FC2ブログ

大学入試の季節に。

ヤッホーーー!!

先日は、非常に久々の更新だったにもかかわらず、なんだかあったかいコメントなど頂き、
皆様から幸せをいただきました。
  ↑
いやん。
パクリ。
完全なるパクリ。
ゆづくんのね。
マネしてみたのよ。


ところで。

大学入試でしたねぇ~~~。

と、打とうとしたら。
私のパソコンったら。

「大学乳し」
と変換されたぜ?
どーーーゆーーことだッ!?

コメント下さったh様も、そして地元の私の友人の何人かも、今回お子さんの受験を抱え、どっきんどっきん中ですね。
頑張れ~~~\(^o^)/\(^o^)/

我が家は今年は。
珍しいコトに、受験生なし。
心穏やかな春となっております。


でもね!
実は私は、いくつかのブログの熱心なる読者であったのです。
さすがにここ数カ月は、余裕がなく。
訪れることもなくなっていたのですが。

ホントはね。
受験生や、受験生母のブログも読むのです。
読むんですよ~~~。
うふふ。
メチャメチャ真剣に読みますの。


ブログ村の「大学受験」等のカテゴリー等からいくつか訪問し、気に入ったいくつかを時々読んで、こっそりと応援したりするという趣味を保持しておりました。

んで。
久しぶりに訪れてみましたよ。


私立に決めた子あり。
国公立結果待ちの子あり。
色々でした~~~。
何を読んでも、受験の記事は、目頭が潤む~~~~。
頑張れよ~~~青年!
頑張ってね~~~~女子!


我が家はもう。
2人は終わってしまいました。
受験当日のコトは、どちらも忘れられませんでございます。

長男の時。
私は寒い寒い暗い暗い東京の町を、ひとりでさまよい。
とある大きな公園の池の周りをとぼとぼ歩いたり。
とある博物館だったか美術館だったか(そこは忘れた)に入り、ぼんやり過ごしたり。
不安で不安でたまらなかった。
長い一日だった。
てゆうか。
2日間だった。


次男の時。
私は車で行きました。
それは、のどかなとある地方都市の。
街の外れの郊外の美しい山に囲まれた大学でした。

受験の間中、私はとあるスーパーの駐車場に車を停め。
車内で東野圭吾の小説を読んでたのでした。

本当は本屋で本を選びたかったんだけど。
どーーーーーしても、本屋が見つからず。
コンビニで本を購入したのでした。

たまたまあった東野圭吾。
私は普段は東野圭吾は読まないのです。
長男は大好きで、よく読んでた。

その日はそういう事情から珍しく読んだ東野圭吾が面白くてさ。
不安で不安でたまらない時間を。
一緒に戦ってくれたような、同志みたいな連帯感を、勝手に感じちゃう。
さんきゅう、圭吾君!
次男の受験は、暖かな春らしい日でした。


どちらも。
忘れられない風景です。



そして。
今は大学生な2人。
長男からは、
「春休みは帰れません。すいません」
「夏も微妙です」
という連絡が来ました。
「じゃあ、ママが東京に行くね~~!」
と送信したら、なんて返信来たと思います?????
皆さんのお子さんなら、なんて返してくれそう?


あ。
長男???


「了解しました」


ですと。


絵文字はおろか。
「。」さえ、ついていませんでした。


母はさーーーー。
もうちょっと、なんかさーーーー。
違う返事が欲しかった今日この頃。
本当に東京に行くかどうかの問題じゃなく。
コミュニケーション求めてたのね?ママはね?


でも。
次男は帰省する予定♡
うれすい~~~~♪

コイツは少々コミュニケーションとれる。



ンではまたね!





にほんブログ村





スポンサーサイト



お久しぶり~~~お元気ですか?

どどーーーーん。
お久しぶりでございます。
海の底から戻ってまいりました・・・(´∀`*;)ゞ


いや。
戻ったというほどではないかも。
息継ぎしに、海面から顔を出した感じ・・・・?
ぷっは―――ッ!!!!


岸にたどり着くには、まだもう少し、時間がかかりそうです・・・・。
が。
なるべく度々、息継ぎはしたいものですなあ。
息継ぎしないと、人間、死にますものね。
死にたくないなーーーーまだなーーー。
今も、B’zチケット、申し込み中だしね。
しねない!



私が日々生息している深海は。
興味深いが、疲れるところ。
なにしろね。
圧がスゴイさ。
水圧・・・?



さて。
私の母がですね?
色々あって、ぶっ倒れて入院し。
なんだかんだとありました。
なんだか一時期は、あらまあ、ヤバい?
こ・・・・、これは・・・・・ッ
と思うくらい生命が弱ってしまっておりましたが、私の献身的な看護により、元気を取り戻しています。


なーーーーんちって。
ウソ。
大ウソ。
どの部分が??
「献身的看護」
の部分ね?
(※「元気を取り戻し」の部分は、事実です)

アハハ。
美談に盛りすぎました。
メッチャ時々しかお見舞い行ってません。
洗濯もなんも、やってません。
はあああ。
役立たず。
役に立つ気もない。
娘は娘で、生きてるだけで精一杯なんすもの。



でもね?
こんなに冷たい娘に恵まれて。
それでも、昭和の不屈の元奥様は、元気になってきてる。
スゴイよなあ。


先日。
羽生君が金メダルを取った翌日にね。
病院に行ったです。


80歳の老母にですね?
「羽生君の金の演技みた?」
と聞いたら、見てないと。
「見る?」
と聞いたら、見ると。

ちょっともう、朦朧としかけてるような、ふにゃふにゃの病人であるところの我が老母ですが。
それでも羽生は見ると。

そこで私は、スマホの小さな画面で動画を映しました。


老母はですね。
ベッドを起こせと。
老眼鏡はかけてないから、明瞭には見えないけれども、それでもいいと。


そんで。
一緒に、蒸し暑い病室で、羽生鑑賞しましたン。

そんだら。
「もう一回見せてちょうだい」
ですと。


そんでもう一回みました。

そして私が、
「宇野しょうまの銀の演技も見よっか~~~」
と、動画を検索しておりましたら・・・・・・。
80病人老母ったら、

「あ、宇野は、いいや。」

と、断ってきやがったーーーー!!
えええ~~~ッ!!
宇野君もステキだったんよ~~~~
と言ったけれど、聴こえないふりされました。


その後私が、
「今からは、小平とか楽しみだね~~」
と言いましたら。
今度は聞えたのでしょうか。


かすれそうな声で彼女は答えました。

「あら。
でも、オリンピックの花は、羽生君だからねぇ。
もう、オリンピックは終わったようなものだねぇ」

ですとよ???
いやいやいや。
その後の、小平なおや、パシュートや。
盛り上がってるじゃーーーん。


と言う感じ。
入院してても、日本の昭和の奥様は、強い。
なんか、強い。
言葉が、断定的であり、自分の意見が絶対的である。
遠慮とか、自信なさげとか、そういう概念とは無縁のイキモノ。
キッパリしてるんだっけ~~。


とっても強い、元奥様な、我が老母です。
ずっと話してると、今でも腹が立つ。
そんな存在。


まあ。
そんな日々を過ごしております。
羽生君ではどんだけ泣かせてもらったかは、計りしれません。
私も、そういう老母の娘ですけん。
日本のオバサマとしては、私も羽生くん愛はスゴイコトになってます。
50代女性の、必須科目ね?

お仕事の方は、一番忙しくてプレッシャー感なヤマ場は、過ぎたと思います!
いやはや。
キッツイわあ。


B’z、30周年のライブに向けて、私もちょいと、上昇気流に乗ってBaby!!になってきたとこ♡
またね!




・・・・・とまあ。
あまりに久しぶりすぎるブログ書きに挑戦してみました♪
長いお休み、すんません~~~ゴメンね!

読んで下さる方がいるかどうか分かりませんが、戻ってこれて、嬉しいです♡
じゃね。




にほんブログ村

プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは高校生一人、中学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア