重い足取りで、実家に顔出したよ

週に1度は、実家に顔を出す。
実家は同じ市内にあるので、遠い場所ではない。
でも。
なかなか足が向かないのが事実だ



数年前に突然、母が脳出血で倒れた。
入院、リハビリを経て、半身マヒの状態の母を、我が家に受け入れたのだった。

そのころ父は…。
母の突然の重病にショックを受け、徐々に鬱状態になり、重症化
錯乱状態となり、精神科に入院させた。
入院していなければ、もう、とっくに自殺して、母より先に亡くなっていたと思う


あの頃は、両方の病院に、足しげく通い、治療法を話し合い、実家を片付け、と、もう本当に大変だった。


母を引き取り、介護の日々。
やがて、その1年後に、退院した父を引き取った。

父の強い希望もあり、我が家で2年ほどリハビリ暮らしをした後、2人は実家へ戻って行った。

現在は、介護保険のお世話になり、ヘルパーさんに来ていただき、リハビリに通い、お弁当を宅配してもらい…、と、非常に多くの方のお世話になりながらも、なんとか70代夫婦2人で力を合わせて、暮らしている。

我が家で暮らしていた数年の間に、(よくあることだけれど)、私の親への思いが、こじれてきてしまっていた
半身マヒは、さぞ、辛いことと思う。
そう、分かっていても、自己中心的な、悲劇のヒロインお姫様な母には、すっかり参ってしまった
マヒがあるので、何かと、介護は必要だったし。

父は父で、もともとの頑固者。
私のアドバイスや要望は、なかなか受け入れてはもらえない。

その上、散歩に出ては、しばしば迷子になって、捜索するコトも重なって行った。
末っ子はその頃まだ、度々オネショもするくらいの小ささだったし、ほとほと疲れていたな~、あの頃。

両親が『自宅に戻りたい』と言って、バリアフリー改修工事を行って、戻って行った時には、本当にホッとしたっけな~

さすが自宅だけあって、父は今はもう、外出しても迷子にはならない。
認知症だったのではなく、本当に、道が分からなかったのだな、と分かった。

母も、何かと自分で責任持って決断しなきゃならない場面が多くあるためか、悲劇に酔う時間も減ったようだし。
介護保険サマサマである。


そんなこんなで、まだ、わだかまりの消え切っていない私は、実家に行って親の顔を見るのが、意外と辛い。

2人は待っていてくれるのだけど。
それに、お金のことやら何やら、やらなければならないコトはいつも山積みだ。



昨日はでも、しばらくぶりに顔を出したよ
行けば、『行って良かった』と思う。
こんなにも待ってくれてるのか、と。


父の誕生日に行けなかった私は、昨日、プレゼントを持って行った。
小さめの、肩から掛けられるバッグと、折りたたみ傘をあげた。

少しボケ始めたのかな。
父は、とても喜んで、私がいる間中、ずっとバッグを肩に掛けていた。
お茶飲む間も。

帰宅後、そのことを夫に伝えたら、
「小学校入学を待ってる子の、ランドセルみたいだね。」
と、笑っていたっけ
スポンサーサイト

コメント

No title

ご両親のお世話もされていて、本当に頭が下がる思いで拝見していました。立て続けに病気になる状態も凄くお辛かったでしょうし、でもこぶりんぼさんご自身の家庭もありますから、私の想像以上の様々な葛藤があったのだろうなと思います。
私の母は数年前に他界しましたが、父はもう70近いですが今の所元気にしていてくれています。
一緒に過ごせる時間が、あとどのくらいあるのかわかりませんが、でも悔いなく過ごせたらと考えています。

>私がいる間中、ずっとバッグを肩に掛けていた。

こぶりんぼさんの上記文面以降からの文章を拝見して、とても心が温かくなりました。ありがとうございます。
ご主人の言葉もとても優しく、お二人の繋がりの深さを感じられました。私もそんな風に主人と歳を重ねていきたいです。

Re: No title

> お弁当さん
コメント、ARIGATOございます!
頭が下がるなんて言っていただき、恥ずかしい思いですi-201
両親の面倒を見ていた時期は、イライラして怒ってばかり、本当に情けないものでした…。
実の親でも、こんなにキツイのかと、世の中の義親と暮らしいる方々を、心底尊敬してしまいました…。

お弁当さんのご実家・御兄弟の様子は、以前、お弁当さんの過去記事で、多少読ませていただいた記憶があります。
とても苦労して成長なさったのかなぁ、と感じた気がします。

でも、お互いに、悔いのない過ごし方をしたいですね。私はまだまだですが…。
お弁当さんを励みに、頑張りますネi-179
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア