Love Bomb…時代は巡るね。

これは、2つの記事の続きです♪
Love Bomb①→
LoveBomb②→




2012に、英語の歌詞で出されたアルバム「B'z」・・・。
それに関心を持ったのは、2年が過ぎた最近のコト。
ナゼ、今頃・・・・・・?
と、自分でも不思議になる。


それはたぶんだけど、ブログを書いてるおかげなのかなあ~~、と思う。

「さまよえる蒼い弾丸」
は、大好きな曲の一つだった、昔から。
でも、ものすごく特別かと言えば。。。。う~~ん。
私にとっては、Rootsとか、銀の翼で翔べとか、光芒とか、一心不乱とか、とにかく、あまりにも「特別感」のある曲は他にいっぱいあったのだ。
なのに。
ナゼなんだろう。
「ブログを始めたいな!」
と思ったとき、ソッコーで、
「タイトルは、さまよえる蒼い弾丸的なッ」
と、迷わずに思ったんですわ。


息子らを育ててみて、オトコノコって、本当に
「さまよって」いて、「蒼く」て、「弾丸」だよなーーー
ってもう、100%、私の育児観と重なったんですよ、この題名が。


そして。
ブログを始めて1年半が過ぎまして。
その年月の中で、「さまよえる蒼い弾丸」は、もう、不動の「The 特別ソング」になって行ったのでした・・・。
昨年25周年でこの歌を横浜で聴けたとき、感涙感涙感涙!!
私のために歌ってくれた~~ARIGATO~~♪
と、妄想全開に泣いたものでした。




で。
この曲が特別になればなるほど、その英語版である
Into Free-Dangan-
とも、真剣に向き合いたいな、と思い始めたものでした。。。



そして先日。
真剣に向き合ってみて、Into Freeの世界に心を奪われた私は、
「次は、愛バクだな♪」
と、心に決めたんですのよん。


この2つは、似てるんですもの。
何が似てるかって。。。?


「弾丸」とか「爆弾」とか・・・・。
タイトルに、殺戮の兵器名が使用されてるところですわ~~。

もちろん「愛の」という注意書き(?)はあるけれども。



こういった単語をタイトルに使ったことについての、意味と責任を、稲葉さんは深く考えていたのではないかな、2012に・・・・、と思ったのでした。



自分の詞の意味を、後になってから初めて気づくこともあると、稲葉さんは言っています。



たぶん。
たぶんだけど。
30代の、エネルギーに満ちた、全盛期の稲葉さんは、もしかしたら、「兵器」という意識はなかっただろうと思う。
「弾丸」は、勢いとスピードの象徴として、選ばれた単語なのだろうと思う。
そして、「バクダン」は、愛のエネルギーのほとばしりの比喩として。
そう、比喩として、印象的な単語を選んだのでしょう。。。たぶん。




ところが。
何年も経って、大きな災害を経て、自分の曲のタイトルを見つめなおしたときに。
この、単語が、
『人を殺すための道具』
であるという事実に、自分自身で衝撃を受けたんではないかな~
と、想像するんですわ、ワタシ。

そしてこの、罪深い言葉をタイトルに掲げるヒットソング2曲について、そこに、もう一度深い意味を加えたくなったんじゃなかろうか、と思う。

『過激な単語をタイトルに持つ歌だからこそ、印象的に、逆説的に、その反対~平和とか、弱きものを支えることとか~を伝える力を持つのではないか』
と、考えたんじゃないかなあ~~。
持つ、というよりは、「持たせたい」と、願ったんではないかな~と。。。。


そして、伝える力を信じて、Into Freeをゲーム音楽に、Love Bombをコマーシャルソングに、選んだのではないかな・・・。


そんな風に私は思っています。





Love Bomb
の世界観は、こんな感じかな~~?
と思うわ。


もちろんもちろん。
妄想全開
我田引水



「戦争か?平和か?
平和がいいに決まってるだろう?
平和になりたいなら、降伏しなよ。」

・・・・・・平和を得るには、戦争するしかない。そして、オマエが負けるしか道はない。
そんな愚かな発想で、戦争を正当化していた時代があった。

自分はそんな時代に生まれ、育ってきたのだと、今になってあらためて分る。


しかしそれは、過去のことなの?
今もまだ、繰り返されてるよね?世界中のあちこちで。
そんな愚かな戦争を繰り返して、また、人々を深く深く傷つけるの?
もうそんなのは、いやだ。

僕たちの進むべき道は、一つでしょう?

「愛」を、爆発させるんだよ。
ためらってる時間はないんだ。
「愛」を爆発させるとどうなるかって?
やってみなきゃわからないさ。

ほら。
いくよ?
せーの!
どっかーん♪




というような、歌なのかな~~、と思いました☆
日本語の時と、基本は違ってないと思うわ。

ただ、「戦争は、もう、繰り返すな」
というメッセージが鮮明に加えられてる感じ・・・。

それと、1964という、50年前の世界。
我々が生まれた世界。
その頃と今との比較が、新たな視点かな。と。。。。
そう思った次第ですわ。



空の飛行船から、ハート形のカードが、ばらまかれる風景。。。。。
それは、たぶんですが。
B'zのお2人が求める、自分たちの音楽の理想形なのでは??
と、感じます。

僕たちの歌が、キミたちの心に、愛のかけらを降り注ぐから。
それだけを願って歌うから。
受け取ってほしい。
そう願いを込めてるのではないでしょうかね♡



私は、稲葉さんとはほぼ同世代。
同世代だからわかることも、ある気がする。
物心のついた1970年代・成長後の1980年代というものの、罪深さは、時折ひしひしと感じます。。。。


今だからできること。
1960年代生まれだからこそ、見えるもの。

それを私も探さないとな~と、思いました。
B'zがこんなに頑張っているんだから、私も頑張らないと、恥ずかしいな、と。。。

そして、死ぬ前に、ものすごく小さくてもいいから、
私なりのLove Bomb・愛のバクダン
を爆発させてみたいな、と、しみじみ思っちゃいましたわ・・・
きっとそれが、生きることの意味なんでしょうね。


愛のバクダン→





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

No title

こぶりんぼさん、おはようございます🌟
Love Bombの世界観、読ませていただきました。
またまた感動です。

今でこそB'zの敬虔な信者(?)のようになってしまっている私も、この曲の元の「愛のバクダン」が発売された頃は、素直にいい曲だなあとは、入ってきてませんでした💦(ゴメンなさい、B'z様)
もちろん、少しB'zから離れてた頃だったからかもしれませんが…
でも、今は違います。
B'zが、大切にしている曲だという事に、こぶりんぼさんのブログで気付かせていただきました。
そんな曲が、たくさんあります。そして人生が豊かになってます。
感謝です💛
B'zの曲ブログ今後も、楽しみにしております〜〜

先程、テレビでB'zのYouTubeを次男とずーっと観ておりました♪
こぶりんぼさんの噂をしてたので、くしゃみしませんでしたか(>ω<)/。・゜゜・

私には1964・1966生まれの兄がいます…
こぶりんぼさんと同年代なのですよね~(^.^)

こぶりんぼさんのブログを読んでると、B'zのお二人のことをもっと好きになりますρ( ^o^)b_♪♪

素敵だぁ!


Love Bomb 訳詞お疲れ様でした~!
さすがです!すごい、意味が繋がってる!
(まじめに褒めてますよ~♪)

英語の詞を見ると、

combustion
operation、 detonation
acceleration、 hesitation
とか
Feel fire,burning higher
Pure desire,getting higher

~ション ~イアって韻を踏んでいるから
言葉のノリとリズムを意識してるのかなと
思いました。

あと、1-2-3 とか

日本語歌詞の
You can do it now を意識して、
You can see it nowなのかな~って♪

「愛のバクダン」と基本的な意図は
同じだけど、あの演説が、なんか
より強いメッセージが感じられますよね。
アメリカという国に対して。

もうそろそろ気づいてるだろう?
争いがばかげてるってこと。

ハートの風船やカードがばら撒かれるように
アメリカにも世界中にも
愛をばら撒こうぜ!

てな感じ!

やっぱり、アルバム「B'z」は
いっぱい伝えたいことが詰まっているアルバムですね。
更に思いました。
ジャケットの二匹のドラゴンが、力強く感じました~!

こぶりんぼさん、素敵な解説と考察、
ありがとうございます。ヽ(^o^)丿
改めて、聴き直しましたよ~~~!

こんばんは〜こぶりんぼさん🌟
2度目のコメすみません💦

「Exit To The Sun」
稲葉さんの声が聞こえた瞬間泣きました〜〜
どんだけ飢えてたんだB'zに、と思いました(笑)
すごく優しい曲でしたね💛歌詞も泣ける〜

うわ〜こぶりんぼさんも最近聞かれましたか「JOY」
私なんかを思い浮かべて下さるなんて〜光栄です(≧∇≦)

Re: No title

> べべゆう様
こんばんは~~~♪♪
コメント、本当にありがとう💛

たぶんですが、歌というものはきっと、
「その曲がどういう曲か?」
ということ以上に、
「聴いてる自分は今どういう状況か?」
ということが大きく左右するものなのでしょうね~きっと。

例えば仕事バリバリの時期と、育児没頭期では、同じ人間とは思えないほどに、全く違うハートを抱えてるんでしょうね、私たち。
だから。
同じ曲を聴いても、関心持てない時期もあれば、涙が止まらない時期もあって・・・。
いろいろ変わるのも、きっと、生きてる証拠みたいなものですわ~~。

私も、いったん離れて復帰組の一員です☆
たぶん、人生の「恋愛期」に思いっきりB’z聴いて・・・。
育児期は、ちょっと、しっくりこなかったんかな~。
母性ホルモンが出すぎてたんかな~~。

今はまた、生き方を改めて模索する時期かな、と自分では思っています。
そのヒントを、B'zの中に見出してる感じ。。。。

べべゆうさんも、色々な時期があり、成長があり、人生の軌跡があったんでしょうね、今までも。
これからはきっと、その軌道が、B'zに思いっきり近づいて、どんどん接近し、クロスしたり重なったり、上になったり下になったり・・・i-233♡・・・って、ぎゃあ~~ッi-175i-237!!

Re: タイトルなし

> ねむりねこ様
わ~~~~~い(^^♪
こんばんは~~~☆

次男君、いい子ですねえ(涙)
本当に、ねむりねこさんの息子さんはいい子で癒されますわ。
母と一緒にyou tubeを楽しむなんて、かわいすぎ♡

くしゃみ・・・出たかしらん?出た気もするわん♡
遠い空の下、お会いしたこともない優しい親子が、自分のことを話していたなんて、素敵な懐かしい童話のようですわ~~。
「あるところに、お母さんと息子がいました。」
的な~~i-237
素敵~~~💛

稲兄様と、こぶ兄様に、よろしくお伝えください♡
1966兄様は、ヒノエウマ仲間ですわね。
人口少ない世代なので、仲間意識もひとしおです。
長生きしましょうぜと、お伝えください☆

これからも一緒におB'z道を、歩み続けましょうね♡

Re: 素敵だぁ!

> そめた様
こんばんは~~~~🎶🎶

そめたさ~~~ん、わかってくださるんですね(涙)??
そうなんですよ~~。
意味が繋がらないんですわ、なかなか。
この歌は・・・。

シンプルに訳すと、
「確かな 可能性」
「操作 爆発」
「加速 ためらいなし」
など、単語の羅列になっちゃうんです~~。
そめたさんおっしゃるように、韻の踏まれた素敵な羅列なのでしょうが、なんかもう、世界が全然見えてこない・・・(泣)
繋げる・・・・。まさにそれが苦悩の日々でしたわ~(泣)

やはり、レーガン演説は大きかったです!!
どうして、この演説を?
何のために?
と考えた時に、初めてこの歌の世界がちらりと見えた気がした~~。
ちらり、ですけども。

なんとなく、何度も聞いてるうちに、
「愛情作戦、決行ッ!!」
みたいな明るい潔さみたいなものも感じるようになってきました。
「俺たちの歌は、愛情作戦です♪結果はお楽しみ♪」
的なような・・・。

反戦の思いを、暗く重くじゃなくて、かっこよく、潔く(Super Love Songとか)。
そしてある時は、愛の行為とも重ねてセクシーに(雨だれとか)。
かつ、明るく(Love Bombとか)歌い上げてしまうのが、B'zの力量だな~~i-233
と感じましたわ。

なんてイカシタ奴らでしょうか♡
なんて優しい男たち♡

そして私たち、なんてイカレタB'zオタクなのでしょうi-233
もう、幸せですーーーこうゆうの(泣)
ありがとう!!!

Re: タイトルなし

> べべゆう様

うん💛
すっごく優しい歌でした~~~。
題名からは、もうちょっと激しい感じの歌を想像しとりましたが。
優しい優しい愛しい歌でしたね~~。

> 「Exit To The Sun」
> 稲葉さんの声が聞こえた瞬間泣きました〜〜

ですと?
べべゆうさん、泣いちゃったんですねッ!!??
カワイイっすね~~~i-233
恋する乙女ですわ💛

我が家は、高1次男がそばで、
「なかなか面白いドラマだけどさ~~。
主役以外、みんな顔が似てんだよね~~。
誰が誰だか、混乱してくる~~。
特に会社の重役たちが、みんな同じ顔に見える~~」
等と、延々と感想(?)を語っており、なかなか精神統一に至れませんでしたわ~~~。

THE・無念(泣)

そりゃあ聴きますよi-233、Joy。
「このJoyがいいねと、君が言ったから 11月23日は JOy記念日」
という短歌まで今作ったんですもの~~。
え?
盗作??
あらやだ。失敬ッi-237

No title

~~~~~~~

平和を得るには、戦争するしかない。そして、オマエが負けるしか道はない。
そんな愚かな発想で、戦争を正当化していた時代があった。
~~~~~~~~

こぶりんぼさんの、この解釈を読んでなるほどね~(涙)と思いました。
歌って深い!素敵~♪

みなさんがこぶりんぼさんの解説を読んでコメントされている書き込みの内容もおもしろくて楽しく拝読しました。

ありがとうございます~♪

↑の短歌も素敵ですっ。^^ うふふ。



Re: No title

> けろちゃん様
こんばんは~~~♪
B'zファンではないけろちゃんさんが、こんなにマニアックなオタク記事にお付き合いくださるなんて、本当に感謝です☆
私の解釈も、単なる思い込みの域を出ておりませぬ~~。
想像・妄想・空想を駆使し、大空駆け巡っておりますのよ~~。

もしや、けろちゃんさんもB'z道に、片足踏み入れてますな~~?グフフ
シブイ魅力にクラクラしてきたでしょう??
おB'zワールドに、カモーーーン(^^♪オホホ

短歌に注目してくださって・・・。ありがとー。
やはりね、私の世代にとって、万智ちゃんは欠かせませんね。
万智ちゃんには、もう一花、大輪を咲かせてほしいわ~~~~💛
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア