小学校からの、恐怖のお電話事件。

先日のコト。。。

夕方、ケータイが鳴った。
が。
その時私は、銀行のATMで、現金をおろしてる真っ最中。
しかも、後ろには人が並んでる。。。。

出れない。



終了後確認してみると、小5三男と小2末っ子の通う、小学校からッ


忍び寄る、サワサワ感。。。


今までの経験から言って、99%、末っ子の担任の先生だろうな。。。
三男は、この5年間、一度も担任からお電話など貰ったことはないのだから。
末っ子は、ちょこちょこ問題をおこしてるんよぉ~~

・・・すぐにはかけ直せない、ビビリな私。
しばらくして、全ての用事を済ませ、落ち着いてから、車内で1人、電話をかけた。


教頭先生が出る。

「5年〇組の{三男}と、2年〇組の{末っ子}の、母です。いつもお世話・・・」


「あー。末っ子君のお母さんッ! 

今日は色々、ご心配おかけしましたね!!
今、担任に替わりますね!!」



教頭先生まで、話が行ってるッ!
そして、私はもはや、末っ子の母としてのみ、認識されているッ!!


ひょえーッ


担任の先生のお話によると。。。。。


「今日、末っ子と、お友達とが、悪ふざけをしまして。
悪ふざけの度が過ぎて、あるお子さんのTシャツの背中に、落書きをしました。
しかも、バカにするような言葉を。。。。。

事情を調べた結果、「イジメ」というよりは、「悪ふざけ」という感じであったようなのですが。
あまりにヒドイことなので、そのTシャツの写真も撮っておきました。
書かれたお子さんのお宅に謝罪をした方がいいと思います。

先ほど、お電話したのですが出なかったので、お父様の方にお電話し、お父様にはもっと詳しくご報告しました。」




ぎょわわわわわ
何度も何度も先生に謝って、電話を切ったわ~~。



サイテーだな、末っ子

ふざけんな末っ子







我が家には、4人息子がいるが。
「イジメ」的観点から見ると。



長男は小学校高学年辺りは、確実にイジメを受けていた。
現場を見てしまったこともあり、私の胸は潰れた。


次男は、傍観者的なヤツ。
しかし、時として、傍観者のままではいられず。
強いものにへつらってるうちに加担してしまう。
危ういのだ、すごく。
だから時々、コテンパンに、私が叱る場合がある。


三男は、イジメは受けてはいないようだけれど、いじめられる可能性は大きいタイプ。
真面目で、その真面目さが、からかわれやすそう。
純粋なので、周りの子供たちに時として、ついて行けてない。
試練の時が来るのかな、今から。
と思うと、心が折れそうになる。


そして末っ子だ。
今回のコト。
明らかに、いじめっ子タイプなんだろう。
家にいると、『カワイイ末っ子』なのだけど。
学校にいる時は、違う顔を持つんだろう、きっと。
相手の痛みを考えずに、悪ノリして、人を傷つける。。。。

なぜ?
ナゼ末っ子は、そんなことを???


ぐるぐるぐる~~~



人をからかったり、いじめたりすることは、どう考えても許せることではない。
常識で考えてもそうなのだけど。
さらに私は。

長男の母親として、三男の母として。
絶対に許せないッ!




もしも。
小学校の時に、もしも、長男が、洋服に落書きされて帰ってきたとしたら。。。。


たぶん。
私は泣いたと思う。そして、
「学校に行かせたくない」
そう考えたのではないかな。


で。
もしも。
もしもそのような出来事が原因で、長男が学校に行かなくなったと考えたら。。。。。

もしも彼が学校休みがちになってたとしたら、基礎学力が欠けてしまってただろう。
小学校って、分数の計算とか、いろいろ大事な基礎をいっぱい学ぶからね。

そしたら、今のように、「物理の道へ」等と、言えてただろうか?
今のように、『勉強の方面で、自己実現』みたいな生き方に、出合えただろうか。

たまたま彼は、学校へは行き。
たまたま授業をしっかり受けた。辛くても。
そのことによって、高3の今、進路が見えてきてるのだ。

でもそれは「たまたま」で。
行かなくなってた可能性だって、とても大きいのだ。


そう考えていくと、イジメというのは、人の将来を奪う大きな犯罪だと分かる。
絶対に許せない!!





今回の件。
担任の先生は
「イジメではなかったようですが」
と言っては下さったけど。

教頭先生にまで報告が行くような、悪事であったコトには間違いがないし。




帰宅後、
末っ子が見た地獄
を、ここに詳しく書く勇気は、ありません。。。。。

我が家はスゴイコトになっちゃいましたわ。


私の、気合と、気持ちと、体重と、声量と。。。。
全てを賭けて、威圧し、叱りまくりました。


たぶん、恐怖で、気を失いかけたと思います。彼。


自分でも、自分が怖かったわ、正直
ナマハゲと、夜叉と、口裂け女
とが、私に乗り移ってたわ。






ふううう。
末っ子に必要なものも、愛なのでしょうか?
でも。
このタイミングで、優しく抱きしめるなんて、絶対にできないし。
ど・・・、どうすれば??



もうすぐ、個人面談もありますン。
肩身狭ッ



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

ツライですねぇ~~

こぶりんぼさんに感情移入しすぎて、心乱れちゃいました(T_T)
イジメが存在すると、わが子がどんな立ち位置にいたとしても
親はキツイですよね~!被害者でも加害者でも傍観者でも…。

うちは今のところ経験してないですけど、子どもの世界って常に
イジメの芽だらけって感じで、避けて通れるとは思えないですもん(T_T)
その時に自分が平静でいられる自信ないですぅ~~

末っ子くんも、こぶりんぼさん地獄を見たコトで(スイマセン)、
きっと自分がしちゃったコトを自覚できたと思いますよ~。
でもなんか身につまされるお話でしたわ~。
いざとゆー時に、ちゃんと対応できるのかなぁ~自信ない…(T_T)

No title

本気で叱るこぶりんぼさんから、末っ子さん、人としてしてはいけないことをしっかりと学んだんじゃないでしょうか。
早い内に、そのことがわかった末っ子さんは幸せです。

なんやかんや理由をつけて我が子の悪いところに蓋をする親が
最近多いと聞きます。
悪いことは悪い!
人を傷つけるようなことは絶対してはいけない!
と魂をこめて我が子に伝えることが子育てですよね!

きっと末っ子さん、
こんどは、辛い目に遭っている人の味方になって助ける子になりますよ!

No title

子供は、いい意味でも悪い意味でも色んな
体験をさせてくれますよね(^_^;)

うちは上二人は、とりあえず親が介入する
時期は終わったようですが、それも「たまたま」
何とか終わっただけです。

末っ子は思春期の真っ只中で、更に女子らしく
色々面倒な事があるようです。

学校だけでなく、今は携帯があるせいで、自宅に
帰ってからも友人と繋がっているのが親から見ても
大変そうです(^_^;)

時代が変わっても、人と人との付き合いの根っこの
部分は変わってないと思います。
自分がされて嫌なことはしない、ちゃんと目を見て
話をする、・・・等々、
うるさがられてもせめて我が子には言い続ける
しかありませんよね(>_<)

本当に、子育てはたまたまうまくいくかどうか、綱渡り
みたいなもので、皆にあてはまる正解がないのが
ツライところだと思います。

ただ世話をするだけでも体力勝負!叱るとなるとさらに
体力が必要です!
お互い、まだまだ元気で頑張りたいですね!(^^)!








Re: ツライですねぇ~~

>小藤様
コメント、ありがとうです~~♪♪

本当にね、いじめの問題は、キツイですよね~。
どんな立ち位置でも、辛いです。
でも、3パターン経験してみて、やはり、なんと言っても、「いじめられた」子の親の立場が、断トツに辛かったです~~(泣)
もう、本当に、生きる自信すら失う感じでした。
もっと激しいいじめだったら・・・立ち直れたかどうか・・・。

だからこそ、よそのお子さんと親御さんに、そんな思いをさせたくはないですよね。
でも、我が子が、学校で実際にどういう行動をとっているのかって、意外と分からないですものねぇ~~。
コワいですね~~。

でも、小藤さんなら、もしもの場合でも、毅然とした冷静な対応ができるような気がします。
私も見習いたいわぁ~~。
お互いに、頑張りましょうね。男児親業!!

Re: No title

>海青藍花様
コメント、ありがとうです~~☆☆

ステキな励ましのお言葉、本当にありがとう!!
藍花さんのおっしゃるように、強い気持ちで、毅然とした子育てができるといいのですが。。。
理想はそうでも、実際にはなかなか難しいのも事実ですよね。

親自身、自分の判断や価値観に自信が持てない場合もありますし。。
動揺してしまって、感情に流される場合もあります。。。

今回は、自分なりには「悪いコトは許さない」というコトをしっかり伝えたつもりではありますが。
伝わったでしょうか。。。

辛い人を助けられるような人間に、なって欲しいですね!!我が子には。

藍花さんのおおらかな優しさを、私も見習って、頑張って行きたいです!!

Re: No title

> ひろみ様
コメント、ARIGATOです~~♪

女の子には女の子の、大変さがすごくありそうですよね。
本人の悩みも深そうです。。。

男の子の場合は、大事な部分について、たいてい「何も考えてない」状態なんですよね。きっと。
相手の気持ちとか、自分はどうするべきかとか。。。その辺が、思慮浅すぎ!!

女から見ると、
「よくそんなに、何も考えずに暮らせるものだなぁ」
と、呆れるというか、ある意味羨ましいというか。。。。
理解できないというか。。。

そして確かに、ひろみさんのおっしゃる通り、どの子も違うので、その子に合った方法を模索しないといけないのが、子育ての辛さであり、おもしろさでもあるのでしょう。。。

でも、『この世界のあちこちで、みんなも頑張ってる』、という思いを励みにして、これからも頑張れる気がします~~♪
「ひろみさんも、今日も頑張ってるんだろうな」
と思いながら、B'z聴きながら、明日も明後日も、頑張りますね♪

こんにちは

お疲れさまです。
こぶりんぼさんの気迫、伝わったんじゃないでしょうか。
きっと、親の姿みて、学んでいくんだと思います

親業頑張ったときには、思い切り自分にご褒美あげて、エネルギーチャージしてくださいませね♪

旦那さんがいらして、学校との対応とか、助かりますね。
私も、とっても苦手で、いるだけで心強いですもの!
旦那のいない3年が、笑えるくらいいろいろあって、これは親としての、
試練なんだな~!って思ってました。(*^_^*)
赤点ぐらいじゃ、動じませんっ!(泣笑)

こんにちは(^^)

親として。。。わが子がいじめを受けているのを知ることは
身が千切れそうな辛さですが、わが子がいじめる立場にある
(あるいは加担している)というのは、足元が底抜けるような
衝撃ですよね。お気持ち深くお察しします。

末っ子クンはまだ小学生低学年ということもあって
『悪ふざけの引き際』が見えてらっしゃらないのかもしれませんね。
先生方のおっしゃる「イジメではなかったようですが」とのお言葉も
間違いなくプロの目から見ての判断だったと思いますよ。

大人社会ですら横行しているいじめは、ある意味人間の本質であり
完全に消滅させることは不可能に等しいかもしれませんが、
本当に大事なのはそこから何を学ぶかという事。
今回の一件、本気ですべてを出し切って叱責されたこぶりんぼさまの姿が
なによりも雄弁に末っ子クンへのメッセージになったと思います。
恐怖で、気を失いかけるほどのエネルギーで叱ってくれるお母さん・・・
それこそ充分な愛情に違いありません。

末っ子クンはこんな素晴らしいお母さんの元に産まれて、本当に
果報者ですね(^^)

Re: こんにちは

> そめた様
コメント、ARIGATOです~~♪

気迫・・・だけは、確かにすごかったと思います!!
基本、腰に手を当てて仁王立ちで・・・。
正直、そめたさんが見たら、思いっきり引くと思います~~~i-229
「この人、コワ。」
と、ビビられそう。

ご主人は、3年もお留守してらしたんですネ~~。
帰ってきた時の記事、メチャメチャ嬉しそうでしたね☆
頼りになるご主人、ブラボーです!

そめたさん家に、どのような試練が降りかかって来ていたのか・・・i-282
今夜、過去記事を色々読ませていただき、想像してみますわぁ~~♡
わ、楽しみ!!!

Re: こんにちは(^^)

> あすも様
コメント、ARIGATOです~~♪

本当に、あすもさんのおっしゃる通りですね。
議会におけるヤジ問題を見ても、あれは立派ないじめですね。
きっと、珍しいコトではなく、あちこちで当たり前のように行われている悲劇なのでしょう・・・。
サッカー日本チームへの批判の声も、一時期は良識を疑うヒドイものもありました。
大人の世界こそ、イジメの巣窟かもしれません。。。
悲しいですが。

でも、我が子には、そういう次元で生きていって欲しくはない。
と、願っています。
いじめるのは卑怯者。
いじめられるのは、あまりに辛すぎる。

どちらの立場にも、今後、立たないで生きていって欲しい、と、願うばかりです。

それにしても、本気で怒った時の自分が、自分でも恐くて仕方ありませんi-282
私はきっと、ヤマンバか何かの生まれ変わりのような気がします。
次回は、私自身が、自分への恐怖で失神するんじゃなかろうか・・・i-202

あすもさんのような、キュートでオシャレな母に、なりたいものです~~~♡
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア