小2末っ子の、ウソと話術。

10日ほど前のコト。。。
小5三男と、小2末っ子の、習い事(書道)の日でしたわ。



なにしろ。
歩いて1分のご近所で。
優しい優しいおばあちゃん先生が教えてる書道。
毎回、飴やガムをもらった上に、お庭でバトミントンなどもさせてくれるステキなセンセイなもんで。

小学校の間は続けさせてあげたいな、と思ってる。



その、書道の日!!

なんとまあ。
末っ子が、サボったーーーッ


し・か・も!!

「書道行ってくるね」
と言って家を出て。


帰宅後、
「書道行った?」
「うん!!」
と言う会話を交わしてんですーーー私ら親子。





そうなんです。


それは。
『嘘』・・・・・・




ヒドイワッ
末っ子ったら、ママをだましたのねッ



ばれちゃった経緯は・・・・。
簡単ですわ。
三男が、「末っ子、来てないって、先生が心配してたよ。」と。
この一言で、
バレちゃいましたよーー




末っ子、ピーーーンチッ!


・・・・などという、明るいものでは全くなく。
我が家は
修羅場
と化しました。



まるで私は。

浮気を見つけた新妻のごとく。
万引きを見つけた店員のごとく。
ノビ太を見つけたジャイアンのごとく。。。。。



怒ったね。
怒鳴ったね。
脅したね。
冷ややかな視線を投げたり。
アツすぎる人生論ぶちかましたり。


もうね。
この世の終わりのような、我が家だったはずよ。





「A君、B君と、どうしても遊びたかったから、ウソをつきました。」
と言うのが、泣きながら語られた、彼の心情。



まあ
かわいそうに

なーーーーーんて、私が思うかよッ
プンプンッ




サボったところまでは、許そう。(心の中で。)
でもさあ。
帰宅後、しれっと、
「書道に行ってきた」
と報告する、その、「嘘」が、私には許せないのーーーーーッ!!!





そりゃあ、ママもね。
高校時代、生徒総会をサボって、部室でマンガ読んでたさ。
うん。
そして、先輩に、
「総会サボったのッ!?」
責められて、つい
「いえ。今来たところです。総会には出ました。」
って、ウソついたさ。
うん。


そうよ。
サイテーな女子高生だったわよーーー。



でもねでもね。
そのせいで、先輩には
「嘘ばっかり!!」
と、見破られてますますヒンシュク買うし。


一緒にサボった仲間にまで、
「こぶりんぼ、余計な嘘ついてーーーッ
と、呆れられる始末。


ママはね。
30年経った今でも、Very very 後悔しとるんじゃ。
センパーイ、ごめんなさーーーい




すっごい後悔してるからさ。
息子には嘘つきにはなってほしくないんよッ!!




・・・という、過去の恥は、こうしてブログには書けるけれども。
息子らには言えねえッ
絶対、秘密じゃーーーッ!




でもね。とにかく。
私が、わが身で体験してわかったことよ。
嘘は、身を亡ぼす・・・・・。
うん。ホントに。



だからね。
小2末っ子をメッチャ怒って。


A君、B君と遊ぶこと
を、禁じました。
ってか。
放課後遊びに行くこと自体を禁止したわ。


他にも、パソコンをいじることとか、買い物とか、色々。
「嘘つくような人には、そんな楽しいことは、させられませーーーん
と。
宣言しましたわ。




あれから約10日。。。
末っ子は、けなげにも、言いつけを守り。
地味~~~な放課後を過ごした。


そろそろ、許してあげてもいいかな。
キチンともう一度、お話したら、謹慎処分を解こうかな。
・・・などと考えていた今日。


私が何も言う前に、先ほどですね。
末っ子から。

「絶対に遊ばないから、Aの家行ってもいい?」
という申し出が・・・・



私:「遊ばないけど、家に行くって、どおゆうこと?」

末っ子:「絶対遊ばないからッ!!
      会うだけ!!」







ヒイイイ~~~ッ!!
言葉巧みなヤツめ~~~~ッ!!


『絶対ヘンなことしないから、お話しするだけだから。』
とか言って、女の子をどっかに連れ込むようなオトコに・・・・・・なるんじゃなかろうか・・・・・
きゃ~




小2末っ子。
手ごわいヤツめ。

   (で、結局、説教後行かせてしまった俺も俺。)


なんかもう。
私の昔にそっくり・・・・・

そうそう。
夫も若き日はもう、ウソばっかりなヤツじゃったわ



そう考えると、確かに、
正直者が生まれる要素なし



いずれ、痛い目に遭うじゃろな
父も母も、山盛りイタイ目に、遭ってきたゼ




子育てって。
ムズカシイですね



にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは♪

息子さんの友達のA君。
息子さんにそんなに好かれて幸せですね。
「会うだけ」でいいから。なんて、泣けてきます。

男の子が4人いると、似たような内容の指導を4回しないといけないということですね。女子なら、前を歩いているお姉ちゃんを見習って。。。ということもあるかもしれませんが、その辺が男子はないみたいですね。

尊敬します。Bzでよるはゆっくりしてくださいね。

Re: No title

> けろちゃん様
わ~~~~い♪
コメントありがとうです~~~!!

なるほどッ!
「男児は見習わない。」
フムフム。名言ですなぁ~~。
本当に、男児は、前後左右を見てないですね。
そこが、母親から見ると、愚かしくもあり、かわいくもあり・・・。

我が家の嘘つきちゃんは、今のところ、次男と末っ子の2人です。
長男・・・無口すぎて、ウソすら言うチャンスなし。
       →嘘でもいいから、もっと会話したい母・・・
三男・・・嘘をつこうと思っただけで、たぶん、泣いちゃう。
       →つく勇気なし。
て感じですわ。

次男と末っ子は、いつかどこかで、本当に大切なものを失ったときに、自分で気づくんでしょうか・・・。
泣けてきます(涙)

習字~で思い出しました!
私も小学生の時、習字をサボって母に怒られました~!
しかも嘘がバレて(;^_^A
ごめんなさいm(._.)m

末っ子ちゃん、反省したでしょうね(^.^)

反省。。。

なんでしょーね、わが子の嘘って。
コイツ嘘つきやがったー!って思うと、私も完全に頭に
血が上っちゃって、平常心じゃいられないですー(≧▽≦)

でもわが身を振り返ると、親になんて大嘘つきまくって
ましたよー私(^^;) しかも正直、あんまり後悔してないかも…。
うひゃぁ~~反省してない自分を反省しなきゃー!
自己弁護すると、根っこに罪悪感があればOKなんじゃないかと(^^;)

でも末っ子くん、口うますぎ~(≧▽≦)
会うだけで遊ばないから!って~~(≧▽≦)
小学生男子に、そんな芸当できっこないですよねー♪

私は、嘘つけなかった方です。
小学校の時ミニバスケットやってたんですが、サボりたいけど理由がない。全速力で走って家に帰ると頭が痛くなることを知っていた私は、サボるためにそうやって走って帰り、「頭が痛いから休みたい」と母に申し出てました。頭が痛いのは本当だから…あはは。あと、10円玉拾っても、交番の場所知らないからネコババは犯罪だからまた落ちてた場所に戻したことも。どんだけ真面目やね~ん!

なぜ嘘をつけなかったか!?誰も見ていなくてもお天道さまが見てて、いずれやったことは自分に返ってくる的なことを母から常々言われてたからですかね。

で、今は長男が嘘をつきます。同じように言っても、今のところあまり効き目なし。
長女と次男は嘘をつくほど頭が回らない。長男と三男は嘘をついてでも自分を有利にもっていこうとする。それだけ頭が働くということさ、なんて主人は言ってますがね…。どうせ頭を働かすんなら、嘘をついたそのずっと先のことまで考えてほしーな。

これももって生まれた性格の問題ですかね。親としたら効き目があろうがなかろうが、道徳を説いて聞かせるしかないでしょうかね…。

大きくなるにつれ、どんどんそういった問題が出てくるのでしょうね。ひょえ~!

こんばんわ

こんばんわ〜!
連休前のホッと一息タイムに楽しく読ませて頂きました〜!

末っ子さんの切ないお願いについ、キュンとしました…。
そして、こぶりんぼさんの
「絶対ヘンなことしないから、お話しするだけだから。」
の想像で吹き出してしまいました。

私も自分が出来なかった事を子供に教える時どうすれば
いいんだろうと思います。なかなか難しそうですよね…💦

Re: 反省。。。

> 小藤様
わ~~~い♪
小藤さんも、若き日、ウソついた仲間ですのねーーー♪
心強いですわ。
そのくせ息子のウソには不寛容というところまで、お仲間だなんて!!
生きてゆく希望と言えますです!!

オトコはね、ウソついちゃ、いかんです。
ナゼなら、隠すのが下手だから。
オンナはね、オトコよりは上手ですよね。。。
のはずなのに、バレまくってた私は、一体ナニモノなのか?
もしや私、男なのか?

末っ子、口が達者ですよね。
悔しいけれど、たまに、こちらの予想を超えた言葉が来るので、絶句します。
悔しいけれど・・・・i-241

Re: タイトルなし

> ねむりねこ様
おおおお~~~♡
ねむりねこさんも、私&末っ子のお仲間ですねん♪
うはは。
嬉しゅうございます♡
末っ子も将来、ねむりねこさんのような、優しい人になれるかも♪

末っ子ちゃん、反省・・・・したかしらん??

Re: タイトルなし

> チェリー様
わ~~~い♪
コメントありがとうです☆

チェリーさんは、小さい頃から真面目なタイプだったのですねーー。
ブログにも、その真面目な良さが映し出されてると思いますよ♪
しかも!
嘘はつけないからと、正当な理由を作り上げるなどッ!!
もはや科学者~~ッ!?
ウハハ。
チェリー少女の、必死な姿が目に浮かびますわーーー。

同じ親の子でも、性格は本当に違いますよね。
どの子にも通用する育て方などないのだな、というのは、子だくさんだからこそ気づく、子育ての本質だと思います。
だからこそ、「この子はどんな子?」と言うことを見極めることが、親としては一番大事ですよね。きっと。

嘘をつかない子が、珍しく嘘をついたりした場合、それは、子供のSOSなのかな、とも思いますし。。。
嘘をつく子が、もしもつかなくなったら、それは本当に努力してることだと思います。

いろんな子がいて、みんなちがってみんないいっていう金子みすずの詩は、ホントにその通りですよね♡

これから出てくるいろんな問題・・・。
それをお互いに分かち合って、いい道を見つけるキッカケづくりをお一緒にできるといいですね♪

Re: こんばんわ

> 馬御前様
わ~~~~い♪
いらっしゃいませ☆☆

馬御前さんに笑っていただけるなど、もう、私も末っ子も、嘘に翻弄されたかいもあるというものですわーー♡
もうね。
息子らがどんな大人になってゆくのかは、怖いような、見たいような、ワクワクするような、不安なような。。。
どんな失敗も個性も、子供の間なら、笑い話で済みますがね。
大人になると、そうばかりも言ってられないですよね。

将来、息子が嘘ついて、嘘がばれて、妻に去られる。。。という展開を、最も恐れておりますッ!!
それだけは、切ないわーーー(泣)
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア