FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B'z「イチブトゼンブ」の、感想文。

2015.9.17の記事





他者との関係って、ムズカシイですよね。


初対面の人と仲良くなってゆく過程っていうのも、ナゾめいてる。
どうやっったら、仲良くなれるのか・・・・。
わからんよねえ。


私の今までの数少ない経験を顧みるならば・・・・。
それは100%、相手の方のご人徳であるよ。
なんだか、いますよね。
人懐っこくて、あったかくって、ニコニコ迫ってきてくれる可愛いお人。
あれはスゴイよね。
それで、上辺だけじゃなくて、中身も本当にいいヒトなもんだから、いやはや。
脱帽さね。




でもね~~。
さらにもっとムズカシイのが、夫婦や親子みたいな。
近い・・・あまりに近い人間関係ではないでしょうかね。


私もね~~~~。
苦節20年。(遠い目~~)
いやあ~~。
夫婦道は、茨の道じゃったわ。


今反省するに・・・・・。


20代・・・・・。
たぶん私は、重すぎた。

いや。
体重は、ノープロブレムさ
今より10キロ以上、軽かったんだもの~~。


愛よ愛。
愛が重かったと思うわ~~~~。
好きすぎたのね。

今思えば、口裂け女的だったのではないかしら。
好きすぎて、不安で不安で・・・。
そんなもんだから、相手を試すようなカンジ・・・・。
「私キレイ?
 こ~~れ~~~で~~~も~~~???」
みたいなね


んで。
相手が逃げ腰になれば、逆上・・・・・
みたいな、重い、非常にメンドクサイ女だったのではないかしらん・・・・・。




しかし。
しかしです。
長男出産後の私に比べれば、それでもまだカワユイものだったと思うんだわ~~~。


あの頃。
母性本能大爆発だった私の心の中は、いっつもこんな。
夫への不満だらけ。


「ナゼ、もっと子をかわいがらないの?足りない。あまりに足りないッ!」

「ナゼ、私と同じくらい、子の心配をしてくれないの?心配じゃないの??どうでもいいの?冷たいッ

「ナゼ、もっと手伝ってくれないの?言わなきゃわからないの?わかってよ。」
で、手伝えば手伝ったで・・・
「ナゼ、手伝い方がそんなに下手なの?考えてるの、ちゃんと?」

「ナゼ、家族との時間をもっと増やせないの?もっと早く帰れないの?どこで何してるの?」

「そんなくだらないテレビ見てるなら、息子と遊んであげてよ。今が一番かわいい時なんだよ?わかんないの?」

「ナゼ、そんなくだらないもの、買ったの?お金の無駄してる場合?」

・・・・・以下、エンドレス・ナゼナゼ。



そうやって、不満を抱え、いつも夫には不機嫌をぶつけてたと思う。

自分の中から大量に湧き出てくる母性に比べ、夫の示す父性の、なんと貧弱なことよッ
という不満が、すごく大きかったような記憶があるわ。



いやああ~~~
ごめんよォ~~~夫ォ~~~~


私。
激烈反省中ですわ。





今思うに・・・・・。


私は、夫を征服したがってたのかもしれない。
夫のすべてを得たいと。
そう願っていたのかもしれないな~~~~と思う。

私と違う考えや感覚を、夫が持つことが耐えられなかった・・・。
私と違う時間を過ごし、違う人々と出会うことが、許せなかったんかな~~~。

と思うのですわ。
それは、愛に似てるけれども、愛じゃなくて。

やっぱ、「独占欲」・・・?
いや、もっとキタナイ「征服欲」なのかもしれないね。
「あなたは○○○べきだ」
という。
「べき」を押し付ける、凝り固まった「支配欲」ともいえる。



あ~~~~~あ・・・・・。
過ぎた時は戻せないけれど。
もしも・・・。
もしも戻せるなら、もっともっと、違った私でいたかったな~~~と、悔やんじゃう。
時間の無駄したな。




せめて反省を活かして。
今は、
「イチブトゼンブ」
的関係を築きたいと思ってる。


夫の、
不可解な部分。
手の届かない部分。
私とは違う価値観。
私には見えない景色。
そういうものを、そのまんま、ひっくるめて、大事にしたいというか。


私にも踏み込めない、夫だけの人生を、すこ~~し離れたところから、そっと眺めて愛する感覚というか。


だからこそ、私とのわずかな共通部分や、理解し合える部分や、一緒の時間や。
そういう、貴重なタカラモノ部分が、輝くのだという意識を持つというか・・・・。



「イチブトゼンブ」
を聞くと、そんな、夫との今までと今とこれからを考えます。


あああ~~~。
確かにそうだな~~~。と。


私は夫の働く姿が好きだったし、今も好き
それだけで人生のオカズになれるくらいだわ~~~。
だから。
そこを大事にしよう!!
それだけでいいんだ!!
夫を征服することは、愛じゃないし、誰のことも幸せにはしない。

そして、夫に見えてる景色は、私が見てる景色とは違う。
色も、風も、広さも、何もかもがきっと違う。

全てが違う、私とこの人とが出会って、お互いのイチブが、重なっただけだ。
ゼンブを重ねることなど、不可能で、無意味で、暴力的なことかもしれない・・・・・・。

・・・・と、そんなふうに思ったりしますわ。
とっても個人的ですが・・・・・






この曲を聴くと・・・・。

こうして、苦い苦い過去を思って恥じ入るわぁ~~


それと同時に💛

「ああ~~。
 生まれてくる前 聞いたような、稲葉さんの深い声💛
 あああ~~~あなたは人生の永遠のオカズ💛」
と、萌えますわ~~~。


それと同時に、
「まゆげ!?
今、稲様、まゆげって言った~~
まゆげ~~~~ッ!
ああ。
あなたのまゆ毛だけでも人生のオカズです~~💛」
と、萌えますわ~~~。





でもね。


サイッコーの、人生のオカズ!!!!
それは、この、CDの、ジャケ写真でしょうか。
これはスゴイわ。↓

001_convert_20150917011510.jpg

これは!
事件です。
この写真は、反則ですよね。
イチブでいいから、触ってみたい。
そう誰もが願ってしまう、説得力・・・・・・・

素敵を通り越して。
コワイ・・・・・・(美しすぎて)












にほんブログ村





スポンサーサイト

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。