三男の反抗期と、次男の撃沈期を迎えて・・・。

小学生2人の授業参観に行ってきやした~~



この頃。
珍しく、担任の先生について愚痴る小6三男・・・。
センセイの悪口など、今まで一度も言ったことのない男なのに・・・・




『センセイの悪口を言わない』
と言うよりは、正確に言うと、むしろ、
『先生に全く興味がない』
ヤツじゃった・・・・・


数年前には・・・。
こんな会話を耳にしたこともある。

三男の友人:「今年、誰センセイ?」
三男:「○○先生。」
友人:「どんな感じ?」
三男:「んん~~わかんない。」
友人:「いい先生?」
三男:「わかんない。」
友人:「結構好き?」
三男:「んん~~わかんない。」
友人:「去年の先生とどっちがいい?」
三男:「わかんない。」
友人:「どっちかっていえば、どっち?」
三男:「・・・どうでもいいーーーーーッ


最後に三男がキレたとき、思わず私、一人で噴き出しちゃったもんだわ。




そうそう!
こんなこともありました。
2~3年前のこと。
新クラスになった初日。
全く聞いたこともない先生が担任になったのでした。


私:「新しい先生、どんな先生?」
三男:「・・・・(熟考後)・・・女。」
私:「どんな感じ?」
三男:「・・・女だと思う。」  (←
私:「何歳くらいの?」
三男:「わかんない。」
私:「じゃあさ、お姉さんなの? おばさんっぽい? おばあさんな感じ?」
三男:「・・・(熟考後)・・・お姉さんッぽい。」


後日。
授業参観に行ってみましたら。

「おばさん」と、「お婆さん」の、ハザマにいらっしゃる感じの先生でしたわーーー



女性を喜ばせる才能の持ち主なのか?
いえいえ。
なんかね、三男ちゃんは、どこかしら、宇宙人長男に似てるんですわ。
たぶん。
他人にあまり興味がない・・・・。
見てないのだと思うわッ





こんな経歴の持ち主、不思議ちゃん三男が!!!
なんということでしょう!!!
一丁前にッ!!
先生の批判なんかするんです、この頃。
「細かい」とか、「気分屋だ」とか・・・・・




三男ちゃん、あなた!
批判するってことは、先生に興味があるってことですよね?
よく見てるってことですよね


くぅぅ~~~
あなた成長したわ
聞かれてもないのに、先生の話題を出すなんて・・・・。



で。
そんな三男ちゃんの、厳しい批判の目にさらされている先生を、今日は見物してきたわ。



あら
どちらかというと、かな~~~~り素敵な中年男性ではないですか!!
うん。
かなりクール。
礼儀正しくて、淡々としてる・・・。
高校の、物理の先生ってゆうイメージでしょうか・・・。

好きなタイプだわ~~~~♪



夜、夫に、
「三男ちゃんの先生、いい感じだったよ~~!!」
と、報告してましたら、横から、
三男:「親が来てたからでしょ。
    だから優しいフリしたんでしょ。
    そうゆう先生って、結構いるよ。
    ○○先生とか。」
と、批判炸裂ッ



くぅぅぅぅ~~~~
お姉さんとおばさん(ややお婆さん寄り)の区別もつかなかったこの子が・・・・
「親がいる時」と「いない時」の先生の違いに、気づくなんてッ

成長したわ~~~~




・・・・・というワケで。
どうやら、うちの三男、
ザ・反抗期
に突入したご様子っす!!!


親に反抗する一歩手前の練習として・・・。
まずは先生を批判してみてるんでしょう・・・。
次男も、6年生の頃は反抗期だったわ~~(遠い目~~)
長男は、中1くらいだったかのぅ~~~(遠い目~~)



間もなく、三男のホコサキは、私に向かうのかしらん・・・・・
たぶんね。




しかしですね。

元教師、今インチキ講師の私から言わせてもらえば。。。。。
『授業参観の時には、別人格が出てきてしまう』って・・・・

当たり前やないのッ!!!
にんげんだもの!!

同じにしたくても、デキないのよ
それ、普通のことでしょ、人として。
私もむしろ、授業参観は、スキかも・・・。



私のように、何の面白みもない平凡な授業だと、眠さも炸裂。
とにかく、生徒の皆さんは、意外と冷たいんです~~~。


ところがッ!!


授業参観に来たお母さん方って・・・・。
私の説明に、すご~~~~くイイカンジで、うんうんと、頷いてくれる!!!
たいしたこと言ってないのに、笑ってくれる!!

反応いいっす~~~、感激。







まあ、とにかくですね。

ここ数日、ナマイキぶりが目立つ三男ですわ~~~。




子供だってさッ。
親の前とか、先生の前とかじゃ、態度変わるくせにネ
大人ばっかり批判するなんて
ナマイキすぎよ、あんたたち。
プンプンッ

って、私も反抗期かしら・・・・・
   いや、更年期のイライラか・・・・・




今日はその他に、末っ子の授業も見て、なんか、萌え~~~
小3、かわゆい
なんか、全員、動物みたい


・・・・これが午前ね。




その後、午後は。
次男の高校のPTA総会、学級懇談、学年懇談へと・・・・。


そして、4月の課題テストの結果をもらって、母撃沈・・・・・
国語38点て・・・・・
英語31点て・・・・・

こ、これは・・・・・


つい半年前、
「勉強頑張る。国立大を目指す。」
と言って、吹奏楽部を退部した次男・・・・・

ど。。。。
 ど。
  どうすんの、あんた???





その後、長い長い話し合いを終えて、よれよれな帰宅。。。。




残った体力のすべてを振り絞って、
ギャーギャー
 ドッカーーーーン
  ネチネチ・クドクド
と、次男を叱りつけました。

こうして、今日という長い一日が終わりましたわ・・・・・



にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

夏を涼しく♪

今日は、暑いくらいの一日でした・・・・。


と言いながらも、寒い我が家。
深夜の私はじつは今、暖房をつけて、足を温めながらこれを書いてるんですけども

まあとにかく。
日中はアツウござんしたね
皆様地方はいかがでしたか?



さて今夜は。
今からやってくる暑い夏を、涼しく、なおかつエコな感じで過ごす、素敵な方法をご紹介します



用意するものは、空き箱一つ。
別ふたが付いているものをお願いしますね☆


作り方はこんな感じです♡
フタの真ん中に、大きめの穴をあけて下さいね。
たぶんですが。
こんな風に、ぐちゃぐちゃな穴がふさわしいのかもしれません。



04241


では、書かれている説明書を見てみましょう。
ちょっと、反射で見ずらくなってる写真ですが・・・・・



04232



エコくうきほう

つかいかた

(はこのフタを)ぬかないていどに上にひく



いきおいよくおすと風が出てくる


04233


夏に、せん風きがこわれたり、電気だいをむだにしたくない人におすすめ






※「帝国ホテル」の文字が、少々むなしく目立ちますが、特に意味はありません・・・・







いかがでしょうか?
これで今年の夏は、涼しく、エコな感じで過ごせますね

私もやってみましたが・・・。
穴から吹き出す風がちょうど顔に当たって、それはそれは気持ちのいいものでしたわ~~~




先日、末っ子博士が、黙々と、作っとりました・・・・。

こんなに字が下手ですが。
これでも彼、3年前から書道習ってるんすよ~~~





にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村



↑涼しげな瞳
とは、このこと!






子育て概論。。。なんちって。

今大学1年の長男が、幼稚園の頃・・・。
とっても彼は泣き虫だった
私と別れる際には、毎朝しがみついて泣いていた。


泣き虫
なだけでなく。
一切、お友達というものを作らなかった・・・。
いつも一人で折り紙をしたり、穴を掘ったりしてた。
そんな彼に話しかける子も、ほとんどいなかった・・・・・



お友達を作らないだけでなく。
行事にも、全く参加しなかった
お遊戯会でも、一人だけ、全く踊らない
合唱でも、歌わない
てゆうか、歌の集団からトコトコ離れる・・・・・

理解不可能




こんな子供を持った母親は、みんな、悩むだろうよね。

私もとても切なかった。



他の子はみんな仲良く遊んでるのに、どうしてそこに入れないの
他の子ができることが、どうしてこの子は出来ないの?と・・・・・。


一方・・・・。
2歳下の次男は、ずっと器用に集団になじんでいった
幼稚園では、たくさんの男児と仲良くなり、小学校に入っても、すぐに遊ぶ約束がたくさん



でも。
長男を思うと。
情けなかったり、育て方に悩んだりで、一人孤独に涙する日もあったわ~~
私はいつでも、長男の心配ばかりしてたっけ・・・。



小学校に入学しても、長男の様子は変わらず・・・・・。

『毎朝、朝の会では泣いていますよ。』
と、担任の先生に言われた時には、目の前がサーーーっと、暗くもなった

運動会に行くと、一人で校庭の片隅で、アリの巣を掘って遊んでたりもしたっけ




そんな長男に!!
初めてのお友達ができたのが、忘れもしない、小学校4年生!
初めて、仲の良いお友達ができたのでっす!
その子は、2~3年アメリカ暮らしを経験して、帰国したばかりの子・T君だった


大人にとっては、ほんの短い年月かもだけど、T君はもう、すっかりアメリカ文化に慣れてたのでしょうね~。
日本の生活になじめずに、苦しんでいる様子を、懇談会の日にお母様が語っていた


イジメとまではいかなかったとは思うけれども、全くクラスに入れずに孤立していた、T君。
そして、それまで10年間、一人も友達を作らずに生きてきたうちの長男・・・。
そんな2人が、奇跡のように、友情を結んだのでした


たった一人のお友達♡
私はもう嬉しくて嬉しくて。
T君には、もう本当に、心から感謝しまくりだった。
頭のいい、穏やかな、いい子です


今でも忘れない、小4の運動会!!
応援席から離れた場所で、
2人で
アリの巣を掘ってたッ~~!(爆)!

気が合うのぅ~~
「2人で」
なら、なんか、いいよね!楽しそうで!!




そして・・・。
T君と仲良くなれたおかげで。
長男も、友達という存在の温かさを知ったのでしょうか。
その後、徐々に、色々な男の子たちと仲良くなれたのでした。
徐々に自分の居場所ができていった感じでした

賑やかではないけれど。
静かな真面目な男子数人と、和やかに過ごせるようになったのでした。



中学に入り、違う部活動に入ったものの、2人は、仲良く付き合ってたっけ。




やがて2人は、同じ高校に進学した。
なんと。
1年の時は、同じクラスだった・・・・



そして、高3。

医者を継がせたいご両親と、医者にはなりたくないT君が衝突している様子を、時折長男から聞いていた。
どこでもいいから、医学部に入れたいご両親。
行きたい大学がはっきりとしていて、理学部に進みたいT君・・・・という感じだったらしい。



結局・・・・・。
詳しくはわからないけども。
不本意な受験をしたT君は、とある国立大学に合格したものの・・・・。
そこをけって、今、浪人生活に突入したらしい


私はこっそり、陰から、絶賛応援中であるよ。
頑張れ~~T君!!!

出来ることならば、ご両親の夢ではなくて、自分の夢を、叶えておくれ。





こうして見てくると。
子育てって、本当にわからないものですね。


小さいころ、お友達ができずに一人ぼっちだった長男。
高校時代には、周りに流されない強い意志を発揮してゆきます。

周囲が遊んでも、自分は遊ばない。
みんながカラオケ行っても、自分は行かない、行きたくもない。
そして、黙々と勉強して、夢を達成しました。

かつて、アリの巣に向けていた情熱を、勉強へとちょっと方向転換しただけだと思います、彼にとっては。

・・・・・・小さいころ短所だと思ってた個性は、実は、長所だった






一方。

小さいころ、お友達が多くて、楽しげに暮らしていた次男は。
高校生になった今も、お友達と遊ぶのが大好きです。
今も、楽しいことも、大好き。
当然ながら。。。。勉強は全然足りない。
一人で孤独に勉強に励むなんて、そうゆうガラじゃないですわ。
そして私を果てしなくイラつかせる存在にッ



小さいころ長所だと思ってた個性が、今、彼の足を引っ張ってる~
かなり激しく引っ張ってるぅ~~~~

くうぅぅ~~~~





そして。
T君にも、ドラマのような人生があったわけで。
子供の頃から、海外生活、帰国、仲間はずれ、そして、進路決定での両親との確執・・・・・。

まだまだ、展開は読めません。






子育てって。
長い長い長いドラマのようなものかもね。
思わぬ展開。
思わぬ伏線。
名脇役も、盛りだくさん。
どんでん返しも、まだまだあるね。






昔泣いた、同じことが、今を、助けてくれてる。

昔喜んだことが、今、苦しみのもとにもなる。





わからないものだね~~~。
しみじみ。





さてさて。
末っ子成人まで、あと、12年!!!
元気で頑張って、私も、息子らの人生劇場の、名脇役として、お達者でいなければッ!!!
ええ。
そうよそうよ。
『妄想癖がちょっとイタイ、頑固な意地悪ばあさん』
として、息子の人生に、ちょっかいかけ続けないとだわ~~~~。


と、決意も新たな春の一日






にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村












朝、起こしますか?

「子供が起こしても起きない時、どうすれば??」
という記事を読みましたわ~。
その方の主張は、

起こすなかれ。
遅刻させて、恥をかく経験をさせるべし。


というようなものでした



私の仲良くしてる友人も、時折、
「子供が起きない」
と、悩んでおられた。


『起こしても起きない
やっとのことで起きた頃には、子供は不機嫌、自分はイライラ。
朝から喧嘩状態だよ、毎朝。
はぁぁ~~
やんなっちゃう。』

と、よく愚痴っておられた。
実際に、友人は起こすのを放棄して、娘さんは学校に何度か遅刻をしたらしい。



私は
へェ~~~
と言って聞いてるのみであるよ。


しかしですッ



先ほどの記事を読んでも、友人の話を聞いても。
心の中では、呟いちゃうのです。


んん~~~ッ
起こしたげてェ!
と・・・・・。



私の子育て理念???
いやいや、そんな立派なものじゃないのですわ




実はですね。
我が家の小6三男が、めっちゃ早起き男子でして・・・・・。


早朝、目覚まし時計を無意識に止めて惰眠をむさぼる母のピンチを、彼ったら、何度か救ってくれてんですーーーー!!

「ママッ
6時過ぎてる!!
ママッ!!
ねえ。
マーーマーーッ!!!
マーーーーマーーーッ!!」
と・・・・




いい子でしょう?
助かるでしょう?
泣ける


ほんっと、助かります。

もしもですよ。
もしも、三男が、

「起きない母親は、起こさないこと。
遅刻させて、恥をかけば、本人が気づきます。
本人の自覚が大切です。」

という考えの持ち主だったらッ



ヒイイイ~~~~ッ

我が家は大変なことに!!!


起こしてくださる方は、神様です。
本当です。

ですから私も、時折、息子が寝過ごしてる場合は、起こしますわ。
持ちつ持たれつす~~。
あ。
三男は、まず、ないです。
今のところ。。。。。
高校生っすかね、お寝坊ちゃまは・・・。


私の場合。
朝から険悪ムードは避けたいので。
なるべく楽しく起こします。

「○○ちゃ~~~~~ん♪
起きてちょんん~~~♪
朝だっぽーー♪」
など、どうでもよさげなギャグと笑いで迫ります。

いえ。
笑ってんのは、私だけっす
こんなギャグで笑ってくれるほど、我が家の男子は、優しい笑い上戸じゃないわ・・・・・

中学生の頃なんて。
箸が転がっても、むかつく年頃っつう感じだしね

いえ。
私も毎回こんなにゴキゲンなおばさんというワケでもない。
正直、
「早く起きなさいッ
「何時だと思ってんのよッ
と、冷たさをまき散らす日もありますわーーーー、にんげんだもの。



でもね。
私の理想としては、なるべくなら、笑って起こしたい。
だって。
一日の始まりだもんねーーーーー。
やっぱ。
人生これ、
笑い
そが、宝ですよねッ!?





小6三男は。
試合の日など。

「家を7時に出発」
という予定の場合、
「一応、念のため」と言って、
5:30
とかに、目覚まし時計をかけるタイプなんです~~~ッ

早すぎっしょーーーー!!


で、しっかり、目覚ましで起きて、準備を始めるとゆう、信じられない男ッ

で、6:50頃に、
「先に車に乗ってるね」
と言って、車内で私を待ってる男なんす~~(泣)




早起き君よ。
これからも、数々の、母のピンチを、救ってくれたまへッ!!!!


にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村
諸君!!目覚めたまへッ!!!









次男祭りの幕開けは・・・前途多難。

先日。
長男の入学式に参列し、とうとう我が家の(私の?)
the 長男祭り
が、めでたく幕を閉じました~~~



なんかね。
初めての感覚です。


あ。
これが、子離れッ


もうね。
少し身軽になった気分よ。
今まで、必死に4人の息子を持ち抱えてヒーヒー歩いてた私が。
一番大きいのが、ヒョイと飛び降りて。
私の荷物は、4分の3に!!!

そんな感じ。


初めての感覚だわーーーー。
いいもんですね、子離れするって。
『ご活躍を、遠い空からお祈り申し上げます』
みたいな、そんな気分よーーーー

・・・・・他人???



で。

急に、存在感を主張し始めたのが、ぼんくら高2次男すーーーー


ええ。
彼を、一言で言い表すならば。ええ。


ぼんくら・・・・・


まあ。我が子なのでね。いいのです。
愛すべきぼんくらとして、今までも共に過ごしてきたのですから。


でもねーーー。
長男が私にとって
過去の人
となってしまった今・・・・。


突然スポットライトを浴びちゃって・・・。
次男はうろたえております。

マジ?
やべ。


って、顔に書いてあるものーーーー。



そうよーそうよー。
次男!!
覚悟を決めるがよいっす。


我が家の次男祭りの幕開けよーーーーー


アマリニモ無口すぎた、先日までの主人公は。
すこーーしお話しが上手になって、遠い異国(国内)で、頑張っています。


そして今!!
アマリニモぼんくらすぎる、ニューフェイス!!


まずは先日。
長男の部屋を片付けて、次男の部屋としました。

と言いますのも・・・・・。


我が家は2階建てでして。
2階には3部屋ありまする。

うち、子どもの個室として設定されてるのが2部屋。
しかも、そのうち、エアコンが付いてるのが1部屋。←VIP部屋。


ですからね。
ええ。
争奪戦です。
とは言っても、次男は、めんどくさいからエアコンなしのままでいいと・・・。


はあ
雨の日も、風の日も、雪の日も、灼熱の日も、あんたは必死に受験勉強するんでしょ?
え?
違うの?
そのために、エアコンついてる部屋にしてあげるんでしょ?

エアコンのおかげで、センター得点は、100点はアップするはずよ。
わかんないの?
そおゆうこと?


とゆう、威圧のもと。
受験生をエアコン部屋に住まわせる。


というワケで、先日、家庭内引越しをしましたわーーー。
渋々、荷物をまとめる次男を叱咤し。

長男には
「キミの部屋はもう、我が家には、ないからね(キッパリ)。」
という非情宣言をし・・・。


こうして・・・。
エアコンはないものの、初めての個室と、初めての勉強机をゲットした小6三男の、喜びと。
エアコン部屋に押し込まれ、受験戦争開始を宣言された、ブルーな高2次男と。
相変わらず、ママと一緒の寝室で赤ちゃんの添い寝扱いの小3末っ子の、ぬいぐるみ軍団と共に。



我が家の新たな春が。

始まりましたわ!!


そして、さっそく。
先日。
次男には。


「一週間以内に、進路希望を決定し、母に報告せよ。」
という宿題を出しました。

以前、大学工学部に行きたいと言っていた次男ですから。


『大学に、本当に行くのか?
大学に行くなら、今の段階で、どこの、何学部を目指すのか?
その理由は?

今すぐ、一週間以内に、最終決定せよ。
悩んでるヒマはないのだから。

進学の場合、次回微調整は、センター試験後である。

あ。
ちなみに、私立は、無理だから。

あと。
予備校や塾に行かせる金もないから。
あと弟2人もいるんでね。
最高の贅沢で、Z会っすかね。

あ。
県外なら、寮あるとこにして!』


という、過酷な条件を示しつつ、1週間待ちましたわーーー私。



んで。
次男の出した答えは・・・・・。


超絶激烈高望み大学・工学部さ~~~♪。
将来の夢は、建築家さ~~~~♪
Z会を始めたいよ~ん♪
受かったら、自宅から頑張って通うよ~ん♪


とゆう。
厳しい夢なのに、なんか、お気楽なの



くううう~~~~


なんかイラッとくる~~
  なんかイラッとくる~~
     なんかイラッとくる~~~~


努力の努の字は、どう書くの

と、問い詰めたい。




4人中、一番私に
激似
の、ぼんくら息子。


私も、若き日。
夫に、
「この!ボンクラ!!」
と、何度さげすまれたでしょう。



ああ、そうそう。
学生時代、
役立たず
というあだ名をつけられたこともありましたわ


ああ。
周囲を、こんなにも、イラつかせてるのね、私

と、次男を見ていてそう思ふ。(←動揺すると、古文調になるなり。)



にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

アマリニモ素敵な2人組♡







B'z・妄想Classmateと、長い髪。

前記事の続きです♪  →これ。






今回のアルバム
「EPIC DAY」
は、すごくいいと思う。
ハードな曲もいいし、バラードもいい


何度も言うようだが、私の最大のお気に入りは、
Man Of The Match
だよ~~~~~ん♪
この曲で、コブシヲニギレを、思い出しちゃうのは、オレだけか?
歌詞世界も似てる!!!



もう一曲、何度聞いてもまた聴きたいのは。
Black Coffee
ですわねーーーー
この曲、ものっすごくいいよね。
超名曲っすね

これ、鍵コメ様がおっしゃるように、『雨だれぶるーす』の2人が、年月を経てたどり着いた、夫婦の姿を描いてる気がするーーー。
つながってる?
うん。

20代の若き日、裏切ったり嫉妬したり、激しく愛し合ったり、激しく泣いたりした日々・・・・。
そんな2人の27年後の姿。。。。。。という感じがします。

雨の日も風の日も。
いつでも2人の間には、コーヒーがあるわけで。
激しい嫉妬もなくなって、激しい愛もあるのかないのか・・・。
そんなマンネリな日常があって・・・・・でも、2人で新たな絆を模索するわけで。
懸命な夫婦の姿。。。。でしょうか。

浩志さん。私たちもう一度、お互いを受け入れあいましょう。
おお、こぶり。そうだよね。俺たち、まだちょっと足りなかったね。
ああ。浩志さん。

という風な、熟年夫婦の愛の確認・・・・・




あとねあとね。
私の泣きソングは
君を気にしない日など
ですわーーー。
泣くこれ。
この色っぽいファルセットつううのん?
裏声ね。
裏声使いの微妙な色っぽさは、
『泣いて泣いて泣きやんだら』
に、似てますねーーー。

美味しいもの食べに行った2人がその後、結ばれて、そして27年後。
男は、あの日のままに、彼女を優しく愛し続けてるんなーーー。
くうううう~~~~






その中にあって、
Classmate
ってなんかすごく異色でした・・・

何かが、何かが違うの。
何だろ。

と思ってよくよく考えましたわ。

メロディ良し。

歌詞だな歌詞。
歌詞が何かが違うのだな。

と思ってよく聴いてみたらわかった




ラブソングに限りますが・・・・。
他の曲では、歌詞内に出てくる女性(「あなた」とか「キミ」)を、自分に置き換えて聴いてるんですね、私。
で、稲葉さんの妻や恋人になった気分で萌え萌え聴いてるワケっす。
ほとんどの曲では、それが可能です。


ところがッ!!

Classmate・・・・・・。

この彼女、アタシではない・・・・

だってアタシ、稲葉君のクラスに転校したことないもん・・・・・



つまり。
叙述があまりに具体的すぎて、登場する「キミ」に自己を投影できない。
ゆえに、歌詞内になかなか入り込めないッ

・・・・・ということに、ちょいと気づきましたわ。


歌詞内に入り込まずに、映画やTVでも見るように、観客的立場にならなきゃならないというのは、稲葉さんを恋い慕うモノにとってはなかなかツライ!!
君を気にしない日など、とか、BlackCoffeeとかは、1秒で入り込めて、稲葉さんに語り掛けられてるような快感を得られるのに・・・・・。



な~~~~~どと思いながら、それでもこの美しい曲を聴いておりました。


やがて、一つのフレーズが、私のハートに突き刺さる。
「僕の髪は伸び放題・・・・・」

この、既視感は・・・・・・


はッ



DEEP KISS!!


さよならなんかは言わせない
の中にも、「髪を切らないで」というような表現は出てきますけども・・・。

私にとって、「長髪ソング」と言えば、DEEP KISSっしょーーーーーー




それでね。
私としては、こんなストーリーが、脳裏に浮かんだのですわ~~~


とある少年。
名を、Kとしましょうか。

K、中3。
クラスに転校性が来て、ひとめ惚れ。
初恋でした。

(・・・・・ここで、中3に設定したのは。
小学生じゃ小さすぎるし、かといって、高校って、もう、転校生って、来ないよねーーー。
やっぱ。「転校生」っつう存在は、義務教育の賜物でしょうから。)


すぐに別れはやってきて。
2人は別々の高校へ。
小さな地方都市ゆえ、街で会うこともあったけど、僕は恥ずかしくて声もかけられない。



その後Kは、大学進学で都会へ出た。
もう、初恋の彼女を思い出すこともなくなり。
何人かの女性と付き合い、別れた・・・・。


その後、夢を追って東京に出たK。
そこは欲望渦巻く、ギラギラな世界。
Kの生活も果てしなく乱れて、欲望にもみくちゃ。

都会の綺麗な女と付き合えて舞い上がったのも束の間。
いいように騙されて。
利用されただけ。
一切合財持ってかれてちゃいました。
他に男がいました彼女。
「あんたハヤいしヘタクソだし。やたら気が利かないし。」
と見下されて笑われて、捨てられました。


夢を追う中で出会った仕事相手には。
「それじゃあ、一生ダメなままだな。」
「髪を切りなさい。」
「しゃべり方が田舎くさいのよ。」
と、上から目線で見下され放題。

ああ。
だけど、悔しいのに、言い返せない。
チクショーと、心で叫んでも、寂しさゆえか、誰からも離れられない田舎者。


都会にもみくちゃにされるK.
都会の女たちに、いいように利用され、遊ばれるK。
わかっているのに脱却できない情けない日々。


でも。
なんとかまだ、自己を保とうとしてるK。
どんなに命じられても髪は切らず。
KにはKの、意地があるからね。


そんなある日。
法事かなんかで、久しぶりに故郷に帰ったK。

なんかもう。
都会でボロになってる自分の目に、故郷の美しさが目に染みる。


そんな時。
初恋の彼女に会った。
キレイだな。
本当の綺麗さって、これだよな。
好きって、こういう気持ちだったな~~、と思いだす。


思わず口に出た「好き」という言葉。
ゴメンねと断られて、当たり前だよなと苦笑するK。


でも。
今回の帰省と、彼女との再会で、何かに気づいた気がする。
都会で自分が失ってたものは、何なのか?
大事な何か・・・・。



東京に戻ったKはもう、都会に踏みつけられたままの人間ではない。
乱れた生活も、もう、やめよう。
卑屈になるのももう嫌だ。
僕には僕の夢がある。
破れかけても夢がある。


もう一回、毅然と歩こうか。
この、大都会で。
ボサボサの髪を、なびかせながら!
僕は僕だと、叫びながら。



・・・・・彼女との再会こそが、彼の心に甘い甘いDEEP KISSを、もたらしたのかもしれない・・・・・<完>






そんなストーリーが、私の脳内スクリーンに映し出されまひた

つまりつまり。
かの名曲DEEP KISSと、この美しきClassmateは、表裏一体であり、一つの物語だという、妄想仮説。
伸び放題の髪を持つ、麗しき美青年Kの物語です。



これが映画となるならば、何の役やりたいですか?



私ーーーッ!!??

そうよそうよ。
転校生の彼女役など、いやですわ

この映画に出るなら、K志から一切合財持ってっちゃう、都会のオンナ役が、いいわーーーーー




とゆう妄想バリバリな私を。
どうか笑ってくれ。



にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村
稲様のすべてを、ノミホソウ。









B'z・臭いシャツが、ゼロになる~過去との対話~

有頂天を聴くと、有頂天になってしまう、単純アホな48歳さそり座でございます。
皆様ごきげんいかが?
 (↑壊れぎみ


で、その有頂天なんすけども。
2ndの、
「Endless Summer」

いいよねーーいいよねーーーいいよねーーー。
すっごくいいよね

で、この曲を聴くと。ちょいと引っかかりがあって・・・。
「臭いシャツをパッと脱ぎ捨てて」
という部分のこと。
「え?JAP THE RIPPER・・・?」
と、あまりの似すぎにおののくというものですよねーー。
歌詞的に。


ちなみに、JAPの方では
「古くて臭いシャツを引き裂いたら 大好きなキミを捨てよう」
と・・・・・。



20周年の際の、NHKの番組などを見るとわかるように。
稲葉さんの作詞姿勢は、非常にアツいものがある。
何度も何度も書き直し。
よりよい表現を求めて書き直し。
メロディに合わせて書き直し・・・・と。
雨だれブルースも、「紅茶」にしようか「コーヒー」にしようか真剣に悩んでおられた(萌え

  (そのような姿勢を見てるからこそ、多くの方が、B'zの「歌詞考察」などに取り組んでおられるわけで・・・。)


とすると、「JAP THE RIPPERと「Endless Summer」のこの、類似性というか、重なり合いというか・・・、それもまた、稲葉氏熟考の上、ということになると思う。


ゆえに、これは私の単なる邪推というか、妄想だけれども・・・。
この2つの曲は、繋がっているッ!!
という風に思うわけである。



昔々の新古今和歌集歌人たちは、好んで
「本歌取り」
という技法を使った。
昔の有名な短歌の特徴的なワンフレーズを、自分の短歌中に引用するとゆう・・・。


それは、パクリとか、真似とか言うものではなくて、読んでる人に、2つの短歌のイメージを重ねさせるための技法なんですよね。
そうやって、昔の文学者は、、他の短歌を連想させることによって、自分の短歌に幅や深みを持たせ、余韻を与えたわけです。
かつ、自分の教養もさりげなくアピール・・・。



稲葉さんのやってることも、それに似てると思うのです。
ただ、『借りてくるのが他人の歌詞じゃなくて、昔の自分の歌詞』という点が違うけどもね。
つまり、
「Endless Summer」という新しい曲の中に、古い昔の「JAP~」のイメージを重ね合わせさせる、という工夫
   …ではないか?
と考えるのは、考えすぎでしょうか?


稲葉さんが、
「同じようなフレーズになっちゃった、テヘ。」
とだけ考えているとは思えないのよ。
そんな無邪気なオトコじゃないだろう・・・・・歌詞に関しては。
歌詞と歌に関しては、プロ中のプロだからね



そう考えると、
「この2曲のつながりについて」
というテーマについて、強引に考察してみたくなるのが、私という人間の悪癖です・・・・


が、しかしッ
正直言って、「JAP THE RIPPER」の歌詞について考えるって。。。。。
ムズカシイ!



・・・・なぜ難しいか?



そう
そうなんです。
みんなもそうでしょう?

「出しゃいい タマがうずくなら」
というフレーズのインパクトがデカすぎてェ~~~~ッ
そこを聞くたび
ぼひゃんッ
と、脳内が爆発を起こすゆえ、思考が止まるとゆう・・・・・


なのでこの2曲のことに関しては、これ以上突っ込むのは、ちょっと今は難しい!
ゴメン、宿題ということで、後回しにするとして・・・・・。
  (↑失礼ッ



実は。
よくよく考えてみると。
1stの、「有頂天」も。
もしかしたら、「ZERO」と繋がってる・・・・?
とか邪推しちゃうのである。


「臭いシャツ」に比べれば、かなり一般的な表現なので、そこまで気にしなくていいのかもだけど。
「ゼロ」という言葉だけじゃなく。
「ゼロ『になる』」という発想、同じだよね?


「ZEROがいい  ZEROになろう もう一回」
というのと、
「ゼロになるまで 自分を 燃やし尽くしたい」
というのと・・・・・。


「ゼロになる」という視点が全く同じで。
すごく重なってる・・・・・



そう考えていくと・・・・。
なんとなく、稲葉さんが、最近の傾向として、

「過去の歌と、今の歌を、重ね合わせたら、どんな効果が出るかな?」

「過去の歌を背景として連想させることによって、今の歌に深みを与えられるのでは?」

という発想をしてるんじゃないかな~~~
と思うわけです。
で、ちょっと、過去のヒットソングを連想させちゃう歌詞世界を、試してみてるのでは?

そして、稲葉さん自身が、歌を通して、自分の過去とも対話をしてるのではなかろうか?
とも思うわけです。


単なる想像です、ええ、もちろん。
私が稲葉さんの恋人ならば、イチャイチャしながら、本人に聞くんだけどね~~

・・・・・無念よ




というようなことを、エンサマ&有頂天を聴いて、考えておったわけで。

で、その後、
「EPIC DAY」
というアルバムが出た時にも、

そんな曲はあるかな~~~

という気持ちで、10曲を聴いておりました。


そして。
私的には。


もしやッ

これはもしやッ!!??


と思う曲と、巡り合ったのでした


もちろんもちろんもちろんろん。
すべては私の妄想であり、思い込みであり、独断の世界でのお話し。


次記事で、その曲について、熱く語りたいなと思います💛



超ヲタクで。
超マニアックで。
全くの自己満足な。
おバカ記事になると思うケド・・・・・




にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村




言いまつがい。

小3末っ子が、しゃがんでブツブツ独り言言ってました・・・。

どれどれ?
聞き耳を立ててみると・・・・。


「チョップチップス・・・・・

チャップッチョッパス・・・・・

チョッパチョッピス・・・・・・

チュッパチャップス・・・・!!」



やっと言えた!!!!
・・・・母、こっそり一人で、ガッツポーズ!

末っ子は、言えたとたん、満面の笑みを浮かべて、立ち上がり、向こうの方へと走り出しました



こうゆうの、久しぶり。
萌え~~~




ちなみに。
ここ数年、チュッパチャプスは購入したことはないのよ。
この日も、実物は、なし。
末っ子よ、なぜ急に練習を・・・・?(゜_゜)?



にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村















プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
毎日毎日、B'zをBGMに4人の男の子を育てています。
育児は好きですが、家事は苦手。

よろしくお願いします☆

最新記事

最新コメント

カテゴリ

フリーエリア

リンク

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア