の姉が幼稚園の頃いつも独りで遊んでいたらしく母は凄く心配していたみたいです。

No title

子育て、難しいです。
うちの3人もそれぞれ個性がありますが、母親として
理解の域を少々超えているのは末っ子だけです。

私は自分で言うのも変ですが、真面目なのです。
それが嫌になる時もよくあります(笑)!
夫もとっても真面目で、シラフでは冗談も言えない
くらいです(^_^;)
末っ子は2人を更に凝縮したかのように真面目
過ぎる子で、きちんとしないと気がすまない
所があります。

次女が進学でうちを離れて3人家族となり、1年が
経ちましたが、夫の休肝日の我が家は本当に静かです。
私はまあまあおしゃべりな方だと思っていましたが、
よく考えたら、長女とケンカしたり、次女にかまって
もらっていた事が多かったようです。
おとなしい末っ子は、家庭でもあまり自己主張せず、
まるで昭和の長女タイプのように、我慢する性格に
育っていた事にも気がつきました。

そして末っ子はこの春から姉達と同じ高校へ進学しました。
ここ数年、進学の実績を上げてきている私立学校です。
そのため、先生方の熱も入り、高1の段階でかなりハッパを
かけられています。
姉達が運良く第1か、第2希望の国公立に進学して
いるのも、末っ子にとってはかなりのプレッシャーに
なっているようです。

それだけなら仕方のない事ですが、末っ子は
不思議な子で、真面目にやっている割に成果が出ない
事も多々あり、お勉強が出来るのか出来ないのか
未だに分からないのです(^_^;)
小さい頃は親の名前をなかなか覚えられなかったり、
平仮名を反対に書いていたり、幼稚園では、教室から
脱走していた事もありました。
少々不思議ちゃんなのも個性だと思ってきましたが、
高校生にもなると、何だかかわいそうに思う日もあって、
母親としては思い悩みます。
きょうだいがいるはずなのに、いつの間にか一人っ子の
生活をしている末っ子は、息苦しさを感じているでしょうし。
だから私がのんきにB'zの話でもしていた方が、末っ子には
いいんだろうな、と考えたりもしています。

色々考えてしまい、とりとめのない文章になってしまって
すみませんm(_ _)m
こぶりんぼさんに話して、気持ちが少し落ち着きました。
ありがとうございます。

Re: No title

> けろちゃん様
こんばんは~~~♪
かわいらしくて愛らしいエピソードのおすそ分け、ありがとうです。
息子さん、素敵です~~。
素晴らしい探求心!!!
賢くて好奇心いっぱいで、たぶんそれは理系男子でしょうかね~~。
きっといつか花開く時が来ると思います!!
将来、もしも高名な眼科医になった際には、美談エピソードっすネ!

でもこういうことって、他人だからこそ
「素敵~~~!!」
と思いますが、母親というのは、そうは思えないものですよね。
なんだか、
「こんな子で、大丈夫かしらん(泣)?」
と、心配なあまりに、イライラしちゃいますね。

私も、けろちゃんさんの息子さんの素晴らしさはしみじみ感じますが、自分の息子となると、ついつい、
「はあi-191!?」
と思っちゃうわけ。

母親とは、いかなる場合でも、息子にはイライラする生き物なんでしょうかな。
長男も、小さい頃には随分叱っちゃったわ~~~。
お互い、そんなもんだと、少々諦めつつ暮らしましょうか💛

Re: タイトルなし

> yumal様
こんばんは~~^^♪
お姉さんは、今はいかがでしょうか?
賑やかな女性になってたりして・・・?
母親とは、子どもがどのようであっても、心配するものなのかもね。

Re: No title

> ひろみ様
こんばんは~~~♪
コメントありがとうです!!!

ひろみさんのコメントを読んで、ひろみさんの心配と温かさがとてもよく伝わってきました。
本当にひろみさんは真面目で、かつ、愛情深いお母様なのでしょうね~~。
  (ここだけの話、B'zファンは、基本、非常に真面目ですよね!)

女の子の不思議ちゃんは、私は育てたことがないので、よくはわかりませんが、男児の不思議君とはまた、違った空気感でしょうね、きっと。
他人から見ればきっと、それが、魅力でもあり、素敵な一面なのでしょうね。
女優でも、アイドルでも、不思議っぽい子はたまらない魅力ですよね。
でも、母親から見れば、それはとても心配なことなのでしょうね~~。

私は、長男が小さい頃、挨拶も出来なくて、随分、人前でも叱りました。
私の友人は、
「恥ずかしがり屋さんなだけなんだから、そんなに叱らなくても・・・」
とか言ってくれましたが、私的には、なんだか許せない気がしたものです。
「今はいいけど、このまま大人になったら、本人が困るわ。」
と、思って、厳しくしつけないと!と思ってました。

母親って、そんな風に、誰よりも心配性で、イライラしやすくて、悪い結果ばかり予想してしまう生き物なのでしょうかね。
それはきっと仕方がないことだし、たぶん、大昔っから、母親はそうやって育ててきたんでしょうね。
心配して、おせっかいして、余計なお世話して、口うるさくて・・・。
たぶん、それでいいのだと、私は思ってます。
父親や、友人では、代わりは出来ないですよね。
「そういうもんだと、諦めてみ♪」ましょうか♡i-233
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
毎日毎日、B'zをBGMに4人の男の子を育てています。
育児は好きですが、家事は苦手。

よろしくお願いします☆

最新記事

最新コメント

カテゴリ

フリーエリア

リンク

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア