「お友達になりたいな」的感覚

学生時代の友達は、いいな、って思う。
飾らずに、素のままでいられて、話題も果てしなく盛り上がる。
どんだけ時間があっても、足りないくらいに。

私の1番仲良かった友達は、飛行機でなきゃ行けない遠い場所にいるけれど、ちょっとメールしたり電話したりすると、もう、笑いが止まらない

思いがけず腐女になっちゃったその子の、腐女ゆえの珍体験に、ハラを抱える。
からかったり、根掘り葉掘り、萌えどころを追及したりで、おもしろすぎる

私の、B'zネタ、息子ネタ、生徒ネタにも、エグイとこ突いてきて、笑わせてくれるし、笑ってくれる。

その子の娘さんが、インターハイに出場すると言う
そんな話題も、ホントにワクワクする。
自慢されたとも思わないし、『それに比べて我が子は…』みたいな気持にもならないんだよね、この場合。
もう、
「えええ~っ! マジ!?
   スゴイ!! スゴイよ! よっしゃ~!!」
って、ひたすら盛り上がる、それだけなんだよね。


働いてからも、若き日の同僚は、似たようなものだ。
一緒に苦労した分、お互い裏も表も分かってるから、今さら気取っても無駄。
もう、オヤジ同志みたいに、なんの気取りもなく、肩組み、歌うイメージ??


しかし

母親になってからの、いわゆる『ママ友達』だと、そうはいかないんだよね、なぜか私。
『ママ友』って、ニガテ~~~
もう、メッチャメチャ、苦手です。

相手の子供のお手柄話も
『自慢してるの? ここはおだてるべき場面?』
『うちの子は、どうせ、大したことないです、はい。』
みたいに心で、ハカリにかけちゃう自分がいる…。 なんか。
セコイぞ自分。


お宅に伺っても、
「うちって、ステキでしょ~。いかが?」
「あたしって趣味いいでしょ~。いかが?」
というような、無言の見せびらかし(?)
を、感じてしまったりする

子供の話も、うわべで終わる。
自慢したかったのかな?
悩んでるようでもあったけど、アドバイスを求めてる風でもないし……分からん
今のは、なんだったのか

と思うような会話が多い。

「うちの子って、こんなにダメで~」
的会話を真に受けて、
『ホンット、あんたの子って、ダメダメよね~!母親似!?』
なんて言おうもんなら、総スカン、食うよね、きっと。
  (昔の友人は、お互いこんな風にからかい合う。)

ママ友世界には、お約束的会話の流れが、あるらしい。
その子の良さを挙げて、盛りたてるべきなのか??

で、しかも。
なぜかみんな、お料理上手の手芸上手の、お掃除上手の、ガーデニング上手だし。
ナゼ?

若い頃、身の回りにうじゃうじゃいた、
私よりも不器用で、
私よりも乱れた生活送ってたような、そんな
たくさんのダメオンナ達は、今は皆、どこへ消えてしまったのでしょう…。
どこにいるの~~!?
お~~い


しかも1番キツイのが。
さりげなく自慢し合って褒め合ったその後。
先生や、その場にいない人の、エンドレス悪口…が始まる…、キツイ。
その場に、居たくなくなる。


ふううぅぅぅ
いつの間にか、『ママ友作り』に疲れちゃって。
一線引く癖がついちゃった。

ママになってからできた、本当に自分の本心さらせる「大切な友達」は、
んんん~~、1人だな
ま、仕方ないや、それでいい、と思ってた。

「それでいいと思ってた それが普通だった
   出口が見つからないまま 歩くのをやめる~♪」

まさにそんな感じ。





ところが!!
な、なんと。
40代後半にして、ここに来て、なんか、
今、ぐいぐい来てる!
って言う感触が、ある!!





今日、次男の吹奏楽部のコンクールがあった。
ダメかと思ったらなんとかギリギリ予選を通った

一緒に役員をやって、一緒に合宿にも泊まった数人の母達と喜びあった時、久しぶりに
『あ、仲間❤』
って言う感覚が来た。
来た来た!!
もう、久しぶりに、『素の自分』で、感情ぶつけあえる相手に出会えた感覚を、味わったよ。

うわ~~~。
嬉しいな~


相手がどう感じてるかは、分かんない。
全然温度は違うかも。

でも。
自分がそうなれたことが、嬉しいな。

なんでそんな感覚になれたのかな。
相手が素敵な方たちだからかな。
確かに、とってもあったかくて個性的で、キャパの広い人たちだ。

それもあるけど。
でもたぶん、それだけじゃない気がする。

私が、自分のキモチが、何か、変わってきてる感覚。

「素で行こうよ。
飾るのは、私はやめたよ。もう、やめた。
あなたも飾らないでいいよ。」


そんな空気が、ちょっぴり自分に出てきた気がするんだよね~。

もう、人生の後半だという意識のお陰かな。


もしもこのままうまくいって、若い頃のような、笑いが止まらない関係になれたら。
私が妄想人間なコトや、相手のオタクな部分を、お互い見せられるようになったら…。

現実世界に、そんな相手が1人でもできたら、
40代、ALL RIGHT だな
と思う。

ピピ~~ンと来た、今回の仲間のみんなと、今後仲良くなれるように、ダメモトでいろいろ、やってみようっと。
いろいろ、誘ってみよう。

そうそう、1番ピピ~~~ンときた相手はね、OKAYAMA出身なのです
最高でしょ??

「この人と仲良くなりたいな」
と言う感覚を持つのなんて、20年ぶりくらいよ~、懐かしい気持ちだわ。




スポンサーサイト

コメント

No title

おはようございます。

同じような気持ち。と思い読ませていただきました。
またまた共感しました!

お母さん同士でも合う、合わない。はっきり言って好き嫌い。
ってありますよね。
子供絡むと合わない人とだとダメージ強い。
というか決定的に「やらしい人だなあ。」って思う人が一人。
部活終わっておさらばで嬉しいけれど、子供同じ高校じゃなかったら
いいな。とまで思います。
その人に言われたことを他のお母さんも概ねそう思っているのかと考え始めたら
辛くて怖くなりました。
私それでその人に迷惑はかけたことはないと思うけれど。悶々。
でも、生きて行かなくてはいけない。人の評価。を気にしすぎて
激しく落ち込むのをなくす強い心が欲しいです。
でも誰にも話せずストレス溜まりました。すいません、またここで。

そしてまた一人、楽しい話をしてくれて元気もらえる人がひとり。
でも一緒にランチとか親しく付き合うには発展しませんが。
仕事先で少し話す程度。で終わりですが。

仕事場にソリの合わない合わないママさんみたいな人がいたら地獄だろうな。
と思いますが、そんな人が同僚になったらどうやって付き合って
仕事していくのか。をふと想像すると想像だけでも暗い気分になります。
でもきっとそんな思いをしながら職場で働いてるかたもみえるんでしょうか?
強い気持ちが欲しい。頑丈で傷つかない心になりたい。そしたらラクなのに。
と思うこの頃です。

朝から暗くてごめんなさい!
今週も一週間ガッバっていきましょー(^^)

Re: No title

>ayaさん
こんにちは!
なかなか、大人になると、難しいものですよね~~。
子供を守ろうとする、母親の本能が、他人を遠ざけるんでしょうか!!??
でも。
そのままじゃちょっと寂しいのも事実ですね…。せめて、なるべく自分だけでも、人に元気をあげられるような存在になりたいけれど…、思うようには行かないですしね。

全然暗くなんてないですよ~!
同じ気持ちです!
頑張りまっしょぃ!!
Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア