FC2ブログ

B'z 「GOLD」  

2015.11.13の記事




なんかさっき。
食事中にくしゃみが出まして。
その拍子に、キュウリのカケラか何かが、鼻の奥に入ってしまったらしいのです。


鼻の奥が痛いわーーー
つーーんと涙が出ちゃうワーーーーー。
必死に鼻かんでるんだけど、出てこない(泣)
出てくれ・・・・・(涙)


・・・・・と、ここまで書いて、今鼻かんだら、
ホントに出たッ(泣)
出たわーーーー。
奇跡!
やっぱ、キュウリだったわーーー。ちっこいの。


ブログに書いた途端に、願いが叶って、鼻から出て行くなんて!
これぞ
言霊ッ!?!
ブログに書くと、願いはかなうのッ!!??
きっと、稲様頭モフモフ夢事件も、いつか現実になることでしょう






話しは変わりますが。
皆さま、金銀財宝は、お好きですか?
ワタスは一切興味なしだわー。

あ。
「お金」はすきです♡
それは、宝石買うためでもなく、衣装買うためでもなく。
靴もバッグも興味なし。
壊れてなければそれでいい。


お金はねーーー。
好きな食料を好きなだけ買い込むため。
美味しいものは大好きですから♪
そして、息子4人を、好きな道へと、胸張って進ませるため。
お金持ちなら、進路選択は広がるよねーーー。
そして、老後に周囲に迷惑かけないため。
そーーしてそして。
悔いなくB’z活動に取り組むためですわーーーーー。


金銀には興味はない私ですが。
一つだけ大好きな
GOLD
があります♪


それは!

B’z 「GOLD」!!

・・・という。
なかなか強引な展開をしてしまいましたわ。エヘ





この曲は、PVが素敵なんですよ。




F1010609_convert_20151113124935.jpg






この曲は、色々な風に聞くことができるよね。
「金メダル」目指して日々頑張る、スポーツ選手のイメージ。
そこから、イメージを広げると。
すべての夢追い人を、優しく癒し励ます歌にも聞こえる。
実際、スポーツとのタイアップしてたみたいだね。

PVのイメージは。
B’zのライブを支える職人たちの姿。
多くのプロたちの、懸命な努力によって、ライブというものが形作られている様子がわかり、感銘を受ける。
B’zのステージを、こんなにも多くの人々が、こんなにも汗流し、しかし楽しそうに、支えてる現実。
素敵ね~~。
全ての働く人々への、感謝の歌かもしれないね。



私はね。
この曲を聞くとね。

デビューしたての頃の、B’zのお2人の姿が見えるような気がするのですわ。

あ。
私の独断です。


2人のデビュー時は。
松本さんは既に、プロのギタリストとして活躍し、有名でもあった。
実力も認められてたのでしょう。

一方の稲葉さんは。
松本さんが掘り出した、逸材新人。
なんの実績もまだない、夢追い人であったという。


でも松本さんは、すぐに、
「コイツだ!!」
と、思ったらしいですよね。
はああ~~~~~。
見る目アリアリな松本様の才能に感謝だわ~~~。


そんな二人なので、初期の頃は、松本さんが稲葉さんを指導するというか、引っ張るというか。
そういう関係であったらしい。



きっと。
不安でいっぱいの稲葉さんを励ましたり。
甘い考えの稲葉さんにカツを入れたり。
業界に無知な稲葉さんに、アレコレと常識を教えたりと。
必死に「育てた」松本さんの姿は目に浮かぶよね~~。


もちろん。
数年後には、そのような上下関係はなくなり、対等に尊敬しあう仲間になってゆくわけだけれども・・・・・。




私はね。
この「GOLD」という歌は、そんな初期の2人の姿ではないかと思っています。
不安や驚きや恐怖心でいっぱいだった、初々しい稲葉さんと。
自分も必死でいっぱいいっぱいであるにもかかわらず、一生懸命に稲葉さんを導こうとしていた若き松本さん。

そんな2人の姿を描き、胸が熱くなりすぎる私がいます。
萌えも、感じます。




こんなイメージです↓



初めてのステージに立った日。
ステージの幕が上がれば、本当に孤独な世界だと思い知った稲葉さん。


そして。
今日も、冷や汗かきながら、緊張感いっぱいのステージを、なんとか終えた。
今日のライブのことを振り返り、反省し、落ち込む稲葉さん。
やはり、自分には無理なのではないかという、やるせない思いを抱きながらも、それを、誰に告げることもなく、暗く落ち込む稲葉さん。


すると、松本さんがボソッとつぶやく。

松:
「ファンのみんなの声援が、聞こえたか?
俺たちは、ステージに立てば孤独だけど、でも、孤独じゃないんだよ。
ファンは応援してくれてる。
このステージだって、たくさんの人の協力で成り立ってるんだぜ?
そしてその全員が、キミを応援してる。
みんなで作ってるんだよ。
一人でも怖くはないだろう?
気が付いた?」

松本さんのその言葉に、ハッとさせられる稲葉さん。
そして稲葉さんは思うのであるよ。

『誰よりも、松本さんが、僕に新しい勇気をくれる。
いつも大事なことを伝えてくれる。
その微笑みが、胸に染みる。
よし、頑張ろう!
そうだ。
ファンの声を、僕も聞いたから。』


そしてホテルの夜。
まだ、汗と興奮とでアツい体を丸めて、一人、眠りにつこうとする稲葉さん。
もちろん、頭の中がいろんな思いがグルグルで、眠れるわけもない。

ステージで歌うことは、自分にとっては戦いのようなものだ。
でも、松本さんは言ってたっけ。

「後悔は、してもいいけど、一晩だけで、終わらせようよ。
でもね、ステージで得た歓びは、永遠なんだよ。
そのうちキミにもわかるよ、大丈夫。」
と。


本当にその通りだなと、分かってきた気がする・・・。

そして、松本さんはこうも言ってくれた。

「稲葉君の心の平和を祈ってるよ!
大丈夫。
もっともっと、キミならやれる。
自分を信じて、無邪気に子どものように、進んでごらんよ。」
と。


そんな松本さんのくれた言葉の数々を思い出しながら。
自分に誓う稲葉さん。

「そうだ。
僕は、やる!
僕には、できる!
欲望にも、期待にも、不安にも、絶対に押しつぶされない。
ただただ、無邪気に進んで行こう!
できる気がする!」
そう、一人深夜のベッドで誓う、稲葉さん。



自分も不安でいっぱいなはずなのに。
自分を燃やし、自分を奮い立たせることによって、僕を変えてくれた松本さん。
あなたのその情熱を、僕は忘れない。
そう思いながら、きっと、稲葉さんは、一人で泣いただろうな。


朝。
目覚め、仕事場に行き、新たな誓いを、松本さんに伝えた稲葉さん。

松本さんの答えは、稲葉さんをまたまた驚かせるものだった。

「稲葉君の存在が、僕に無垢な情熱をくれるんだよ。
キミがいるから、僕も頑張れる。
キミの声は、透き通る鐘の音のような、素晴らしい声だよ。
寂しい世界に、情熱と歓びを吹き込める声だと思う。
今日も、一緒に、頑張ろうぜ。」

と・・・・。


そして、
「ちゃんと、俺が、稲葉君を見てるから。
大丈夫。ギター弾きながら、ちゃんと見てるよ。
今は、後悔と不安に押しつぶされそうな夜を過ごしてるかもしれないけれど、必ず。
必ず、満足感でいっぱいの、サイコーな夜が来るよ。
そんな満ち足りた夜を、想像してみてよ。
必ず来る。
俺たちは、できるよ!」

そう言って、松本さんは稲葉さんを励ましたのではないでしょうか。



そんな日々を乗り越えて。
B’zは、新たな境地へと、登って行ったのではないでしょうか・・・・。





↑↑

という、B’z初期の頃の2人の姿を、B’z全盛期になって振り返って歌詞化したのが、この歌ではないかな、と、私は感じるわけです。

稲葉さんの、松本さんに対する、心からの感謝。
稲葉さんを支え、救った、松本さんの言葉の数々・・・。




そう考えて、
この
「GOLD」
の意味は。
「金言」
ということではないかな、というのが、私の持つイメージです。





にほんブログ村







スポンサーサイト

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア