Splash!

Splash!
は、B’zの中でも、エロい歌、代表!って感じだと思う。
私も初めて聴いた時は、さすがにこれは…無理かも……、好きになれるかな…、と思ったりした。

でも、なんか、今は全然違う。
スーパーお気に入りの1曲❤だ。

どこがいいって、まず、前奏がカッコイイ。
英語バージョンの前奏もまた、違った雰囲気でカッコイイ。

そして、『性』を、『生殖』と繋げてる考え方が、画期的だなぁ~と思う。

普通の歌の中では、男女が抱き合うのは、いつでも『あなたが好きだ』という「愛」の行為として描かれる。
愛してるから、一つになろう、みたいに。
その結果妊娠するかも、とか、子供ができたらどうする?、とか、あなた当然育児手伝ってよね、等等、その先につながるあれやこれやは、とりあえず無視、という立場。
それはそれ、これはこれ。
とりあえず、抱き合う場面はロマンチックに刹那的に行こうや、という暗黙の了解があるんだナ。

ところがところが。
そうじゃなくて、
『未来に向かって、子孫を残そう!避妊なんかしないで、真正面から性に向き合って、いとしいあなたと、命を育もう!』
って、あっけらかんと宣言するSplash!は、すごいと思う。

そういう考え方は、歌の世界で、私は聞いたことがない。
エロいというのを超越して、どちらかと言えばイクメンの世界に近いかも。とさえこの頃は感じる。
だって、『これから始まることを全部シェア』するんだもん。

男女が抱き合うのには、様々なシチュエーションがあると思う。
けれど、
『この人の子供が欲しい!』
と女が思って、
『この女に、俺の子供を産んで欲しい!』
と男が思って、2人で一緒に未来を夢見ながら抱き合うのが、やはり1番の究極の愛の形だと私は思う。

なんの後ろめたいこともなく、ためらいも全部捨てて。
『まっすぐダイブ!』という感覚で。
『今日を運命(卵子と精子の結合!!)の日としよう!』という決意で。
もちろん、結果として、妊娠するかどうかは、問わないよね。決意のことだよね。

そんな決意が、ホントは1番の愛の形じゃないかな、きっと。

妊娠におびえながら密やかに抱き合ったり、許されない恋に燃えたりすることは、本人達が思うほどには、実は素敵なことじゃない。
自己満足の恋と言うか。
状況に酔ってるだけと言うか。

Splash!の世界こそが、1番の理想の愛の形だな、と今は思う。


この歌の中でも特に、『受け継がれてく涙のブルース』というフレーズが、私にとってのピカイチ部分だ❤。
理解しにくいけれど、こんな風に思う。

生きることは、やっぱりツライ。
苦しみがいっぱいの、茨の道だ。
そんな孤独な人生の中で、同じ涙を流せる相手と出会って、奇跡のように愛し合う。
2人は互いの全てを受け入れて、今、新しい命の誕生を夢見て、抱き合ってる。
今、この瞬間がきっと運命の瞬間となり、女性の体内に小さな命は今生まれてるんだろう、きっと。

でも、その新しい命も、親と同様、生まれてしまえば、苦しみに出会ってく。
そうやって、涙は、悲しい魂は、受け継がれてゆく。
この涙は、何万年も前から人類に受け継がれてきた涙で、今日また、未来へと受け継がれることとなった。
こうやって、ストレートな『愛』の喜びを通して、生きることの『涙』を伝え続けたのが、人間達の長い長い歴史なのかな、と。
だから、「子供作ろう!」みたいなストレートな行為というのは、本当はとっても『みやび』な風流なこと。
ほろりとしちゃうほど。


と、こんな風に解釈している。

『自分は人類の一部なんだ』というようななんとも言えない、雄大な感じと切なさと、不思議な感覚を呼び覚ます歌。
なのに、『ムキ身のままで』とか『あなたの中でビュンビュン』とか、使ってる言葉がすごくエグイ!!
そのアンバランスさが、すっごい魅力な1曲だと思う!!!
車の中でも、かなりの頻度で聴いてる。
聴くと、運転はメチャメチャ盛り上がる♪

そして、聴くたび、なんとなく夫との関係を考える。

こんな私に4人も子供を産ませてくれた人。
私たちは、一緒に生きてきて、全てのことをシェアして『永遠のフレンズ』に、なれたのかな~~、とか考える。
2人で懸命に生きる、その汗よ、未来へ飛び散れ!!とか思ったりもする。
私たちは、子供達には、何かを受け継がせているかなぁ~~とか、ネ。




スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
毎日毎日、B'zをBGMに4人の男の子を育てています。
育児は好きですが、家事は苦手。

よろしくお願いします☆

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア