良い妻になる方法。

今日は、
「ASKAの妻は、それでも夫を支えるッ
的なニュースが、印象的でしたわーーーー。



「これだな。うん。これだよ。」
って、思ったわーーー。私。




最近。
中山美穂と言い、つちやかおりと言い。
「夫を捨てる妻」
が、目立ってたじゃないですか。



んで。
彼女たちが、微妙に評価を下げちゃう結果に。。。。。


夫婦間にどのような問題点があったか。
なんてことは、第三者には
絶対
わからないのに。。。


「夫を捨てた妻」
VS
「何があっても夫を支える妻」

という風に比べてしまうと、

「支えるなんて、エライワねーーー
ってなことになってしまうのが、世の常。。。。。。


でもねッ

そう、物事は単純じゃあ、ないわよね

「何があっても支えてあげたいほどの魅力」
が、ASKAにはあるってことだろうよねーー。

捨てられちゃった夫たちは、かわいそうではあるけれど、
「捨てられちゃう理由」
があるんだろうよね。


妻だけの問題じゃないのは、もちろんのことだもんね。



実際。
私がもしも妻だどして、ASKAなら、「支えたい!」と思う気がするわーーー。
たぶんだけど。


……ごめんよ。
ミポリン元夫と、つちや元夫なら、うん、捨てるかもだわーーーーー
・・・ッて、ヒドイ言いぐさ~~
こんな何様発言を、許してーーー



とにかくですね。

妻側の気持ちで言わせてもらえるならば。
「罪を犯してても、支えたい夫」
と、
「罪は犯してないのに、支えたくない夫」
がいる。
ってゆうのは、まぎれもない事実だわーーー。


世の中の男性陣、お気を付けあそばしよーーーー
ご用心ッ♪




んで。。。。

私のことなんですが。。。。。


私の場合、夫が非常に好きでですね。
常日頃、悔しい思いを噛みしめてるんですわ。
一言でいえば、敗北感。
ですかね。


でもね!!


こんな私の卑屈な愛情が、脚光を浴びるチャンスもある!!
ということに、ASKA奥様が気づかせてくれたんですわーーーーー☆


つまり。

私は、夫が今後、いい人であろうと、罪を犯そうと、いずれにせよ、離れることはできないのよね。
ほら。
・・・・好きだから。


    あ、もちろん。
    日常生活の中では、イラッとしてばかりですけどもね。

    あ、そしてもちろん。
    家事はすべて、大きらいですの。
    嫌いなのか、苦手なのか、不可能なのか。
    もはやその辺は、自分にも不明よ。

    けっこう、サイテーな妻かも。


ってことは。


夫が、ASKAのように罪を犯せば。
それでも、どうしても離れられない私は、
「献身的に尽くす妻」
として、自動的に、高評価を得ることになるんじゃないの~!?

たとえ、家事がザツで、全てが手抜きだとしても。
夫が罪さえ犯せばッ
「寄り添う」
だけで、もう、それだけで、良妻賢母扱いなんじゃないのーーッ


どうせ、何があっても離れられないんだから。
高評価を、ただでもらえるチャーーーーンス!


それがどうよ。
夫が素敵な人なばっかりに。
「どうしてあんな素敵な男性に、あんな、ヘッポコ妻が!?」
などと侮られたり。

夫がめちゃめちゃいい人だと、
「尽くしてあげられない私って、いけない妻でしょうか・・・」
と、自分で自分を責めたり。


・・・・いいことないじゃん




と、いうことで。

私は、何か、夫がしくじって、大失態を演じる日を、待つとしようかの。
そうすれば、自動的に、私は、「理想の妻」になるッ!!!!



夫からも、

「こんな俺のそばにいてくれるのなんて、君しかいないよ(涙)。
僕を許してくれるのは、君だけさ(感謝)。
今、心から告げるよ(真剣なまなざし)。
ありがとう、そして、あいらぶゆー(愛)。」

と、アツイ抱擁が~~~~ッ!
きっとくる。
ゼッタイくる。


BGMは、「Don't leave me」。だよね、これは

Don't leave me~~♪
  誰もいな~~い
     僕を~許してくれるのは
       君~以外に♪

後戻りのな~~い
  人生を 今 
       はじめて振り返る♪



そう歌いながら、彼は私をきっと、固く抱きしめるわーーーー


って。。。
この辺から、妄想上、夫と稲葉さんがいつの間にか、すり替わっちゃいました~~





・・・・というわけで。
素晴らしい
「理想の妻」
になるためには。


日々、コツコツ、頑張るという道もあるが。
夫が人としての道を踏み外す日を待つ。
という道もあるのぅ~~。



これだよ。
これ。
うん。


自分を高めるんじゃなくて。
相手を低めることによって、自分の価値を高める。



アハハハ~~
卑怯だけど、まあ、いいじゃん~~
てゆうか、夫が罪を犯してくれなかったら、永遠に悪妻じゃん~~
まあ、それもいいよね~~~



自分的に、
良妻になるタイミング待ち
のまま、たまたま人生が終わるかも
ってことで。
わるいけど、了解願います、夫よ。




にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

わぁ~(゜o゜)
こぶりんぼさんて、なんて素敵な奥様なんでしょう(*≧m≦*)
息子たちのお嫁さんが、こぶりんぼさんみたいだったらなぁ~♪良いなぁ~♪って、結婚出来るのか心配ですが…(^^;)

こぶりんぼさん~
先日テレビを見ていたら、つち○かおりと離婚歴のある、りか○が(いずれもわたしたちと同年代)「女として生きられる残りの人生は、夫を捨てて女としての道を選ぶ」的な発言をもっともらしくしていたの。それぞれお年頃の子供もいるであろうに、そのあっけらかんさ加減に「はぁ~!?」って思いながら見てました。
だから今回のASKAの妻は、まるで逆のタイプだよね。
でもでも、オットが犯罪者は困っちゃうわ、、(笑)
こぶりんぼさんの前記事にもあったけどブログのお友達巡りは、ほっとするし、一日の疲れをリセットする大切な場所ですね♡
さあ、歯を磨いて寝るか~くらいの日常の一部になってます。いつも癒してくれて
ARIGATO~(笑)

No title

すみません、「良妻になるタイミング待ち」っていうのに笑いました(笑)。
いやでも、ASKAはちょっとタイプではないので微妙ですが(失礼)、これが稲葉さんだったら私も全力で支えます(笑)。
なので、やっぱり相手次第ですよね~。
って、あれほど真面目な稲葉さんが罪を犯すのは考えられないですけどi-229
それにしても、こぶりんぼさん、本当に旦那さんお好きなんですね♪
ほっこりさせて頂きました(^^♪

Re: タイトルなし

>ねむりねこ様
いやいやいやいや~~。
私の愛は、何の役にも立たない愛なんですーーi-229
優しくするわけでもないし、お世話するわけでもないし、栄養ある食事を作るわけでもないのよーー。
ストーカーのように、陰からじとっと見てうふふって思てるだけですわーーー。

ねむりねこさんの息子さんなら、愛情もいっぱい、かつ、働き者の、優しいかわいい奥様に、めぐり合うことでしょう♡
てゆうか、そうゆう妻、ワタスも欲しいわ。

Re: タイトルなし

> tootan様
ギャハハハ~~~~i-237
tootanさんでも、TV見て、「はあi-191?」ってイラつくことがあるんですねッ!?
意外だわ~~。
うふふ。
一緒にTV見て、「なんすか、それ。」とか、突っ込みごっこしたくなっちゃうわーーー。

「女として生きる」・・・。か。。。
うーーーーーっむ。
やはり、子供の気持ちを考えるとね。
父母が『喧嘩して離婚』ならまだ耐えられても、『母に彼氏ができて、自分を捨てた』の図だけは、やめて欲しいでしょうなあ~~。
辛すぎますね。トラウマになるわ~~。かわいそすぎる~~(泣)

やはりね。
そんな時。
妄想癖は、強い武器だわッ!
女としての甘い時間も持てて、誰にも迷惑かけませんッ!
ちょっと気持ち悪いだけで。。。。

tootanさんのように、ワンちゃんに愛情注ぐのも、とてもいい生き方ですよねーー。
女が取り戻せるかどうかは、私にはわかりませんがi-201、「スキンシップ満ち足り感」や「求められてる感」は、恋愛に近いものもあるんじゃないでしょうか?

Re: No title

> エラニユース様
わ~~~~~い♪こんにちは~~~♪
アハハハ。
そうなんですよ。
「いつかは良妻に」という気持ちは、ないわけじゃないんですが、「今はまだ、その時ではないな。」って感覚っすねーーー(←言い訳です、ハイ。)

エラニユースさんはお若いから、ASKAに関しては、「好色なおっさん」という目で見てしまうかも、ですが。。。
私ら世代はもう、若い頃には、ファンかどうかは関係なく、もう、飛鳥には、大変お世話になったのよーー。
たくさん泣かせてもらって、力をもらった気がします。
そうゆう記憶が鮮明なので、こんな状況になっても、感謝の気持ちは、あるんですわーーー。

稲葉さんに限って、悪いことはゼッタイしないと思いますが。
天然なところがあるので、誰かにだまされたりしないといいケド。。。。
オバちゃんはもう、心配だわーーー。

稲葉さんに何かあったら、「支えたい女たち」で、横浜スタジアムが満席になっちゃいますね♡
私も連日、詰めかけます♡
夫のことは、息子に託しますッ!!

Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
毎日毎日、B'zをBGMに4人の男の子を育てています。
育児は好きですが、家事は苦手。

よろしくお願いします☆

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア