登校を渋る我が子よ。

今朝は、小1の末っ子が、ちょっと心配だった。

上機嫌で起きてきて、ご飯を食べて。
いつも通り、「シャッキーン!」を見たり「はなガッパ」を見ながら、笑ったりオチャらけたりしてたのに。

登校間際になって、急に、
「頭がイタイ!!!」
と、うずくまる!

劇団の子役さながら。
なかなか大袈裟な痛がりっぷりである。
目にもうっすら涙を浮かべてる…。
で、ちらちら~、と、こっち見てる。

ははぁ~~ん。
キモチの問題だわね~~~。

金曜日は私も出勤が早く、7:45に、小学生と一緒に出発だ。
ついつい、すっごくせかしがちになる。

今日も、
「学校で痛くなったら、先生に言うんだよ~」
とか何とか言って、送り出した。

「学校まで歩いてる最中に痛くなったらボクはどうすればいいのおおぉぉ~~~(涙)

という声が、徐々に遠ざかり、学校に向かってしぶしぶ歩いてるのを確認!
ダッシュで出勤した。


こういう、子供の登校渋りは、どんな母親も、心がキツイと思う…。
子供の病気も辛いけれど、それとはまた違った、
どよよよよ~~ん
って重さだ~。
「私のせいだ~~
と、思うからだよね。



実は、私も小4の頃、毎朝オナカが痛む時期があったの~。
痛んだだけじゃない、たぶん、かなり欠席したと思う。

自分では、理由があるなんて、ぜんっぜん思ってなかった。
だけど、大人になってから振り返ってみて、精神的なものだったのだな~、と気付く。

当時は、日本中で中学校が荒れてた時代(昭和50年代)だと思うのだけれど、その余波は小学校にも及んでて。
学校は、今からは考えられないほどに荒れていた…。

暴力も、イジメも、万引きも、クラス中に満ちてた。
メチャクチャだったと思う。
私の学校では、私のクラスメートの小4の男子達が、
集団で、学校の購買部を襲って強奪、
なんて事件もあった。
それでも、新聞沙汰になんて、ならなかった。
なんだか、日常のひとコマだったな。

そんなだったから、『学校が荒れてて、私は不登校になりかけてたのね~』と、若い頃は思ってた。



でも。
やがて、自分も親になって、再び当時を振り返ると、また、新たなコトに気付いちゃうのだ。

学校じゃない!
家庭だ!!

ってコトに。

よく考えると、私が小4の時は、うちの両親の離婚の危機と重なってる~。
結局、離婚はしなかったけれど、母が家出をしたり、別居をしたり、と、散々だったっけ、あの頃。
両親の怒鳴り合いや、母親の涙を見ては、心を痛めてたものだった。

ちなみに、2人は、今は仲良く暮らしている。
当時とは別人のように、母親がなんか、なんか、威張りくさってる感じ
そんな母親に、妙に嬉しそうに尽くしてる老いた父親の、イソイソぶりは、何
あれは、何だったのよ

ま、いいんだけど。


とにかくね。
今なら分かるな。

どんなに学校が荒れてても、たぶん、両親が平和だったら、たぶん、私はあの時、不登校気味にはならなかったんじゃないかな~~、って思う。
家庭がガタガタだったから、いろんなことに耐えられなかったんだろうな。


そうやって、自分をしみじみ振り返ってみると。

登校直前、頭痛を訴える末っ子の不安定さは、私のせい!?
と思ってしまうよね、当然。

だから。
だから、重いのよね。
子供のキモチの問題って。

原因は、アタシだぁぁぁ、
と、重~~く、心にのしかかるからね。

何だろう?
私の、何が、原因だろう??

もしかして、出勤が早くなって、忙しくなった私がセカセカしてる感じが、彼に、
「ママは、ボクが邪魔なの?」
とか、思わせてんだろうか。

おおおぉぉ~ごめんねぇ…。
かわいそうに…





でもでも。
私と夫の夫婦仲については、大丈夫なはずなんだけどな~。


私と夫は、確かに昔は大きな喧嘩もしたもんだ。
かなり。

私も若い頃(←30代半ばまでをさす)は、傷つきやすくて、随分シクシク泣いたりしたもんだ。
まあ、考えてみれば、許すことのできない恨みツラミも、10や20は、ある。
確かに。うん。


でも、今じゃ、そんなのすっかり忘れ果てて、
『図太くなった妻が、夫を部下として従えることによる平和的カンケイ』
にかけちゃ、うちの両親に負けてません!
同じでぃ!!


とにかく、末っ子が生まれて(私はもう、40歳寸前だった)から今までは、ずっと、なんとか平和に仲良くやってるつもり。
不安にさせるような不和は、ないはず。

B’zのアルバムやDVDが出ると、アマゾンに予約してくれるのも夫だし。
「チケット落選した~」と落ち込んでたら、マジでかわいそがってくれたし。
いい夫だわ。(今は)。

ママとお父ちゃんは、仲良くやってるつもりなのに、何がそんなにキミを不安にさせてるの?
ねえ?




あ。
もしかして。

「ママはイナバが大好きだから、そのうちお父ちゃんとは離婚しちゃうんじゃないか。
ママはイナバと結婚するつもりだ!!
そしたら、ボクはどうなるの?」

とか、心配してんの!?

あ~~、そういえばこの前、
「お父ちゃんが死んだら、イナバと結婚すれば」
とか言ってたしな。
子供だもの。
意外と本気で心配してたりして…。



うふふ~~。
大丈夫よ~~ん。


稲葉さんと、もしご縁があっても、ママはあなた達4人を連れて、嫁ぐわ

それにね、お父ちゃんも、門番か執事か何かで、連れてくわよ
大丈夫。
みんなで仲良く幸せに暮らしましょう。
安心しなさいな、おさな子よ~。

そして、夢見がちな、愚かな母を、許しておくれ~、おさな子よ~~
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
毎日毎日、B'zをBGMに4人の男の子を育てています。
育児は好きですが、家事は苦手。

よろしくお願いします☆

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア