実家あれこれ

この土日、親孝行をしてきた。
とはいっても、結局親孝行にならなかったんだけど…。




車で20分ほどの距離のところに住んでいる両親は、6年前までは、とても元気に楽しんで暮らしていたの。


が、6年前に母が脳出血で倒れ、半身マヒの車椅子の人となった
毎日母の病院に通っていた父は父で、今後のことを思い詰めたのか、次第に様子がおかしくなり、やがて鬱病となった


鬱病というと、元気がなく意欲が出ないだけのように思っていたけれど、父の病状はそれだけでは済まなかった。
幻聴・被害妄想・自殺衝動。やがて錯乱、狂気へと…

病名は本当に鬱だけだったんカナ~?。
よくわからない。
たぶん違うと思う。



父を入院させられた時は、本当にホッとしたものだったよ。
私達の手には負えなくなっていたからね



両親を別々の病院に入院させてた頃は、私もまだ末っ子が2~3歳で、本当に大変だったよ~。
洗濯ものを運んだり、主治医と相談したり…



やがて、先に退院した母をどうするかというコトになって、兄、姉、夫とも相談の結果、結局、我が家に迎えた。
介護の日々よ。

アレはキツかった!!
ホント、辛かったな~

ちっちゃかった末っ子と、幼稚園の三男。
その上私は、三男の幼稚園でPTA会長を引き受けていたのだよ。既に。

でも。
何が一番辛かったかって。
時間や体力以上に。

『大好きだった母を、憎み始めていた自分』
がね、辛かった。
「今母が亡くなったとして、自分は悲しめないのではないか?」
と思ってしまい、そんな自分に耐えきれず、よく泣いてたよ。



脳出血というのは、体や言語のマヒだけじゃなく、性格まで変えてしまうものなのかもね。
仕方ないよね、脳の一部が機能しないんだから。

優しかった母が、わがままいっぱいの、被害妄想全開な病人になっていくのは、気持ち的に辛かったよ~~。
そんな母と、同じ家で24時間一緒に暮らすのは、耐えきれない辛さだったな~~



その後、1年半もの入院を経て、ようやく治癒して退院した父をも、我が家に受け入れ、2人を介護の日々が始まった。

でも、嬉しいコトに。
父は、
「母と2人で自宅に帰りたい。
 介護保険の力を借りながら、自分が母を介護して暮らす」
と宣言し、準備を始めたよ。
バリアフリーのリフォーム等。

その頃父は、薬のせいか、ウツ状態は抑えられていたものの、スゴクボケていた。
認知症か?、という感じだ。
私の家にいる時、一人で散歩に出ては、しょっちゅう迷子になっていたよ~

それでも、自宅に母と戻る意思は固い。
オトコやな。
うん。
偉いわ。


その後、震災後を私の家で過ごし、しばらく経って落ち着いてから、2人は引っ越して行った。


そんな訳で、今実家では。
ほぼ毎日、ヘルパーさんに来てもらい、老人用宅配弁当の世話になり、その上週1でリハビリ訓練をしたりしながら、なんとか2人で暮らしてる。

リハビリのお陰で、母は、トイレを自分でできるようになった。
歩行訓練もしてる。
なんと
ゆっくりながら階段の昇降も覚えたのだ!!

介護保険サマサマだよ、ありがたい。
そして2人とも、自宅に戻って、自分達で責任持って生活する中で、かなりいい感じで暮らしているよ。


そんな暮らしの中で。
母の気持ちは随分穏やかになった。
昔の優しかった母が、次第に戻ってきて、本当に嬉しい。



で。
実は。

昨日は、
退院後初めて、父が1人で、新幹線に載って
    父の故郷に墓参りに行き、一泊して来る、

という大冒険だった。

本人は、「大丈夫だ」と言うが、母が心配しておかしくなりそうだった。
まあ、迷子の達人だからね。
ぼけーっとしとるしの。
心配もするわね。

母が、
『とても1人で夜は過ごせない』
と言うので、私が泊まりに行くことにしたのだ。



残念ながら夫は仕事で名古屋に出張中。
なので、小学生2人を連れて行った。

高2長男と、中3次男は、それぞれ、練習試合やら、塾の模擬テストやらで忙しく、お祖母ちゃん宅に泊まってるヒマはない。
2人で留守番だ。


土曜は母と、のんびりフィギュアスケートを見て、大輔クンを応援した後、早々と寝た。
年寄りモードで。
  (大ちゃん、頑張れ~~❤❤←浮気中❤)


そしたら、夜中に地震がッ!!
母も起きて慌てていたよ。
やっぱり泊まってあげて良かったな。


それにね。
今回、母に対して、再び優しい気持ちになれてる自分にも改めて気付き、本当に嬉しかった。

離れて暮らせてるからだね。
父には感謝だ。
父の決断・ナイス 
だよ、ホントに。
ちょっとボケてても、父は偉いわ。

父は、自分の故郷で迷子になるという失態もあったようだが、多くの方に助けられて、無事目的を達成したようだ。


そんなこんなで、私とチビ2人、今日の夕方帰宅した。

母の家を出る時、母が、
「本当に来てくれてありがとう。あなたも大変なのに。」
ですと

そして、来てくれたお礼に、と、私に1万円、チビチビには500円ずつくれた
 …こんなに!?
一応辞退するが、ねじ込まれる…。

大変な時に留守番させちゃって、かわいそうなコトしたね、と言って、長男次男にも2500円ずつのお小遣いを手渡された
 …こんなに!?


んんん~~~。
たまには親孝行、と思ったのにな。

なんだか、『申し訳ない』と思わせてしまったことが切ないな

その反面、『申し訳ない』と言う気持ちを、母が持てるようになったことが嬉しくもある
一時期はまるで女王様だったから。
めっちゃ、感じ悪かったんですよっ


で。
自宅に帰って来てから、あたくし、大忙しよ~~~!!

今日ラジオに出演してるはずの
  稲葉さんについて、
   情報収集をしなくてはッ!


パソコンにしがみ付いて、ゴンさんとの会話を検索検索…と。

どれどれ。


うひゃ~~~~っ
楽しそう❤
やだもう、稲葉さんったら、楽しそう
文字からもビンビン伝わってきたよ!!!

さっそくにトーク内容をまとめて、記事としてアップして下さるB'zファンの方々には、心から感謝だ。
おかげ様で、すっごく美味しかったです❤ごちそうさまでした
  

ふわ~~~。
疲れたけど、ステキな週末だったな。
スポンサーサイト

コメント

No title

こぶりんぼさん、こんばんは!

今までこぶりんぼさんのご家庭やお仕事の様子
しか知らなかったので、ご両親の状態や想いを知り、
こぶりんぼさんに対する尊敬の念でいっぱいになりました。
(お二人で暮らすご両親の気概も感動しました。)

4人の子育てとお仕事の両立なんて大変だろうなあと
漠然と思いつつも、明るく幸せなオーラが出ている
こちらのブログに元気をいただきにくるだけの私・・・

さらに、遠く離れて暮らしている私の親、スープの冷めない
距離に住む義理の親、どちらも元気でいてくれるのを
いいことに、甘えて頼っているだけの私・・・

恥ずかしくなりました。
日々の暮らしに感謝して、少しは親孝行をしておきたいと
反省させられました。ありがとうございました!

こぶりんぼさんのご両親も、今の平穏な暮らしが
長く続きますよう、お祈りしています☆

P.S.稲葉さんのラジオ、聴けました!歌声もいいですが、
会話の声も大好きです。耳元、というのが新鮮でどきどき
しました♪

Re: No title

> ひろみさん
コメント、ARIGATOございます!!

私も、親が倒れる前までは、今思えば、甘えまくっていましたi-229
出産の里帰りでも、何カ月も居座り、上げ膳据え膳で。
何かあれば、子供を預かってもらったり、資金援助をしてもらったりと、もう、恥ずかしいほどの甘えっぷり…。
そのことを思うと、もっともっと恩返ししなきゃならないはずなのに、なかなかそれができず…。

実は今まで、何度か、親の病状を書きたいな~と思ったのですが、なかなか書けずにいたのでした。
母に対する心のモヤモヤが大きすぎて、書けなかったんだと思う…。
昨日、やっと書けたのです。きっとそれって、ようやくモヤモヤが薄れてきたからかも!!
そんなモヤモヤな記事に、こんな素敵なコメント下さって、とっても嬉しかったです☆

ひろみさんは、ご両親がお元気なうちは、いっぱい甘えていいと、私は思います!
たぶんそれも、親孝行なのかもしれないですよね!
元気じゃない時が来たら、その時頑張ればいいだけだと思いますよ~~~。

P.S ラジオ聴けて、良かったですね☆
    私にも、稲葉ボイスが耳元で、甘~~く囁いています❤(妄想i-237
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
毎日毎日、B'zをBGMに4人の男の子を育てています。
育児は好きですが、家事は苦手。

よろしくお願いします☆

最新記事

最新コメント

カテゴリ

フリーエリア

リンク

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア