私ら夫婦の過去と、B'z「憂いのGYPSY」

あれは、二十数年前の出来事だったわ~~。(回顧~~


私が26~27歳くらいの頃のコト。
私は付き合っていた彼氏(現・夫)に振られて、やけっぱちよ。
毎日泣いて暮らしたっけな~~(遠い目。)


「キミを幸せにする自信がない」
とか、キレイごと、ほざいてたっけな~~(遠い目)


結婚しよう、という話が具体的になった後ですぜ
私の父が、その結婚に反対しておりましてね。
私は必死に、父を説得する日々だったわ。

そしたらどうよ
足元すくわれたっていうの?
まさかの、「キミを幸せにする力が僕にはないわ。」発言でーーーッ


もう最低

生き地獄。泥沼。


そんな、
暗黒な思い出
がいっぱい詰まった、
「当時、彼が一人暮らししていたアパート」
を、この間、封印を解いて、20年ぶりに見て来たんですよーーーッ  
ウホホ
物好きね。私。

一人で、こっそり見て来たよ。
夫には言ってないわ


そこは、修羅場の現場①と言えるわね。
現場は他にも、私のアパートや、車内など。。。。


なんでそんな物好きな物件見学に行ったかというと・・・・。



先日、
「次男を迎えに行って、4時間も待った。」
ことをちょっと書きましたけども。


それが、現場①の近くでのことで。

「まだかなりかかる。」
というメールを次男から受け取った私は。
ちょっくら、過去の遺跡を見てくっかな
って、思っちゃったんですねーーー。

ヒマだから

怖いもの見たさ。


行ってみたら。
近くが空き地になっていて、車を停めやすい場所があったので。
しばらく停めて、懐かしくも悔しい思い出に、ふけっていたのよーーー。


ああ。
あのころは夫も、アオいアオい若造だったものよの~~。(遠い目)
だいたい、男に幸せにしてもらうなんて、そんなことを考えてた、私も愚か者よの~~。
女こそ、男を幸せにする力を、持ってるとゆうのに。。。。
弱い子ぶってたわ、私。
見苦しいのぅ~~。
若さじゃのぅ~~。
かわいいのぅ~。(遠い目)

と、翁のような物思いにふけりながら。
おB'z様をガンガン鳴らしていたのよね。


その時、神の啓示とでもいうのかしら。
運命が、扉を開いた、とでもいうのかしら。

「憂いのGYPSY」
が、かかったんですよ。

それを聴いて、この曲の意味と、当時の夫の心境が
ピピピピーーーン♪
と、リンクし、つながったんです!!


あ。
もちろん、「私的に」「独断」の中でのことですよ。
いつもながら。
いつでも、B'z歌詞解釈は、独断的妄想内のことなのですわ





憂いのGYPSY
については、聴くたびもやもやとしていたんですわ~~。



好きなんです。
大好きなんです。
若き日の稲葉ボイスのこの美しい曲が。

でも。
わからない。


「どんな景色も君と見たいから 明日は僕と一緒に旅立とう」
と、二人で未来に進んでるはずなのに、なぜに題名、「憂い」・・・?
愛する彼女と一緒に歩むのが、憂鬱なの?イヤなの


『勇気と自信がない』
とか、
『何もしょわずには歩けない』
とか。。。
いちいち、マイナス思考というか、言い訳がましいというか・・・・。

なのに、なぜか、ラストのみ、イキナリ前向きって。。。



昨夜の夢にだって、キミは登場してないじゃない?
「どんな景色も君と見たい」
とか言ってるくせに、夢の中のぼくは一人っきりで、しかめっ面で、しかもそれが幸せそうって・・・・
WHY?
どおゆうこと


この「僕」は、君と一緒に歩く決心をしてるし、愛してもいるんだけど。
憂いでいっぱいで、荷物をしょって歩いてる気分で、自信もない・・・・。

ううう~~~む。



もしかしてだけど~。
  もしかしてだけど~。


これはもしかして。

「彼女のことは好きだし、一緒にいたいとは思ってる。
だけど!
まだ結婚はしたくないッ!
僕にはまだ「結婚」ムリッ!
でも、彼女は非常にソレを求めてる。
これはもう、腹を決めて、プロポーズするしかないのかな。
僕も、もうそろそろ、いろんな責任や重荷を背負って生きなきゃいけない時期か?(←何もしょわずに~♪)
ああ~~。
自信はないけれど。
まだまだ一人で、自由に暮らして、時々君に会って君に抱かれるような暮らしをしてたいんだけど。
でも、女は、しばらく付き合ったら、結婚を夢見ちゃうんだねー。
オトコとは、愛の速度が違うのかなー。
僕はまだまだこのままでいいのに。(←すべてがこのままだったとしたら~♪)
仕方ないか。
君は魅力的だし、失いたくはないのだから。
覚悟を決めて、プロポーズしよう。
ああ。でも。
一人で夢を追うジプシーみたいな暮らしって、まだまだ続けたいよなーホントは。(←泥と埃のジーンズ場面)
でも、君を失ったら後悔するのはわかってるから。
うん。
覚悟を決めよう。
荷物を背負って歩く大人に、僕もなるよ。
だから。
『一緒になろう』(←一緒に旅立とう♪)」


と思って、プロポーズをしてる歌なのだわ、きっと!!


と、ひらめいたんですわ
きっとそうに違いないわーーー(わかんないけど)


だから、「憂い」なんだ
本当は『ジプシー』(独身)でいたいのに、 しぶしぶ『定住』(結婚)を決意してる
から、あなた苦しいのね?
「苦渋の決断」ってやつ?
悲壮な覚悟?


ジプシーでいたい、ということと、君を好き、ということは、僕の中では矛盾してない思いなのだけど。

女からは、
「愛してるなら、そろそろ結婚よね?」
「結婚するつもりがないなら、別れる?」
「どうするつもりなの?」
みたいな圧力がかかる。



僕からしたら、好きだから、別れたくはない。
年齢的にも、そろそろ仕方ないのかな。
ああ。でも。
自由を失って、責任みたいなものが押し寄せてくるの?
うううう~~。
ちょっと、憂鬱。でも、頑張ろう!うん、頑張らねば。



そんな、若い男の、苦しい胸の内が、描かれた歌なのではないかしらーー?

オトコの気持ち、今ならわかる気がするわーー。
そしてこの思いこそが、若き日の、夫の思いそのものだったんだろうな
と、思ったのよ。


そう思ったら、なんか、今まで抱えてた胸の中の黒い塊が、溶けてゆくようだったわ~~~。
すぅぅ~~~



夫も、結婚話の時には、こんな気持ちだったんでしょうねー、きっと。
「仕方ないか。」
「こぶりんぼが望むなら、我慢して望みをかなえてあげようか」
的な気持ちだったんだわー、きっと。


だけど。
うちの父に反対されたり。
そのせいで(たぶん)私がイライラしたり、めそめそ泣いたりするのが、もう、重すぎて耐えられなくなっちゃったんでしょうな~。
んで、ある日、
「うわーーーッ!もう、俺にはムリ!!」
と思って、放り出したんでしょう、きっと。


稲葉さんがこの曲を作詞したのが、たぶん、26~7歳くらい。
夫が、そんなムゴイ仕打ちを私にしたのも、同じ年頃よ。


このくらいの年って、本当に、男と女では、「愛の速度」が違ってしまうのかもね~。
オトコは、チャリンコ並みで、オンナは、マッハの世界・・・?



こういう、結婚に対するモヤモヤ感って。。。

夫だと思うと、腹が立つけど。ムカッ

10年後の我が息子が味わうかもしれない境遇かと思うと、泣けてくるわ。ウルウル


稲葉さんも、もしかしたら、
『結婚したがってる彼女』
と、
『いよいよB'zとして上昇気流に乗り始めて、正直、結婚まで手が回らないよ、と思う自分』
との間で、ブルーになったり、愛を感じたり、自信を失ったり、前を向いたりと。
ユラユラと揺れながら、愛の形を探ってた時期があるのかもしれないですね。
それを思い出しながら作詞したのでは~?





そんな感じで。。。。
息子を車内で待ち続けた4時間の中で。


私なりの「憂いのGYPSY」の解釈もできた上に。

ちょっと恨みに思ってた夫の過去を、完全に許す(←上から目線?)ことができました♡
結局、数年後、思い直して結婚してくれたしね☆



夫よ。
過去の過ちを気にするでないぞ。
キミも、一生懸命生きた、一人の若者だったのだな。うむ。
(↑完全上から目線~



憂いのGYPSY

もしも時が止まり 色褪せない写真のように すべてがこのままだったとしたら
愛の速度なんか気にせずに 君の胸に抱かれていられるのに

君が魅力的なほど 僕は臆病になってゆくよ

誰も好きにならないままで 今どきの夜はもう越せないよ
なにかひとつを守ってゆける 勇気と自信がまだないけど

失うことはちっとも怖くはないのに 友情も愛情も出し惜しんでた
季節が僕を変えるわけじゃないけど どうしても何処にも落着けない

いくつもの恋を乗り継いで人を傷つけて 君に会った

誰も好きにならないままで 今どきの夜はもう越せないよ
なにかひとつを守ってゆける 勇気と自信がまだないけど
何もしょわずにずっといつまでも 街をあるいてはゆけないよ
小さな鞄を抱え込んで これからどこにたどりつくのだろう
いつも彷徨う 風はブルー Oh I don't know・・・

昨夜の夢の中で僕のジーンズが 泥と埃にまみれていた
そしてそれを面倒臭そうにしかめっつらで洗ってる自分がいた

とても幸せに汗をかいてるように見えた ただそれだけ

誰も好きにならないままで 今どきの夜はもう越せないよ
なにかひとつを守ってゆける 勇気と自信がまだないけど
何もしょわずにずっといつまでも 街をあるいてはゆけないよ
どんな景色も君と見たいから 明日は僕と一緒に旅立とう
こっちを向いて 迷わないで Please come with me・・・





スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

>鍵コメ様
OHHHHH~~~~~!!!
ご訪問&コメントありがとうございます!!

素敵なコメントをいただき、心から嬉しく思います!!
もう、この出会いに、感謝感謝ですわーーー♡

しかも、聖地。
聖地にお住まいッ!!
羨ましすぎますーーーッ!

ちなみに私は、高橋大輔クンも、大大大好き。
岡山は、地上最高の土地ですね♡

ぜひぜひ、また、ブログに遊びに来てくださいね☆

B'z好きな20男です。
この憂いのGYPSYちょうどハマっていてずっと聴いていますw 歌詞が難しくてよく分からない部分があるけど、まだまだ未熟で自分に自信がない男の歌のような感じがしてなぜがしっくりくる…昔の稲葉さんの低くかすれた声がより寂しさや切なさを物語っていていいですよね‼

Re: タイトルなし

> B'z好きな20男 様

こんにちは~~♪
まあ♡
古い記事にコメントくださって、光栄でございます。
本当にこの歌の、稲葉声は神声ですね♡

きっとあなた様の母上と同年代の私ですが、B'z愛にかけては、若いもんにゃああ負けねえぜ~~~。
と思っとります。
ぜひまた、お暇な時には遊びに来てくださいネ。

お久しぶりです! B'z好きな20のピチピチ大学生です♥
B'z愛なら負けませんぜ~

もし結婚することになったらまたここにコメントしに来ますね!!(彼女なし)

まあ何年後になるか分かりませんが貴方みたいな美人な女の人探します(^w^)

Re: タイトルなし

> B'z大好き大学生様

わあ~~
こんにちは~~!!
また訪れて下さり、光栄です。
そして、憂いのGYPSYが、大好きなんですね~~!!?
今の稲葉さんが歌ってるのも聞きたいですね。
また違った味わいでしょうね~~。

彼女は、いるもよし、いないもよし、キレイもよし。キタナイもよし、ではないでしょうか~~?
全ては、楽しんだもん勝ちっすね!

最近の流行りは となりでねむらせて ←めちゃくちゃハマってます!
男は女に借りを返すために生きるのだろう♪
まだまだ経験少ないからなんのこっちゃ分からないですけど、いつかこの歌詞の意味が分かる日が来ますように!!笑

Re: タイトルなし

> 大学生様

ヤッホーー!!
な~~~るほど~~。
やはり、お若い方は、B’zの若い時期の曲が、胸に響くのかもしれないですね。
やはり、同世代の頭ん中というものは、同世代が一番共感できるといいますか・・・。

B’zのわりと若い時期の作品は、随分今とはまた違った味わいですよね~~。
歌詞は今以上に、稲葉色が強いですね!
そして声がね~~クリスタルスイートビューティフルボイスですよね~~。

ああそして確かに。
私今、メチャメチャ夫に、借りを返してもらいながら生きてる気がします~~。
んだから太るンね~~
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア