B'z「ZERO」は、すごい歌ですね。

ZERO
について、書いてみたいな、という野望を持ったものの・・・。
何をどうまとめれば良いのやら、途方に暮れておりました。



ZERO
が、大好き!、という人はたくさんいるはずだ。
だって、あんなに名曲なんだもの


でも。。。
どこかわからない曲だな~~、と思いながら、ここ1~2週間、パソコンの横に「RUN」の歌詞カードを置いている。


それにしても・・・・・。
アルバム「RUN」のジャケット写真について、皆様はどう思われるであろうか・・・・。


この26年間というもの、どこからどう撮影しても、こぼれ落ちるイケメンぶりが写ってしまう稲葉さんなのに。
なぜ?
これだけは・・・・。
この写真だけは・・・・

いやッ
違うッ!
なんでこの写真を選んだのーーッ!? 


裏ジャケ写真は、かっちょいいのにーーー!!
こっちを表にしてほしかったしーーーー!!
 

と、思ってしまうのは、私だけなんでしょうか。
皆様は、別に何とも思っていらっしゃらない?

私がまだまだ、未熟者なのでしょうか・・・・。


松本さんは、素敵です。
かなーーーーり素敵な写真です。

「松本さんの写りのいいの」
という基準で選んだのかな。もしや。

シクシク





さてさて。
「ZERO」
は、ヒジョーにライブで演奏されることが多い。
お2人にとっても、非常に大切な曲であることは、感じていた。


盛り上がるし♡
「突っ込もうかなんて ことまで~♪」
のところで、稲葉さんが股間を抑えてグイグイパフォーマンスしてくれるので、会場中、いや、日本中が萌えるし♡(←大事!!)

サイコー♪


さて。
私がこの曲の中でわからないなー、と思ったのは。

「君」が誰で、「会いたい」のは誰に?
ってとこです。

『「君」「会いたい」って言ってんだから、恋人でしょ。
稲葉さんだって、オマタ押さえてんだし。』

って思うかもだけど。
歌詞をよく眺めてみると、恋愛要素と全然そぐわないよねー、他の部分が。


私は今まで。
『都会に疲れた、田舎出身のオトコ(仮称:稲葉)が、都会の暮らしに疲れて、ちょっと自暴自棄気味になって、彼女の胸に甘えたくなってる』
という歌だと思って、聴いてきた。

実際、そうなのかもしんない・・・。


でも、それにしては、彼女の存在が薄すぎるなーーー。
「ZERO」になろう、ってことは、彼女、置き去り?

とか、うっすら、疑問に思ってもいた。


んで。ですね。
今回、「ZERO」への愛を書いてみたいわー
と思った私は、ちょっと、この曲について調べてみたんですわ
無知な私は、背景とか、何も知らないもんだから。



そしたら。。。。

松本さんの、この曲に対する、
思い入れ、気合、愛情、
が、ビンビン伝わってきたーーーッ!!


この曲をシングルにすることは。
それまでのポップな感じの曲路線から、ハードロック路線への、路線変更。
「新生B'z」
と言ってもいいくらいの、イメチェンを行おう!!
という、松様の、並々ならぬ意欲作、と。。。


松本さんは、
「これをシングルにするのは、大きな博打」
「この曲で勝負したい」
と言い。

「結果が出てからすべて話す」
と、ヒットを確認するまで、この曲について語らなかったと言う。

タイアップの話も断ったってよ
純粋に、曲で勝負したいから、と。。。。


結局、ヒットしたのだけれど、それを、
「今までで一番うれしかった」
と言ったらしいわ。


このような経緯があったと知って、改めて歌詞を見つめて、じっくりと
妄想
してみましたー♡♡


以下、妄想編↓


B'zの曲が、
「作曲先行で、曲をもらってから稲葉さんが詞をつける」
とは、有名な話です。
この曲もそうだったと仮定すると。。。。

「ZERO」
の曲が出来上がった時、松本さんは、ゾクゾク身震いが来たに違いないよねー。

「これだ!!
すごいのができたぞ!!
この感じを、求めてたんだーッ!!
この曲で勝負だ!!
ホントのB'zを、世間に見せてやるぞー!!ウオーーーッ!!」

と、一人、ガッツポーズ決めてたんじゃなかろうか。


んで。
さっそく稲葉さんにお披露目。
曲を聞かせながら、稲葉さんに語ったのではないかしら~~。

「この曲で勝負したいんだ。
 今までのイメージを脱却したいんだ。
 ホントのロックバンドになれるかどうかの、賭けなんだーーーーッ!
 スッゲー詞を、書いてくれ!!」

的な、アツイ、オトコ語り・・・・・。


そして稲葉さんもきっと。
聴いた瞬間に、
「この曲は、スゴイ!
 いける!!」
と思ったんじゃないかな~~♡

だからこそ。
たぶん、当時はまだ、今よりも、作詞に対する苦手意識のあった若き稲葉さん。
プレッシャーに押しつぶされそうになってしまったんじゃなかろうか。


3日も4日も、寝ないで考えても、いい歌詞が浮かばない。。。


『ロックな歌詞?
って、何?

投げやりな感じ?
反抗的な感じ?

でも、どっかで聞いたようなありふれた歌詞にしたら、松本さんに悪い。
だいたい、どんな歌詞なら、納得してもらえるの?
どんな歌詞なら、この曲に合うの?

この曲に賭けるって、松本さんが言うなら。
自分も、自分の全てを注いだような詞を書きたい。
サイコーにロックな詞を!!


でも、それはどんな?
恋愛ソングじゃ、違うだろ。
世の中をたたく?
違う!そんな歌詞が書きたいんじゃない!!

あああああ~~~~。
考えすぎなんだ、俺は。

あああああ~~~。
どうすりゃいいの?、ヘンになりそう!!

ああああ~~~。
俺は、いったい、何を考えて、何を言いたい男なのか。
わかんねえ。わかんねえ!!
誰か僕に教えてよー!
松本さん、あなたが僕に教えてよー!
今からあなたのところに行ってもいいですかー?


だいたい俺は、一皮むけば、ただの田舎モノ。
ロックな歌詞?
そんなこと言われたって、冷や汗たらたら。

所詮毎日、冷や汗書きながら、人にイタイとこ突かれながら、やけくそになりながら、必死に頑張って生きてるだけ。

ああ。
ファンの子たちに会いたいな。
そして、「稲葉さん素敵!」と、言ってほしい。
自信を持ちたい。
ああ、今会って、「これでいいんだ」っていう確信が欲しい。

でも、甘えてちゃいけないのかな。

だいたいさ。
この曲で、再スタートって、松本さんは言ってた。
確かにこの曲は、違う。
ロックだもんな。

今までのファンの子は、「なんか違う」って言って、離れてくかもしんない。
「B'zは変わった」と、評論家たちに、こき下ろされるだろうか。

この曲で、何かをつかむかもしんないし、全てを失うかもしれないんだ、俺たちは。
まったく売れないかもしんない。
ファンなんか、一人もいなくなるかもしんないんだ・・・。

もう一回、ZEROからのスタートなのか??

いや、もしかしたら、この曲で、最高の何かをつかむかもしんない。
そのぐらいの価値ある曲であることは、確かだ。

賭け?
面白いじゃん。
やってやろうじゃん。

でも怖い。
逃げたいな。寝たふりしてたいくらい。

ああああ~~~。
どっちなんだ。

あああああ~~~~。
もう真っ白~~ッ


とりあえず。今は松本さんの路線を100%信じて。
俺もすべてを賭けてみようか。

そうだ
そのためには。
今の俺を、ストレートに描いてみようか。』


と、考えた稲葉さんは、そのままストレートに、自分のその思いをロックな歌詞に作り上げたのではないでしょうかー

できあがった歌詞を見た松本さんはきっと。

「OK!!!  サイコー!!」
と、叫んだと、思います♡


↑妄想編終了☆


というわけで。
私の妄想の中では。

「君」=松本さん
「会いたい」=ファンに。

という解釈。
で、全てこの歌詞は、稲葉さんの本音部分、という解釈です


この「ZERO」という曲で・・・。
自分と松本さんとファンという三者のつながりの中での、
グルグルめぐる悩み、不安、自虐的世界観など。
自信のない、裏側の心を描いた稲葉さんは。


「RUN」という曲で、それとは反対の面。
前向きな、信頼感。
松本さんとファンと自分との、ゆるぎない絆。
自分を認める気持ち。
そんなプラス面を描いたのではないかなー、と思います。


「ZERO」と、「RUN」とで、裏と表じゃないかなーーー、と。。
感じる次第。

「RUN」の方が後からできた曲らしいですね。
「RUN」ができるまでは、「ZERO」が、アルバムタイトル候補だったらしいですよ!!


ところで。
東京を「のどが渇く」とか「砂漠」と表現してることに関して・・・。

田舎から出て来たモノたちの、実感だよねー。

そして、以前、津山を旅したとき。
「水っぽい!!」
と感じたんですよーー。

川が多くて、稲葉さんの実家周辺は、なんか、「水路」っぽいものが多かった!
やたら、水が、流れてる!!
非常に「潤」の、印象がありましたんですーーー。


稲葉さん、東京を、「乾いてる場所」として認識したのは、実感だと思いました。




ZERO

ぎらぎらした街をぬけ さっさと家に帰ろう
思わぬ工事渋滞で 赤いランプを眺めりゃ
また考えすぎのムシがじわりじわりと湧いてきて
僕は僕自身に 一日分の言い訳をはじめる

たちの悪いくせだね
このまま車ごと君の家につっこもうか
なんてことまで浮かんでくる

今日はいまいち思いやりに欠ける日だったとか
人の気も知らないで「お前は変わった」なんて
簡単に言うやつのうさん臭い顔だとか

空っぽの冷蔵庫開けて いろいろ思い出してると
都会の暮らしは やけに喉が乾いてしまう

いまあいたい すぐあいたい 砂漠の真ん中で
ねむりたい もうねむりたい 全部凍らせたまま
流れよう 流されよう この波に揺らされ
ゼロがいい ゼロになろう もう一回

(人のすることに文句ばかりつける ノンキ女だきゃ避けて通りたいけど
自分だって悩める人の心情 理解した気で余裕綽々!
鏡覗いてみて昔と変わらん same all 田舎モン
冷や汗かき 踊ってる踊ってる おかしいね)

どうすりゃいいの ヘンになりそう ネオンで空が曇ってる夜は
何をどこまで信じればいいか 君が僕に教えてよ

今あいたい すぐあいたい 砂漠の真ん中で
ねむりたい もうねむりたい 全部凍らせたまま
流れよう 流されよう この波に揺らされ
ゼロがいいゼロになろう もう一回

ゼロがいい ゼロになろう もうまっしろ




にほんブログ村 音楽ブログ グループミュージシャン応援へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは、初めてコメントします^^
昨日はコメントありがとうございました!
私もよくこちらにお邪魔して読ませて頂いてるのですが、コメントしそびれて読み逃げで失礼しましたi-201

「ZERO」大好きなので、歌詞の考察楽しませて頂きました!
私の解釈はこぶりんぼさんの最初の解釈と同じような感じだったのですが、妄想(笑)のところも妙に説得力があってなるほど、と思ってしまいました(笑)。
この曲はB'zの方向性を決定づけたシングルだと思いますが、その分悩んだろうことは想像に難くないですよね。
確かにそれをそのままストレートにぶつけたのかもですね^^;
しかしこれ、2nd beatの「恋心」の方が人気高いんですよね…汗
松本さんがそこ残念がっていましたが、すみません松本さん、「ZERO」大好きですが私も「恋心」の方が好きかも(笑)。

ところで、これタイアップの話断ってたんですね(@_@)
純粋に曲で勝負したいからって、松本さんカッコ良すぎですi-189i-189

No title

毎日暑いですねー(^_^;)                               次男にこの記事を読ませたら、確かに裏のジャケットの方がカッコイイ!と申しておりました(*^_^*)                              私もそう思います(^O^)        

ごめんなさい(;O;)
慣れないパソコンからコメントしたら、読みづらいことに(>.<)
はやり、ガラケーからにします(__)

Re: No title

> エラニユース様
うきゃあ~~♡、コメントありがとうございます!!
こんなおふざけ全開の私のブログに、コメントいただき、恐縮でございます~~。

どうやって曲が生まれたか、なんてゆう真実は、誰にも分らないことではありますが、考えてると次第に妄想が広がり・・・。
若きお2人が、張り切ったり悩んだり、煮詰まったり歓喜の声を挙げたり・・。
そんな中で、一つずつ一つずつ、宝物のように曲が完成していったのだろうな、と思うんです。
その様子を、勝手に思い描いてしまうんですわ~。萌え~~♡

松本さんって、本当にカッコいいし、とても強い方ですよね。
考え方や信念が、とてもシンプルで、ブレナイところが、非常に素敵!
あんな大人になりたいな、と、今でも思わせてくださいますね♡

ご訪問、本当にありがとう!♪!

Re: No title

> ねむりねこ様
こんにちは~~♪
素敵なご次男様と、よき母ねむりねこさんの絆が、B'zのお陰様でますます太く確かなものになってる様子が感じられて、ほのぼのします。

そーなんですよ。
このジャケットの裏に隠された真実を、知ってみたいです!!(普通選ばないよね?この写真(涙))

Re: タイトルなし

> ねむりねこ様
いえいえ~~。
パソコンでも、ガラケーでも、ハガキでも、速達でも、電報でも、なんでも嬉しいですわ~♡
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
毎日毎日、B'zをBGMに4人の男の子を育てています。
育児は好きですが、家事は苦手。

よろしくお願いします☆

最新記事

最新コメント

カテゴリ

フリーエリア

リンク

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア