幸せを呼ぶレシピ(なのか?)

男の子4人を育ててて。
事故とか怪我とかイジメとか赤点とか。
いろーーーーーんな心配をしながら、今日も生きているわけですわ。


そんな、心配性な老母にとって。

「4人とも結婚できるのかッ!?」
てゆうのは、かな~りな大問題よ。


正直言って、
全員結婚してほしい!

ケド。。。。

私の予想:2勝2敗・・・・・

4人中2人が結婚できて、2人はできないんじゃないか。
と恐れとる~~
しかも、「しない」じゃなくて「したいのにできない」という切ない予想

この子とこの子はできそう。
ってゆうのも、心にはあるけど、さすがに秘めとくわ



さて。
結婚するために。
あるいは、せっかく結婚したら、奥さんに見捨てられないためには。
たくさんの、「押さえとくべき重要事項」があって。

安定した収入とか。
ヲタクすぎはダメでしょ、とか。
暴力的は論外でしょ、とかね。いろいろ。


その、「大事なポイント」の一つとして。
「おふくろの味とか、ほざくな。」
ってのも、大事なポイントだよねーーー


つまり、母親と比べて彼女や奥さんにプレッシャー与えるのってゆうのは、女から見たら、
はあ
って思うよね。


だからね~。
あんまり素敵な手料理作るとね。
息子の将来の幸せを奪ってしまう!


やっぱりね~。
「美味しい」のハードルが、低いオトコ
って、いいよね?(←私だけ?)


確かに。。。
息子らを、カップラーメンや、コンビニ飯だけで育てるのは、気が引ける。
たまにはいいけど、いつもでは健康に悪いわ。


だからと言って。
手の込んだ料理を作るってっゆうのも、そういう
「息子の将来的幸福論」
の観点からみて、よろしくないんじゃないかしらー?
ねえ?
そうよねえ?オホホホ。


そうすると。
例えば、
きゅうりを切ってマヨネーズをかけるだけ。
とか。
ご飯と納豆とキムチ(市販)、とか。


そういった、体には良さげで、かつ、全く手のかからないお料理(?と呼ぶか?)が、最高。
という結論になるわよねーーー。

それこそが
「幸せを呼ぶレシピ(?と呼ぶか?)」
だと、思うのよ。



実はですね。
先日、夏休みのとある日。
素麺を作ったんです。

トッピングには,海苔をちぎってかけた気がします
めんつゆは、市販のものを、水で薄めただけですわ、もちろん


その素麺を、小2末っ子が、
「はああ~~~♡、僕、素麺は、ベツバラ!!」
と、すっごく喜びましてん。


その時。


「あああああ~~ッ!!
その感性を、20年後、30年後も、失わないで!!
そうすればあなた、奥さんにかわいがってもらって、いい人生が送れるわ。
『素麺さえあれば、幸せ。』・・・
なんて素敵なハッピーライフ!!
失わないで!
その輝きを!!
しかも、自分で茹でるのよ!妻が望むなら。
頑張って!」

って、思いましたねーー。マジで。
心から願いましたわ



我が家の夫は、新婚当時は、
「おふくろの○○は美味しかった」
的な発言をするヤツでして。イラッ


その発言の度に、私の愛情が、
8割減!!
になっていったのは、いたし方ない経緯と申せましょう。


その後、私の厳し~いご指導により、夫はそういったヒンシュク発言をしなくなりまして。
そしたら私も再び夫を愛せるようになった次第です。




我が家の息子らが、将来結婚できますように
そして妻にかわいがっていただけますように


そのためならば、私の秘蔵の数々の手料理(ビーフストロガノフなど)は、今は、作るのをやめとくわ。
残念だけど。

なーーーんちって



にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

にゃーるほど!

じゃあ、きっとうちの息子もワタシの毎日の幸せレシピで素敵なお嫁さんゲットかしらー♪

ワタシも素材感満載レシピでいこーっと♪ぐふっ

こんにちは☆

女の子の場合・・・

母親がルーズで家事をサボりがちなほど
娘はマメでキレイ好きになると聞いたので

ただいま絶賛実践中です☆

素麺は別腹・・・分かるわ~(大笑)

はじめまして

はじめまして、馬御前と申します。
『美味しい」のハードルが、低いオトコ、いいよね』ってところでハッとし、『それこそが幸せを呼ぶレシピ(?と呼ぶか?)』
ってところですごくハラ落ちしました!!!
昔ハードルの高いメンズに泣かされた事ありましたので…!
今の時代の名言のような気がします。
また更新楽しみにしております。
ヨロシクお願い致します。

No title

「おふくろの味とかほざくな!」、激しくうなずきましたよ!
うちも最近こそめっきり少なくなったものの、結婚当初は
どれだけその言葉に傷ついたり、憤ったりしたことか・・・(>_<)
特に私は薄味が好きな関西出身者なのに、こちらは
味噌文化ですから・・・(笑)

長年の努力が実を結び、薄味の煮物を文句を言わずに
食べてくれるようになって、家庭が安定しています(一応)!

こぶりんぼさんの記事を読んで、結婚生活において、
食事がかなり重要なポイントだとしみじみ思いましたよ☆

うちの娘たちも、こぶりんぼさんの息子さんのような方と
巡り合ってくれますように・・・と願わずにはいられません(^o^)

素材を生かすヘルシー料理、最高ですよね!ちなみに
我が家の食卓は今夜も冷やしトマト、冷奴、枝豆が並ぶ予定
です(*^_^*)


Re: にゃーるほど!

> かよポン様
コメントありがとうございます~~♪
そうそう。
素材を調達するだけでも、もう、大変な労力がかかってるんですわー。
その部分に多大なる感謝が欲しいところですよね!!
その素材をさらに、あれこれ工夫するだなんてーー、過労死しますしi-237

Re: こんにちは☆

> あすも様
OHHH~~!!
あすもさんのように、お料理上手な方から優しいお言葉をいただくと、さすがにちょっぴり恥ずかしいわi-201
「すべては言い訳でしょう?見苦しいわ、こぶりんぼ!」
と、冷たく怒ってくださってもよろしゅうおます~~。
いや、むしろ、あすもさんに叱られてみたいかも・・・i-175

あすもさんのブログを読むと、
「男児にとっての幸せは、彼女(妻)の母にかわいがられることでは・・・?」
と、開眼します!
うちの息子には、
「彼女ができたら、その母に、お土産を!」
と、伝授しますねi-236

Re: はじめまして

> 馬御前様
わ~~~い♪
コメント、ありがとうございます~~。
かよポンさんのブログにお邪魔した際に、コメント欄の
『馬御前』というネームにイナズマのように心を貫かれ、こっそりお邪魔しておりました・・・♡
素敵な世界を築いていらっしゃいますね~♪
ハマります!i-237

やはりですね。
男児をマザコンにしないためには、母としては、泣く泣く、ダメ母を演じる必要があるのではないか、というのが持論でして。
いや、もちろん、演じてるんですよ、あくまでも。
やればできるはずですわ。きっと。たぶん。もしかしたら。

Re: No title

> ひろみ様
わ~~~い♪
こんにちは~~~☆

OHHH!!
ひろみさんも、素材学派の一員ですなi-190
大地と太陽の恵みを受けた食材に、これ以上、何が必要だというのでしょう!?

それを、スーパーで購入して自宅まで運び、洗って切って(茹でて)、食卓に並べる。
それだけで、もはや、重労働ですよね~。
レジだって混んでるし、重いし。
まったくもう、感謝してほしいです!!

そうでしたか。
ひろみさんも、お若い頃、そんな理不尽なご苦労を・・・・(涙)

せめてひろみさんのお嬢さんの世代が、いらぬご苦労をしないよう、私はもっともっと、ダメ母に磨きをかける所存でございます。
私がダメであればあるほど、若い世代の夫婦仲は良好になり、世界は幸せに!

フフフ、能力を発揮したいのはヤマヤマですが、ここはひとつ、ぐっとこらえて、怠け者のふりで行きましょうか~♪
ふりよね、ふりi-236

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 鍵コメ様
コメント、ありがとうです~~♪
そして、驚きの母心ッ!
私の斜め上を行く、心配ぶりに、笑わせていただきました!
そこ、大事ですよねーーー☆

嬉しい悲鳴のご多忙ぶり、お体だけは大切にね☆
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア