FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B'z 「闇の雨」の風景

2015.1.27
の記事






おB'z様💛の、新曲、「有頂天」
のCDにはですね。
ROPPONGIのこけら落としライブのDVDが、入っていましたわ♪(入ってないのもアリ)

B'zファンの方は、入手なさった方が多いのでは?



あれはお宝ね~~~
スゴかったわね~~~~
見てるともう、自分のあちこちから、タラ~リ・・・・♡
もうね、これだけで人生のオカズになれるくらいです♪


レアな曲が次々で。
黒い青春とか、ながい愛とか、SKINとかね~~
もう、震えましたわ、私も。ブルブルッ



そんな中で。
私的に最も
ガッツーーーン
ときたのが、
ザ・名曲

「闇の雨」
でしたわーーー!!
ビンビン来ましたッ!!ええ。ビンビン。


私ね。
実は今まで、この曲が、さほど気に入ってはいなかったのですわ。
理由?
ええ。
①不倫っぽい
②細かい設定よくわからん
以上2つの理由からですの。
メロディは完璧なのに、歌詞的に、入り込めなかった・・・。


私はこれでも、夫を愛するヒトヅマですからね。
不倫は許しませんです、ええ。

いや。
もっと正確に言えば、不倫はいいいのです。
後悔や反省とともに語られるならば。
人間ですもの、過ちを犯すこともあるわ。
私が嫌なのは、「不倫を美化する精神」ですかね。
おふざけにならないでいただきたいよね、そおゆうの。


なので。
よく設定が分らないながらも、不倫っぽさを、美しげなメロディで歌うこの曲が、胸に響かなかったんすわーーー、今まで。



でもね。でもね!!!


この度のDVDで、ぐぐぐぐッと胸に響き、初めて、情景が目に浮かんだんすよーーー。
ええ。
「闇の雨劇場」
が、私の脳内で幕を開け・・・・・
私の魂が揺さぶられたのさッ!!


『いいじゃないのォ~~~この曲~~♡』
と、実に、初めて聞いた日から20年目にして、「お気に入り」に登録されたのですわ♡
こんなこともありますからね。
おB'z様には今後も、レア曲をたくさんやってほしいわ♪



さて。


なぜこの曲が「わからない曲」として、今まで私に苦手意識を持たせてきたかといいますと。


①なぜ、「月曜」なの?なぜ昼なの?不倫なのに。
  何してんの?
  ま、まさか、月曜の昼から、ホテル・・・!?

②1人でタクシーに乗ってんのは、オトコなの?オンナなの?

③「あなた」は、オンナ?オトコ?

④「今日まで傷つけた人」って、誰? 


あたりが分らんかったーーーーッ!!



・・・・・って・・・、歌詞世界のほぼすべてですよね


つまり。
何も見えなかったんです、景色が。


皆様はこの曲を、どのように解釈していますか?
主人公はオトコ(仮名:コウシ)で、「あなた」は愛する女性でしょうか?
すると、「何もかも捨てる」というからには、夫や子供のいる女性でしょうか?


私にはこの解釈が、正直、しっくりこなかったんですわ~~


やはりですね。
メロディがあまりに美しい!!
ものすごく美しい!!

その美しいメロディに、似合わないわーー、夫や子を捨てる女性という像が。
だって。
それって、すごいガッツでしょ?
キレイでもなければ切なくもない、非常に自己の強い、気合入った行動ですもの。




そして、20年後の今回。

やっと私の心に見えてきた風景とは、このようなものでありましたわ~~~。


まず、この曲の視点はですね。
恋愛中の男女のどちらでもなく、その2人を見守る第3者(仮名:稲吉)とします。




月曜日の町で、キミ(一人の若い独身女性)は、タクシー拾って、駅に向かってるね。
キミは静かに息をしながら、窓の外のスーツ姿の人々を見ながら、愛するオトコ(妻子持ち男性)のことを考えてるね。

彼の妻や子供のことも、キミを心から愛してくれてる若き独身の彼氏のことも(←今まで傷つけた人たち)、今の君は、考えていないでしょう。

キミは今、愛するオトコとの待ち合わせ場所に向かってる。

オトコは、
「土日は、家族と過ごすよ。
 最後に思い出作ってあげないとね。
 そして、月曜になったら、仕事だと言って家を出るから。
 そのまま2人で、汽車に乗って逃げよう。
 2人で遠くに行って、2人で暮らそう。
 君のためならすべて捨てるよ。」
と、約束してくれたんだね。

その男の言葉を信じて、今、待ち合わせ場所に向かう、若くて美しい、そしてとても愚かなキミ。

オトコは来ないよ。
オトコは適当な嘘をついていたんだよ。
オトコは何も捨てないんだよ。
自分の暮らしを必死に守ってるよ、今頃。


そうとも知らずに、オトコを信じて、暗い雨の中を急ぐキミ。
「あなたはいるはず。
 待っててくれるはず。」
と信じて急ぐキミ・・・。

もうすぐ知るだろう、オトコの裏切りを。
自分の愚かさを。
生きることのツラさを。


君のそのツラさを、どうか、雨が優しく洗い流してくれるますように、。
信じて、そして裏切られる、そんな全ての愚かな優しい女性たちの悲しみを、雨が流してくれますように。
僕(←稲吉)は、そう祈っているよ。




とゆう景色が、今回の、DVDの、稲葉さんの絶唱を聴いて、私の目には見えました。
不倫、
とはいっても、愚かなゆえに男を信じ、裏切られる若い女性を、そっと、優しく応援する歌のように聴こえたのです。

そして、心が揺さぶられてしまいました。



「闇」とは、
・2人の関係性の暗さ、そして、
・女性の心の愚かさ(幼さ)と、
・オトコの嘘の汚さ
の3つの象徴かな~~、と。。。

そう感じて、ぶっちゃけ、DVDで泣きましたッ!



だって・・・。
私の身の回りにも、何人もいたんだもの、若い頃
妻子ある男性に、もてあそばれちゃった、悲しい女友達が。何人も

みんな、
「彼は、奥さんとは上手く行ってない。
 いずれ離婚するって言ってた。」
と、無邪気に信じていましたよ
自分が一番愛されてるって信じてました


そうやって、一番きれいな20代後半あたりの時期を、失っていくのです
何人も見て来たわ~~
数年後には立ち直って、同世代と結婚してった子がほとんどですがね




私の解釈が正しいかどうかは知らないけれども。
今回初めて見えた、この歌の風景。
私が年を取ったからこその、解釈かもね。
救ってあげたいよね。
こんな女の子は。。。。。













↑「つらいことだけすべて  ボクが流してあげる♡」
















スポンサーサイト

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。