FC2ブログ

誰の参考にもならない、私の高血圧治療経過。

皆様は、持病などがある場合、お薬など忘れずに毎日きちんと飲めるタイプの性格でいらっしゃる?


え?
当たり前じゃんッ??

まああッ
エライ!偉いわ~~~。

当たり前なんかじゃない。
それは非常に素晴らしい長所です。

私には・・・・できませんもの・・・



なぜでしょう。
お薬(降圧剤)大事とわかってるのに、飲み忘れ度々・・・。
故意ではないのです過失です(泣)


今通ってるお医者さんに、飲み忘れについて相談したら、
「アハハ。
気にしないでね。」
的な対応をしていただいたことがあり、
「一生ついていきます
と思ったものでした。


で・・・。
そんな飲み忘れ野郎な私が、その上さらにッ!
お薬が切れたのに、なんだかんだで病院に行きそびれ、1週間ほど、ヤク切れ状態でした・・・・。
ヤバイヤバイと思いつつも、そのようなおおらかな先生の長所に甘え・・・。


なんかねー(←イイワケ開始)
混んでるんですよねーー。
混んでる病院って、何時に終わるか予想が立たないじゃないですかーー。
たとえ行けそうなタイミングがあっても、2~3時間後に予定がある場合、二の足を踏むじゃないですか~~~。

で、いったん、行くべき時期を逃すと。
今度は、宿題してない小学生のような気持ちになり。
「ああ。
サボってしまった。
叱られる・・・」
と怯え、ますます気持ちが後ろ向きになるというものですわーーー。




というイイワケのもと。
ヤク切れ状態で過ごす羽目に・・・・。


あああ
こんな自分を語るのは、非常にハズカスイッ
本当にダメ人間だと思うわ。
どうやって育てたらこうなるのかしら。(親のせいにしてみた)




そーして。
昨日土曜日。
やっとのことで、渋々病院に行きました。
宿題やってない小学生の、始業式の気分だったわさ。



んで。

待合室で血圧を測ったら・・・・・。
OHHHH!!


IMG_0063_convert_20160229015052.jpg

ひゃ・・・ひゃ・・・・ひゃくきゅうじゅうの、ひゃくじゅうろくうううううううううッ

・・・・・・死ぬのか私。
死ぬのか私。
ヤバイヤバイヤバイ。

イヤだあああ
でもさ。
自業自得。
因果応報じゃんか、おい!



そしてかな~り待ってから。
診察室にすごすごとうなだれて入り、先生と色々お話ししました。

センセイ曰く、

「アハハ。
血圧高くっても、今すぐ死ぬわけじゃないからね。
アハハ。
でもさ、これじゃあ血管疲れちゃうからさ。
少し休めてあげようか。
血管かわいそうだからね。
アハハ。
でもなー、こんだけ高いと、イキナリ下げると、かなり体調は悪くなると思うけど大丈夫?
メマイとかさ、倦怠感とか、たぶんかなり来るよ?
大丈夫かな?」
と。


優すい・・・・(泣)
なんて優すい(泣)

宿題もせずに登校した小学生に、
「今から一緒に宿題しようか?
大丈夫?
時間ある?」
って言ってくれる担任みたいだわーーーー(泣)


大好きです先生
一生ついてくわーーー。
ずーっと開業しててねセンセ~~い♡




そんな。
おおらかすぎる先生と共に向き合う、バカすぎる私の高血圧・・・・・。



真面目に2日間飲みましたらば、にゃんと、先ほどは。。。

IMG_0065_convert_20160229015123.jpg


ひゃひゃひゃひゃくじゅうろくの、ななじゅうさん~~~~ッ

イキナリ下がったーーーッ


昨日の最低血圧が、今日の最高血圧なんですのよッ!!
クスリのチカラは無限大やな~~~。


いやでも実は。
治療を始めてから2年ちょっと経ちますが。
こんなに低い数値は出たことがないのです。
どんなに薬を飲んでも、上はたいてい、140~155くらい。良い日で130。
下は100ちょい。
それが普通でした。

なぜッ!?
なぜこんなに急に、今回は効きまくってるのかッ!?
・・・・・不明。
な・・・・なんかちょっと、怖い気もする、如月の暮れ。


今現在。
メマイもなく。
倦怠感もなく。
むしろ、ここ数日続いていた頭痛が取れまして。
体調goodです



そんな私ですが。
この数週間。
実は毎日、青汁飲んでます。

「ええ!?
薬は飲み忘れるのに、青汁は毎日ってッ」
と思うでしょ?


実は。
青汁は、毎晩夫が欠かさず作成してくれますの。


夫は私と違って、決めたことは毎日遂行できる、素晴らしい人間。
夫も持病があるのですが。
お薬を飲むようになってもはや、15年ほどになるのですが。
一日も!
一日も欠かしたことがないのですよ彼はッ


いやああああ。ホントスゴイよね、そういう人って。
まばゆい。
その継続力が、持続力が、記憶力が、実行力、意志力が・・・・・。
我が夫ながら、すんばらしいわ。


しかも。
飲み忘れん坊の私を、決して責めない
バカにもしない。←ここ大事ね。

・・・いや、心の中ではあきれ果ててるのでしょうが。
言葉にも表情にも出さないのです。←非常に大事ね。

大人やなぁ~~~~。
感謝(涙)




私もまずは、お薬を忘れずに飲める人間目指して、精進します
そして、真面目に通います病院。
おおらか先生の、にこやかオーラをもらいに行くわッ


またね(^-^)/




にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村











スポンサーサイト



B'z「アマリニモ」・3つの風景。

もうすぐ3月になりますね~~。


あああ。
あれから1年経つのか・・・・・。
ふ(寂しげな微笑み)。

B'zの、最新アルバム
「EPIC DAY」
が出てからもう、1年が経とうとしています。



くうぅぅぅ~~~~
私ったら・・・・(泣)
私ったら・・・・・(悔し泣き)

もっともっと、このブログ内で、超名盤「EPIC DAY」について、語るつもりだった・・・。
「有頂天」と、「Classmate」しか、まだ語ってないぞ・・・・・

なのに。
あっという間にもう、1年が経ち。
私のシワもシミも体重も、一年分増えたわ。

そして。
ふと気づけば、あら大変。
ライブツアー「EPIC NIGHT」のDVDも届いたし。
コナンとのタイアップのお知らせも来て、新曲が出るという。
このままぼやぼやしてたら、新アルバムも出ちゃうではないか・・・・・・・

・・・・・ヤバイ




・・・・・というワケで。
今日は、
「EPIC DAY」
の中で、今私が最も車内で聴く頻度の高い曲について、私の感想をまとめてみたいと思いまする。



ただね。
感想よ感想。
独断と、思い込みと、独りよがりの感想ゆえ。
もしかしたら、皆様の中の宝物を壊してしまう恐れがあるの(泣)

Be carefull!!お気をつけなすって!!




というワケで。
今日語ってみたいのは、私が今、車内で毎日聴き、そのたびにウルウルしちゃう名曲、
「アマリニモ」
なんですの~~~。

これは素敵ね。
すごく素敵で、B'zらしい、切なく美しい曲ね。


この曲について、つい最近。
いろんな風景が見えるようになってきたの。
それをまとめてみるね。



ずーーーーっと、この曲は、「失った恋」を歌ってると、思ってたんよ。
懐かしい街。
別れた恋人を思い出す僕。
寂しさをそっと胸に抱え生きてる僕・・・・。
というような感じ。

切なくて。美しくて。
胸キュンな歌
「ああ、稲葉さんが、私を懐かしんでいる・・・・・♡」
という、素敵な妄想をくれる、名曲♡



でもね。
かすかな違和感がないわけではなかったのでした。
それは、
「新しい日を待ち焦がれる」
という部分なんです。


なんとなく、違和感ないですか?
ない・・・・・



私はね。
なんとなく、この歌詞世界の中においては、ちょいと、前向きすぎる一節に感じていましたわ。
失った日々の美しさを切なく歌うのに。
「新しい日を待ち焦がれる」
って、なんかちょっと、意欲的すぎじゃね?
新しい日っていうのは、『キミがいなくても生きられる強い自分』?
まさか、『次の恋』ってこたあ、ないさね?
。。。みたいなかす~かな違和感が・・・・・



でね。
先日、東京の息子に会いに行こうかな~どうしようかな~~と考えていたに、車内でこの曲を聴いてたんですね。
そしたら


だっぱーーーッ

と、涙がどんどん流れた!


その瞬間、この歌のなかの「君」が、私にとっては、
「今は遠くに行ってしまった息子の、幼い日の姿」
として浮かび上がったんです。


そしたらねーーー。
「新しい日を待ち焦がれる」
の意味もすとんと胸の中に落ち着いて。
非常に100%、入り込めたんだよね。


私の中では、こんな感じ。




一人で運転する、真夜中のドライブ。
車の機器から聞こえる、昔の歌。
その歌に触発されて、突然目の前に甦る、幼い日の息子。

「ママ」と笑う、幼い笑顔。
「ママ~」と求める可愛い涙。

あの日の息子はもう、どこにもいない。
大人になって、遠くに行って。
そして、夢を見つけて追っている。

そんな、昔の息子に会えるような気がして、ついついスピードを上げる夜中の道路。
頬を伝うのは涙・・・・。
月よこの涙を、照らさないでね。
流すべき涙じゃないから。

息子の成長を応援したい。
未来に向かって進む姿は眩しくて美しい。
彼の新しい未来を、私も期待している。
でも。
もうその手をつなぐことはない。
彼が私を求めることも、もうないだろう。

会いたいな~~~。
いないとやっぱり、寂しいな~~~。

でも。
過去なんて、今の息子には何の興味もないんだろうな。
今の彼には、目の前の未来が、キラキラして、進むことしか考えてないんだろう。
そんな若者たちのために、世界よ、美しくあれ!と願う。

親というものはこうして、寂しさを抱えながらも。
それ以上の、期待をかけて、子どもを送り出してきたんだろうな。
今までも、これからも・・・・。



というような風景に見えたのでした
そして、
「長男に、やっぱり会おう
会いたいときは、会いに行こう。」
そう、心に決めたのでした。



その後。


長男に無事会って。
帰ってきてからまた、この曲を何度も聴いています。

そしたらまた、解釈が微妙に変わってきた!!!
長男に会って来たら、また、見える景色が変わってきたんよ~~~




今はね。
こんなんふうに思ってるんですわ~~~。




この曲の「君」って、「若き日の自分」じゃないかな??って気がしてました。
稲葉さんにとっての、そして、聞き手にとってのね。


古い歌を聞いたときに、急に思い出した、若き日の自分。
まだ何者でもなく。
自信もなければ、仲間もいなくて。
ただ孤独にがむしゃらに夢を追っていた、若き日のボク。

新しい日を待ち焦がれていた時代。

急に、なぜだろう。
懐かしいな~~~。
若かったな~~~。
あの時に諦めないでくれて、ありがとうな、昔の僕!
カッコ悪くて貧乏で、何一つうまくいかなかったけど、それでも頑張ってくれたよね。

あれから何十年も経ち。
あの頃予想したのとはまた、違う道を歩いてる自分。
何かを得て、何かを失ってきた。

今もまだ。
ツラい・・・・のかもしれない。
寂しい・・・・のかもしれない。
それでも、まだまだ道の途中だから。
僕はまだ、何処かへ行かなきゃならない。

若かった僕が、今の僕に、期待をしてる。
綺麗な瞳で僕を見てるから。
だから僕も進まなきゃイケナイ。
まだまだ孤独な寂しい道は続くよ。






今は、こんな風にも聞こえるのです。
・・・・・色々だわさ


そして思ったりします。


息子が、もっと成長したときに。
ふとした瞬間に、幼い日や故郷を思い出すだろうな。
歌や、匂いなどをきっかけに・・・。

そんな時に。
母たる私もせめて、懐かしい存在でありたいな、とか、そう思うわけですわ。





この、
「アマリニモ」
という曲。

・失った恋を思い出す、大人。
・大人になって離れて行った我が子を想う、母心。
・若き日の自分自身の姿を思い出してしまった、道半ばの男。


そんな3つのイメージが私の中で重層的に積み重なっています。
そのどれもが、切ないッ!!


アマリニモ、切ないッ



・・・・・で。
とにかく、泣く。
・・・・・と。
↑涙腺の筋力低下ともいう。







アマリニモ

夜中の歩道に三々五々
散らばっている人の影
閉まった店に小さな灯り
とうに日付は変わってる

流れてるとても古い歌
聞いてしまったよ

I gotta go I gotta go I gotta go
スピードをも少しあげよう
あまりにあまりにあまりにも
君がよみがえってしまうから

新しい日を待ち焦がれる


昼間の熱が嘘のように
風はひんやり優しくて
雲がうっすら月を隠して
どうしてだろうホッとするのは

いつか暮らした
街の匂いを想像したんだ

I gotta go I gotta go I gotta go
遠回りしてみたくなる
あまりにあまりにあまりにも
君がよみがえってしまうから

その歌はまだ響いてる

I gotta go I gotta go I gotta go
何処でもいいから何処かへ
あまりにあまりにあまりにも
世界が綺麗に見えすぎるから

I gotta go I gotta go I gotta go
何も辛いわけじゃないんだよ
ただあまりにあまりにあまりにも
君がよみがえってしまうから

人は寂しさを喰らい生きてゆく






にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村













高校の保護者会に行って、我が身を振り返る。

こんにちは~~


先日。
小6息子の授業参観に行ってきたばかりだとゆうのに。
今度は、高2息子の保護者会にまで、、参加しちゃったわーーー。
なんとゆう、母親業の、充実ぶりッ

サボらずに参加した自分を、たたえたいと思います

自分に甘い体質。




今回の保護者会は、主には、
①3年生になるにあたっての先生方からのお話し。
②ベ〇ッセから派遣された講師による、進路講話。
でござんした。

授業参観は、なしよ。(ほッ)


先生方からは、まあ、『受験生ですね、ご支援ヨロシク』的な話とか。
いじめ防止や、ネット被害防止について。
登下校や制服のマナーについてなどが、まあ、普通な感じで語られてゆきました。


・・・・・いや。
「普通」と言いましたが。
次男の高校の先生方の特徴はあるのです。
「声がでかくて、マイクなしにもかかわらず、聞こえやすい
とゆう、素晴らしい長所がッ!!

これは、大事だわーーー。
いやむしろ、最も大事だわーーー。
思えば、小学校の先生、声小さかったなーーー。
どんなにいいこと言っても、声小さいはダメだわ。
うん。
やっぱり人間、デカい声は大事だわ。


と、思いながら、しかし、内容はなんだか風のように私のカラダを通り抜けるのであった・・・・。
ゴメンセンセイ。せっかくの大きな声が・・・・、ああ・・・・・。



そして、
次に。
受験産業のトップランナー(の一つ)たる〇ネッセの浩志の・・・いや、講師のお話しが始まりましてん。

実力の伴わない夢見がち野郎な次男を、今後どのように料理すべきか、悩みに悩んでいた私は、前のめりになったね。
そして、前のめりになって、こけたわ。


声がちっさいのーーー
お若いお兄さん、まだ少々の羞恥心との戦いが残ってるとお見受けしました。
自分自身のママかのような、押しの強そうな熟女軍団を前にして、もしかして、怖かったん?

いい子な感じで。
頭の良さそうな、素敵な講師ではありましたが・・・。
この私の眠気を誘うかのような、優しい、あまりに優しい声だったのです。


こんな時。
私は実に深く真面目に反省をします。
どういう反省かといいますと・・・。


私もね、講師のお仕事してるんよ。
お若い学生に、物を教えるお仕事を。
それでね。
ご想像つくかとは思いますが、ええ(泣)、そうなんです(泣)。
私の授業中、皆様、お眠りになられますの~~~(泣)
ぶっちゃけ、過去には、寝言すら聞いたことがございます(泣)


これはねーーー。
100%、私の努力・実力不足。
だってさ。
B'zライブ中に寝る人なんて、いないじゃん?普通。
人間、楽しけりゃ、眠くないんよね。

かといって、教える内容はある程度決まってるから、突飛なことは教えられない。
ということは、やっぱ、
「教え方」
いやむしろ
「話し方」
の問題になってくるわよね~~~。

話術を磨け、話術を!!!

これがムズカシイ。
今さらだけど、私は人前に出ると恥ずかしがり屋。
けっこう頭がマッシロになる・・・・・。

む・・・・向いてないんじゃん




とゆう反省をしながら。

「寝てはイケナイ。寝てはイケナイ。
彼は今まさに、発展途上である。
今から技術を磨け、若者よ!
てゆうか、私は自分を反省しろよ。」

等と思いながら、寝ない工夫をしていました。



まず。


「メモ書きを、自分史上、最高の達筆で書く」
というミッションを自分に与え。
赤ボールペンでのメモ書きを、書道のように一画一画大事にしながら、かなりの達筆で書いてみました。
眠気防止の一助になりましたわ。


それにも飽きた頃。
先生方が話したときの資料をパラパラ見返して、いいものを見つけました。
いじめ防止のお話しの資料でした。



img013_convert_20160226095620.jpg

このチェックシートを元に、次男いついてよ~~く考えてみることにしたのです。

居眠りしない代わりに内職始める、よくいるヤツ・・・・


で・・・。
結果は。

高2次男は、この24項目のうち、当てはまると思ったのは、1個だけでした。
最後の、「夜眠れない」のみ・・・。

あとは大丈夫。
成績も別に、急に下がったわけではなく、じわじわ下がった。
そしてこの頃、ちょっぴり上がった
100下がって、10上がった感じ

問題行動も、ゼロではないが、むしろ減ってきた



でもねーーー。
確かに、夜更かしは気になってるんす。
この頃、深夜ガサゴソしてるんですよ。
私とヤツは・・・。

ま。
それ以外は大丈夫そうかな~~~。
と思いながら、このチェックリストなるものを、じっと見つめていたら・・・・・。




私こそヤバイ
ということに気付いた次第です。



①「風呂に入りたがらない」←赤ちゃん育児の頃は『ゆっくり風呂に一人で入りたい』が最高の夢だったのに。今はめんどくさいだけ。

②「所持品が壊れてる」←所持品のほとんどが、安くて古いため、どこかはコワレテル。

③「表情が暗い」←ため息出ちゃうワ

④「学校のこと(PTA役員決めなど)を聞くと嫌な顔をする」
⑤「学校(PTA・参観等)を休もうとする」←特に小学校。。。だって~~~。周りがみんな若いんだもん

⑥「親しい友達が遊びに来なくなる」←掃除してないから。

⑦「情緒不安定」
⑧「投げやり」
⑨「集中力がナイ」←もうこの3つは、最近著しいわ。

⑩「お金の要求が増える」←一日の大半は、「金が欲しい」か、「イナバが欲しい」のどちらかを考えている。

⑪「自己否定的言動」←でも、頑張って参観日行ったから、久々に、自己肯定感上昇。

⑫「よく怪我をする(身に覚えのないアザが、たいてい2~3個。ヤケドもしばしば)」←たいして料理もしないのに、たまにすると、やけどする。

⑬「夜更かし」←ネット。または、読書。


ズズーーーん○| ̄|_


24個中、13個は、私にあてはまった・・・・・
過半数じゃん・・・・・

こ・・・・、これは、いじめチェックなのか、更年期チェックなのか。
その境界線は曖昧である。



私は13個。
息子が1個。


次男~~~~ッ

あなた、幸せなのね?
安心していいのね???
母は・・・母は・・・・・。
ソ・ナ・タについて、心配することはもうやめよう。


てゆうか。
心配する資格なし





夕べも、次男は。
夜中の3時にまだ起きてるようでした。
試験期間中とはいえ、あまりに寝不足ではないかと思い、今朝、話を聞きましたら・・・・。


「昨日は、昼寝を4時間もしたから、眠れんかった・・・・」


えッ!?
試験期間中にッッ!?
4時間って・・・・・



そんなこんな。
今頃、彼は、学年末試験、頑張ってることでしょう。






にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村











我が家のお宝を、鑑定ねがいます♪

我が家の家宝
をご紹介します。




それは、知る人ぞ知る、バスケ界のスーパースターたちの、サインボール!
バスケ小僧ならば、誰もが憧れる、NBAの超スター選手たちの、サインですぞッ!!

いやあ~~~。
ホンモノならば、100万は、つくんでないのッ
ウッホーー♡










じゃーん♪



IMG_0003+(2)_convert_20160223092910.jpg





えッ!
なになに?
えええええ~~~ッ!!!
ゼロ円??
マジですか~~~~??



に・・・・・ニセモノ・・・・・
ガーーーーン。



・・・・・てゆうのは、まあ、冗談ですが





うちの小3末っ子が。
「サインボール」
というものの本当の意味を知らず・・・・。

「僕サインボール作る!!!」
と言って、まず、100均でボールを買ってきて。
そして、一生懸命に、ネットでアルファベットのつづりを調べて丁寧に作成した、

手作りサインボール
ですた~~~~~。


末っ子ったら、オマエ、こんなにきれいな字、書けるんかよ~~~
うはは~~~
萌え~~~






そうだ♡!!
私も作ってみようかな?
『稲葉さんのサイン入りマイク』とか・・・・・

『稲葉さんのサインと私のサインが、絶妙に絡み合ってる加湿器』
とか・・・・・♡

なんかすごくいい考え
実用性もある


あ?
私のサイン・・・・・
小学生の頃に考案したのならあるけども、旧姓だしなあ~~~。
ふううう。困った困った。
今から考えないとな。



これ、ヲタクにはピッタリな、素敵な一人遊びね?・・・・・

え?
寂しそうだからやめろ?

さ・・・・・、寂しくなんか、ないやいッ!






稲:「偽造サイン?やめてよね。」

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

授業参観に行って、5年前を思い出す。

わ~~~い\(^o^)/
パトリック・チャン選手、四大陸での優勝おめでとう~~~♡
宇野君の優勝を願って点けたテレビでしたが。
チャンの滑りに圧倒されたわーーー。
素晴らしかったっす~~♪

復活して、そして調子を上げてきているというのが、本当に素晴らしいことだと思う。
ベテランの活躍はまた、若者の活躍とは違った喜びやね~~~~♡

とは言っても、彼も十分若いッ♡


昨日
「ばらまいてよ~~♪ GOOD NEWS~~♪」
というようなこと書いたら、願いが叶った☆!!やった☆!!






ところで先日。

小6三男の授業参観に行ってきました。
思えばここ数年、うっかり行き忘れたり、仕事で行けなかったりで、不真面目な保護者であったものよのゥ~~
スマン、息子よ。


久々に行ってみた授業参観。
50分も立ちっぱなしという、あの、地獄のようなトレーニングに、私は耐えられるのだろかッ!?
無理だべさ。
・・・・・と思った私は、遅れて途中から行こう、という悪知恵で、学校に向かったの。えへへ



そしたらばにゃんとッ

まさかの、開始時間勘違いでして・・・
参観開始の20分も前に着いちゃったわーーーー
いやん、意欲あふれるバリバリ母のような行動に、なってしまったわーーー
照れるぜ。


まあ結局。
頑張りました、私。
立ち遂げましたッ(ノ´▽`*)b☆


・・・・・という。
アラフィフにとっては、
「頑張る息子を見に行く行事」
ではなく、
「自分の頑張りが試される行事」
になってしまうのが、授業参観である。

アラフィフ以上には、敬老席を用意してほしいものだわ。
それか、参観の日は、15分授業にするとかさ。
50分は、つらい、あまりにツラい。



ところで。
三男の先生は、なかなかに細かく厳しい男の先生である。
ゆえに、三男のクラスは、ピシッとまとまり、優等生的な行動をとる子が多い。
「よく躾けられているな~~」
と、感心する。
むしろ、躾けられすぎていて、やや不自然でもある。



もちろん
生徒の評判は、悪い。
我が家の三男など、「細かい」「コワい」「ウザい」と、いっちょ前に悪口ザンマイである。
ナマイキな

・・・・とは思うが、もしも私が小学生だったとしたら、私も反感持っただろうね。
きっとね。



でもね!
私はもう、アラフィフおばさんである。
小学生と同じ感想を持つわけにはいかん。
酸いも甘いも経験しつくした、熟女であるからして。
彼の魅力も長所よくワカルのであるわ~~~~。



『子供たちの自主性や創造性は抑えられて、先生の指示通りに動かされてるだけなんだってよ。』
と、不満げな母たちも、いるみたいだけれど・・・。

高2次男が小6の時、ヒドイ学級崩壊を経験した、老母たる私は。
指示待ち人間製造教室だろうが、恐怖政治による弾圧教室だろうが、学級崩壊よりはマシである。と知っている。
ずーーーとマシである。
天国である。
素晴らしいことである。
万々歳であるさ。



なによりも、
授業が成り立っていることの、ありがたさよ!
それだけでいい。
やはり、健康な子供は、勉強してナンボだと思う!


もちろん、病と闘ったり、発達障害や貧困に向き合ったりなど、深刻な状況の子も多くいることは百も承知だ。
勉強どころじゃない子供たちが、どの町にもたくさんいて、苦しみと向き合っているはずだと思う。


でもむしろ、だからこそ。
健康で、特に深刻な支障のない子供こそ、ひたすら勉強に、スポーツに、芸術に、励むべきである。
そうできる境遇にいる子供は、すべてに励む義務がある。
全力を尽くすべきだと思うのよ。
尽くした後のの結果はまた別の話。



学級崩壊
というのは、先生への反抗はもちろんのこと、イジメ、無勉強、制作作品の手抜き、スポーツも手抜き等、諸々の現象を内包する。
「やるべきことには全力は尽くさない」
というのが、そのスタイルであったわ。
もちろん、当時、我が次男もそんな感じの6年生であった。
なかなか多くの問題を抱えた、冷めた6年生であったと思う。


『全力を尽くさないことに全力を尽くしてる』
・・・って感じ?


つまり。
子供たちの、
『自分の正しい学校生活を崩壊させようとするエネルギー』
の大きさを、ヒシヒシと感じたものだわ~~。


なぜ?
なぜこんなばかばかしいことに、力を注ぐの?
と、困惑しながらも。
随分とあの頃は、小学校に足を運んだものでした。
もう、5年も前のことである。
私も今よりもうちょい若かったんね。
なにしろまだ、私もアラフォーであったのだ


次男の小6の担任の先生は、とってもいい先生だった。
頑張っていたと思う。
でも、崩壊したクラスを、なかなか立て直すことはできなかった。
徐々に笑顔は消え。
覇気も消えて行った姿を、思い出すわ。
本当に申し訳ないことでした。



そして、
その、崩壊クラスの子供たちを見ていて感じたことは。
「すなわち、ヒマなんだな。」
ということ。

幼い子供は、ヒマでも、楽しく過ごす。
次々新しい遊びを考えて、退屈知らずだ。


でもね。
6年生はもう、「幼い子供」じゃない。
もはや思春期なのである。
小さな青年なのだよね。

もう子供じゃないから、ヒマだと、よからぬエネルギーが溜まる。
マグマのように。

忙しくさせること。
勉強やスポーツや、芸術でもボランティアでも、何でも。
乗り越えるべき課題を次々与え、全力で取り組ませることって、大事だな~~~。


もちろん、中学受験やら塾やらで、忙しい子もいっぱいいるのだが。
むしろその忙しさは放課後であり。
学校時間はむしろ休息の場である場合が多いよね。
学校内で、ヒマそうにしているのであるよ。

なぜヒマなのか?
教えや指示を、無視してるから・・・・。だよね。




子供はね。
いったん、大人を見下しちゃうと、なかなか真面目な行動をとれなくなるよね。
特に集団では。

そして結果として、子ども自身の可能性が狭まってゆくような。
子供たちの努力の積み重ねが足りないような。
それゆえ実力も身に付かないというような・・・。
そんな焦燥感がかなりありました・・・・・。

5年前私は、そんなことを感じていたのでした。




で。
三男のクラスは、細かくて怖い先生の影響のもと、次々とやるべきことに追われ、なかなかに忙しい。
それはとっても素敵でありがたいことだと思うわ~~。


もちろん、仲間はずれとか、いじめのような問題が皆無とは思わないけれども。
崩壊しつくした次男のクラスと比べると、同じ小6とは思えないほど、三男たちは勉強を重ねている。
絵も真剣に描くし、合唱の練習も本気だし。


それはもう、何よりありがたいことだなと思っています。
細かく細かく。
子供たちをビビらせながらも細かく指導をしてくれる三男の先生には、感謝しかないな~~~。

失った時間は戻らないもんね。
重ねた努力は、絶対に、この子たちの未来を支えると思うからね。






ところで!
今回、授業参観に行ってみて、気づいたことがありますん。

「あ!
うちの子ったら、クラスで一番○○だ!!」

という気づきがありました。

な~~~~んだ?








答:「クラスで一番、ほっぺが赤い。」
でした。えへへ。


文句なしの、堂々一位でしたわ~~
なぜかしらん。
北国の子であるのは、クラス中同じ条件のはずなのに。
なぜに、うちの子ばっかり・・・・・?
我が家が一番寒い暮らしをしてるのかしらん・・・。
そうかしら~~~。
そうかもね~~~。


ちなみに、次男も幼稚園の頃は、赤ホッペナンバーワンであったっけ。
今じゃ、青白い不健康そうな高校生・・・・・・←運動部員なのに


にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村






「そうなるように、生きて行け」

夜、一人で・・・。

パソコンを起動させて、ネットを開く。
すぐに自分のブログ記事を書き始めればいいのだけれど。
そうもいかないわね~~~。



まず。
私の場合はyahooなんだけども。
yahooの画面で、ニュースをざざざっと見ます。

そうすると・・・・。
確実に気分が、下がる

有名人たちの、嘘。ごまかし。不正。パワハラ。ドラッグ。裏切り。などなど・・・。
その上最近では、極めつけは、神戸殺傷事件の犯人であり、「絶歌」執筆者でもある人物の問題。



いやはや
読めば読むほどに、鬱傾向になってゆく我が心よ!!
ホントよホント。
かなりまいる。
清原でまいってた心に、神戸のは、重すぎる悲しすぎるキツすぎる。

じゃあ、読まなきゃいいのに、なぜでしょう、読んじまう。
そして胸が痛みすぎる。


「ぎゃああ
読まなきゃよかった
と思う記事がほとんど・・・・・。
でも、知るべきことなのでしょう。
知ったうえで、最善の道を探るべきなのでしょうね。




その上。
実は最近、実生活でも、胸の痛むことがたくさん起こっています。


この1月2月だけでも、


・50歳で亡くなった知人。

・手術の失敗で、歩けなくなってしまった、友人のお父様。

・姑とのバトル→からの→夫とのバトル、のまっ最中に、乳がんが見つかり、おっぱい片っぽ取っちゃった、息子の友人ママ。

・抗がん剤治療の副作用に苦しむ、夫の親友。


すべて、他人事じゃ、ないよね。
すべて、自分の明日にも起こり得ること。

そして。
何か支えになりたいと思ってはいても、トンチンカンなことをして、役に立たない、そんな私ら夫婦。

または、何をすべきかと考えたまま、結局わからないまま後延ばしにして、何もできない。
そのうちに、もう、時期を逃してしまう。
それが、主に私。

何の役にも立たん。
それどころか、自分の毎日も危うい。

私たちの人生って、薄氷の上を歩いてるような、危なっかしい、明日のワカラナイ、そんな毎日なんだなと、しみじみ思うわ~~~。



もちろん。
私も、いくつかの不調を抱え生きている。
体の不調と、金銭的絶不調
どう考えても、末っ子までの進学資金がひねり出せない気がする今日この頃でもある。


こんなにお金が足りないのに、その上、私ら夫婦のどちらかが、倒れたらどうする?
いつどうなるかわからない。
その時どうすれば?

・・・という不安は消えないよね。
きっと誰もがそうでしょう。



昨日は昨日で。
息子の友人が、上級生に転ばされた上に、顔を外靴で踏まれたとか・・・。
泣いて帰ってきたので、相手の親と話し合おうとして今、親同士、お互い責め合い状態になってる状況を聞いた。

ぐぁあああ
切ない。
子育てもまた、理不尽との戦いである場合も多いよね。



本当にね。
ネット内のニュースも、現実生活も。
切ないことっていっぱいあるね。

どうしたらいいのか、途方に暮れること。
明らかに間違ってることを目の前にしてるのに、自分の力だけではどうすることも出来ないこと。
そんな無力感に押しつぶされること。
そんな日もあるよね。
きっとみんな、そうでしょう?



でもね~。

いろーーーーんなことゼンブ呑み込んだうえで。
たとえ自身がツラくとも、笑って生きられるような、そんな達人に、いつかなりたいものだわね~~~。

GOOD NEWS
だけを、ばらまけるような達人に。


その道は遥か彼方だけれど。
諦めるわけにもいかないね。











日々向き合う、我が家のパソコンの風景。

この画面から、いいニュースだけを受け取って、いいニュースだけを発信する・・・・。
そんな日が、来るのでしょうか。

すっごくそれは難しいことだね。
でも、諦めてもいけないね。


生きたい方向が決まったら。
「そうなるように生きて行け」

そう、稲様も言ってます



P2201449_convert_20160221021448.jpg













にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村















読書日記~オーデュボンの祈り・伊坂幸太郎~

この頃、伊坂幸太郎にドハマりしている私は。
数日前、新幹線に乗るにあたって、未読の処女作
「オーデュボンの祈り」
を、駅の本屋にて購入したのでした♪


以前読んだ「仙台ぐらし」の中で、ご本人が
『案山子が喋るような突拍子もない小説』
と、自虐的なカンジで語っていたのが印象的で、早く読みたいなぁ~~と思いながら、月日が流れたのでした。


そしていよいよ、機が熟し!
私はこの本を手に取りましてん。


P2201444_convert_20160220164422.jpg


これね~~~。
面白かったわ~~~。

・・・という、全く個性のない感想を、お許しください

もともと好きな伊坂幸太郎が、ますます好きになりました♪




これは、
平成12年に発行されたらしい。
もう、16年も前なのか~~~。
私が、3歳の長男と、1歳の次男と共に、毎日毎日公園に行き、絵本を読み。
どーーーーっプリと育児に没頭していた頃の作品だわ。


私が陸の孤島たる我が家で、必死に子育てをしていた間に。
B'zは売れに売れ、伊坂は書きに書いていた。というわけか・・・・、ふむ。
まあ、それもこれも、素敵な世界である。
非常に美しく、宝石のような小説だと思ったわ。
ラストなどもう、読みながら、稲葉愛さえあふれてきて。
私の胸の中で、伊坂とB'zのコラボ現象でしたわ!!!

だって。
音楽というものの素晴らしさを、しみじみ感じさせるんですもの。



そもそも。

この小説は、ミステリーなのか?
ファンタジーなのか?
歴史小説なのか?
人間模様小説(←てゆうか。)なのか?


伊坂幸太郎は、どのようなジャンルに入れられることを良しとするのだろうか?
ミステリー???なのか・・・?
そうではなかろう。
じゃあ、何?


読後、そう考えた時。
彼自身の
「突拍子もない小説」
という言葉が光る。



自虐でもなんでもなく、これは、ジャンル分けを拒否する、断固たる誇り高き言葉であったのだな~~~。
と感じたわ~~。
『突拍子もないだろう?
こういう小説、読んだことないだろう?
初めてだろう?こういうの?』
という、挑戦的で意欲的な思いを、やわらか~~く優しく包んで表現したというワケか。
きっとそうだ。
と思ったわ~~。


強いて言えば、私は、伊坂幸太郎の、人物造形が好きだな~~と思う。
私的キーワードは、
「優しい若者」
である。



本書でも。
「アヒルと鴨のコインロッカー」でも、「重力ピエロ」も。
「ゴールデンスランバー」も・・・・・。
描かれてるのは、この日本の至る所に存在する、優しい若者の姿だと思う。



優しさゆえに、悩み、戸惑いながらも、最後に自分で決断をして進んでゆく姿。
悪意に翻弄されながらも、良心を保ったまま、徐々に学び成長する姿。
そんな登場人物(主に主人公)に、私はきっと、息子を重ねて読んでるのだと思う。
頑張れ、くじけるな、と・・・。
そして、優しい青年を、社会よどうぞ踏み潰さないでと、祈るのである。
伊坂作品を読むと、そんな思いがこみ上げてくる。
だから好きなのかな、きっとね。


そして、伊坂作品に欠かせないのが、動物愛だね!
犬や猫を始め。
様々な動物への愛が、半端ない。
そして、動物や、弱者を痛めつける残虐な存在への怒りも半端ない。

そういうところも、好きだなと思う。


「オーデュボン」
というのは、鳥の研究をし、鳥の精密画を描いた、歴史上の人物名なんだってね。
知ってた??
私は読むまで知らんかったわ~~~。


こんなすごいのを、たーーくさん残しています。

Ectopistes_migratoriusAAP042CA[1]_convert_20160220170725



うっとりするわね、こういう絵。
「神は、細部に宿る」
という言葉を思い出すわ~~~。




細部へのこだわりという点で言えば、伊坂作品もまさにそう。
B'z松本さんのギター演奏に対する信念にも通じるね。
稲葉さんの喉のケアに対する姿勢もまさにそうだね。
偉大な人間は、細部に手を抜かない。



神は、細部に宿る・・・・・。
本当にそう思うわ。

手抜きな私には苦手だな~~~💦
そうできる人でありたいけれど。

伊坂幸太郎を読むと。
ちょっと、生き方を変えてみたい。
と、そう思わせてくれる読書です。

全作品読破するまで、まだまだこの熱は続く予感がします☆



・・・・という読書日記でした。
またね



私の祈りは、
コレ。

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村





息子に会いに、東京へ。

こんにちは(^-^)/

いやあ~~しかし
随分と更新が空いてしまったのゥ
いやはや反省
猛反省の記者会見を開く所存だわ。


えええ~~~と・・・・。
この数日の間に、何をしていたかと申しますと。



TOKYO
さ行っできだんだべした~~~。




読書
をしてたんだべした~~~。
新幹線内で読もうと買った本でしたが、車内では爆睡
帰宅後読みふけっとりました。




授業参観・懇談会
に行ってきたんだべさ~~。
小6息子の、ラスト参観。
疲れるよね、あれ。


さて。
今日は東京行きについて、思ひ出を書き記したいと思いますわ~~~。


上京の目的は何かと申しますと、ずばり。
それは、

大学生長男とのデート!


なぜ急にそんな、息子LOVEなん?
と、不審に思われた方もいらっしゃるでしょう。
いや、息子本人も不審に思ってマスタっけ。
「監視?」みたいに思った模様。

し・・・失礼なッ💦




そもそも
発端は、稲葉浩志様ソロライブに参加したことですわ~~♡


先月、稲様のライブに参加した私は、夢遊病のように、うわごとのように・・・。

「ああもう一度会いたい。もう一度。
あああ稲様稲様浩志様♡アゲイン♡
3月に武道館?
いいんじゃない?激近でしょ。楽勝でしょ。
会いに行くわ会いに行くわ稲様。どんな手段を使っても!あああ~~~~♡」

と、そう思い詰めておりました。


その時。
ふと、気づいちゃったんです私。

「え?
激近?東京が?武道館が???
え?
ちょっと待って私。
その東京にいる我が息子に、私は全然会いに行っておらんぞ?
そもそも、彼の大学に行ったことがナイッ!
息子の大学に一回も行ってないのに、稲葉さんのためなら『武道館楽勝♡』とか、ほざいてるオバサン、だあれ?
息子、グレまっせ~~~~。」

そんな心の声が聞こえたんでした。



入試は付き添いましたが、別キャンパス。
入学式も、別会場でした。
結局、今息子が通ってるキャンパスには、一度も行ってないッ💦のですわ。




そこで!

賢母たる私は、稲葉さん用にに蓄えていた(蓄えてはいない)上京費用を、
息子との『キャンパス手つなぎデート』に流用することを決意。
泣く泣く、稲葉様との『武道館手つなぎデート』を諦めたという経緯。


おデートの概要は・・・

早朝に出発・最寄り駅まで夫に送ってもらう。

小学生息子らには、「ちゃんと学校に行くように」と言い残し、先に出発。
寝ている高校生息子には、会わないまま。


→在来線・新幹線を乗り継ぎ大宮から埼京線に。

埼京線から富士山が見えるということを、私はこの年になって初めて知ったの💛
感動感動感動~~~~♡
大宮~与野~赤羽
辺りで、非常にきれいに見えたわ~~~~♡
北国の田舎住まいの私にとって、富士山を見るって、非常に特別感!
今年はきっと、いいことがある☆
と、勝手に確信。


そうそう。
新幹線では、ビックリなことがッ!

まさかの!
隣に座った見知らぬおじさんと、同じ缶コーヒー・・・・ッ!偶然


F1010620_convert_20160219095316.jpg




→息子の寮にお迎えに行く♡

着く時間を伝えていたにもかかわらず、息子は寝ていたわイラッ


→寮でお世話になってる方にご挨拶

お土産持参。


→息子と一緒に電車に乗って大学見物に。

写真を撮りまくり、はしゃぐ母と、迷惑そうな息子。
仕方ないでしょ、楽しいんだからッ
我慢しろや。

P2161419_convert_20160219095355.jpg



→大学構内のレストランで昼食。

マズかった・・・・・


→その後、両国「江戸東京博物館」にて、レオナルド・ダ・ヴィンチ展を一緒に観る。

生まれて初めて、両国に行ったの💛
国技館を見たのも初めてよ♡

ダ・ヴィンチ展は、せっかくの上京なので、一緒にどっか行こうと私が調べて、誘いましたわ~~~

圧巻だった!
すっごいヨカッタ~~~!!!
大感動だったよ!!!!!

レオナルド・ダ・ヴィンチの、底なしの勉強意欲、創作意欲、圧倒されました。

濃い!
あまりに濃い人生やな~~~~。


→博物館内のレストランにて、お茶。

お茶を飲みながら、息子に3万円のお小遣いをあげる。
くうぅぅぅぅ。
貧乏な我が家ではあるが。
私がダフ屋に払ったかもしれないチケット代だと思えば安いモノ


→電車に乗って、途中、息子が下車。バイバイ。

長男:「で、本当は何しに来たの?」
私:「会いに来たんだよ。」
長男:「それだけ?」
母:「まあ、ちょっと、仕事が空いたからさ。」←照れ隠し?
という、疑惑の会話。


母が息子に会いたくて何が悪いかよォ~~

まあ、稲葉さんには、もっと会いたいけどさ、諦めたのよッ💦
あんたを選んだのよ、ワカルッ!?



→私はまた大宮まで向かい、新幹線~在来線~帰宅。





そんな、素敵な一日でしたが、疲れすぎて、翌日は死亡してマスタ~~~。



しかし。
東京は、めちゃ疲れるわ。
もう、途方もなく歩くのね(泣)、東京って・・・。
駅とか、地獄ね(泣)。
同じ駅名でも、JRと地下鉄とかだと、1キロ以上離れてたりするッ!?
あれ、マジでしんどいわーーー。
詐欺やん


東京の人が、元気な理由がわかる気がする。
毎日が、エクササイズだわ、あれ。
脚力鍛えられ感、ハンパないわね。


またね~~~






にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村









プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは高校生一人、中学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア