B'zライブが終わった! ARIGATO

さてさて。
ライブもクライマックスに近づき、体もいい感じにクタクタです♡



もともと、普段田舎で、車でばかり行動してる人間にとって、都会の電車生活は、非常に疲れるのです
会場着く時点で、かなり足にガタが来てたよ。


「都会の暮らしはやけに のどが乾いてしまう
は、田舎から出てきた人間の、本心からの実感じゃ。

足も、振り上げた腕も、「幸せ疲れ」という感じかな。



稲葉さんのMCが入り、
「夏と言えば、皆さん、何を思い浮かべますか?」
と。

私は、B'zファンの方々のアップして下さるブログで情報仕入れてたので
『わ。ここでキャンプファイヤーが出てくるのね❤
 どんな感じなのかな。』

とワクワクしてたら、うちの末っ子。

大きい声で、
「プール!!」
「すいか~~!」

とか、答えてる
子連れの、楽しさだね~

「夏と言えばキャンプファイヤーと、100人いれば99人が答えますね?」
と、稲葉さんが笑いを取って、井戸の登場!



着火マンで火をつけ、キャンプファイヤータイムが始まった。
「ファイヤー!、と叫んで下さい。
 叫ばないと、今日寝るとき、やっぱ叫べば良かったな、と、後悔しますからね。」

というようなコト言って、また笑いを取り、着火時、会場全員で「ファイヤー!!」と。

この時も、末っ子、フライングして、まだ静かな中で「ファイヤー!!」と叫んでたよ!
積極的なお子さんだわ♡(←親バカ)





22日の横浜は、意外と涼しく、風がかなり吹いていた。
キャンプファイヤーの火が、風にあおられて、稲葉さんを直撃し、
怖いんですけども
と、ビビってたのがかわいかったよ~~(←稲バカ)



そして。
キャンプファイヤー囲んでの、カラオケ形式での、「あいかわらずな僕ら」。
サイコーだった!
メンバーがかわるがわる歌い、本当に楽しそう。
大賀さんの弾ける笑顔
増田さんや松本さんのおふざけ


今回の25周年を象徴する歌だと思ったよ。




私は20周年は、DVDでしか知らないんだけど、全然違う!!
20周年は、もっと、緊迫感があり、『感謝』の気持ちが前面に押し出されてたし、感動を呼び起こす感じのMCだった。

今回の25周年は、それに比べると、スゴク、肩の力が抜けていて、ピリピリした緊張感も、涙を誘う大きな感動も、あまり強調されていないと感じた。
(曲によってはあるけれど、全体のムードにはならない)



それよりも、
「楽しさ」「笑顔」…、
そんなものがテーマになってたと思う。

そこに、5年分の、成熟、実力上昇、人間の器の拡大、を、感じたよ。

いくら若く見えるとはいえ、いい感じに年を重ねてる
グラミー賞、震災、エアロスミスとの共演、その他色々な経験を5年の間に積んで、2人はまた違う高みに登ってるのかな、と感じた時間だったよ。

「肩の力を抜く」っていうのは、本当の実力者にしか許されないコトだもんね。




夫も、このキャンプファイヤー企画、
「これはサイコーだね!!」
と言ってた。
同感!!
「どこに行ってもいい 道なんていくらでもある」
という歌詞が、ホントに背中を押してくれるね。

フォークダンス「オクラホマミクサー」を、増田さんが奏でてくれたりと、脱力系・懐かし系のステキなひと時でした。


さて。
この後は、愛のバクダン・イチブトゼンブ・LOVE PHANTOM、Q&Aと、もう、ヒット曲連発。
派手に派手に責めてました!

巨大な飛行船が登場したり、(何人かで、下から紐で支えて動かしていた!!)、稲葉さん走る走るだったり、忍者のダンス隊(?)が盛り上げてくれたり、花火も上がって。
お祭りムード満載の、楽しいタイム!!


あいかわらず、三男は、大きな声で歌いながら、腕振り上げてる
この子は、ホントに頑張り屋だから…(←親バカ)


「NATIVE DANCE」では、一体感ある振付を楽しんだよ。
本当に、会場中が、一つになる感じがじ~~んと来る。


そしていよいよ!!!
キタキタキタ~~~~!
「さまよえる蒼い弾丸」!!!!!!



この曲は、ジャンプが見れるので、ものっすごくワクワクする。
49にもなって、あんなジャンプを見せてくれるなんて、ステキすぎる。
この日も、ステキなジャンプだったよ~~
ぴよ~~~~~ん♪


なにしろ、私、この曲から、このブログの題名を頂いとる。勝手に
私にとっては、もう、感謝と、愛の全てを注ぐ対象だ。




誰でもそうかもしれないが、私もたびたびブログに悩むよ。

日記代わり、と始めたブログであっても、なかなかそれだけでは済まない。
傷つけたり傷ついたり。
寂しくなることもあるし、内容を後悔する日もある。
何かを始めれば、必ず、悩みは生まれるよね。


でも、B'zが、この曲を25周年のセトリに入れてくれて、激しく歌ってくれて、頑張ってジャンプもしてくれた❤
「頑張ってみなよ、もうちょっと
って言われた!!(気がする)

歌ってくれて、感謝。うるうる。




そしていよいよギリギリchopの時間到来!!

チビチビ2人に、「Endless Summer」のタオルを握らせ、
「クルクル回すんだよ」
「分かってる!!」
ってコトで。
タオルは2本しかないので、大人2人は素手で参加。


それがさ
私の左隣りが三男だったんだけど。
この子もともと、『ヌンチャクオタク』で、毎日、ヌンチャク修行に励んでるんよ。
『振り回し』の、プロね。

その子が、力いっぱい回すタオルが、毎回、私の左頬を、バシッバシッと、直撃するんよ~~~
結構、痛いのよ~~

あまりの楽しさに、注意するコトもできず、痛みを楽しむコトにしました。
この子ったら、こんなに力強くなって…(←親バカ)


末っ子を見ると。

会場の盛り上がりに逆らうように、一人で椅子に座り、黙って、タオルを頭にターバン状に巻きつけるコトに夢中になっていた…

この子はいつも、9時に寝るのよね。
で。
この日もこの辺りで、眠さが爆発的に襲って来たようで。
頭にタオル巻き付けたまま、
「ねえママ、いつ帰る?」
と始まった。
目が半分寝てる・・・・。


アンコールを待つ時に、
手拍子が「BANZAI」のリズムだったのにビックリしたり。
「juece」、「ultra soul」と、アンコールも激しく盛り上がり、花火連発に興奮したりしながらも、末っ子が気にかかる…。




ラスト3曲は、
「ねえママ、いつ終わるの?」
「ねえママ、帰ろう」
とのグズグズ攻撃で、ちょいとキツかったけど、これもステキな思い出さ

眠い中、「お疲れ~~~!」
まで付き合ってくれて、末っ子に、感謝だよ。



途中、会場を美しい月が照らし、空に祝福された日だったな、と思う。

何度も吹きあがった火が、とても熱いものだと改めて知った。

「あがき続けたい。」
「皆さんが僕達のモチベーション。」

という稲葉さんの言葉たち。

そんなたくさんの「ステキ」を胸に刻んで、会場を後にしたよ。

付き合ってくれた息子2人と、留守番してくれた息子2人と、同じ時を過ごしてあちこちでフォローしてくれた夫に、心から感謝な1日だったよ


しかし。
帰り道、新横浜駅で、大変なコトが!!(次回予告


スポンサーサイト

コメント

No title

こぶりんぼさんのブログを本日の私のブログで紹介させて頂きました。
了承頂き、本当にありがとうございました。
紹介文章で何か失礼がありましたら、遠慮なく仰ってください。編集致します。
私の方は(ブログにも書きましたが)どうぞ御好きに使ってやってください<m(__)m>

お子さんたちもライブ満喫されていますね~(*^_^*)
私の娘も5年前初めてライブに参加した時は、バラード曲で若干眠くなったりしていました;(同じく9時就寝なので)
でもタオル振りまわしたり、恋心の振り付けを見よう見まねでやったり、楽しそうでした。きっとお子さんたちも良い思い出となるのでしょうね。
旦那様も協力的な方で、ご夫婦の絆が垣間見えました。

でもやっぱり生の稲葉さんは、生のB'zは、ライブはサイコーですよね!!!ヽ(*>∇<)ノ
「新横浜駅事件」の行く末を楽しみにしています(笑)
・・笑いごとじゃない話でしたらすみません;

Re: No title

> お弁当さん
ご紹介下さって、ARIGATOございます❤
あんなステキ風にご紹介して下さるとは、もう、本当に驚きと感謝でいっぱいです。
全国のお弁当さんファンに、「けっ」とか「ちっ」とかと言われないよう、私も、ますます、萌えに励みたいと思います!i-184

私もお言葉に甘えて、「リンク」というところに貼らせていただきました。
初めてなので、めっちゃ戸惑いましたが、なんとか貼ることができました☆
紹介文は、どのように入力するのか分からず、書き込めませんでした。残念i-195

新横事件、今から書きますね~~!笑いごとです☆
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア