FC2ブログ

息子の夢に、驚くMAY

過日。
溺れそうなほどの、怖いコメントの嵐に敗北し。
コメント欄を閉じてはみたものの、なかなか更新意欲も湧かないままに、もうすぐ5月も過ぎようとしています。

5月っていいよね。
なんかね。
素敵な月だよね。
ここからが、修行だよね。
梅雨。
真夏。
台風。
と、修行が来るもんなあ。
今が最高っすね。
MAY。
急に君が夢に出てきて焦るMAY。


この5月。
色んなことがあったよなぁ。
我が家にも、世の中にもヨォ~~~。


アメフトの反則問題を連日、テレビでもネットでもそりゃあ大騒ぎですけども。
私もそりゃあ、大学生2人の親ですけん。
もう、ハラハラドキドキしましてござる~~。

この一連の流れを見ていて。
実は一つ。
私の心に、大きく留まったことがあるのです。

それは何かといいますと。

ズバリ。
「弁護士」
についてですねん。


反則を犯してしまった子の会見を、私も見ました。
それはそれは素晴らしい会見でした。
思いがこもってるだけでなく。
理路整然。
謝罪の意と、事件の経緯とが明確に伝わりました。
その会見により、世論を味方につけることができたと思います。

そしてその陰(というか表ですけども)には、
「弁護士」
の大きな尽力があることは、本当に、明確に明確に伝わって来たよね。


・・・・・・ある日突然自分が事件の渦中の加害者になってしまう。
パニくる。
泣く。絶望する。
でもどうにかしたい。
でも、どうすりゃいい?
全くわからん。


・・・・・そんな時に、すべてに道筋をつけてくれて、指導してくれて、人権を守ってくれる。
それが弁護士の仕事というものなのだなぁ~~。



と、いうことが。
非常にわかりやすく分かった(←日本語な)会見でした。
大切な、重要な仕事であると、本当に画面を見ていて私は強く感じたわけでした。


そして。
その点において、私はどうしても涙腺が緩むべくして緩む、そんな5月ですたのでした。


なぜかと言いますとん。
あれは、5月の半ば。
母の日のことでした。


私の夫が、私の知らないところで、
「ママに手紙を書け」
とご指導して下さいましたようで。

私が風呂から上がると、小6息子と中3息子が、手紙をくれたのでした。
嬉しいものですよねえ~~。
そして。
反抗期もたけなわの中3息子の手紙は、こんなだったのでした。
ちょいと、記念に書き留めておこうかと思いますん。



あ。
ちなみに。
赤字で、私の心の声も付け加えときます。

読みにくかろう。
すまない。
私も書きにくいが。
しかし、そのようにしたいと思うのである。



お母さんへ

とうとう中学3年になりました。
この間の修学旅行で、自立の大変さを学びました。
修学旅行のたった3日間だけでも、衣服だのなんだの大変なのに、それを毎日こなすお母さんは(こなしてはいない。)  大変すばらしく、尊敬しています(私を尊敬すべき観点は、そこではない。B'zへの思いなどを尊敬していただきたいものである。)

そこで、これからの僕の意気込みを2つの観点から述べたいと思います。(理屈っぽいヲトコなんだ。彼。)

ベタかもしれませんが、やはり、中学3年生と言ったら「文武両道」というテーマが一番似合うと思います。
だから、「勉強」と「部活」に分けて話したいと思います。

部活について、思えばあと1か月で中総体がやってきてしまいます。(泣、頑張ったね、泣)
それまであと何回練習できるかわかりません。(泣、応援楽しかった。)
だから、一日一日の練習を大切にし、よく言われる○○が課題なので、中総体までに克服できるように全力で取り組みたいと思います。
自分が活躍できるかどうかじゃなくて、チームのためになれるかを意識して、頑張りたいと思います。(ママは、君の活躍だけを願うバカ親なんだ。ごめん。)


次に、勉強についてです。
自分はまだ受験生としての自覚がほとんどありませんが、泣いても笑ってもこれが最後の年なので、志望校はまだ完璧に決まってはいませんが、できるだけレベルの高いところで勉強できたらいいと思います。
だいたい気づいているとは思いますが、僕は、弁護士とか、そういった職業に就きたいと思っています。(驚。驚。驚!!)
だから、司法試験に合格できるように、恩を結果で返せればいいと思います。(少年が大志を抱いた!)

最後に、僕が大切にしていることは「やる気」です。
僕は精神論は嫌いですが、結局はそこに行きつくと思います。(またなんだか理屈っぽい)
やる気のないやつに何を教えても意味はないと思うからです。(同感)

なので、お母さんも、やる気は捨てないで(まさかの説教!)、 今はできる限り休養を取って、長く生きれることを願っています(母の日というより敬老の日モードだ

そして、今後ともご指導よろしくお願いします。
    ○○より




という手紙をいただいたのでした。


私ね。

超びっくりした。
弁護士なんて仕事を知ってることにも、目指してることにも、驚いたんだ。
全然知らなかった、
全くの予想外でした!



そしてね。
アメフトの会見見た時に、本当に大切な仕事だと実感しました。
弁護士がいなかったら、彼は、行き詰ってどうにも身動きできなくなってたと思う。
大事な仕事。
人を救う仕事。
そんなことを強く感じたのでした。

それに。
理屈っぽいタイプの真面目男であるところの三男には、似合ってる気もしたのです。

夢をかなえてほしい!
中3息子には、このまま真っ直ぐに、目指してほしい!
そう、母として願ったのでした。

もちろん。
弁護士になるには・・・・・。
かなりな進学校に行かなければ目指すことはできないよね。
かなりな進学校に行き。
法学部に進学し。
たとえ秀才な子でも、さらに、死に物狂いで勉強する必要があるよね。


ところがさ。
ここに大きな問題はありますねん。
大きな大きな問題。


が、が、
学力が・・・・・。
足りない(悲劇)!!!!!
三男ちゃんの学力がああああ。
寒い。
苦しい。
ヤバイ。


こんなに理屈っぽいくせに、学力が足りないとです(涙)
かなーーーーーり、足りないとです(嘆)
ヒ―――――ん(泣)



とりあえず。
私の、6月~2月の目標が定まりました。

①三男の学力を無理やり上げる。(偏差値15アップ作戦)
②三男の言う通り、「やる気」を捨てない。(ブログじゃんじゃん作戦)
③稲葉シャンに会う♡(家族でライブ作戦)


ほんとはさ。
ムズカシイよね。
親には何ができるでしょうね。

もちろん。
将来的に志望が変わってもいいのです。
全然違う人生歩んでも、良いのです。
挫折したっていいのです。

「中3の時に、弁護士目指して、勉強頑張った」
という時間と記憶と経験が大事かな、と。
そう思うんですわーーー。



私もやる気を捨てずに、駆け抜けたいと思います!




にほんブログ村
スポンサーサイト

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア