FC2ブログ

小学生のベッキー事件と、子育ての壁。

一昨日のこと。

小6三男と、小3末っ子と共に、コンビニに入ったところ。
『ゲスの極み乙女。』の歌が流れていたわ~~。

♪両成敗が~~とまらない~~~とまらない~~♪

コンビニから出ると、二人ともゴキゲンにその歌を、繰り返し歌ってた。
その部分のみ

そして、末っ子がこんなことを言いだした。
「なんかさ~~~、『ゲスノキワミ』ってゆう、妖怪、いそうだよねッ?!

OHHH!!
ゲスの極み=妖怪説ッ!!??
新しい!!
さすが小学生。
目の付け所が違うわ~~~~

た・・・・、確かに。
「すべては妖怪のシワザ」かもしらんッ!
不倫も、ライン流出も、「妖怪のシワザ」と考えれば、合点がいくわ・・・・・




そしたら、小6三男も。

「ああ。確かに~~~
「なんかさ、両成敗が~~とまらない~~♪ってところの声が、ウィスパーが歌ってるっぽいッ

等盛り上がり。
我が家では、
「ゲスノキワミ妖怪」なるものが、認定されたのが一昨日・・・・・。


この時点で私は、
「息子らも、ベッキー事件について、色々知ってるに違いない」
と、思っていたわ。


しかし、実は!!


うちの小学生2人。
全然何も、知らなかったことが、今日判明しました!!




今日・・・。
学校から帰って来るなり、小3末っ子が、

「ただいまーーー!!
ママーーー!!
あのねえ。
ベッキーって、もう、テレビに出ないんだって!」

と、教えてくれた。
知ってるよママ十分知ってるよと思ったけれど。
こうゆう時は、息子の新鮮な気持ちを尊重したい。

「へーー、そーなんだ~~。」
と、ビックリ風を装って、新鮮風お返事をするのが、母の愛だわ。

すると、小3息子の説明では、
「なんかね。
ツマがいる男の人と、仲良くなっちゃったからなんだよ!!」
ですとよ。


OH!
なんだか、可愛い説明だぞ。
もしや、帰りのホームルームで、担任の先生からそのような説明があったのか?
ハハハ、まさかね。
とか思いながらも、もはや、新鮮な驚きを演出する配慮も忘れ。

私:「その、ツマがいる男の人って、誰か、わかってる?」
と聞きましたら。

小3末っ子:
「えッ!!??ママ知ってるのッ!!??」
と、『ママ見直した』的な発言が返ってきたぞ。


・・・・・いや
日本中の大人が知ってると思うぞ。
と思いながら、

私:
「ほら~~。ゲスの極みの、あの、ボーカルの人だよ~~~」
と教えたら、末っ子、

「えッ・・・・・・・
と、絶句していましたわ~~~。



・・・今日になって、ベッキーとゲスの極みのボーカルの不倫事実について初めて知るなんて。
我が子ながら、小学生って・・・・・・やっぱり、
新鮮なイキモノッ!




それにしても、
ベッキー事件は、本当に世間の批判がすごかったですね

私が思うに。
世間は、「不倫の恋」に対して怒ったんではないよね?たぶん。
もちろん、そこにも怒るけど、でも、たぶん気持ち的には理解できるんだと思うよね?


それよりも、
「友達で押し通す予定!笑」
で、世間は逆上したんだと思うよね?
特に「笑」。

「私らのこと、バカにしてたのッ!?」
「高い位置から、庶民を見下してたのねッ!?」
と、感じさせたよね、あれは。


人って。
「不道徳なこと」には、ある程度寛大にはなれても。(素直に謝るなら)。

「バカにされた!見下された!」
と感じたら、怒りで燃える。逆上まっしぐら・・・・・。
になるよね、やっぱ。

そういうものだと思います。






ところで。
私はね~~不倫についてはこう思います。


既婚者を好きになることもある。そりゃあるさ。ある。うん、ある。稲葉さんとかね。

自分が既婚で、独身の人を好きになることもあるさ。うんある。
特に若い女性はかわいい。
とってもかわいい。
いや、若い男性もかわいい。
それはもう、生物的にそうなってるからね。
魅かれもするよね。

ただね~~。
「魅かれる」と、「不倫する」には、大きな距離があるはずだ。

そして、不倫とか浮気って、どうしても、「嘘」で塗り固められる。
その、「嘘」が、どうしても、耐えられないね。
「夫が他の人を好きになったということ」以上に、「夫が長い間私をだましてたということ」の、ショックがデカい。



長い間、自分に嘘をついていたんだ、この人は・・・。
じゃあ、あれも、これも、嘘だったの?
あの嘘をついたとき、どんな気持ちだったの?
昔、「好き」と言ってくれた、あれも嘘だったの?
子どもが熱出した日に仕事だった、、あれも浮気だったの?
あの時は、どうなの??

エンドレス・不信感。


そうやって、嘘をつかれた側は、結婚してからの自分の人生のすべての時間がガラガラと崩れ去る・・・・・。
本当のことまでが、嘘に見えてくる。
何もかもが、分からなくなって来る。
自分が生きてきた時間を否定されたかのような、衝撃。


そんな、とてつもない苦しみを、与えてしまうよね。
「嘘」、それも、単発の思い付きの嘘じゃなくて。
「長い間付き続けたウソ」・・・それは、罪が重い。

そう思いますよ。



とは言っても!
私自身は、今は、夫が浮気するかどうかには、関心はなくて。(←意外とどうでもいい)

それよりも!!
息子4人を、
「浮気をしない男」、すなわち、「嘘をつかない男」に育てるべき使命感を感じとる!!
子育ての、大事な部分であろう。うむ。



どうすればそういうオトコに育つのかッ!?
ううう~~む。
難しい・・・・・・。
やはり、脅しか??
いや、愛か???
分からん。
嘘をつく子は、怒っても、もっとつく。←経験済み。
優しくしても、つくよ←経験済み。

どうすりゃいいのかな。
ううう~~む。
なかなかな、高い壁。

試行錯誤、五里霧中、七転び八起き。
それが子育て・・・・なのかね?



にほんブログ村

スポンサーサイト



腹痛妻の一日。

ここ数日、胃腸の調子が良くなくて、ですね。
いやあ~~。
たぶん胃腸の風邪だと思うんですわ。

痛いの
ハーラが、イタタよ


いや。
もう大丈夫。
夕べがピークでした。

トイレ内で悶絶してたもんね。
正直、久々に、陣痛を思い出したッ
あれは痛かったな~~~。
あれよりはマシだよな~~~。

・・・・・と思いながらも。

手足が痺れ、目がチカチカしてくる・・・・・。
ふと、意識が遠のく瞬間もある・・・気がする。


皆様はいかがですか?
あまりの腹痛って、痺れてきて、気が遠くなったしませんこと???


私はたまになります。
いろいろ不調が重なった上に、お腹壊すとね。
ビリビリ来るわ。


そして孤独なトイレ内で考えちゃうわーーー。



あああ
このまま気を失うの私?
え?
このまま???
それはイヤ。
でも。
私が尻出したまま気を失って、それで家族に何ができるの?
なんもできやしないでしょあの人たち。
私は尻出したまま放置されるの?
それはイヤ。
痛いよりイヤ。
無様は、イヤなのよォ~~~~
ああ、ワタシだって女ですものォオオ~~~


そう思って、頑張りました。



そして、
明るい笑顔咲くリビングに、ヨロヨロと、無事生還。
ああ。
ここは別世界だ。
この人たちは、何て明るい暮らしをしているんだ・・・。
なんという無邪気な笑い声。
そんなにバラエティ番組が面白いか?

私はたった今、一人孤独に、トイレ内で、死の恐怖に脅えていたというのに。
こんな眩しい世界もあったのだった・・・・。
そう思いながら、コタツに潜り込みました。



すると。
夫が
「大丈夫?
随分顔色悪いね?
まだ痛いの??」
と、優しい言葉をくれる。ホロリとしちゃう。
いいヤツじゃないか。
オマエとの結婚は、俺の人生の、最大のご褒美だ!と、私はそう思う。


「うん大丈夫。
色々ホントにありがとうね。」

と言いましたら、

「え?
俺は何もしてないけど・・・・

と、恐縮してました。


確かにね。
確かにあんまり何もしてない。
子供たちと一緒に、テレビ見て楽しそうに笑ってただけかも・・・。
確かに、若い頃なら、こんな状況を不満に思ったかもだよな~~、としみじみ思う。


「私が体調悪いんだから、子どもの世話してよね
「それでも私が、ご飯作らなきゃならないワケ?
などとゆう、攻めの姿勢・・・・・でした。
常に攻撃態勢で暮らしてたのかしら私。
エネルギーの無駄してたん。




若き日の私は、そうだったかもしれないな~~~
と、ほろ苦く反省しています。
なんかこう、上から目線だったな~と・・・。



でもね~~~。

アラフィフの私は、ひと味違う。

「大丈夫?」
その一言のありがたみ。
優しい言葉って、何よりも嬉しいよね。


「稲ソロライブで、はしゃぎすぎたんだろ
と責めることもせず。
「毎日夜更かししてるからだろ
と蔑むこともせず。

私が夫だったら絶対言いそう


ああ。
なんとゆう、優しい御言葉!!
「大丈夫?」
いい言葉やねえ~~~。

この言葉を言ってくれる人がいる暮らしの、温かさよ・・・・・
大事にするぜ、夫よ・・・





こうして。
腹痛一つ取っても。
若き日よりも熟成した夫婦関係になったものだと、しみじみ感じる今日この頃です。


「俺は何もしてないけど・・・?」
という夫に、
「応援してくれた。
心の中でもすごく応援してくれたでしょ?
ありがとね。」
と、無理やりの愛情確認をし、(今流行の、レッツ・ポジティブ?)、夕べはそのまま、コタツで夜中の3:30まで寝て、3:30に布団に移り、朝まで寝ました。

今朝はそんなで、お弁当も作れなかったよ~~。
予約炊飯しなかったからね
ご飯が炊けてなかったんよ・・・。


体調も家事も不備だらけの、そんな冬の一日でした。



こちらはまた寒くなってきました。
皆様地方はいかがでしょうか?
皆様もお体気を付けて

私?
私は、腹は随分治ったけど、尻が痛む。
えへへ。
イテーよぉ~





にほんブログ村

💛宇宙一暖かくなれるバナー💛イナバナー💛イナマタバナー💛

稲ソロその後・ネタバレなし。ないのよ~~~。

ネタバレを避けて避けて、注意深く暮らしている稲葉様ファンのお方々、お久しぶりでございます。
ご機嫌いかがでしょうか・・・・・。
ライブの日を指折り数えていらっしゃることでしょう。


今度の週末が、福井・・・・
その次の週末が、広島・・・・・・・・ですか・・・・。


ああ。
お天気はどうでしょうか?
今回のライブに限っては、彼は、雨男ではないかもしれません。
寒波男でもないことを、祈るのみです。


あああ。
私はもう、終わってしまった・・・・。
あああ。
終わってしまったのですよ


イナ―バ様のライブから、もう、5日も経ってしまったのね・・・・


ああ。
もう一度会いたい。


そう思った私は、あら。どうしたことでしょうか。
気づいたら、稲ソロのチケット入手を模索していました・・・・・無意識に。

ああ。
3月6日の武道館なら、行ける・・・。
なんとか、都合がつく日程だわ。

そう思ったら、夢遊病のように、あちこちのチケット情報を、探ってる自分がいました。
いろいろ調べると、色んな入手方法って、あるんやね~~~
箱入り娘出身の私は、知らないことが多すぎる。


でもな~~~
チケット代金・・・、交通費・・・・・、宿泊も・・・・?
ああああ~~~~~!!
日程は大丈夫でも、それ以外の色々が!!ああ、色々がぁぁ~~~~!!!
無理無理無理。
絶対に無理。
と、今、自分を戒めているところです。


あああ。
私が、独身で、若くて、美女で、金持ちだったら・・・・・!!
あああ。
仕事もしないで、稲葉ザンマイ。(しかも若い)
家族もいないで、稲葉ザンマイ。(しかも美しい)
ああああ。
そんな日々を一度でいい、過ごしてみたいッ


・・・・と思うけれども。
実際に、もし私が、若くて美しい独身の富豪だったら、稲葉さんの追っかけするよりも、もっと違うことしてんだろうな。
当たり前だ!



そうだよな~~~。
私が私であるから、こうして稲葉さんを好きでいるわけで。

子持ちの貧しいアラフィフゆえに、稲葉さんに夢を託してるのでしょう。
思うようにいかない日々だからこそ、たまに訪れる宝石のような瞬間が、輝くのでしょうね。


今の自分で、生きて行くしかないわけですね。




等と、色々人生について考えちゃうくらい。
素敵な稲葉さんとのひと時でした




にほんブログ村





寒い日には、希望を語ろう。

OHHH!!

雪ッ
熊本とか、博多とか、鹿児島とかぁ~~~~💦
すっごいですね!!??

皆様大丈夫??
子供は大喜びでしょうが・・・。

大人もね・・・・・。
出勤も何もないなら、風流ではあるよね。
でもさ。
早朝出勤の人間にとっては、アマリニモ苦行だよね。



私の家は、北の方で、しかも、標高が高いゆえ、よく降るん。
よ~~~~く降るんよ。
積もるんよ。
慣れてるんよ~~~。


んでも、いやッ
寒すぎは、こわ~~~い



何が怖いかと言いますと。


①雪そのものではなく、凍結っす。
凍結した急勾配坂道の運転・・・・・。
このコワさは、何にもたとえられない・・・・・

我が家に帰るには、ものっすごい急な坂を上らねばならん。
そこが、主に、夜~早朝。
つるんつるんになってる恐怖感と言ったらあにゃた!!!

下るも上るも、それぞれに違った味わいの恐怖感。




②大雪の日に、待っても待っても子供が帰ってこない・・・・
このコワさも、何にもたとえられない・・・・・
 ↑
先日も、末っ子大雪の日に行方不明。
後に、裸足にスニーカー・素手という姿で、冷凍状態で帰宅・・・・・


③受験の朝に、大積雪・・・・・
このコワさも、何にもたとえられない・・・・・
果たして、会場に着くのかッ


という、三大恐怖と闘いながら、日々生きてますん。



『タイヤは雪用スタッドレス。
自宅には、大小様々な雪かきグッズが完備。
ウィンドウォッシャー液も何もかも、不凍液。
水道には、凍結防止熱線コイル(←真夏でも、電源切るのを忘れてること多発
駐車場なども、雪国仕様。
毎冬、子どものスノーブーツ購入。』


そのくらい準備万端でも、辛いんだもの。
心の準備も、物質的準備もしていない南国の方々の心は、今、折れそうなのではないでしょうか??


ファイトよ!ファイト!
今に溶けるわ!!!



ちなみに。
どーでもいい話ですが。

私が中学校卒業文集に書いた「将来の夢」は
「南の島に暮らしたい」
ですた・・・・・



叶ってないッ
一個も叶ってない
今現在、『北の山頂』に暮らしとるよォ~~~~


15歳の私~~~
ゴメンよォォォ~~~~~


あ、ちなみに、小学校の卒業時の夢は、「画家」

高校卒業時の将来像は「先生」。←これは一旦叶えたね



他の二つも、まだまだ遅くはないよね。
うふふ
老後に、南国の島に移住して絵を描いて暮らす私が、目に浮かぶわ~~~
夫はついてきてくれるかしらん。
ああ憧れの、南の島!!



・・・・・と、夢見ながら。
一生雪かきして暮らすんじゃろ。
それが人生よね。ね?





ところで!

「寒い地域」
の、利点って何だろう・・・・・?
と、考えたことはありますか?

私はしょっちゅう考えては、自分を慰めていますよ。
利点でも見つけないと、切ないから・・・・・



んで、見つけた。。


ワタシ地域も、夏は一人前に暑くなるんよ。
33度とか34度とか、なりますから、あなどれない。

でもね!!
どんなに夏が暑くても、虫!!
虫が圧倒的に少ないわ~~~~。

特に、ゴキ系。
は、ほぼいない。
ゼロではないが、ものすごく珍しい。

以前、九州出身者と仲良くしてた時があるのですが。
その人は、こちらの夏の、公園等の蚊の少なさにも驚いていたよ~~~。
蜂とか虻とかもね。
ハエとかね。
少ないみたいだよ。


緯度及び、標高がある程度以上になると、怖い虫は、少ないと思うわよね~~~。
トンボとかそういう、無害な素敵虫はいるけどね。


夏はけっこう暑いのに、どうして?
と考えると、やはり、越冬できないのではないかという結論に達するよね。
卵で越冬するのか、成虫で越冬するのか知らないけれど。
冬に寒すぎると、ダメなんでしょうなぁ~~彼らはきっと。
よほどラッキーな奴だけが、生き残る。



だと思うんですよ?



てゆうことは?

きっと、九州その他、記録的に冷えてる地方ではもしや。
来夏、いやな虫が、少ないかも!!!  よ?

今、越冬できずにアチコチでひっそりと、自然淘汰されてるかもよ??



ということを信じて。
お互い寒さを乗り切りましょうね♪

ちなみに、根拠も証拠もないわ!
単なる、希望的観測よ!

だってさ。
希望でも持たなきゃ、乗り切れないよね、寒さって。





にほんブログ村

氷をとかせ!!
とかすんだ!INABA!!!







稲葉浩志ライブ enⅢ その3 ~ネタバレ有~

☆稲ソロと私☆

前記事に、
「私はソロは素人なのだ」
と、書きました・・・・・。


その理由を少し、記録しておきたいと思います。



稲葉さんがソロ活動を始めたのは、約19年前のようですよね。

私はその頃、まさに、初めての妊娠・出産を迎えていました。
出産のちょっと前までは、大きなお腹を抱えて仕事。
そして、家に帰れば主婦業・・・・。

あの頃私は、自分が主婦業大嫌いなダメ主婦だということに、うかつにもまだ気づいていなかった・・・・

んで。
一生懸命、本見てお料理したり、玄関脇に花を植えたりと、信じられない活躍をしていたモノである。
「いい妻」になれると信じていた~~~♪あの頃~~~♪


そんな毎日。
そして、出産を迎え。
初めて出会う自分の赤ちゃんに夢中になっていました。



・・・・・というワケで。

B'zのことも忘却し、育児に没頭してたわけです。
だからもちろん。
稲葉さんがソロ活動をしていること自体、まーーーーたく知らんかったんよ!



んで。
時が流れ、私もふと正気に戻ったのが、末っ子入園時期でしょうか。
今から6年前くらいにあたるのかな。


「はッ!
イケナイ!!
忘れてた!!!!
B'z!!」


それから必死になって、アルバム買い集めたものでした。
若い頃持ってたのが、RUNや、FRIENDSや、7th Bluese。
6年くらい前のその頃は、ACTION期だったでしょうか。

その間の全盛期がすっぽり抜けてたから、埋めるのが大変だったわ~~~。


でも、DVDは高いからなかなか難しかったけど、、なんとか少しずつ書い足し・・・・。
どんどん自分の空白時期を埋めて行ったのでした・・・・・。
今はまだ、DVD、そして、過去のシングル盤の収集途中です。



そんなだったのでまず、稲ソロを勉強する時間が、正直、なかったですたい。
そこまで手が回らんかったというのが正直なところ。


それと。
そんな5~6年前、あるお方が、昔の稲ソロライブのDVDを、貸してくれたのでした。


「おおお!
稲葉様のソロお姿を、拝もう
と、DVDを凝視していたわけですが・・・・・。


それは意外と予想外の世界でした。
そして私には、例えば、
「透明人間」
を、目を潤ませながら歌う稲葉さんの姿が、なんだか、辛かったのです。

歌が好きとか嫌いとか、そういう話ではなく。
稲葉さんの姿を見るのが辛い。
なんだか、ヒリヒリ痛い。

例えて言えば、息子の受験を見守るような、ヒリヒリ感でしょうか・・・・。
例えて言えば、失恋に泣く息子に、何もしてやれないようなヒリヒリ感でしょうか・・・・。


素敵というよりは、切ない。
カッコいいというよりは、壊れそうな。
あまりに、むき出しすぎる稲葉さんの心に、たじろいでしまった・・・。
そんなイメージを持ったのでした。


そんなワケで。
稲ソロのCDも、買ってはみたものの、あまり聴き込むこともせず。
遠い世界にしてしまっていたのでした。




そして去年。
「Singing Bird」
を買って、随分聴きました。

ヒリヒリするようなむき出しの魂的なイメージがだいぶ薄まっていて、優しさが強くなった気がしました。
でもまだ少しだけ、距離がありました。



☆羽☆


そして今回の『羽』

やっと・・・・・。
やっと、稲ソロに、真正面から向き合えるようにさせてくれた曲。


稲ソロも、変わりましたね?
稲葉さんが、マグマのような内面を吐露する場だったのかもしれないけれど。

30代の内面と、40代、50代の内面では、変わるの当然だよね。
そして、悩みも罪の意識も情念も、30代の方が多いよね?
年を取るほど、心は軽くなってゆく物だと思います。
それゆえ、吐露される内面そのものの重さや暗さが、減りつつあるのでしょうかね・・・。
どうなんでしょ。


「羽」。
私と稲ソロを結び付けてくれた大事な曲になりました♡
ありがと!



☆稲葉さんの言葉☆

今回のライブで、そういえば、こんな事も言ってました。
「LOVE LETTER」
を歌う前に、

「毎回、ライブの度に、何を歌うかを考えます。
この曲は盛り上がるかなとか、ウケるかなとか考えながら、セットリストを組んでいきます。

で、ちょっと懐かしい歌を。
これは、「懐かしい」か、または、「全然知らない」か・・・・・。
アハハハ!!!
「全然知らない」人はですね、曲を理解しようという、積極的な気持ちで向き合っていただきたい。
そういう気持ちが大切だと、そう、思う所存でございます。アハハ!!!」


表現は違うかもだけど、こんなようなことを言っていたわ!
すっごく楽しそうでした💛


☆稲葉さんの服☆

ひゃああ。
私、服に関する観察眼が、ないのよ~~~(泣)
ムキ身な中身にしか、興味がないからかしらん・・・・・


まあでも。
相変わらずの、細身の黒レザーパンツは、さすがでした♡
そして、
「BREED」
から、ジャケットを着てたのが、萌え♡

・・・・って。
服について、どんだけ興味がないかが、バレバレやん!!




☆お手紙&プレゼント☆

私はね、今回手紙を書いたんです。
そしてそれを、BOXに入れました。
BOXの場所がわからなくて、そしたら、S様が係員にサクッと尋ねてくれたわ♪
ありガトー!

実はね。
プレゼントも準備してたんですわ。
でもね、悩みに悩んで、結局持って行かなかったのよ、プレゼントは。
なんか、内容に自信がなかった。
こんなもの、もらっても困るだけ、と思って、出せなかったん~~~

それを言うなら手紙だって同じなんだけどね
ま、手紙は許してくれ。



皆様、プレゼントあげたことありますん??
どんなものがおススメでしょうか・・・・(←必死、マジで知りたい)

私が結局渡さなかった物は、菓子(クッキー系)なんですよ~~~。
でもさ。
食べ物もらっても、稲様は、不気味だろうな~~と思い、持参しなかった・・・・。


稲葉さんが喜ぶプレゼント、知ってる方がいたら、ぜひ情報プリーズ!!
オネガイ






ということで。
この辺で、稲ソロシリーズは、終わりにしたいと思いますわ~~~。





ライブに行きたくても行けなかった方。
ライブどころじゃない、苦しい日々を過ごしている方。

いつか一緒に行けますように




にほんブログ村








稲葉浩志ライブ enⅢ その2 ~ネタバレ有~

ネタバレあると思います!!
気を付けなさって!!!








んでは、
今回は、いくつかの項目ごとに、まとめてみたいと思います。
稲ソロについては、一曲ごとに細かくレポするような能力は、私にはない。
B'zほどには、聴き込んでないのよね~~。


残念だけど・・・・・
ゴメン
稲ソロは、素人なのよ~~~~
時系列で一曲ごとのレポは、早々に諦めマスタ!!


で、素人なりに、項目ごとに、印象を語りたいと思います💛




☆オープニング☆

ジミーの朝から、非常にシンプルに始まった前回とは、大違いでした!!!
めちゃめちゃ凝ってたよ~~~~♪


声はするけど、姿は見えない。
どこどこどこ???


と探してると、今まさに、ステージに向かってる稲様が映し出され。
歌いながら歩いてステージ下に来て、階段上ってステージへ!!
という、舞台裏が見える仕掛け


このオープニングの凝りようを見て、
「en-ball」
とはまた、全く違うタイプのライブなんだ!!
違う味わいを、サプライズを、与えてくれるんだ!!

という、すっごいワクワク感を感じたよ。

正直言って、B'zライブに近い激しい雰囲気の予感を、オープニングには感じたわ。


それにしても。
歩く姿がなんてカッコいいのでしょうか・・・・・・・・
靴になりたい。
彼の靴になりたい。





☆稲葉さんの声の様子☆

稲葉さんは、それはそれは声が出ていました。
歌っても歌っても叫んでも。
ちっとも声は枯れることもなく、ビンビンに出ていたよ~~~。


セキスイハイムスーパーアリーナは、音響の良いアリーナとして知られてるらしい。
そうなんか~~~。ふむふむ。

そして稲ソロはきっと、たぶん。
B’zの曲よりもやはり、自分が発声しやすい音程になってるのかな、とも思いましたわ。
声が出しやすそうでした、とっても。

「水路」なんて低い低い。
低音の魅力だものね~~~


最初から最後まで、フメツノ声帯でしたわ♪

さすが、立川談春さんに、
「喉の為にケアがあるのか、ケアのために喉があるのか、もはやワカラナイほどケアしてる」
と、からかわれるだけのことはあるわね

それにしても、ああ。
マイクになりたい。
または、マラカスになって、彼に振り回されたい。




☆稲葉さんの語り☆

とっても上機嫌で、自分の言葉に自分でウケて笑うことも多かった気がします。
あはッ あはッ
とよく笑ってたよ~~~。
終始、ニコニコ稲様でしたよ~~~♡

こんな話をしていたと思います。
ただし、メモもないので、曖昧な記憶。要旨ってことで!!


・「仙台は寒いけど、大丈夫。」

・「この会場は何度も来てるけど、今回、楽屋の場所が変わってた。
それで、ずっと迷子になってましたよってハナシ。」

・「高校時代一緒にバンド組んでたギターの子が、そういえば、仙台の大学に進学しまして。
真面目に通って、その後先生になりました。
彼は仙台をとても気に入って、
「仙台は、寒いけど、ええよ~~」
とよく言っていたものです。
そして今、僕がこうして仙台でライブをやってるって、なんだか、不思議というか。
こういうこと考えるのも、年取ったからでしょうか。エヘヘ!!アハハハ!!!」

・「なんかすごく、テキトーにしゃべってますけど・・・・アハハ!」

・「まだ寒い人はいますか?
まだ寒い人がいたら、温めてあげますよ~~~!」
(会場興奮!ハーイ(^O^)/ハーイ!!と)←もちろん私も💛

「あ、歌でですよ💦フフッ」


分かってるって~~~~
萌えすぎるから、むしろ、もう、やめてぇ

最後に、
・「久しぶりの仙台は、とってもあったかかったです」(←胸に手をあてながら)







☆パフォーマンス等☆

いっちばん印象に残ったのは、稲葉さんがステージから、落っこちる!!!
かなり激しく!!!
本当に転がり落ちたかと思って、ドキドキするわ
でもね、演出でした。


いやああ~~~~。
こんな、若々しいビックリ演出してくれるなんて~~~
萌えすぎるからむしろ、もう、困る。
転がった稲葉さんが、もう、なんつうの?
愛しすぎるんです




あとね。
カメラに稲葉さんが、超絶接近して、ドドドドアップが映し出される、非常にエロい、エッチな企画がありましたわ。
「くちびる」
の時だったと思います。
稲葉さんと、重なり合ってるかのようなあ~~~~!
稲葉さんが、来る来る来る~~~
と、思わず目を閉じてしまうよな。
そんな、この世のものとは思えない素敵な錯覚を引き起こす演出でした。


あれはヤバい。
あれ以上続いたら、私は、脳内出血イキマス。
キレるわ、どっかが。



他に、ステージ上にファンが上る企画もありましてん。
これは、事前に上れる人が決まってるようで、打ち合わせ済みのようで・・・。
ステージ上左右に、15人ずつぐらいかな?
3曲分ぐらい滞在できたでしょうか・・・?


皆さん、ステージ至近距離で稲様バンドメンたちを拝めて、幸せそうだったし。
みんな、超ノリノリで、楽しそうでした~~~。
降ってわいた幸運に、驚きつつ、盛り上がってる感!!

そのうち一人は、稲葉さんと手をつなげるという夢のような企画・・・・・。
幸せそうじゃったわ~~~~~。
若い女の子だった!

一生の思い出やんすね。


私??
私はそういうのは、当たらなくていいや~~。
恥ずかしすぎる。

それよりは、プライベートで、お忍びで、こっそりつなぐ日を、待つわ。私待つわ。他の誰かにあなたがフラれる日まで(←こわい)




☆一番良かった歌☆

あああ~~~。
これはもう、十人十色。
みんなちがってみんないい
の世界でしょうが。


稲ソロには実は、苦手意識というか、劣等感というか。
そういうのを持ってる私なので。
あんまり自信を持っては言えないのですが・・・・・。


でも、せっかくのレポなので、勇気をもって言わせてもらえば、圧巻は
「羽」
でした~~~私は。

サイコーでサイコーで、サイコーでしたね。
随分と、盛り上げまくってたしね!!
客席との掛け声やりとりも盛り上げ。
稲葉さんも客席も、思いっ切り叫んで叫んでからの~~~

すーべてはスタイル!♪!!

の流れは、神だと思ったよーーーーー。


半分、失神しかけたわ







☆ライブの日の家のこと☆

昨日は、
「ママはライブだから、それぞれ自分でご飯を食べて寝てなさい。」
そう言って、スーパーで買った弁当と、焼き芋と、みかんをテーブル上に置いて、出かけますた・・・・。
息子&夫分。


夫は、子供たちに夕飯を食べさせてくれるような時間には帰宅できないので。
息子らは、自分でレンジであっためて食べることとなる。


なんとゆう幸せ!!なーーーんという素敵なことでしょう!
弁当さえ買っておけば、深夜帰りも可能なこの、素敵な身分!

朝ご飯を準備さえしておけば、お泊りも可能かと思われますわ。



いや。
そもそも、今回だって、弁当も本当は買わなくてもなんとかなるのである。
もはや、小6三男はもちろんのこと、小3末っ子も。
本当は、お金さえあれば、自分でコンビニでお弁当を買えるのであるよ~~。
気は進まないが、可能は可能なのである。


数年前までは、考えもしなかったこの、自由な我が身!!
私は自由な蝶々!!
すんばらしきかな、子の成長!!



そうそう!
子の成長と言えば。
こんな会話がありました。

私:「ママは今日夜いないからね、ちゃんと自分たちでご飯食べてね。」
小3末っ子:「あ!!B'zのライブッ!?」
私:「うん、そうだよ。まあね、ホントはB'zではないんだけどね!!」
末っ子:「え~~~~~と・・・・、稲葉アローン?」


「稲ソロ」という言葉が、出てこなかった末っ子。
なんとまあ!
1~2年前に交わした
『「ALONEってどういう意味?」
「一人ってことだよ」』
という教えを、思い出して、稲葉さんのソロ活動を、
「稲葉アローン」
と・・・・・

やだもうこの子天才??
ずーーーーーっと前に教えた英語、覚えてたんッ!!??

・・・・・稲葉アローン・・・・・

気に入った。
いいじゃないか、コレ。
分かった。
分かったよ。
ママだけでも、これからは、稲葉さんのソロ活動を、
「稲葉アローン」
と、呼ぶよ。うん。
と、心で思ったね。

という素敵な事件発生



☆駐車場☆

私のおんぼろ愛車「稲造号」で、会場に向かった私・・・。
代金は、当日現金払いで1,500円でしたわ。

会場からかなり遠い駐車場だったので。
結構な雪道をせっせと歩いてアリーナに向かったわ~~~。


☆天気☆
にゃんと!
稲葉さんが来てるというのに、この日は晴れ!!
にゃんとまああ!!

まあね。
足元は、雪だらけだったけどね!


☆朗読☆

なんかね。
稲葉さんによる、詩(かなあ?)の朗読があったよ。
あれはいったい、、、、何?
感動するところなのか?
笑いを取ってるのか??←まさかね。でも、その可能性も捨てきれない微妙な感じッ


分かんないの!
分かんないのよ~~~!!

反応に困る企画だったわ。
朗読内、「キス」多発注意報!




☆タトゥ☆

稲様タトゥが、今回のライブの、陰の主役でしょうか?
CDジャケットでもそうでしたが。。。。。

舞台美術というか、舞台映像に、稲様のタトゥの柄が、大活躍でしたよ







今記事の報告は、ここまでかのぅ。

時間が経つにつれ、どんどん忘れて行ってるのを実感します。
でも、ライブを見ながらメモはするの、無理だしな~~。

あ。
終わった直後に、車内で記録すればいいのか~~~。
そうだよね~~~。
次のチャンスはそうするわ!!!



にほんブログ村

Symphony ♯9
の時、この姿勢で歌ってた。
ああ。
マイクスタンドになりたい。



稲葉浩志ライブ enⅢ その1 ~ネタバレ有~

ネタバレ有。
後半に、セトリあります。
気を付けて!!!!

前半は、不気味に萌えてるだけですけど・・・。









この頃。
ちょっと、気の滅入るニュースばかりでした。


ああ。
この世に、善はないの?
完全なる美はないの?
純粋な人間など、いるのでしょうか・・・・・ああ、神様。(←無神論者の、ただの演技



と思ってたら。




あったーーーーー!!
いたのよーーーーーーー!!!!!



完全なる美、あったのよ~!
純粋なる人間も、実在したのよおおおおお。





1月22日。
セキスイハイムスーパーアリーナに!!
それは存在していましたーーーーー!!!!!!!




ジャン!

12604815_947673258657971_1135028660666592758_o[1]_convert_20160123134841


B'zの、FBからお借りシマスタ。





昨日地上に舞い降りた神は。

完全なる純粋な美。
けがれなき勇気。
愛らしいその笑顔。
気高きそのピッチリズボン!!!!!
ふんわりとした、そのオマタ!!!


そして、なんとゆうことでしょう!!
最近では奇跡に近いと思うのですが・・・・。

神が!
・・・・・じゃなかった。
髪。
それだそれ。
髪型が、サイコー―――に、カッコよかったのーーーー!!

そりゃあね。
外向きにはねまくりも、かわいいさ。
ボサボサ頭も、魅力なのさ。


でもねーーー!!
昨日は神の、髪が、完璧だったのさ!!

ものっすごくカッコいい髪型だったのよ♡
いやあ。
まいっちゃうわ。


1月22日、19:00、セキスイハイムスーパーアリーナに現れた神・・・いやいや、エンジェルちゃんは。
超絶イケメンですた

あれはヤバい。
あれはヤバいわ。
どんだけアドレナリン出てるんでしょう。


おそらく。
Mステ時と比較するに、およそ、300倍くらいの、フェロモンというの?アドレナリンというの?セクシーというの?オーラというの?プリティというの?
そういうものを、放出していたと思います。





正直言って。
20年ほど前くらい?
「いつかのメリークリスマス」をうつむいて歌ってた、あの、青年稲葉君を、
思い出しちゃったじゃねーかコノヤロウ。
泣かせるなよコノヤロウ。
イケメンすぎるんだよコンチクショウ。
セクシーって、これすか?
とうさんはな、とうさんは、お前を信じてたんだよ、一人前の男になるってな。

・・・・・と。
何言ってるか、自分でもちょっと、分かんなくなってきました。すんません。






今回のライブは。
お手紙書いたわーーーー。
お手紙書いちゃったのよ私。
「稲葉浩志様
稲葉さん、この度はソロでのライブツアー開催、おめでとうございます」
等とゆう、ファンなんだか、業界関係者なんだかわかんないような微妙な書き出しで、便せん7枚も書いちゃった書いちゃった書いちゃった。うふふ。
お返事用のはがきも入れちゃった💛





そして、

ライブ会場では、ブログお友達のS様と再会💛
私が遅く行ったため、少しの時間の立ち話だけでしたが、
「お互い、子育てちょっと、大変じゃない?」
「うちなんかね~~ゴニョゴニョ。」
「ええ~~ッ!!??
そりゃあ大変!!」
とか。

「今回の『羽』、すっごくいいよね!
4曲全部最高だね!」
「正直言って、『singing bird』12曲より、『羽』4曲の方が、いいよね?」
「そーだねそーだね!」

等と、稲葉さんが聞いたら、喜ぶんだかがっかりするんだかわかんないような(たぶん苦笑いするよね)、赤裸々感想を述べあったり・・・。
色々と楽しく語り合わせていただきましたわ~~~。
ありがとう!!!
感謝です!!!





座席は私、SSなので、随分前でしたわーーーーー!
1番とか2番じゃないけど。
はい。
素晴らしい席でございました。





私の右隣も、一人参戦の女性でした。
私よりいくつか若そうな、女性。
最初は会話もなかったんだけど・・・。

始まって間もなく、突然、
「稲葉さんのお尻、ちっさいですね!
ちっさ!!!」
と、話しかけてくれました♡

嬉しかったーーーーー\(^o^)/


マジで小さい。
片っぽが、リンゴ一個分くらいか?




アンコール待ち中も、

「いっつもカッコいいけど、今日はまた、いつも以上にカッコよくないですか?」
「ですよねー。」
「ラジオ、聞きましたーー?」
「あ~~、心配だったけど、ちゃんとお話ししてましたね~~」
「スマスマも、珍しかったよね」

等々。
いろんな話題を共有できて、嬉しかった♡




ところで。
セトリは以下のようでした・・・・。
とは言っても、私は、メモもしてなかったし、記憶力もないので、帰宅後、あちこち調べて、
「ああ、そうだったそうだった!!」
と、確認した、セトリです




1.Saturday
2.oh my love
3.Okay
4.photograph
5.くちびる
6.Touch
7.LOVE LETTER
8.念書
9.今宵キミト
10.ハズムセカイ
11.Seno de Revolution
12.BLEED
13.水路
14.Symphony #9
15.Receive You [Reborn]
16.SAIHATE HOTEL
17.正面衝突
18.Here I am!!
19.羽

-アンコール-

20.風船
21.遠くまで
22.Stay Free

エンディングSE:未発表曲(あなたなしで〜あなたなしで〜)



12615627_947880265303937_656208406157271534_o[1]_convert_20160123134909

同じく、FBより。
今から、本気出して自分を探す予定。
ギリギリ映ってるかも・・・・・
どうかな。





はああ~~~。
萌え疲れたので。
ちょっと一休みして、また、詳しく記事を書きたいと思います。

ゼイゼイ







にほんブログ村






男と女は、違いすぎるよね。

先日。
ショックなお話しを聞きました。
私の良く知っている男性が、間もなく離婚をするという・・・・・
結構、ショックだったわ~~。


なぜなら。
その男性は、私の知る限りにおいて、
すっごいイクメン!!かつ、優しげなイケメン!!

まだ、乳幼児な年齢層のお子さんが3人もいるんだけど。
ものすご~~~~く、育児してたの知ってるので、ビックリしたの!


子供の行事や病気の時は、自ら仕事を休んで子供優先。
子供の話をする時は、とっても嬉しそうで自慢げでした~~~。
我が家の夫と比べると、その育児貢献度は、そうですね、
男性A:うちの夫 = 500:3
くらいの比率になるでしょうかね。
まあいわゆる、雲泥の差ってやつですな。


夫も知ってる方なので、2人でその話題になった時。
思わず言ってしまったほど。

「ああ~~。
もし私が独身で子供もいない自由な身だったら、再婚相手に立候補するのにな~。」
と・・・。

夫と来たら。
怒るでもなく、呆れるでもなく、普通に納得していたわーーー。SHOCK!

も・・・・、もしかして、夫も思ってるの?
「ああ、オレが自由の身だったら、同居人になって、あいつと仲良く暮らしたい」
とか思ってんじゃないのッ!?

・・・・と。
過去に多少のホモ疑惑を、夫に対して感じた経緯を持つ妻としては、そんな気もしちゃいました



というワケで。
男から見ても女から見ても、素敵なイクメンが・・・・。

浮気でもしたんか?
と思ったら、そうでもないらしい。
そうでもないゆえに、男性Aさんは、戸惑っているらしい。

浮気もせずに、必死に育児も家事も手伝って頑張ってきたのに、ある日、
「あなたにはもう、我慢できません」
と、宣言されてしまったということらしいですよ・・・・・男性側からの証言としてはね。



まあね~~~。
よその夫婦の本当のことなど、分かるわけもないのだけれど・・・。
でも。
「あなたにはもう、我慢できません」
という妻の気持ち・・・・・、なんかわかる気がする。

なぜなら、私も過去には、そんな気持ちを、夫に対してけっこう持ったから・・・・。

私の場合はこんな風に思っていたわ。
「大好きだから、なんとか我慢できるけど。
あんまりそうでもない人と結婚してたら、耐えられなかったな。」
と・・・。



そういう、
「夫への不満」
というものは、私の場合は、長男出産後~次男3歳くらいまでが、ピークだった。
第一子出産から、5~6年くらいの期間でしょうか。
あくまでも、私の場合。


夫婦それぞれの事情があるので、一般論では語れないけども。
でも、なんとなく思うんだけど。


第一子出産からの数年間は、なかなかの危機ですよね??
「数年間」が、2~3年の人もいれば、2~30年の方もいるでしょうなぁ。


子供が生まれると、なぜか、大好きだった夫に腹が立つ・・・。
という経験、ありますか??

私はメチャメチャありました。



夫が育児を手伝っても腹が立つ。
→手伝い方が気に入らないのよ!とかね。
やってやった、って態度にイラッとくるのよ、とかね。


夫がテレビ見てても腹が立つ。
→なんでそんなにくだらない番組見ちゃってんのッ?とかね。
テレビ見てるヒマがあったら、子どもと遊んでよ、とかね。



新婚期は盲目的恋だったのにね




いやはや~~~。
思い出してみると、いっつも怒ってた気がするな~~~私。
30代前半時期かな~~~。
元気が有り余ってたんだろか。



出産を境に、夫婦関係が冷たく固く凍り付いてゆく夫婦も、多いことと思うわ。
それが証拠に、我が家近辺に住むシングルマザー3人は、3人とも、第一子赤ちゃん期の離婚ですわーーー。



ナゼ??
なぜその時期は危機なのか???


ということを、以前も考えたことがあるんだけど。
「産後のメスは、気が立ってるから、夫でも敵とみなす!!
のでは?」
と、感じたものでした。


でもね~~。
我が身を顧みて、今はこう思います。





男は、その気になれば、30人でも、40人でも、女性を妊娠させることができるわけです。
その気になればね。
何百人の子を持つことも可能な性ですよね。



でもね。
女は違う。
ほんの数人しか、子どもは持てない。
我が子の父親となる男性も、一人か二人、三人…多くても四人くらいが限界でしょうか?


そうするとね。
男と比べても、女というものは、
「我が子の父親」
を、非常に厳密に厳選する必要があるんよね。


選びに選んで結婚(または出産)するわけだけれども、所詮、若気の至りで選んだ相手だから、不備もある。
いっぱいある。
その「不備」を、子がいない間は、なぜでしょう、許せるんですよ~~。
むしろ、「そこがカワイイ」とか思っちゃったり。


でもね!
子が生まれると、
「我が子の父親は、最高の人間であってほしい」
って、思うようになっちゃうのではないのでしょうかね・・・?
どんな小さな欠点もない、完璧なオトコであってほしい・・・と。

なぜなら、大切な我が子の未来を信じたいからです。



男の方は、
子が生まれたからと言って、そこまで厳しい目を、妻には向けないと思うよね。
極論を言えば、今すぐにでも、他の女性に我が子を作ってもらうことも出来るのですから。

もちろん、実際にはそんな行動は取らないんだけど(取る人もいる)、男性は、そういう面での余裕がある。
余裕があるから、妻が完璧じゃなくても、まあ、いいだろう・・・と。思えるかもしれない。



女はね。
余裕がないです。


子を産んじゃった!
この子の父親は、夫しかいない。
だから、夫が素晴らしい人間じゃないと、困る!!
我が子のDNAが、何より大事!!!
ああ!
そのことに今気づくなんて!
今からでもいい、完璧になって!!ホラあなた!しっかりしてよ!
という、切羽つまった状況。


しかもその上。
人生で初めて経験する、出産による
「囚われの身」感・・・・・

自由がナイ!
時間もない!
何もない!!!!
外を一人で自由に歩ける夫が、羨ましい!
羨ましいを通り越して、憎い!!!
くそう!
楽しそうにしおって!

そんな暇があるなら、父としての自分を、磨くべきよ!
この子の父親は、あなたなのよーーーッ!


という、非常に切羽詰まった苦しみ。あえぎ。



だからこそ、急に、夫に向ける目が厳しくなるのでは~~?
と思いましたよ。



自分を振り返り。
周囲のママたちを見ても、そんな風に感じます。
もちろん、今だからそう思うのであって、最中は、「夫が悪い」って思ってたわ💦
やあね、私。



そんなだから。
男は、出産後、急に厳しくなった妻に驚き、おびえ、嫌気がさすこともあるでしょうね。
ケンカも増えるでしょう。
浮気に逃げる男もいるでしょう。
『妻が満足する夫になるために努力します!』という素直な方は、少ないのでは?



でもね、女にとって、
「恋人に求めるもの」
と、
「我が子の父に求めるもの」
では、レベルが違う。
のだと思います。
これもまさに、雲泥の差だわ、きっと。

正直、我が子の父には、世界一の男であってほしくなっちゃう。
だって、この子の、父親なのよあなた!
素晴らしいことなのよあなた!
頑張るべきよ!
と、思っちゃってたかも。

でも、現実は・・・・トホホ。




私の場合も
文頭にも書いた通り、長男次男幼少期は、夫に随分、厳しい目を向けていたな~と思います。



でもね!
いつまでもは、続かなかった!!!
30代後半くらいから。
自分の中の何かが、ふわん。と、溶けて行ったのを感じましたよ~~~。
もしや、諦め??
それとも、加齢???


そうかもしれないね。



でもね。

一番は、
「あれ?
自分も、なんだか、たいしていい母じゃなかった!!」
に、気づいたからだと思うわ。

たぶん。
若い頃は、無意識だけど、世界一の母親になれると、心のどこかでうぬぼれてたのかもね。
だからこそ、夫にも厳しかったのかも。


途中で気づいたんだよね。
世界一どころか。。。。。。
うううむ。
「中の下」くらいじゃないッ
ということに・・・・・・・。
いや。
むしろ、「下の中」か・・・・?




ということを、
つらつらと考えました。


もちろん、世間には、危機など一度もない夫婦もいます。
尊敬します!

一方、未婚の母とか、暴力夫とか、不妊の苦しみとか。
本当にご苦労されてる方から見れば、
「甘いわッ!甘すぎやん!」
と思うでしょう。
ホントだよね。
ゼイタクな不満だよね。


いろんな夫婦がいるから。
決めつけは、できない。



時間が解決することもたくさんあって。
その、男性Aさん夫婦も、どうなんだろ。
今が踏ん張りどころだったのかもしれないな、と思ったり。

でも、他人の夫婦のこと等、分からないものだしな、と思ったり。
でも、Aさんが、かなり落ち込んで悲しんでると聞き、切なくなったり・・・・・。



とにかくね。
男と女は、違いすぎるよね。
それだけは、事実だね。
すべてが違いすぎて、なかなか、相手の見てる景色は、見えないよね。


でもね。
年取ると、ちょっとだけ、景色が近づいても来るんだよね、きっと。
お互いのこだわりやプライドを、ちょっとずつ捨てるとね。
ほんの数ミリだけど、近づける日も来るんだよね、きっと。



にほんブログ村








プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは高校生一人、中学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア