FC2ブログ

突破せよ!

さよなら2015

皆様。
今年も大変お世話になりますた~~~!!

このような、話題の絞りきれない、めちゃくちゃなブログにお付き合いくださった皆様に、心より感謝申し上げます。
ARIGATO!!
ございました。


今子供たちは、ガキつかを見て、げらげら笑っています。
平和で、愛しい風景ですわ~~~。
早寝させることをモットーとして子育てしてる私も、大晦日だけはね。
特別ですネ。
紅白歌合戦は・・・・見れないかも・・・・



さて。

「今年の漢字」とか、「流行語大賞」とか。
一年を振り返ってみて、その年を「言葉」で表す企画は、色々ありますね。

私もね。
自分の一年を、ピタッと言い表す言葉を、考えてみましたわ~~~。

漢字一字とか、ことわざ等、いろんな方向から考えてみたんだけど・・・。
結局、二字の熟語に決定しましたわ~~~。

私にとっての、2015は、一言で表すならば


『突破』


だったと思います~~~♪





今年は。
お仕事の場が変わりまして。
それが自分にとっては非常に大きな試練でありました。
心の準備が足りず・・・・。
「ま、なんとかなるでしょ。」
と、気軽な感じで職場を変えてみたら、あにゃた!!
んもう、苦しいのなんの

もがいたわーーー。
苦しんだわーーーー。
なんとか突破口はないものかと、七転八倒という感じ。

今、少し。
ほんの少しの光が見え始めたところです。

突破せよ!!私!!!!
と、自分を鼓舞した一年でしたわーーー。



それにね。
3月には、長男が、必死な努力の末に、大学受験にて、難関を突破!!
あれは嬉しかったな~~~。
一生忘れない。




夫は夫で。
私以上の試練の一年でした。
精神的に非常にやばい状態にいた1月2月。
仕事上の大きなピンチに直面した、4月5月。
そばで見ていても切ないくらいの、きつそうな日々でした。

そんな夫も、私よりも一足先に、スランプを突破!!
努力を重ね、今、とってもいい表情でお仕事しています。

うん。
よく頑張ったよ、夫よ。自力で突破したね、エライエライ。




先日私と大喧嘩した高2次男も。
2015ギリギリになって、今、たぶんですが、一つ階段を昇ったように見えます。
なんかね。
成績上がってきました☆
もちろん、成績がすべてではないけれど。
でも、本人自身が、高い望み(受験的に)を持ってるんで、それが叶うといいなと思っています。

自分の殻を、一つ突破したかな、次男よ!!!




小6三男も。
先日のバスケの大会で。
一回限りのファインプレイを見せてくれました。
彼もやはり、一つの壁を突破したなと思います。




小3末っ子ちゃまはね。
まだね。
「祝」と「税」の違いもむじゅかしい赤ちゃんだからね。
いいのよいいのよそのままで。


・・・・と思ったのですが。
よく考えてみたら。
2年生の時、彼は大変だったのです。
イジメ、暴力、校庭に立ちション・・・本当にいろんな事件を起こしてくれたわ。

でもよく考えてみたら。
3年生になってからは、問題起こしてないわ!!!!


OHHHH!!!
末っ子ちゃまも、スッゲー成長してたんネ!?
悪ガキライフからの、卒業・・・???

じ~~~ん(泣)
彼もまた、一つの大事な壁を突破してたのね~~~。






そ・れ・に♡

今年は、高倍率を突破して、B’zライブのチケットも、稲ソロチケットも入手できましたわ私。
これはもう、奇跡です~~♡
きっと、稲葉さんと赤い糸で・・・・・ムフ💛





という。
色々なことがありました。


ブログ内でも、様々な出来事もありまして。
ピンチの際に沢山の方に助けていただきました。
読者の皆様に、たくさんのことを教えていただきました。
ブログライフ的にも、何か一つ、壁を突破できた年だったかなと、自分では思っています!!!

お陰様だよ~~~~♡


ARIGATO💛



今年のラストを記念して、B'zの、「ARIGATO」の一節を、ここに書きたいと思います。
こんな気持ちを胸に、2016、頑張りたいと思います!!

本当に本当に。
ARIGATO。
ブログを書くことで。
ブログを読んでいただくことで。
私はどんなに救われているか分かりません。
ありがとうね。





いま踏み出そう
ぐっと前に踏み出そう
愛しさが小さな胸に溢れ出す

Now it's time to go,
Now it's time to glow
苦くてもしょっぱくても 飲みこんでしまおう

思うのは君のことで それだけでいい
扉をあけてみよう
そこに誰もいなくても





にほんブログ村



スポンサーサイト



年末には、掃除度を偏差値的なカンジで計ろうという提案。

皆様ーーー。
年末ですねーーーー。(棒読み)
いかがお過ごしですかーーー。(棒読み)


え?アタシ?


あたしゎ、まだ若いしぃ、おおそおじとかゎ、ダサいしぃ、カンケ―ないじゃん?
そんなのゎ、BBAがやればいいことだもん、うちら、知らねーしィ。




え?
そういう、見え透いた、イタイ、見苦しいマネはやめろって?

キャアア
すんまそん
ふざけました。
若者ごっこも、かなり楽しい遊びだけど、もうやめます。





えええーーーと。
世の中の、清く正しくい美しい主婦の皆様、大変ご苦労様です。
皆様の努力の成果として今、日本中がツヤツヤと輝いておりますね。



でもね!!
皆様のピカピカに磨かれた美しいお宅の、その美しさを引き立てるため。
私は、今年は、大掃除は遠慮するわーーー。

縁の下の力持ち?
あ、ちょっと意味違うか。
ええーーーと。
名画を引き立てる、ガクブチ??
うううーーーむ。
いい比喩が思いつかないわ。




とにかく。
こういう考え方はどうかしら?


我が家がものすごく、汚れ、散らかった状態でいることによって、
日本の家屋の掃除度の平均値
が下がります。

我が家が頑張って頑張って、限界値まで散らかすことにより、ますます、平均値は下がります。


そうすると、どうなるか?



皆様のお宅の、
掃除点、すなわち、キレイ度数の偏差値
は、何もしなくも上がるのですよ!!

相対的に!!



つまり!!
皆様は、そんなに必死にお掃除に励まなくても、
「こぶりんぼ。
あなたの家をもっと、汚しなさい。」
と命じるだけで、あら不思議!!
皆様の家の、キレイ偏差値は上昇し、必死にお掃除したかのような点数を得ることができるのです!!



入試もそうじゃん?
別に、自分が満点取らなくたって、他の人が全員零点なら、自分30点でも合格しちゃうんですから。

自分を上げるのと。
他人を下げるのとは、同じ結果を産み出すのよ、奥さん!!

偏差値の不思議。
ぜひ、お掃除界にも導入したいものですね。



ですから。
全国の主婦の皆様のお宅のキレイ偏差値を上げ、皆様が素敵ハウス大学に合格できるように支援するため。
私はいいのです。
今日も、下支え。
せっせと、
『大掃除しないこと』
に、エネルギーを費やしています。
意外と疲れるのよこれ。

あら、御礼だなんてそんな。
いいのよいいのよ。
あら、御礼の品だなんて。いいのよいいのよあらありがとう。

なーんちって・・・(´∀`*;)ゞ






主婦らしいことは何もせず。
私は何をしていたかと言いますと・・・。


①読書
一気に3冊読んだわーーー!!
コタツにハマって、寝っ転がって、読んでばかりの冬休み♡

PC311342_convert_20151231125704.jpg

この画像を見て、
「あら、こぶりんぼさん、今、伊坂幸太郎にハマってるのね?」
と思った方・・・・。


ズボシです!
スルドイわ~~~~!

伊坂幸太郎、今まで全然読んだことなかったんよーー。
なんとなく、ミステリーとか苦手意識がありまして。
たぶんキライな作風かなと、思い込んでたんよね。

でもね。
エッセイなら読めるかなと思ってふと手にした
「仙台ぐらし」
が、超絶面白かったんで、その勢いで、小説に飛び込んでみました!!

「重力ピエロ」→めちゃ面白かった!!泣いたわーー。
「ラッシュライフ」→重力ピエロよりは、下がるかなーーー。

とりあえず、3冊読んでみて、伊坂幸太郎はお気に入り作家になりました。
いっぱい書いてるもんね。
楽しみが増えたわ~~~♡



②両親のお祝い会
我が家の両親が、父→傘寿  母→喜寿 を迎えまして。
夏には、死の淵をさまよった父でしたが、奇跡的に元気を取り戻しました。


我が家の長男も帰省したこのタイミングで、祝賀会を開きました。
子夫婦、孫等。
計16名のパーティーを開催することにし、私が企画幹事役として、ちょっと頑張りましたわーーー。

私の親族は、なかなか、個性派で自己主張の強い集団なもので。
いろいろ決めるのは、意外と大変だったわよーーー(泣)


みんなで、お祝いの寄せ書きを、色紙を書いてもらおうと思いまして。
家で準備をしておりました。

色紙の真ん中に、

「祝」

と大きく書きましたらば。
それを見た小3末っ子が、

「あ!!
税込みの、税だね!?」

と言ったのが、一番の思い出かしら~~~~
萌え♡

色紙の真ん中に、筆ペンで、
「税」

・・・・・・・・シュール!!!

祝賀会は、昨日無事に終了しました♪




③帰省中の大1長男と、お買い物♡
さあ、二人でどこに行ったでしょうか?

お洋服・・・・?  NO!!

靴・・・・・!?   NO!!

エヘヘ。
2人で、本屋、TUTAYA、ブックオフ、などを巡りました。
楽すい~~~~♡







ではでは皆様。
今年中にもう一本、記事アップしたいと思ってます。

ので、ご挨拶はその時に




にほんブログ村




若者の、いろいろ離れ。

冬休みも佳境に入ってまいりマスタ!
こちら地方。
来たわ!本格的な冬が!来ちゃったッ!


さぶ~~~

早速昨日、運転中、3回ほどスリップしました。
ツルッツルに凍った坂道と。ツルッツルに凍った曲がり角での話。
皆様も、お気をつけあそばせませ!!!


昨日は。

大学1年の長男が帰省しまして♡、我が家に久しぶりに6人が揃いました!
5人分の夕飯を作ることに慣れてた私は。
「6人分って、どんなもん?」
と、分からなくなり・・・、結果、昨夜は、10人分くらいの夕飯が完成した次第です。


前回、夏に帰省したときは、ブロッコリーのような髪型で現れた長男・・・。
オシャレに関心のない彼は、東京では一度も床屋に行ってないとの事でした。


ところが!!
にゃんと!
昨日現れた長男が・・・・・・。
素敵な髪型してんでないッ!?
な~~~んか、羽生君のような、いい感じの髪型してんでない?

いんやーーー。
さーすが、都会は違うべさ。
あんらー、都会的な髪型だごどォ~~。
あいんやー。
おばちゃん、びっぐらしたっけもん~~。


寮の近くに床屋を見つけたということらしいのです。
ちょっと嬉しい、ちょっと寂しい、そんな風が吹きました。




そして!
昨日は、それと共に。
6年三男の、小学校生活最後のバスケットの公式大会がありまして。
三男のチームはなかなかいいところまで進んだものの、最後には負けてしまい。
久しぶりに見ました・・・・・、三男の号泣姿!!


でもね。
なかなか、一つの大きな壁を乗り越えられずにもがいていた三男が・・・。
昨日の最後の試合の、終了1分前くらいでしょうか。

相手のゴール下で受け取ったボールを、一人でドリブルで速攻かけ、次々とディフェンスを抜いて、最後に自ゴール下でフェイクをかけて敵を抜いての、レイアップシュート!!!
入った―――ッ\(^o^)/!



という、思い出に残るファインプレイを見ることができました

たった一度の、会心のプレイ。
たった一度の、鮮やかな姿。


この一本だけのために、ずーっと毎日、暑い日も寒い日も、練習を重ねてきたんだと、そう思えるような一瞬でした♡





ところで!!
話はすっごく変わりますが・・・。

S・Wについて・・・・。
シルバーウィークじゃなくってさ。
スターのウォーズのことよ☆


今、小3末っ子が、スターウォーズにどハマりしています。
フィギュアを集め、武器を片手に、ウンチクを語ります。
金曜ロードショーを録画したものを毎日見ては、楽しんでいます。
サンタさんにも、SW関係グッズをいただきまして。


夫も、昔っからの熱心なファンのようで。
なかなか盛り上がっております。

小6三男は、脳内の95%くらいはバスケなヲトコ。
でもまあ、弟や父親に合わせて、それなりにワクワクしています。


・・・・・ワタスは・・・・
世間の皆様すんません
無理だわ
私は映画は好きですが、SFと、戦い物は、無理なんよ
だからもう、スターウォーズ的なものは・・・・
あ、ちなみに、ハリウッド物も、ディズニ―ものも、無理やわ~~~~。
巨額のカネ使って、何してまんねん!!、という怒りすら湧き起ってしまう私は、昔っから夫には、メンドクサイ人間認定を受けています。
イヤガラれてます。すんません


私はきっと、かなりのへそ曲がりなのかしらん。
でも、AKBも好きだし、お笑いも好きだしさ。真央ちゃんも澤ちゃんも応援してるしさ。
いつでも世間に反旗を翻してるワケでもないんよ。
単なる個人的な好みによるものっすよ!!




まあとにかくそんなワケで。


私は夫にお願いしたのです。

「子供たちを、スターウォーズ観に、映画館に連れてってあげてくれない?
あ、アタシ
・・・・ごめん!!
留守番してるわッ」
と。

で、行く日を決めまして。
三男と、末っ子は、すっごく楽しみにしています。



んで。
高2次男も誘ったんすよ。


そんだら。
次男:「え?
いや、俺はスターウォーズは・・・興味ないな~~。
ハリーポッターなら観たいけど。」

私:「ハリーポッターも、今やってんの!?」

次男:「いや。やってない。」


おおおお~~~
公開中のスターウォーズよりも、未知なるハリーかよ~~~。
わかるよ~~~。うんうん。同意見じゃわ。
でもさ、オバサンである私と、若者であるキミが、同意見である必要もない気もするよ。うん。

ちなみに。
ハリーの新作は、来年の11月に出るらしい。



というワケで。
我が家に、ワタシ派(無関心派)一名追加。


で。
昨日、帰省してきた大1長男にも聞きました。

私:「もしも予定とかなかったら、スターウォーズ観に行く?」

長男:「いや~~~。
特に予定はないけど、スターウォーズは、全く興味ないな~~~。
んんん~~~~、いいや。
万が一、31日までに興味が出たら、連れてって。」

・・・・・・興味・・・・、出るかな?
残り時間、3日ッ!!
夏には喜んで、「バケモノの子」なら観に行った長男でしたが・・・・。


というワケで。
我が家に無関心派、更に1名追加なりました!


その後、長男次男は、末っ子の、終わらないSWウンチクに、耳は傾けてくれました。




こ・・・これは・・・・
も・・・・もしや、若者のスターウォーズ離れッ!?
と思いましたが。
そうでもないようです。
我が家の特徴でしょうか・・・・・・?
チビ&オッサンが、盛り上がっております💛

私も鬼じゃないので、盛り上がってる姿を見ること自体は、大好きですわ💛
てゆうか、むしろ、息子たちは当然そういうのが好きだと思ってたので、ちょっと、かあちゃん、驚いちゃったわ。





そうそう!

昨日は、長男と、こんな驚きの会話もありました!!

長男:「そろそろさー。
友達が結構、自動車学校に通ってるヒト増えてきた。
俺も行った方がいいかな?」

そう聞かれたら、どんな母でも、
「まあ♪、うちの子も運転したいお年頃なのねッ!」
と、思うよねーーーー?


もつろん。
私もそう思いました。

私:「どこで、いつごろ取るのがいいか、お父さん帰ってきたら相談してみようか?」
と、言ったところ。



にゃんと!意外な答えがッ!!

長男:「やっぱ、取らなきゃダメ?」

ですとよ~~~

ハイ?
取りたいんじゃないの~~~

私:「いや、ダメってことは全然ないさ。取りたければ協力するよってだけのハナシ。取りたくないの?」


長男:「なんかさーー。
車の免許を持つことに、なんのメリットも感じないんだよね。
時間の無駄ってゆーか。」


ですと


うん。
取らなくていいよ。
うん。
いいと思うよ、ワタスは。
でも、母ちゃんちょっと、驚いちゃったわ。







そんなワケで。

我が家限定だとは思うのですが・・・・・。

『若者の、SW離れ』

『若者の、車離れ』

を、この数日で実感しております。


私なりの印象としまして。
スターウォーズにも、車にも興味のない若者は、結婚にも興味なさそうな気がするわーーーーー
な~~~んとなくね。
ガッツ不足?て感じ???



はああああ。
心配だわ




にほんブログ村




今年やり残したこと~ブログライフ~

もうすぐ今年も終わります。


大掃除も年賀状も、何もかもが
「やり残し」
すぎて・・・ですね。
何にどう取り組んでいいのか、もう、分からなくなっています。

「YOU は何しにニッポンへ?」
と、自分で自分に問いかけたいような、泣きたいような、逃げたいような。
そんな日々を過ごしていますが。

アハハ。
そんなの、どうでもいいじゃん。年末なんて。

という答えが、早速自分の中から飛び出してきましたわ。

コラッ
こぶゑさんッ
と、叱責の声もまた、脳内に響く今日この頃でございます。



まあ。
実生活の方はほっといて。(←諦め大事)


ブログ的に、書き残したことはないか?
胸に手を当てて聞いてみました。



実は。
書きたかったのに書けなかったことは、たくさんあるのです。




特に、B'z歌詞関係!!!


これは、日常雑事記録と違って。
すっごく、覚悟や下調べや、考察時間が必要です。
考えてるうちに、脳内が爆発し、考えがまとまらなくて記事に出来なかった歌詞が、色々あるんですわーーー。

・JAP THE RIPPER
・Endless Summer
・guilty
・まっかなシルク
・ウルトラ・ソウル
・Las Vegas
・Man of the match
・SUPER LOVE SONG
・ネテモサメテモ
・敵がいなけりゃ


最近だけでも、こんなにも多くの曲に、トライして、挫折しているのです。
頭がまとまらない。
不明な点が多すぎる・・・・など。

いつか書きたいな。
いつか書きたいな。
そう思いながら、今年も終わってしまいます


この調子で、未完のまま、いつか私のブログライフも終わり、人生も終わるのかと思うと・・・。
悔しいなぁ。


まとまらないままでも、文字にして、文章にして、記事をアップすれば。
そこからまた何かが生まれるかもしれないのにね。
分からないことはわからないと、そう書けば、誰かが穴を埋めてくれるかもしれないのに。


『書かなければ、何も始まらない。』
んだよねーーーー。
分かってるんだけど





B'z以外
での書き残し・・・・。
これもいっぱいある。

「後で書こう」
とか、
「もうちょっと知識が増えないと、何も書けないな。
後で調べてみよう」
とか思ってるうちに、忘れちゃう。過ぎ去ってしまう。どうでもよくなっちゃう・・・・。




深く掘り下げる思考力と。
「今!!」を捕まえる瞬発力と。
恥をかくことや批判されることを恐れない勇気と・・・・。

その3つが、必要なんだな。
そういうチカラで、ブログが書けたらどんなに楽しいでしょう!

てゆうか。
そういうチカラで生きることができたら、人生は楽しくなるでしょうね。
恥とか批判とか恐れないで、突き抜けるコト。
突き抜けた人って、いいよね。




な~~~~どということを。
今年の『ブログライフ』を振り返って、思いました☆

あ。
『母親ライフ』は、山あり谷あり、登山中。
『お仕事ライフ』は・・・・反省のみ。



ちなみに、『主婦ライフ』は、振り返らないように気を付けています。
てゆうか、振り返っても、そこは、・・・・・・・砂漠。





にほんブログ村







カオスな我が家で見るMステ。

今日は大事な日でやんした~~~♡

Mステスーパーライブに、
稲葉様がソロ出演ッ
とゆう、記念すべき日でしたのよーーー。

皆様見た見た見た見た見た??



我が家の様子と、私の感想をまとめてみたいと思います。


Mステが始まった直後から・・・・我が家は
カオス。
そう、カオスでした。

小6三男は、昨日サンタさんから、ウォークマンをいただきましたのです。
そして今日一日かけて。
仕組みを調べ、操作を覚え。
そして、とりあえず、我が家のパソコンに入ってるミュージックの中から好きな曲を数曲選び、ウォークマンに入れました。
アニメソング
セカオワ
バンプ
ミスチル
ファンモン
等から少しずつ選び、楽しそうに入れていたわ💛

B'zの膨大なるコレクションからも、注意深く選び、
・ALONE
・イチブトゼンブ
・スイマーよ!
の3曲を入れていました。

スイマーよ!を選ぶあたりが、なんというか、我が子ながらスンバラスイ!

その後、夕方になると高2次男が帰宅し、イソイソと、弟のウォークマンを整備してくれました。
そして、
・ワンオク
・バックナンバー
等を、バリバリ入れて行きました。

「B'zはさ、どうせいつも家の中で流れてるから、これ以上はイラナイね?」
「そーだね!」

とか、兄弟の会話を交わしながら、楽しそうにやってたわ~~~。





んで。
Mステが始まっってしばらく経ったそのタイミングで。
自分のウォークマンを確認すべく。
三男は、イヤホンを外し、スピーカーに設置して、テレビの真ん前で、ガンガン曲を流し始めた!


すると、そのタイミングで。
「パソコン借りるね!」
と、小3末っ子。
テレビから1メートルも離れてないパソコンで、陣内のネタを検索し、げらげら笑い始めマスタ~~~



せま~~~いリビングに響く、
テレビの音。
スピーカーの音楽。
ネットの陣内のお笑い。
末っ子の笑い声。
次男の、ワンオク等に関するウンチク・・・・・



う・・・・・
うるさいッ



でもね。
普段我が家で一番うるさいのは
わたし
なので、責めることはできないのです~~~




私は私で。
スケートの全日本大会も気になるので、チャンネルちょいちょい変えて・・・。





そんなカオスな中で、私はMステを見ていました。
今日気づいた事実があります。


私、意外と、AKBが好きかもわからん!(新発見!)
なんだかさ。
AKBさ、若々しさがなくなったよね?
少々オバサン化した?
・・・・ゆえの、高感度アップか?
タカミナニにらい泣きまでしてしまったよ~~。






さて。

肝心の、稲葉さんについてですが・・・。


実は今日。我が家の小6三男が。
オープニングの稲葉さんを見て、スゴイことに気付きました!


あ。
稲様ファンの方、ユルシテね
きっと腹立つと思うわ~~
オコラナイデ!
単なる妄想家族です。
※ちなみに、夫は不在です。







にゃんと!
三男:「あれ? 稲葉さんて、お父さんに似てるね~~~。」
次男:「あ、確かに。」

ですとよ~~~~ッ!!!!



ふふふ
ふふふふふ

私の妄想力を、受け継ぐ息子よ!



その後の会話。

私「でしょー?
ママはこういうタイプが好きなのよッ!」

三男:「こういうタイプって~?」

私:「おとなしいイケメン、かな~~。」

三男:「えー!でも、お父さんのオナラは、うるさいよ!」

末っ子:「チョ―――うるさい!」

私:「お尻はどうでもいいの!口のハナシ!」


・・・・って、我が家の会話も、カオス!

すいません。のろけました





さて。

稲葉さんは、いつものように。
歌う前は、ちょっとやつれたような、疲れたような顔をしていました。
私の勝手な妄想では、たぶん、テレビ出演に緊張し、夕べはほとんど眠れてないのだと思います。

オーラも消し去って、一人の大人しいおじさんとして、そっと、控えめに、存在してましたネ。
言ってることも、ボソボソでした。
若き日のやんちゃぶりを、懐かしく語っていましたが、ちょっと、めんどくさそうでした



だけど!
ステージに立つと、弾けるオーラ!!!!
伸びやかな歌声!
広げるオマタ!
ピッチリしたズボンの素晴らしさよ!
お顔も、なぜでしょう、若々しくツヤツヤしてきます💛



・・・・・・別人・・・ですか?




羽。
いい歌だわ。
気に入るわ。
羽。
たぶん、羽生君の活躍からインスピレーションを得た歌詞ではないかしら?
今このタイミングの『羽』は、そうとしか思えない説得力がありますわ。


そうそう。
全日本で見た羽生君も、疲労の色が濃かったな~~~。
おばちゃんは猛烈に心配です。
疲れてるよね




こうして。
稲葉さんの素敵なスガタとオマタとまゆ毛を拝めて、今年も幸せに、終わろうとしています。
この幸せな気持ちを、大掃除しないことへの罪悪感などで消してしまってはいけませんね。



年が明けたら、稲ソロライブに行きます💛
楽しみやわ~~~~~~💛


にほんブログ村









孤独なサンタ・孤独じゃないサンタ。

メリー☆クリスマス!!


今、ミッションが終了しました!
ほッ♡



我が家には息子が4人いますが。
サンタさんが来てくれるのは、うち2名。

2名の内訳は・・・。

・もう、まったく信じてない小6・1名
・疑いながらも、じつは無邪気に信じてる小3・1名

となっておりますわ~~~。




各家庭様々なルールがあるとは思いますが・・・・・。
我が家は(てゆうか、「私は」)、
「サンタクロースを信じてるかどうか?」
という点は、まーーーッたく問わない。


だってさ~~。
それって完全に、頭のいい子や、勘の鋭い子、不利じゃん?
普通、5年にもなったら、気づくでしょ。
むしろ、気づけや。
いつまでもサンタ信じてるなんて、かえって、将来オレオレ詐欺に引っかかりそうで、怖いよ


という、ロマンチック不足な母なもので。
別に、子供がサンタを信じる必要性、というものを感じないのである。
別にそんなに、必死になって信じさせなくてもさ。
だって実際いないんだしさ。
ってなもんである。


あ、夫は私よりもはるかにロマンチストであるのだが。
不在がちなため、発揮する場があまりないのが、不憫である。


しかし。
だがしかし。
そうは言っても、幼い日の甘酸っぱい思い出とゆうものも、必要であろう。
サンタを信じた日々を、思い出す日もあるだろう。
思い出作りには、協力は惜しむまい。

ロマンチックな夫を喜ばせたい気もする。
サンタ・・・・いいんじゃない?




という感じで。
確固たる信念もないが。
麗しい夢物語もない、中途半端な我が家。

そんな我が家のサンタ襲来は、小6まで。
そこらあたりが限界値だわさ。

信じる信じない、どうでもよろし。





モンダイは・・・・・。
毎年、12月23日~26日あたり。
夫が出張で不在という、我が家独自の事情である。


さすがに夫は申し訳ながリ。
事前準備は頑張ってくださる。
しかし。
24日の夜は、子供たちのキラキラした心を私一人に託して、ご不在である。


私はここ何年もの間。
一人孤独に、任務を粛々と遂行してきたのである。
寂しかった。
哀しかった。


しかし、数年前。
同じような立場にあるブロ友K様に出会い。
お互い孤独なサンタおばさん同士、励まし合ってきたのである。


ところが!

まさかの!
Kちゃま、今年はサンタ戦線離脱となッ
諸事情により、今年はサンタ業を、畳むらしい。
OHH!
K様今までありがとう




そして訪れる、・・・・・・・・・闇のように深い、
その名は、『孤独』。



いやだ
そんなの嫌だ・・・






そう考えた私に、神のようなひらめきが



いるじゃない
我が家には、もう一人、いるじゃない!!

次男とゆう名の、小さな(デカいが)パパが!!




今日の夕方。
小学生2人が友達の家に行ってる時に。
部活から帰ってきた次男に相談を持ち掛けた。


「ねえ。
今夜の、サンタさん役、手伝ってくれない?」
と・・・・。



おや?
こぶりんぼさん、次男とは仲直りしたのん?
と心配してくださる方もおられるでしょう。

えへへ。
まあ、なんとか、やってますわ
まだまだ解決しなきゃならないことだらけだけれど。
少しずつ歩み寄っています。



そして。
今夜のように、困った母を助け。
そして、自分より小さき者たちを喜ばせる任務に就くということは、高校生にとってはすごく大事なタイミングかもしれん。

次男にとっても、また、違った意味で、思い出深いクリスマスになるかも♡



そう思い、協力を求めたのです。



次男はなんだか、すごく喜んでくれました。


何時にする?
俺の部屋に隠しとこうか?
と・・・。


そして、さっきも。

電気は?
消す?
これは三男ね?
こっちは末っ子ね?

とか確認しながら。
2人分のプレゼントを抱え、そーーーーっと子供部屋に近づいて。
私と一緒に、頑張ってくれたのです。
じーーーーん

私は彼に、ありがとうを3回くらい言いました。
そして思ったんですわ。
私は次男に「ありがとう」を言うチャンスを、求めてたんだな。と・・・。
ありがとうって、言えてよかった!





こうして。
今年のクリスマスも無事に終わりました!!
あ。
ただし、末っ子にとっては無事じゃないかも。
ゲーム機頼んだのに、来なかったからね。(←こういうところから、ばれてゆく。)




私にとっては。
高2次男と一緒に、小学生息子の為に頑張った一日として。
すごくあったかい思い出になりました♡

次男もきっと、初めてのサンタ補助役。
きっときっと、思い出深い一夜になったんじゃないかと思います。



こう考えるとさ。
思い出もらってるのは、子どもよりも、親の方だわね~~






今年のプレゼント

小3末っ子
スターウォーズの、何かのフィギュア(黒いの)
スターウォーズの、ライトセーバー
今時風カッコいいけん玉
お菓子

小6三男
ウォークマンと、そのスピーカーのセット
今時風カッコいいけん玉
お菓子

高2次男
小学生よりもかなり高級な缶入りチョコミルフィーユ
現金7,000円


夫から、全員にそれぞれ、パーカーのプレゼントもありました♡







にほんブログ村





ピンク・キャット・ドリーム。

今朝、早朝。
夢を見てました。


猫をね。
もらったんです。
誰からでしょう?
分からないけれど。



でも。
夢の中の私は、猫の飼い方を全く知らず。

にゃんと!
水槽の中に入れて、飼ってた!!
もちろん、たっぷりの水の入った大きな水槽に!
猫を・・・・・、水生生物と、思ってたんね


いくら夢とはいえ。
バカすぎるわ私!
にゃんとゆう、ヒドイことを!


ネコちゃんは、冷たい水の中で暮らしていたのです。
そして、見てると、日に日に弱ってゆく猫。(←あたりまえだ)
なんかね、他の水生生物に攻撃されて、噛みつかれちゃったのよ(泣)




あッ
死んじゃう!!!
たいへん!!!

と思ってとっさに、ネコちゃんを水から引き揚げたのね。
そしたら、ネコさん、すっごく嬉しそうな顔をした。


その時、夢内の私は悟ったのです。


『もしや、猫は、陸上の生き物であるのか?』
と・・・。


失敗を経験しないと、そんなことも気付かない愚か者よ・・・・・




とにかく。
猫の真実に気づいた私は、ゴメンねゴメンねと言いながら、まず、冷たく汚れたネコちゃんの身体を、温かいシャワーで丁寧に洗い。
その後、温かい温風で乾かしました。
夢内のネコ様は、それはそれは大人しく洗われてくれました。


綺麗になって。
すっかり乾いたネコちゃんは。


にゃんと!

全身の毛がピンク色の(↑この字みたいな色)、ふわふわの、すご~~~く大きなネコちゃんでした。
その大きさは、そうですね、人間の5歳児くらいでしょうか・・・。


大きくて、ふわふわで、大人しくて、ピンク色のその猫を。
夢の中の私は、ずーーーーっと抱っこして、心から愛している感じでした。


・・・・という辺りで、目覚めがやってきまして。
すごく印象的な夢だったのですぐに、夫に話しました。

「すっごく大きくてかわいい、ピンク色の猫の夢見てた~~~♡」


そしたらね、
「猫、飼いたいんじゃない?」
と聞かれたわーーー。


私も夫も、かつて、それぞれの実家にいた頃、猫を飼ってた過去を持つ。
好きなのであるよ、ホントは。
でも今は、残念ながら、飼う予定はないのだけれど。

素敵な
MY CAT (=^・^=)
を、思う存分かわいがりたいな~~~という潜在意識があるのかも。




皆さんは最近。
素敵な夢とか、見ましたか





にほんブログ村


「息子が息子じゃなかった!」事件について、今さらながら思うこと

しばらく前。
2015を振り返った記事を書いた際に。

私的大事件として、
「大沢&喜多嶋事件」
を挙げマスタ。


その後。
我が家では、
『家庭内言葉の暴力事件(母親の犯行)』
などがありまして・・・・・・
ついつい、大沢様の事件については忘却しておりましたが・・・。

今日は、感想などを書き記したいと思いますわ。
単なる、つまらん一市民の、個人的感想です。




知らない方(←いるのかッ!?)の為にざっくり説明しますと・・・・。



「息子だと思って育てた『息子』が、息子じゃなかった!!
DNA的に、別の男性の子であったーーー!!
妊娠したから結婚してと言われて結婚したのに、どおゆうことォ~~~ッ!?
ダマしたのねッ(泣)」

というのが、大沢様の言い分。
ちょっとオネエっぽい口調になってしまいましたが、他意はありませんわ。

「いいえ。
何をおっしゃいますか。
この子はあなたの子です。
DNA検査?関係ないわ。
これ以上、私の名誉や息子の心を傷つけるのは、やめていただけませんか?」

的なカンジを醸し出してるのが、喜多嶋様の立場でしょうか・・・?




で。
この事件について、皆様はどのようにお考えになられられられ?

世論的には、喜多嶋様を非難する声が多数派ながら、大沢様を非難する声もわりとあり。
な感じでしょうか・・・・・。



私?


私はこう思いましたわ。





世の中の父親たちよ。
イクメンたちよ。
愛妻家たちよ。
親バカパパたちよ。


キミが大事にしてるお子たちは、本当にキミの子かね?
キミたち。
喜多嶋舞を責める暇があったら。
DNA鑑定でもしてみてはいかがかな。


キミだって。
ホントの父じゃないかもしれないんだぜ?
油断大敵
とゆう四字熟語を、知らぬことはなかろう。

な~~にを、余裕ブッこいて、他人事のように批評などしてるのか?
そんなことしてる場合かしらッ!!??
明日は我が身よあなた!



「だって、うちの子は俺にそっくりだぜ?」
と思うかもしれないが。
あなたにそっくりな誰かと、妻とが、浮気してたかもしれないでしょ?

「だって、子作りは、計画的に行ってたんだぜ?」
と思うかもしれないが。
その計画に合わせて、さらなる計画性の上に、妻は浮気してたかもしれないよ?
女性には、簡単なことさ。

「うちの妻はそんな女じゃない」
と思ったかもしれない。
ふ。
幸せなヤツだよ、キミは。
そのまま信じてればいいよ、うん。






・・・・・・・とまで言われて。
自信を持って、
「これは絶対に我が子だ」
と言える男性は、この世にはいない。
と、私は思うのです。

DNA鑑定だって、色んな事件を見てると確かに、あんまりアテにはならなそうだよね。
冤罪事件とか見るとさ。
わりと、フリーダム!

それにさ。
例えば、妻の浮気相手が夫の兄弟または夫の父だったりしたら、DNA的には、どう出るんよ?
良く知らないけどさ。


つまり。
まあ、極論から言えば、

『この世の人間は全て、父親不詳である。』

と言っても過言ではあるまい。


真実を知ってるのは、産んだ母本人のみである。
そして、母たる者。たいていは、喜多嶋舞のように、酔った勢いでうっかり秘密を漏らしたりはしない。
我が子と今の暮らしを守るためならば、嘘を突き通すぐらいは、どんな女性でも、できるのであるぞ。



私?
私だって、もしものことがあったって、誰にも言わないさ。
親にも親友にも言わないし、ブログにも書かないさ。

むしろ自分に暗示をかけると思うわ。
「浮気をしたと思ったけれど、あれは白昼夢。
現実ではなかった」
と言い聞かせ、自分を、そう洗脳してゆくでしょう。
なかったことにするのである。





ああ
男とは、悲しい生き物であるよね。

「これは僕の子だ!!・・・・と、いいな。」
「これは僕の子だ!!・・・・に、ちがいない。」

という状況で、子供を育て、家族を養い、イクメンとしてお子サービスをするしかないのである。

なんて悲しい生き物なのでしょうか。




であるからして。
男性にはぜひ、どの子が誰の子とか、そうゆう細かいことは気にせずに。
地球上すべての子を、愛してほしいモノであると、思うのである。


だって、童○でもない限り、どこかに自分の子が生きてる可能性は、消しきれないじゃないですか!
目の前の子が、自分の子じゃない可能性もアリ。
その代わり、広い世界のどこかに、自分の子が数人生きてる可能性もアリ。
ならば、ええい!めんどくさい!
ここはひとつ、世界中の子供まとめてゼンブ、愛しちゃいましょうよ!
と言いたい。


女性はね。
自分の腹から出てきた子に夢中です。
それはそれで、当然な話。

男性はね。
またそれとは少々事情が違うからね、やっぱね。




ただ。
現実には、世界中の子供を養う金もないし、時間もないよね。
何億人の面倒は、見れません。


ならば、現実には、
「妻または恋人を愛して、妻や恋人をサポートすることを一番大事にしようよ!」
「たまたま、運命によってご縁のあった、身近な女性と身近な子供を、責任もって大事にしようよ。」
と言いたい。


子供の存在は、ややナゾでも。
妻は確かに結婚した、確かな妻である。


んだから、妻や恋人を、サポートして。
妻の為に、稼ごうよ、と・・・。
もちろんその結果として。
「妻が産んだ子」
とか、
「妻とのご縁によって、ご縁ができた幼い命」
を大切にしようよ、と言いたい。





男女の愛が、密室で交わされ、目撃者がいないという現状の中では。
子供の父が誰かという問題は、永遠の謎だと思うのです。


歴史を紐解いたって、いっぱいあるよね。
○○は、実は、××の子ではなかった!とか。
源氏物語の主題でもあるのよね。

仕方ないよね
そこはあんまり攻め込んじゃいけない、聖なるゾーンとも言えるかもね。


男とは。
悲しみを背負って生きる、生き物であるよな~~。
しかし、それでも愛を与えていくしか、ないのだよな~~~。



光源氏だって。
浮気性ではあったかもしれないけれど。
関係を持った女性は、ほとんどみんな、その後も責任もって面倒見ました。
自分の息子ではないことにひそかに苦しみながらも、妻の産んだ子を育てマスタ。
哀しい生きざまですねよね。





まあね~~
広い体育館で、100人くらいで一斉に子作りして。
お互いに目撃者として証人になれるならね。
打開策も出てくるでしょうが。

それもまたね。
無理な相談





という、おバカなことを考えていました。
こういう、どーでもいいことを、じっくりねっとり考えてしまうのが、私の悪い癖



でもね、実は。
もっともっと、あーでもないこーでもないと、不毛なことを考えてるんスよ~~。
これでもほんのイチブ。
すべては書ききれんわ、どーでもよすぎて




またね




にほんブログ村






プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは高校生一人、中学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア