B'z「SUPER LOVE SONG」の中の、平和。

こんにちは!!


最近、涙腺も、○○も、○○も、ゆるみっぱなしの皆様、お元気でしょうか。

○○に、当てはまる語は、あなたの場合、何かしらん???
サイフ??
気持ち??
寒さ??
頬??
それとも、尿機能??←あ、これだわ。


ところでね。
今朝の新聞に
「これだ!!」
と思う名言を見出しましたよ。


曰く、
「本当におしゃれな人は、人のことダサイとか言わないんだよ」


こ・・・・。
これは名言ねぇ。
しみじみ名言だわ。
名もなき若者の一言のようですが・・・・。

ちょ・・・・
ちょっとオバちゃんとしては、こういう言葉聞くだけで涙腺弛むんですけども・・・。



んで。
涙腺弛むと言えば!
オバマ大統領の広島スピーチも・・・。
泣けたわ~~~。
皆様はいかがでしたん??
ま、こういうことに関しては、人それぞれとらえ方は千差万別でしょうけども・・・・・。

ブログの友達のA様も、オバマスピーチに関して、
〝車で聞いて、涙出た”
との温かい記事を書かれておりました~~♡
オラもだったわ~~~~。
出た出た!!



私に関していえば・・・・。
「オバマ大統領は、広島で、こういう話をするだろうな~~」
という漠然とした予想的な物があったとすれば、それを軽く5倍6倍くらい超えてきたわ~~~。
正直、ぶっ飛びましたん。


うわああ。
ここまで言ってくれるのか。

と。


私的に一番心にグッときたのは、歴史の流れの中で、戦いというものを定義したことかな~と思います。
(私は、隠れ歴女)
そして、核兵器のみならず。
すべての戦争や、すべての武器というもののむなしさを、古代にさかのぼって訴えた点でしょうか?
古来、武力で解決できた問題など、存在しないと。
そう訴えていたと思います。
そして、大きなポイントは、「子供たちの幸せ」の重視です。

それはすごいなぁ~~と、心の底から感心しましたわ。


そこで!!


そこで、B'zファンとしては、
この流れの中で、
SUPER LOVE SONG

を、思い出さずにはいられない!!
という気持ちになりました。


この曲の魅力と言えば、やはり、歌詞。
歌詞の、率直さと、視野の広さと、生き方の芯みたいなものでしょうか。

そして。
オバマ氏のスピーチと、この曲の歌詞とは、根っこは同一ではないか?
と強く感じました。



「ダメとイヤばっか
ぶつけあうため
僕ら出会うわけじゃないよ」

「紛争なんかいらないよ」

「冷戦なんかもアホらしい」

「狂信的な正義が
道行く人々を脅しまくる
そんな行為は粋じゃない。」


こんなにキレのいい歌詞が、他にあるでしょうか???



現代の社会に対しての、強い要望ですよね、コレ。
我々人間の生き方に対する、1つの警鐘ですよね。
そんな気がします。

「ダメ」、「イヤ」。
まずこの言葉から、卒業してみたい。
私も。



私は。
こんなストレートな歌詞を、真正面からぶつけてくる稲葉さんが、心の底から大好きです。
この歌詞の、隅から隅まで、共感します。




人と人との関係も。
国と国との関係も、根っこは同じ。

見栄の張り合いのむなしさ。
エゴを押し通すことのカッコ悪さ。

『どっちが善で、どっちが悪か。』
そういう基準そのものが、アホらしいのであって。
それは何も産み出さない。


「ダメ」と、「イヤ」をぶつけ合う人生ではなくて。

大事なのは、「共鳴」・・・・。
「いいよ」「OK」「そうだね」
のやり取り。



2007当時。
たぶんこの歌詞でシングルを出すのは、勇気が必要だったのではないかな~~?
と、想像します。
アルバムなら、色々あってOKだけどもね。
シングルとなるとまた、ハードルはかなり高いことと思うわ。

反戦歌?
等とひとくくりにされて、批判されてしまうのではないかと言う恐れと闘いながら、勇気を出して世に出した歌では?と想像するわ~~。
かなりの決断のシングルだと思う。



正直言って・・・。
私は何度もこの歌に救われました。
次男の高校受験の朝も、2人でこの歌を聞きました。
今も、ほぼ毎朝聴いてます♡


そして何より。
ブログを書くのにも、

「ばらまいてよ GOOD NEWS」

たった一行のこの言葉が、座右の銘です。
『稲葉さんがそう言うなら。
私は私の小さな世界の、ちっぽけなGOOD NEWSを、文字にして、書き込もう。』
そう、考えるのです。





もう一つ。
この曲に出てくる「君」と、「キミ」について。
なぜ2通りの表記が出てくるのでしょう?

私の勘では、こんな感じです。

「君」とは、歌を聞いてくれている人。
ファンや、視聴者への感謝や願いが感じられますよね♡

そして、「キミ」とは?
「でもキミが 泣いてるのなら
どんな夢も 足もとからぐらつく」

・・・・・、この、「キミ」って誰でしょう??


私は、世界中の子供たちだと解釈しています。
どんな政策も国際政治も大人の言い分も。
子供が泣いてたら、意味がない。
子供の幸せが、何より大事。
だってそれこそが、未来そのものだから。

この曲の歌詞の流れの中で、そのような解釈が、私には一番しっくりきます。


言い換えれば、「君」が妻で、「キミ」が息子とも、言えるかなとも思います。




もちろん。
稲葉さんの理想とする生き方には、遠く遠く程遠い、情けない自分がいます。
「ダメ」と「イヤ」ばっかり頭に浮かんじゃう、そんな愚かな私。

んでも、この曲はそんな馬鹿な私を支え、励まし、導いてくれる、キラ星のような歌であります。



そして。
今日出会った、これもまた、キラ星のような言葉。
「本当におしゃれな人は、人にダサいとか、言わない」

これはまさに、稲葉さんの歌詞とも、オバマ氏のスピーチとも、つながってる!!
と思いました。




素晴らしい人間は、むやみに他人を見下したり、批判したり、けなしたりはしない。
本当におしゃれな国も、きっと、他の国を、ダサいとか間違ってるとか、安易には言わないはず。

本当におしゃれな人とは、どんな他人からでも、新しいオシャレを学ぼうとする人ではないでしょうか?
おしゃれな国、というものも、様々な価値観を認め、他を尊重できる国、なのだと思う。
そこには、「武力」という選択肢は、ないはず。


そういう、本当の意味での「オシャレ」な生き方。
本当の意味での、誇り高き道。

そしてそれが、きっと、SUPERな、LOVE なのでしょう。




SUPER LOVE SONG

もたもたしすぎて またもや季節が終わる
一度でいいから 歌ってみたいんだ SUPER LOVE SONG

論争が終わり 善悪の概念も消える
思わず君が 震えてしまうような SUPER LOVE SONG

ダメとイヤばっか ぶつけ合うため
僕ら出会うわけじゃないよ
つぶしあい・・・・なんて時代遅れ

相乗効果でヨクなろう
同じベクトル持った僕ら無敵
状況変化に戸惑わん
ぶッとい根っこで ギュッとつながってる
ばらまいてよ Good News

わかり合いたいなどと たやすく言わないよ SUPER LOVE SONG
いつか君に誉められ強くなれた
なによりそれが 大事なことなんだ SUPER LOVE SONG

でっかい理想 謳うのもいい
でもキミが 泣いてるのなら
どんな夢も足もとからぐらつく


相乗効果でヨクなろう
同じベクトル持った僕ら無敵
状況変化に戸惑わん
ぶッとい根っこで ギュッとつながってる

紛争なんか いらないよ
君と僕との間に 今さら
冷戦なんかもアホらしい
見栄を張りあったって キリがない
もう知ってるだろう

愛なら衝突することはないし
増えも減りもしない
静かにそこにあって 動かない
人はただそれを 見つければいい

狂信的な正義が 道行く人々を脅しまくる
そんな行為は粋じゃない
さりげないやりとりで 共鳴しよう
ばらまいてよ Good News











にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

子供が多いと、PTA役員も多くなるよね。

こんにちは~~♪


今日はちょっぴり、PTA活動に行ってきましてん。
今年は私は、小学校のPTA役員さん・・・・

もともとさぁ~~。
私の暮らしも、いっぱいいっぱいなんよ??


仕事とかさあ~~。

スポ少の送迎応援とかさ~~。

今年に入ってからは、中学校の部活動の送迎や応援も入ってる。
先日は高校生の練習試合の応援にも行ってきたん。



いや。
忙しいんよ
ホントにホント。
若い少年や青年のエキスを吸いに行ってるわけじゃ~~ないのよ!!
デカい声で応援してストレス解消してるわけでもないのよォ~~!!


いやゴメン。
エキス吸ってるし、ストレスも解消してる。

すまん。
嘘つきました。




でもね。
とにかく、家事はキライな私でも。
お仕事と、子どものスポーツおよびお勉強の応援と、子供の交通事故とか、B'z活動とか、ブログ書きとか、昼寝。
もうね。
精一杯よ。
1日24時間、精一杯。



そこにアナタ!
PTAが加わるって、どおゆうことオ~~~ッ!!??
ひゃあああ~~~!!
ムリよ無理無理。


と思うのも無理はなかろう。

しかも。
今年は重~~~~~い役職についちまったよ。
「長」の付く役職に



そんでさっき、小学校に行って帰ってきたん。
はああああ~~~。
楽しかった



はッ


た・・・・・。
楽しんでるんが、ばれちゃったわ。
えへへ。
ツラいフリしようと思ったのに!
失敗かよ。



今年はね~~~。
一緒にやってるメンバーが、本当にいい人ばかり♡


やっぱ、そこっすよね!
そこ!!
楽しい人と一緒だと、なんでも楽しい♡



さっきは。
おばちゃん集まってのマシンガントークしてきました。


議題:
「男の子は、なぜ、こんなにも、何も考えていないのか?」
  
⇒結論:よくわかんないけど、考えてなさが尋常じゃない実例、多発。
驚きの実例、出る出る!!



女にはわかんねーーー。
女にはわかんねーーー!



夫ともよく話題になりますよ。
「男女の違い」
は、我が家の最大のテーマっす!!


たいてい、私が過激な発言をしますね。

私:「男って、本能と反射だけで生きてない?
 考えるて時間って、あんの?」

と、夫に問い詰める、毒舌妻。


夫:「いや、ない。
たいてい、な~~~にも、考えてない。
いざという時の為に、普段は脳内をカラにしておく。」

あっさり認めつつ、自己弁護。
ホントにわざとかよ??


夫:「男から見ると、女がいつもぐちゃぐちゃ考えてる方が異常。
めんどくさ!!」

悔しいことに、この頃夫も、毒舌夫。


夫:「しかも、女はたいてい、考えない方がマシなこと考えてるでしょ?
人の悪口とか、あらさがしとか。
それなら、無の方がいいじゃん?」



くうゥ~~~

その通りだわ~~~~~💦
ぐうの音も出ねえ!


しかも。
男は何も考えてないとは言ったって。
稲葉様は深く深く物事を考えておられる。
この矛盾を、どうすればいいのか?!!





はッ!!

スッゲー話がそれちゃった!!

PTA.。
そう、PTAのお話しでしたわ。


そんなワケで、これで何度目かしら、役員は。
幼・小・中あわせて、う~~んと。
あ。
9度目かな~~。

子供4人にして、9回目のPTA役員。
初々しさも張りきりも、もう、遥か昔に忘れてきたわ。

「なんとかなる」の適当さと、「なんとかしてね」の他力本願。
そんなゆるい覚悟の、PTA活動が、本格スタートしましてん。



今年は気の合う人・楽しい話題が盛り上がる人が一緒でラッキー☆

人生は全て、出会いですな。
うん。



こんなPTA会長がいたら、私は副会長に立候補するわ。
子供が卒業しても、やめない!!
はああ~~♡、憧れの、花園PTA♡

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村


息子の進路の行方。

こんにちは~~ヽ(^。^)ノ



さて。
我が家の次男は今、高3。
もうじき、高校総体も終わります。
すると、受験まっしぐらっすね~~


この子と、日々お勉強会を開催していることは、何回か記事にも書きました。

「何よりも、英語の長文が苦手
というこの子のために、
「まずは、毎日、一日一文、英語長文を読んで、問題を解こう!」
という目標を立てたわけです。


出来の良し悪しは、問わない。
辞書で調べることもしない。
試験になったら、知らない単語の羅列であっても、果敢に読み進めるしかないわけで・・・・。

「知らない単語だらけであっても、くじけずに読み進める精神力」
を、まず鍛えよう!!!



というコンセプトで始めた企画っす




そして。
ついでに、古文や漢文などもやってみたり。
問題を解いた後に、わからなかった単語は抜き出して、覚えたり。
全文訳させてみたり・・・・と。
そんなことをほぼ毎日やっています。





んで。
では。
この息子の目標は、どこにあるのか???

という、基本的なことですが・・・。

迷走を重ねちょる~~~
うちの次男は、迷走男!!

ちなみに、長男は猪突猛進男であった。

やはり。
「みんなちがってみんないい」・・・・のだろうか?
いや。
「みんなちがってみんな心配」  ← これが母の本音っす



ずーーーっと。
次男は、
「建築の勉強をしたい」
と言って、工学系を目指していました。中学から、昨年まで。


んでも。
青年は、悩んだね。
「何かが違う。
では、何なのか??」
と・・・・・・。

悩み、悶え、迷走し、激突し、木っ端みじん・・・・・
ああ、それが青春というものか?


そして。
今の段階で、彼がやっと見つけたのは、

『美術とかデザインとか、そっち系ではないか?オレは・・・?』

という答えのようでした。



でもさ。
高校生ともなれば、美術部に所属して、数々の作品展に出品し、受賞してる子もいるでしょう。
プロの先生について、小さい頃から修行を重ねてる子も、いるでしょう。

そういう、本気の子たちと、戦える??
なかなか厳しい世界だと思うよ?
よっぽどの気持ちと努力がないとね。
もう既に、完全に出遅れてるけど、いいの??
受験って、そう甘くはないからね?

と。
心配よ~~~~
心配よ~~~~



ねえ?
そんな、迷走と気まぐれで、飛び込める世界じゃあ、ないよね??
もうね。
スタート切ってる子だらけよ~~~
経験と実績を積んでる猛者がひしめいてるのではないか~~??
息子よそんな、恐ろしい世界に飛び込むというのォ~~!!??
あなたには無理よとは言いたくはないが。
覚悟だけではどうにもならないのではないか~~~???


・・・・と。
心配性な母たる私は、イマイチ賛成もできずに見守っていたのでした。



でも。
毎日英語その他の勉強に取り組む傍ら。
息子は、美術の先生の所に相談に行ったようでした。
一歩一歩、進んでるんね~~~

そして。
美術の先生は、息子の話を真剣に聞いてくれ。
個人指導を始めて下さったようでした。
まず、デッサンの課題を出してくれたようです。

で、一週間後に課題を持って行くと。
色々とアドバイスをくれて、次の課題。

そして、参考書やスケッチブックもくれたらしい!!




いやはや~~~。
本当にお世話になってます




今後。
次男がどうなってゆくのか?
本当に今度は、ブレずに進めるのか?
自信を失って、道を見失うのではないか??
という私は、心配しすぎなウザい母でしょうか。

だって、なかなか、彼も、
ぶれやすいヲトコ!!
なもんですから・・・・。


長男が、マッタクぶれない男だったもので。
兄の分まで、ブレまくり!!!



でもね。
こうして、美術先生のあったかさとか、いろいろ経験して吸収して。
彼もきっと、自分の道を見つけるでしょう。
もう既に、一歩、踏み出してるのだと思います。


そう信じて、今夜も、一緒に勉強する予定!
・・・・・とはいうものの、夕べは私は、そばでイビキかいて寝てたらしい。エヘヘ


こんな、不安要素だらけの母息子ですが!
英語長文読解、問題集2冊クリアしました。
夕べから、3冊目突入!!

頑張るね。




課題のデッサン。
j次男の記念すべき、第一号。
 ↓


IMG_0293_convert_20160523112554.jpg





3冊の英語。
「基礎」から、「標準」へ、進化!!!


2016052311340000+(1)_convert_20160523114032.jpg



にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村




末っ子の、担任の先生。

昨日ね。
小学生の息子が、帰宅するなり、
「ひざが痛い」
と・・・・・。


実は。
今日土曜日が、うちの小学校は運動会でして。
リレーの選手にもなってる末っ子は、随分と練習に励んでたんすよ、実際。
小学生のくせに、
「朝練」
等とナマイキ言いおって。
ここんとこ毎朝、7:30頃に学校に到着する感じで。
張り切っておりましたん。


正直言って。
母たる私としては、
「運動会よりもバスケットが大事」
っていう観念がありましてん・・・・。

それは、スポ少やってる方ならご理解いただけるかとは思うのではありますが・・・・。
やはり、日頃の努力の大きさが、運動会とはケタ違いなものですもんで。
ついついね。
スポ少重視になっちまう



「ありゃああ
運動会練習で足痛めちゃった?!!
今度のバスケの試合に出れなくなったら、大変だわ!!
運動会では、真面目に走らない方がいいんじゃないかしら・・・?
てゆうか、走るのやめたら??
ヒドイ捻挫になったら、しばらくバスケできないじゃん・・・・・



ってな、不真面目な気持ちになってっしまったことを、ここに懺悔いたします。
イケナイ母です。
子供の気持ちを全くわかってないん。
末っ子にとっては、運動会は特別なイベントなのにね。




あ。
ちなみに。
我が家の場合、小学生時代の運動会を振り返りますと。

長男・・・・運動会が苦痛でしかない。   「ヤダヨー。エ~ン(泣)」
次男・・・・平常心、ややメンドクサイ。   「シラーーー」
三男・・・・張り切りと緊張の、微妙なる融合。  「ドキドキワクワク」
末っ子・・・・張り切り一筋!!   「ワクワクウキウキルンルン」

という違いが見られますた。



みんなちがって
   みんないい・・・・
でしょうか?



ちなみに、私自身は、長男タイプまたは次男タイプの子でした。
楽しみだったことは、一度もない。
苦痛だったっけな~~。




なので!

三男までは、何とか理解できるけれども!
末っ子の気持ちは、マッタク理解不能なんよ~~~。


運動会が、そんなに、楽しいか?
なんで?
てなもんで。




まあ、とにかくですね。
運動会大好き祭り男末っ子が訴えるには。
運動会前日に膝が痛くて、上手く走れない、と・・・・・。
そういうワケでして。

たぶん、練習のし過ぎでしょうか。




まあ。
仕方がないので、サポーターなどして、保護し。
その後、バスケの練習に行かせましてん。
バスケはめったなことでは休ませません
命を賭けるがよろしい。



そして・・・。
末っ子をバスケに送って、帰宅すると・・・・。
小学校から自宅にTELが来たのです。


学校からのお電話というものは、あれは。
ゾワワワ~~~~
とするもんですなぁ。

いい知らせであったためしはないっすもん

特に末っ子と来たら。
暴力事件やいじめ事件。
校庭に立ちション事件まで起こした経験の持ち主ですけん。
学校の番号を見ると、鳥肌立つっしょ!


昨日も。
ふるふる震える手で受話器を取りました。



運動会前日に、アイツったら、何しでかしたんだ~~
まさか。
膝が痛いって、ケンカとかじゃないの?
うわあ。
きっとそうだ。
なんかやらかした!!

そう、覚悟を決めましてん。




そんだら、にゃんと!!

若くてカワユイ、末っ子の担任女の子先生いわく、


「今日、リレーの練習中に、末っ子クン、膝を痛めてしまいまして。
とっても一生懸命練習してたのに、前日に、こんなことになって、すいません
毎日とっても一生懸命練習してたんです~~。
朝も毎日すごく早く来て走ってたんです。
それなのに、足が痛くなっちゃって・・・
頑張らせすぎちゃったかもしれません。
大丈夫ですか?
今どうしてますか?
気になっちゃって、お電話しました。
落ち込んでませんか~~?」



ですって



いやはや~~~。



4人の息子を通して、今までに出会った「担任の先生」は、20人以上になるでしょうか。
いや、30人近いかもしれない。
いや、もしかしたらそれ以上か?
  (今度ゆっくり数えてみよう♡)




こんなに可愛いお電話は、初めてだわーーーー


おばちゃん、感激しちゃったわ。
担任ちゃん、あにゃた、いい子だわ。
全力応援を、約束しますけん。
頑張ってくらさい!


「ちょっと痛そうだったけど、バスケに行かせちゃいました~~~
あら~~~
こちらこそすいません~~~
バスケでますます痛めちゃうかもですね~~
先生そうなったら、こちらこそ、すいません💦」



そんなことを伝えて、お電話を切りまして。
心を入れ替えましたわ、私。

うん。
運動会大事。
運動会楽しい。
一生懸命走る。
これが正しい小学生アルネ。
うん。



そして。
一夜明けての今日。
運動会に行ってきたよ。
末っ子は、ちょっと痛いけど、走れる!!
と言って、今朝もかなり早めに登校。


私も真面目に、ビデオとカメラを持って、見物に行きましたわ。
あ。
見物じゃなかった!
応援よ応援。
応援したわ。


うん。
ちゃんと走ってた!!
センセイありがとう(^-^)/。
大丈夫でした!!






そんな・・・・・・。
末っ子の担任の先生に感謝しちゃった、今年の運動会の思い出でした。




小学校の運動会も14回目となり。
ワクワクもドキドキも失ったマンネリ母な私だったけど。
素敵な思い出もらいました~~♪


年齢的には、私の娘であってもおかしくないような、若い先生。
カワエエもんやのゥ、若い女子というものは♡


にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村




B'z「SKIN」が、大すきん。

夕べ。

B'z song、「自由の代償」について、書きまして。
その中で、
「これはもしや、稲葉さんが、自身の離婚をイメージしながら書いた詞では?」
という根拠のない憶測を書きました・・・


もつろん。
稲葉さんが歌詞のすべてを、実体験のみで書いてるとは、まさか、思いはしませんが。
でも、どの歌詞にもきっと、あると思うんですよね。
書かずにはいられない情熱や。
どこかにひっそりと込めた、親しい相手へのメッセージや。
自分が必死に生きた人生の軌跡。
そういった要素を、歌詞のどこかに、込めたいと・・・・・。
そういう思いは、あるんじゃないでしょうか?

稲葉さんも、
「自分の中にあるものしか出せない」
って言ってますしね♡
だから、気づくと似たようなことばっか言ってる~~って言ってましたん。



だから。
すべての歌詞の中に、稲葉浩志が存在する。
と思う。
そんな風な思いで、私はいつも、歌詞に潜り込んでいく。

・・・・・と言うイメージで聴いてます





んで!!!

実は昨日の話の続きと言うか、本質なんですが。



私は最近、
「あああああ~~~!!
この歌は、前の奥さんとのことを歌ってるんだ!!
きっとそうなんだわ!!」
と強く感じ、歌詞世界が一気に開けた歌があるんですよ~~~。


それが、タイトルにもある、
「SKIN」
なんです。





以下、「SKIN」についての妄想語り、始まりますゆえ。
歌詞イメージを壊されたくない方、気を付けてね!!!

完全に私の脳内妄想。
その上。
長い!!
ながい愛より長い!!











さて。
この曲について、私がいくつか目にした感想・解釈的なものは、今まですべて、
「不倫ソング」
というものでした。
私も微妙にそのように感じてもいました。
しかしですね。
でも私はかすかにそこに引っかかりを感じていたのも事実です。
引っかかりを感じながらも、
「じゃあ、何なのか?」
は、曖昧なままでした。
大好きな歌であるにもかかわらず!!



引っかかったのは、次の2点。

①「SKIN」についての解釈
②「夢の燃える方へ」と言うラストが、前向きすぎ!

ってとこなんよ。




でね。
「SKIN」と言うのは、「お前の肌」と言う意味と、「避妊のための道具」と言う意味との、両方を意味してるっていうのは確かだと思うよね。
それは私も確信しますん。
その通りだばい。


んで。
避妊について、歌詞内でどう言ってるか??
 ↑
ここが問題だわ~~。


見てみますと。
「取り去ってしまおう
息を重ねあって
二人を分かつ
境界線を」

と言ってますよォォ~~~~!


つまり。
「避妊具は、取り去っちゃおう!!」
って言ってるよ。
んで息を重ね合うんだから、エッチしてんでしょ??

不倫たるもの、これはダメでしょ、ダメすぎるでしょ。
一番ダメなとこでしょ!!


不倫はもともと、ダメだけどさあ~~。
でもせめて。
せめて避妊しようぜ!!
稲葉クンよ!
ナマは、だめ!!!!



そう思った私は、ずーーーっと、
「変だ変だ何かがヘンだ」
と思ってたん。




そして。
最近ずっと、この曲の入ったCDを、リピートしまくり、陶酔しまくってた私は。


ふと。



あ!
不倫じゃないんだ!
子作りしようよ、って本気で言ってんだ!!
避妊はもうしないよと。
そう、はっきり言ってんじゃん!!!
むしろこれは、プロポーズ的な意味合いすらあるかもしれない。


と、目からうろこが落っこちたのさ!





男って。
若い頃は、『性欲はあるくせに、父親にはなりたくない』という。
若い男はそういう、非常にワガママなイキモノっすよね、たいてい。



でも。
本当に本気で誰かを愛したり。
愛する女性が、子どもを望んでるのを知ったりすることによって、男も、徐々に覚悟を固めるんだと思う。
成長してゆくのだわね。



うちの夫も若き日はそうでした。
「結婚」
「父になる」
ということを、イコール、「自由を失う・重荷」と感じてしまう。
それに対する、拒否反応・・・・・。

結婚を望む「女」との、大きな食い違いになってゆくよね・・・。



やがて。
本当の意味で男が、愛の意味を知って。
性欲よりも、「愛する人の気持ち」とか、「愛する人との未来」を、尊重できるようになったとき。
それが男が大人になる瞬間かな、とも思うんだよね。
覚悟が決まる瞬間。



んで。
この歌は、そういう瞬間をとらえてるんではないか?と・・・・・。
そう思う次第なんですわ~~~。



イメージするのは、こんな世界。

あ、もちろん。
男=稲葉君
ってなイメージっす。



男は30歳。
夢に向かって、ばく進上昇中!!
世界は俺を、待っている!!
的な盛り上がりの中。


男は自由に生きたいと願っていた。
寂しがり屋ゆえ、結婚はしたものの。
『自分の自由を阻止するな』
ということを、妻には求めていた。


子ども?
まだ俺には無理。
家事育児??
ふざけるな、俺には夢があるんだ、邪魔するな、と・・・。


そして、日々、一人置き去りにされる、若い妻。
妻は、だからこそ、夫の子供が欲しかった。
子供と言う絆が欲しかった。

でも、男は、断固拒否する。
今俺が父親になるって、あり得ないだろう?
と・・・。


口では愛してると言いながらも。
仕事が忙しくてほとんど帰ってこない夫。
子供は作らないと言い張る夫。

私の人生は、なんだろう???

若き妻は、別れを決意し、家を出る。


男がある日帰宅してみれば、そこに妻はいない。
「もう無理です」
との言葉を残して、男のもとを去った妻・・・・・。


愕然とする夫。

好きだ好きだと言いながら、俺は彼女のことを何も考えていなかった・・・・。
泣きながら、そんなことにやっと気づいた男。



やり直そうよ。
ねえもう一回、やり直そうよ。
ねえ。
話し合おうよ。
帰ってきてよ。

泣きながら、すがるオトコ。



そして、話し合うために妻が帰ってきた夜。
2人は激しく抱き合うんだよね。
お互いに、すごく好きなんだよね、本当は。
激しく、とろけるような抱擁!



んで!!



その夜の歌が。
「SKIN」
じゃないかと、思うワケですわ~~。



男はささやくよ。



ねえ。
本当の夫婦になろうよ。
父親に、なってもいいよ。
今までごめんね。
ねえ。
ぼくたちはもう、戻れないの?
元の幸せな男女には、戻れないの??
君は僕を憎んでるの?

でも、キミの肌はこんなにも僕を求めてるよ?
それでもだめなの?
避妊もやめるよ。
これからは、毎晩毎晩ちゃんと帰ってきて、毎晩君を抱くよ。
もしも赤ちゃんが生まれたら、かわいいだろうな。
君に似た子だよね、きっと。

仕事とか、周りの世界とか、もう、どうでもいいよ。
君がいないと、頑張れないよ。
戻ってきてよ。君と混ざり合いたい、1つになりたい。
僕たちは一つでしょ?
今、溶けあってるよね?

ねえ、何を考えてるの?
どうして黙ってるの?
また、出て行くの?
ダメだよ?
これからたくさんの喜びで、キミの悲しみを包んであげるよ?
夢の燃える未来があるんだよ?
ねえ?

好きなんだ。
もう、僕を捨てないでくれ。
家族を作る決意ができたんだ。
やっと、覚悟ができたんだよ。
今までの我儘な僕とは、違うんだよ。

ねえ。
こうして抱き合ってると、僕たちの愛は永遠って気がするね。
今、とけそうになってるんでしょう?君も。
ぼくに抱かれてると幸せなんでしょう?
好きなんだろう?
だったら、もう、出て行かないでくれ。
ね?
もう一回、始めよう。




↑そんな。
必死な懇願。
泣きながらの、懺悔と、再出発を願う気持ち。
2人とも、涙を流しながらの、とろけるような絶頂感。
初めて、本当の意味での「夫婦」としての、夜。
覚悟を決めた、『境界線』なしの、抱擁。


でも。
心の中では気づいてる。
もう、ダメかもしれない。
お互いに好きだけど。
ダメかもしれない・・・・と。
これが、最後の夜だと・・・・・。




という、男女の風景。
それがこの歌ではないかな~~~
と、今は思っています。


私の妄想の中で。
稲葉さんと、元奥様との間にこのような夜があったと、私は思います。




でもね。
奥様の答えは、もちろん、ノーだったよね。きっとね。
その夜の、史上最高の抱擁を、思い出として胸に秘めて。
妻は、改めて、『さよなら』と、出て行ったことでしょう。

そして。
その別れを、男も予感してるからこそ、この歌詞はこんなにも、切ないのでしょう・・・・。



その夜のことを、思い出しながら。
稲葉さんは泣きながらこの歌詞を書いたんではないかなと、私はそう想像します。



後に。
この、「SKIN」と言う曲(旋律)について。
稲葉さんは、
「名曲」
と断言しています。

私ももちろんそう思う。
歴史に残る名曲だわ。


きっと・・・。
松本さんから、この旋律をもらっった時に。
「これは名曲!!」
と感じた稲葉さんは。

名曲にふさわしい歌詞として。
自分にとって、忘れられない、人生で一番悲しくて一番燃えた、大切な夜のことを、書いたのではないでしょうか???





そんなことを、想像しては。
この曲でもまた、私も泣いて泣いて泣いてばかりいます。



かつて。
重~~~い女であったところの私にも。
泣きながら、悲しみながら、でも、溶けそうな絶頂感をもたらす夜。
そんな瞬間って、やっぱり、何度かはありました。

そんな思い出を、歌に重ねて、泣けてきますん。


もう、二度とない日々。
人生の、若くてひたむきな、ある季節にだけ許される、奇跡の時間・・・・・・でしょうか?




さて。
この歌詞の中で私が珠玉の言葉だと思うのは、
「歓びで悲しみを包む覚悟」
という言葉。
この言葉に関しては、何年か前に一度、記事にした記憶がありますが・・・・。


私の生き方の理想になっています♡
稲様ありがとう♡


SKIN

氷のような 炎のような
おまえの肌の上を 静かに滑り落ちてゆく
小さな叫びが 体の中響いてる

戻れないとわかっていても
この心 止められない
振り返れば景色は遠ざかり
もっと強く 魂寄せあう


雨粒のように 互いを吸い込んで
勢いをつけて ふたり流れていって
誰もいない世界へゆこう
どこまでたどりつけるだろう?

混ざりあいたい 絵の具のように
鮮やかな 光を放ちながら
取り去ってしまおう 息を重ね合って
二人を分かつ 境界線を

どこかで獣が吠えて
淡く月に染まる爪に力が入り
僕をもっと引き寄せる

溶けてしまおう 目を閉じないで
これ以上 何も失わないように
歓びで悲しみを包む覚悟をしよう
ためらわないで 進んでゆける
夢の燃える方へ



以上。
私の妄想記事に、長々とお付き合いくださった方、ARIGATO~~~♪
お疲れ~~~~♪



これの、動画はなかなか見つけられませんでしたが・・・。

この、ダイジェストの中の、2分13秒辺りから、私の一番好きな部分だけ、少し見れます♡
動画アップの方に感謝です♡


今よりも若い、エネルギッシュで、エロエロな稲葉君と、若々しくも真面目そうな松本さんを、一緒に味わおうじゃないか!!








にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村


B'z「自由の代償」を、聴きました。

こんばんは!!
いやはや~~~。
書きたい記事が色々あって、ムラムラしてました
                  ↑
  と、エロセクハラ警察官の使った擬態語を拝借してみましたわ。エヘヘ。



先日・・・・・。
私の大切な稲ヲタ友人が、教えてくれましてん♪
「B'zの、新しい曲が、You tubeにアップされてるよん!」
と。


ソロ続きで、B'zに飢えてた私は、
ぎゃおっす!!
と思って、早速、検索検索。


「自由の代償」

というその曲は、epic nightツアーの、帰る時に、流れてた曲でした。
フルで聴くのは初めてで、喜び勇んで聴きまして・・・・・・。


んで。





泣く。



まあ。
当然の結末ともいえるけどもん。

泣いちゃったわーーーー。
泣いちゃったわーーーーーー!!!


私が泣いたワケと言えば・・・・・。
それは、若き日の孤独を思い出したからでした。


愛しすぎて、重たがられ。
精一杯愛すれば愛するほど、逃げてゆく男・・・・・
好きなのに、なぜ?
そんな一人ぼっちの孤独な夜を、何度過ごしたことでしょう!!

泣けるよなぁ。




今思えばさ。
重いんだよね、愛し方が。

深夜の長電話・・・・・しかも、無言続きとか。
2人で会ってても、泣いたり拗ねたりとか。
「何考えてるの?」と言う、不毛な質問攻めとか・・・・・・。
ああ、重い。
私、重かったわーーー



でもね。
重くて不器用で幼かったけれども。
んでも、そういう、若き日の一途なひたむきな、一生懸命な愛って、本当は。実に実に尊いものですね。
思い詰めるような、真剣な思いは、もう二度と帰っては来ないです、私の場合。
そしてそれは、本当に、純粋な、不器用な愛でした。


それが窮屈で。
若い男というものは、
重い!
逃げたい!!
自由にして!!!!
と思っちゃうものなのでしょうね。


自分が受け取ってる愛の価値に気づかずに。
鬱陶しいだけの檻のように感じて、逃げ出すのでしょうなぁ~~~。



やがて。
40や50になった頃。
そういう、若い女性の重いほどの愛情の、愛しさというようなものに、男は気づいて後悔するのでは・・・・・?
そんな後悔の気持ちが伝わって、泣けるのですね、この歌。
後悔しても、遅いんだしね。



お互いにね。
失った時間は戻らない。
年月を経てから大事なことに気付いても、もう、どうにもならない・・・・・。




実はね・・・・・。



私の独断妄想ですが・・・・。

この曲の第一印象は、
「あ!
稲葉さん、最初の結婚の失敗を、歌ったんだ
というものでした。


稲葉さんは若き日に、一度離婚を経験してるんですよね。
B'zが、売れに売れて上昇気流の真っ最中。
若かった奥様は、いつも一人でほったらかし。
その生活に耐えられなくなった奥さんは、未練たらたらの稲葉さんを捨てて出てってしまったらしいよね。

稲葉さんは、本当に未練いっぱいで。
どうしようもなかったらしいよね~~~。
「もう一度同じ人と結婚する」
とか言ってたらしいじゃん??
   (カワイスギ

・・・・・・まあ、その後あっさり、別の方と再婚するんだけども!!
  ↑
 なぜ、私とじゃなかったのかは、謎である。



とにかくですね。
好きなのに、寂しくさせた。
大事にできなかった、傷つけた。
ごめんね。
そんな、かつての結婚の苦い思いを、こういうさらっとしたメロディにのせて、歌っちゃったんじゃないかな~~?
と、そんなふうに感じたわ~~。


独断ですけどもね




ねえ?
皆様にはどのように聴こえた??
私の友人は、
「青年の自立」
の歌ととらえ、母の立場で涙したようでした・・・・
ああ。
そういうイメージもまた、泣けますなぁ~~~。


いやはや。
男というものは。
随分と、周りの女を泣かせる生き物よのゥ~~~


でもまあ。
正直言って・・・。
「ゴメンね」的なこと、男に言われると・・・・。
ふにゃん
てなるよね。
ふにゃん
ってね!!
それが、夫であっても、息子であっても。


くうぅぅ~~~!!
悔しいけれども!!













にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村





我が家のベッキーまつり。

皆様
見ましたん?
ベッキー!!


いやああ~~~。
恥ずかしながら。
我が家の夕べと来たらさ~~~。
紅白歌合戦よりも、盛り上がったのは事実だわ~~~。

皆様のお宅はいかがでしたん??
我が家が、ミーハー過ぎんのかしらん・・・・?テヘ~~



我が家は・・・・。
ベッキーが金スマに出るとわかった時から。

ベッキー出るってよ!
え!?
ベッキー!!
おおおおお!!
ベッキー――!!
マジ?
ベッキーが?
なんで?
え?
何時?
何チャン??


と。
町中・・・いや、リビング中、てんやわんやの大騒ぎですたわ~~~。



まず。
「もしも何かあって見れないと大変だから」
ということで、末っ子が、録画予約。OK!!

「お父さん、間に合うかな?」
と、父の帰りを心配し、ソワソワ。
ギリギリ間に合いましたわ♪


そして。
いつもは、我が家は小学生は9時に寝るルールなんだけど。
「9時からベッキーだから、今日は10時まで起きててよろしい。
まず、9時前に、お風呂入っちゃいなさい。」
と。
就寝時間延長というほどの特別感だったわーーーー。
めったにないことなの。


まるで。
玉音放送を待つ戦後の人々のような緊張感と高揚感と特別感で、ベッキーの復帰を迎えた我が家でございましたわ~~~。

アホかいな




そのようにして迎えました、夕べの金スマ。
我が家の人々の反応は・・・・・。


まずは、オラ。
中高年女性代表。

中高年女性の常として。
まずは、泣いてる人を見たら、まずは、もらい泣きをする。
これ、鉄則ね。

いやああ~~~。
泣きましたとも!!

泣いてる私を見て、夫が言いましたわ。
「お?
ということは、ママは、ベッキーはもう許すと、そういうことね?」
ですってよ~~~


あらやだ。
何のんきなこと言ってんのかしら、夫ったら。


私はね。
結婚を夢見るあまりに、ズルズルと深みにハマり、
「夫婦関係は破綻してる」
という嘘も信じてしまったベッキーの姿を見て、思い出したのよ!!

若き日に、あんた(夫)にダマされたり裏切られたり、結婚を夢見たり夢破れたりした、苦い日々を!!
そして、改めて、若き日の夫の仕打ちに対する怒りがこみあげてきて、そんで泣いてんの!!
分かんないのッ!!??
鈍感ね!!
男ってなんでみんなこうなのかしら?
もうホントに!!

世の中の男に川谷を責める資格などないわいな。
みんなもっとヒドイことしてるくせに!!
でしょ?
男ども、全員、土下座しろーーーーーッ!!!!!フンガッ



・・・・・と。
ベッキーの姿に、若き日の自分を投影し。
かつ、男という生き物に対する積年の恨みが、よみがえった次第だわ~~~

もちろん。
自己イメージの中では、若き日の自分が、ベッキーほどの美貌を持ってるものとして、記憶は書き換えられておる。
だって。
美女じゃないと、話が進まないじゃない?




そして・・・・。
何が驚いたって。
改めて、ベッキーの眼の、あまりのデカさに、ぶっ飛んだわーーー。

「ベッキー、目がデカい!
こんなにデカかった?
ちょっと、デカすぎない?
いや~~~~。
大きいなぁ~~~。
トンボくらいデカイわ~~~~」

と、うわごとのようにつぶやいていたのも、私です。



次に、我が家の次男。
の反応。
高校生男子代表。


彼は、番組中も、勉強の手を休めることなく、画面は見ない。
んで。
音声のみ、聞いていた。

そして一言。

「俺は、ベッキーより、中居が、いやだな。
話し方が、イヤな感じ。
なんでこんなに威張ってんの?
で、なんでいちいち、ベツキーっていうの?
鼻につく!!
なんでみんなに褒められてるのか、わかんない。」

と、まさかの中居批判!


OHHHH!!!
今、日本中で、絶賛褒められキャンペーン中の中居君。
理想の上司とか言われてるしね。
SMAP事件でも、一番お株上げてたじゃん?

にゃのに!
こんな身近に、アンチ中居がいたとは。
オラもびっくりだぜ!
我が家の高校生男子から見ると、イヤな感じ。らしいですぜ?ほほう。




そして夫。

中高年男性代表。

「ベッキーはさ~、この内容で、ちゃんと記者会見するべきだよね。
辛くても。
そこが大事だよな~~。
ちょっと、ズルいかな。
こないだ、オリラジの中田も、ベッキーを、『あざとい』って批判してたよね?
たださ~~~。
中田自身も、なかなか、あざといよね?最近。
そう思わない?」

OHHHH!!
まさかの!!
ただいま、日本中で絶賛褒められキャンペーン中の中田についての厳しいご意見が!!←とばっちり。



「ああ、確かにね~~~。
そう思うわ~~~。
お笑いの範囲越えてるね~~~。

しかもさ。
30代の女性で、あざとくないヤツ、いないよ?
みんな、あざといよ!」


本当にね。
私も、20代30代、人生で一番あざとかった!
当たり前じゃん。
生きる知恵よ。
女だって必死よ。使える手札は使わせてもらう。
男性陣、ご用心なさいませ~~~♪

40代はあざとくないのか?ですって??
アハハ💦
使える手札が減るのよ!仕方ないじゃない。




そして、我が家の男子中学生。

「ベッキー、別に、やつれてないね。
めっちゃ、元気そう!
激ヤセとかしてると思った~~~」


す・・・・・。
スルドイ!!


むしろ。
激太り(90キロくらい)してたら。
彼女の心の闇が見えて、悲しくなって。
みんな、責める気力も失ったでしょうなぁぁ~~。





そして、我が家の小学生男子代表。
しみじみ、番組を見た後に、衝撃の一言!!


「ベッキーって、ハーフ?」
ですと

知らんかったんかーーーーーー



母ちゃん、ビックリしたわ。







そんなこんなで。
我が家の、ベッキー復帰の夜も、更けてゆきました・・・・・・。

素敵な、一家団欒をいただきましたわ~~~~。



にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村






親子と兄弟の、お勉強。

こんにちは

今日はね。
センター試験問題正答率3割の実力ながらも、国立大学を目指す男の物語。



不可能への挑戦・・・。

・・・・本当に。
ムリっぽい



でもね!
男って、不可能と思われることにも挑戦したくなる生き物のかねえ??
長年生きてくると、そういうの、感じるね。

女には、ワカラナイ感覚。
可能な範囲で生きて行こうよ、ねえ?
可能な範囲すら、使いこなせないよ、実際・・・・・。
と、私など思っています。


男は何かが違うね。
男はみんな、多かれ少なかれ、ルフィ―みたいな生き物なのかね??



んで。
「砕け散るやつ」
と、
「不可能を可能にしちゃった男」
に、二分されるのかもわからんね。


次男が砕け散るのか、可能にするのか・・・。
または、違う夢を見つけるのか。
または、浪人して叶えるのか。

・・・・・それは私もわからん。
神など信じていないにも関わらず、神に祈るのみであるよ。


次男は。
それはそれはたくさん私に叱られれ生きてきましたん。
ちっちゃい頃はそんなことはなかったですよん。
ほっぺのまあるい、ニコニコ坊やでした。

小6・・・くらいからかしらん。
反抗期や思春期の入り口だったんかねえ。
その頃から、次男は、私に叱られることが増えたのよ。
嘘とか。
イジメ加担疑惑など。
許せないことズラリでしたもーーー

そりゃあもう、次男にとって、私、この世の終わりくらい、怖かったと思います。
実物大なまはげの、本気の怒り。
そんな感じだったでしょうか。

そして、叱られ納めが、高2冬でせうか・・・・・。



それでも。
ふてくされもせずに。
こうして、毎晩、親と一緒にお勉強会という。
普通の高校生には成し遂げられそうもない不思議な時間を、彼は今、成し遂げてるワケで・・・。


いや~~~。
親と勉強って・・・・。
自分の高校時代を思い出してみても、考えられません。
ありえん!!
ウザすぎる!!!!!

もちろん私は、教えてはいません。
隣にいて、
「じゃあ、答え合わせしようか」
「じゃあ、この単語、5分で覚えな」
など、適当にリードしますん。
それだけのこと。


でもね。
やってみると、素敵よん。


あ。
神様な。
この、次男の、不思議ちゃんともいえる、この、素直な行動ね。
そこんとこ。
そこんとこ、よーーく見といてくれ。
そして。
よきにはからいたまえ。


って思っちゃうのよ!

親バカかしらん




そうそう!!
不可能への挑戦と言えば!!
かつて、「雨を降らせることに成功した男」というものも存在したってこと、知ってましたん??
オラあ、知らんかったよ~~。

100年前。
アメリカの、ハットフィールドというオトコは、人工的降雨に成功したらしいよね。
伝説ではなく、事実らしいのよ!!
知ってましたん??

んでも。
ある時、彼は、干ばつに悩むカリフォルニアに降雨の依頼を受けたところ、降らせすぎて洪水を引き起こし、死者も出たんですって。

んで、責任を追及されてしまうという、無慈悲な目に遭ってしまい・・・・。
そのような経緯から、彼の驚くべき技術は、誰にも伝承されずに途絶えてしまったらしい。

生涯で90件以上の依頼を受け、失敗(降らせられなかった)のは、2件だけだったらしいよ!!!



↑という。
スゴイ事実を知ったのは、次男が取り組んでいる、英語の長文問題に出てきた話から。なんすよ!!


ハットフィールドの話が、例文に出てきてね。
んで、解きながら、次男と、
「これって、物語?事実?
事実っていうのはありえなくない??」
という話になって。
ネットで調べたら、実在の男の、実話だったのよ~~~Σ(゚Д゚)!!!
映画化もされたということでしたわん。



こうして・・・。

次男が英語力を高める横で。
私は、雑学を仕入れるという、楽しい時間になってますん♪
・・・・寝てる日もあっけども!



他にも。
貧困と教育の関係ですとか。
人類の進化に関する見解だとか。
色々、内容も、面白い。


そしてまた。
ときに、クソみたいにつまらん文章もある。
そんな日は、2人で、

「この筆者は、クソだな。
アメリカ人にも、立派な筆者もいれば、クソもいる。
ということだな。」

とぼやきながら、取り組むわけだな。




眠いけども!!!
眠いけども、めちゃめちゃいい時間を、もらってんな~~~。



ねがいよ叶え
いつの日か
そうなるように
生きて行け!!!







次男のお勉強のノートを、思い出の1ページとして残します。


img011_convert_20160513130342.jpg
img012_convert_20160513130359.jpg
img013_convert_20160513130413.jpg




あ。
もう1個!!
これは、我が家の小学生の、国語のプリント。


img014_convert_20160513130435.jpg


こ・・・。
これは、実話なんですセンセ~~~~~イ!!
センセ~~イ!
ホントに事故ったの(泣)。
という、無意味な心の叫び。

母ちゃんも、めっちゃ、そわそわしたぜ!!!




にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村









プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア