深夜のファミレスで

先日のコト。
数少ない私の貴重な友人から℡が来たよ。
何やら悩んでいる様子…

ご近所でもあるし、直接会ってお話しましょう。
というコトになり、子供を寝せた夜9時過ぎに、近所のファミレスに行った。


私と彼女は、子供を通して知り合ったいわゆる「ママ友」なんだけど。
でも、
園内を闊歩する「ママ集団」になじめずに戸惑っていた、
という点で、気が合ったの

以来、10年のお付き合いだわ。
ハッキリ言って、たった一人の本当の「ママ友」だわ、私にとって。
一生尽くしたいほどの感謝よ



さて。
悩みとはこのようなものだったよ。


今、彼女は中学校のPTA役員をしてるんだけども。
先生方に、意見を求められているので、どう答えたもんか、と。

で。
何についての意見かというと。


保護者の何人かが、学校に対して強く要望を伝えて来たのだが。
学校側はそれを受け入れるわけにもいかず。
保護者のその要望というのが、正当なものなのかどうか、どう思うか。
PTA役員の意見を聞きたい、ということらしい。


で。
んでは、その要望とは…?



学校行事のやり方に対する不満なのよね、それが

まあ、例えば。
運動会の種目を変えろとか、遠足の行き先を変えろとか、発表会の曲目を変更しろとか。
まあ、そういった類のコト。
理由は、「その方が楽しいから」、的なもの
で、要望を飲まなければ教育委員会に訴えるとまで、盛り上がってるらしいのよ



どう思います?
これ。


私はね、こう思うの。


本当に、切実な悩みや困りごとを抱えている保護者が、学校に対して意見や要望を伝えるのは、正しいコトだと思う。
例えば、
『息子がいじめられてるらしい。事実を確認して欲しい。』
とか。
『アレルギーがあるので、給食に配慮して欲しい。』
とか。
『学習について行けてないようなので、特に指導に配慮して欲しい』
とか。
『友達とケンカしてしまい、登校をしぶる。相談に乗って欲しい。』
とかね。


このような深刻な悩みを持った親は、非常に多い。
このような相談や要望に対して、先生方は真剣に向き合って行かなければならないな、と思う。


でも!!
でもです!!

『遠足の行き先を変えろ。』
とか。
『うちの子は先生が嫌いなので、担任を変えてほしい。』
とか。
『うちの子をリレーの選手にしろ。』
とかね。

そういう要望って、本当に見苦しく、自分勝手だよね。
私は、それは本当に良くないな、と思う。


「単なるわがままなクレーマー」と、
「本当に困っていて助けを求めている人」とは、絶対に違うはずだ。

あまりにクレーマーが増えると、真に悩んでいる方の本当の訴えが、かき消されてしまう
それが一番の罪だと、私は思う。

本当に、正当に悩んでいる親子が、一番の被害者になると思う。
先生方の関心も取られるしね

真剣に悩んで訴えてるのに、「またクレーマー?」と思われてしまうかもしれないし


現に今、学校側は、そんなわがままな暴言に振り回されてるようだし。
役員まで呼んで意見を聞くというのだから、ただ事じゃないよね。


でもね。

その、要望を伝えて来た親達の子の学年は、イジメの噂もあるし、学力低下が深刻な学年でもあるらしい。
そんな大事な問題が、置き去りにされて、「行事の好み」みたいなちっちゃい不満に、エネルギー吸い取られるなんてね~~~。


こういう感じの「ママ集団」の盛り上がりには、本当に付いていけないよ…



深夜のファミレスで、何のアドバイスもできないまま、2人で話し込んだ。
有益なコトは何も言えなかったけれど。


でも、なんとなく…

私も時として、自分の感情に溺れて、見苦しい自己中行動で周囲を困らせるかもしれない。
その場合は、遠慮なく私を叱って欲しいと、友人に呟いたわ。

他人事じゃないよね
偉そうに批判してたって、私も単なる愚か者。

何かあれば、どんなふうに我を失うかは、自分にもわからないわ。

気をつけて生きて行かないとなぁ~~
とも思ったり。




なんだかんだで、夜中の3時まで話し込んでしまった。

そんな風に「夜遊び」できるのも、夜泣きする子がいなくなったおかげだね
子供の成長のお陰で、こんな思い出深い夜も、過ごせたよ


子育ての、一番の喜びは、
「子育てから解放される」という幸せを、味わえることかもわからんねぇ~~~


スポンサーサイト

コメント

No title

難しい問題ですよね。こぶりんぼさんは学校側と親御さん側とどちらの視点ももっていらっしゃるので興味深く読ませて頂きました。

私も娘の病気の事で学校にお願いしている事があるのですが、いつも『これは「病人様」になっていないか』何度も主人や家族と話をしています。
学校はあくまでも集団生活をする場であり、個人個人のわがままを聞く所ではないと思います(ただ、個々に対応する事が悪だとは思いません)

遠足や担任の変更やリレーの件は、何処に根本の問題があるのでしょうね。「嫌なモノは嫌なの!!」じゃ、理由になりませんものね。

私の通っていた中学校で「山岳遠足」があったのですが保護者から「危険だから中止して欲しい」と言う意見が上がったんです。
でも学校側は「大丈夫」と伝えたのですが、保護者が実際にその山を登り危険個所を指摘したんです。
ガイドの方も「この時期の山は中学生(しかも大勢)には厳しい」との意見もあり中止になった事がありました。
もしかしたらこれも所謂「クレーマー」なのかもしれません。
意見を述べる事は同時にその言葉に対しての責任が生じるのだと思います。意見だけ述べて何もしないのはただの「クレーマー」なのかなぁと・・。

こぶりんぼさんの記事拝見してとても考えさせられました。
長々と書いてしまい申し訳ありません。
しかも偉そうに色々書いてしまいすみません。
お友達のお悩みが少しでも良い方向に進む事を願っております。
こぶりんぼさんの様なお友達が居て心強いでしょうね(^-^)

Re: No title

> お弁当さん
こんにちは☆
こんな、微妙な、不愉快な記事にコメント下さって、本当にありがとうございます。
お弁当さんのコメントを読み、やはり、お弁当さんはステキな方だなあ~、と思っちゃいました♡

お嬢さんのご病気で、どんなにか心を痛め、パ二クッってることかと思いますが、そんな中で『病人様になっていないか』と、自問できるところが、まず素晴らしい所だと思います。
その、自問自体がなかなかできないコトだと思います。
迷わずに、学校側に助けや配慮を求めていいのでは?

山岳遠足に関しても、素晴らしい保護者だと思いました。
子供を危険から守りたいと願い、実際に責任持って下見にまで行く、というのも、本当に頭の下がる行動だと思います。

私が不安を感じるのは、親が、
「ムカついたから」「バカにすんなよ」
みたいなノリで盛り上がり、当の子供自体が置き去りにされてる時。
そういう現場を何度か見てきました。

お弁当さんや、山岳遠足の保護者のような、子供のことを案じた、良識と責任のある『親の願い』が、どうかかき消されて行きませんように、と願っています。


Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
毎日毎日、B'zをBGMに4人の男の子を育てています。
育児は好きですが、家事は苦手。

よろしくお願いします☆

最新記事

最新コメント

カテゴリ

フリーエリア

リンク

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア