オトコについて考える、読書の秋

久しぶりに、読書に没頭したよ~~。

もともと、活字は大好きだった。
息子らが小さくて、私も働いてない頃は、随分図書館に通って、自分の読む本も借りてたものだ。

育児に忙しい時期は、小説の世界にどっぷりハマる、というコトが難しくて、軽いエッセイばかり借りていた。
こま切れな時間で楽しめるからね。

そんな中で、阿川佐和子や林真理子、田口ランディとか三浦しをん、等々、沢山の女性名エッセイストの文章に楽しませてもらったものだ。
不思議なもので、小説とちがって、エッセイは、圧倒的に、女流作家のがおもしろい。
私には。
やはり、感性が通じるところがあるからかな。


小学生のころから本は好きだったのだけれど、実は、この頃、前ほどは読まなくなっていたよ。

たぶんだけど…。

様々なブログを読む楽しみを覚え、違う世界を生きる方々の生の声を読むことで、『活字欲』みたいな欲望のほとんどが、満たされてしまったんだと思う。
本当に、みんな、様々な人生を生きてるし、そんな中で、丁寧に、生活や思いを綴っていらっしゃるのでね。
楽しくてね。
読書みたいな満足感を得てしまうんだろうね。


でも。
久しぶりに、小説の世界にどっぷりハマった…。
もう、末っ子が小学生ともなると、こんな時間もとれるのかねえ~~。
 (ただし、家事は放棄)
至福の時間やねぇ~



昨日、今日とハマったのは、吉田修一の、『悪人』。

映画化された時、観たい観たいと思いながら、チャンスを逃した。

新聞で連載されてた時も、「おもしろそうだな」とは思ってたけれど、毎日マメに読むと言うコトができず、流れに乗り損ねた。
数週間前に本屋で見つけて、なんとなく買ってたのを、昨日から読み始めたら。


なんと
止まらない。
おもしろい!
こりゃ、映画化しても、流行るわけだわ…。納得。



おもしろい小説っていうのは、読んでるうちに、景色が見えて、匂いを感じる。

何かの拍子に、読書を中断した時、現実世界にうまくなじめなくなる…。
『小説内の世界の方が、今の自分にしっくり来る』って感じ。

それほど、小説世界の中に生きてるってことだよね。
そうさせてくれる小説って、そんなには多くないよ、私の場合。


『悪人』で、久しぶりにその感覚を味わった

ここ4~5年で、覚えてる範囲では、湊かなえの『告白』、村上春樹の『1Q84』等で、味わったよ。
ベストセラーばかりだねえ…。

でもね、同じ春樹でも、「多崎つくる」では、その感覚は訪れてくれなかった…。
評判だけでは分からないよね。

ベストセラーじゃない、掘り出し物の中から、『私だけの逸品!!』というのを見つけたいけれど。
なかなか難しいわ~~。


上記3冊に共通してるのは、複数の人物の視点に入れ替わりながら物語が進む、という点だね。
芥川の『藪の中』みたいに。
そういうのが、きっと私は好きなんだろう。
ワクワクしちゃうのか…?



さて。
話は微妙にずれますが。

今日読んだ『悪人』の中に、思わず膝を打つような表現が出て来たのよ
主人公の若い男を、友人が描写する説明の中で、
「起承転結の、承と転がなくて、起から結に行ってしまうような人」
というような言い方をしていた。

うわっ!!!
それそれ!!!

よくぞ言ってくれました。
その通りっ!!

オンナから見たら、オトコって、みんな、そんな感じじゃな~い?
「起承転結」の、承と転がなくて、
  いきなり結なの~~!

って思うことばかりよ。
夫も、息子らも。

オンナは、むしろ、結論よりも、途中経過や細部が知りたいのに!!
『承』と『転』部分こそが、キモなのに!!

なんか、おとこって、そこんとこが、薄すぎない??
「はい、結論。以上。」
みたいなさ~~~。


ってコトで、小説のストーリーとは関係ない、まさに「細部」で、感激してしまった私。
吉田修一の、筆力に、敬服した!!

ストーリーは?って?
うん。
10回は、泣いたよ。
さらに映画も、やっぱり見たいな。




スポンサーサイト

コメント

No title

こぶりんぼさん、こんにちは♪

わたしも吉田修一さんの作品は好きで~す。

でも・・・同じくネットでブログ巡りをするようになってから 読書量は激減しましたわ。
最近はお風呂に入りながら、文庫本を読んでます。

「悪人」は映画を観てから、原作を読みました。
だから、小説の中の祐一は妻夫木さんで、光代は深津さんがイメージされちゃったよ。
わたしね。
小説では光代の孤独に泣けちゃったよ。

同じく吉田修一さんの作品で「横道世之介」も好きです。
こちらも映画を観てから 読んだの。
世之介くんも いきなり「結」の男だなぁ・・・
しみじみ・・・
こちらはラストで10回分の涙が待っていました。

No title

はじめまして!

少し前に偶然こちらのブログを知り、時々
お邪魔させていただいています<m(__)m>

読んでいると、こぶりんぼさんのお人柄が
伝わってきて、ほのぼのとした気持ちに
させられます♪

子供がいる毎日は、予測不可能なことだらけ
ですが、こぶりんぼさんはとてもおおらかに、
愛情いっぱいに接している様子!
それが楽しく、時には真面目に語られていて、
素敵なブログだと思います☆

B'z話もたくさんあって、ステキです♡
まだ全部は読めていませんが、妄想稲葉サマには
かなりニヤリとさせられました(笑)

私も最近はブログめぐりのせいで、読書量は
かなり減っています。でも、『悪人』は以前
読んでおもしろかった覚えがあります!
個人的には伊坂幸太郎さんが好きで
色々読んでいます♪

同じB'z好きで、ほぼ同年代だと思われる
こぶりんぼさんに、勝手に親しみを感じています。
またお邪魔させて下さいね☆

Re: No title

> ちゃいこさん
コメントありがとうございます♡!!
ちゃいこさんも吉田修一が好きとは、嬉しいです。

本文にも書きましたが、育児没頭の期間、小説の世界からは遠ざかってました。
まとまった時間が取れない、そばでいつも、ちっちゃいのが騒いでるから…。
等々の中で、『入り浸る』ことができなくなってたんだと思います。
小説って、入り浸りたいですものね~~。

このごろやっと、再び読むのが楽しくなってきました☆
次は、『横道世之介』を読んでみたいと思います。
教えて下さってありがとうi-237!!

ちゃいこさんのお薦め本…ぐふふ~~~、楽しみ❤(←なんとなく、オヤジ化i-229

Re: No title

> ひろみさん
わ~♡、コメント、ありがとうございます!
とっても嬉しいです。
ほぼ同世代で、B'zが好きとはi-233
なんてステキな出会いでしょうか…。
思い切ってコメント下さって、本当に感謝です。

ブログ始めた時は、「子育ての記録として。」と思ってました。(温かな母を、自己イメージ)。
まさか、こんな『萌え』と『妄想』に、自分が支配されるとは…自分の意外な一面を見た思いですi-183(変態母だったのか…)。
こんなブログですが、ぜひぜひまた、遊びに来て下さいね!
お待ちしています☆
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア