涙腺ゆるむ

ブログを開設しようなどと思い立ったのも、自分の年齢(46歳)を意識したがゆえである。正確に言えば、健康に自信がなくなったため、『やりたいことは後回しにしちゃいけないな』と実感!
まず、やってみたかったブログ開設ってわけなのだ。

年を取ったな、と実感する場面は多々あるけれど、その一つが『涙腺の弛み』である。
いや、ホントにゆるい!
震災、と聞いただけで涙ぐむ。
TVで、子供が頑張ってる姿など、もう、ダメである。
子供だけじゃない、特にファンではなくとも、若い子が頑張ってるのを見ると、ウルッとくることがあるな。この頃では、キャリーパミュパミュに弱い。
グループ作って楽しそうに歌ってる女の子が多い中、彼女は1人で頑張ってる! 偉いな。寂しいんじゃないか!? 辛い時誰に相談するの?…等と考えてしまう。ホロリ。

B'zの曲にも、涙涙。
バラードで涙(じ~ん)、激しくても涙(頑張ってる~!)、古い曲で涙(懐かしい!)、新しい曲で涙(聴かせてくれてありがとう!)…、何でもかんでもウルウルだ~。

我が子の節目にも泣くわけだが、4人もいるのでしょっちゅうだ。

涙と一緒に鼻水も出るからやっかいだ。
鼻をかみながら考える。
涙腺の弛みは、筋肉の弛みなんだろうな~。
涙腺も、筋肉によって、ゆるんだり締まったりするんだろう。
からだ中あちこち弛んでるけれど、こんなところまで、たるんでるのか?私。
そう考えてみると、太ったお婆さんの方が、痩せたお婆さんより涙もろいような気が、しないでもないような気がしないでもない。

体重減を目指して、少しずつ運動を始めた私であるが、体を鍛えると涙腺もきゅっと締まって、涙のダダ漏れはなくなるんじゃないかな~、と、自分の変化がちょっと楽しみな毎日である。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア