We are the DANGAN!!~B'zと震災~

昨日は、
Into Free -Dangan-
を和訳する、ということに、かなり精力を使い果たしてしまいまひた



そもそも、歌詞をネットで調べようとしたら、けっこうな数で、間違った歌詞が出回ってることがわかりまして。。。。


正しいのはどれッ!
と不安になりまして・・・。



これはネット配信の曲だから、CDにもないし・・・。


あ。
確か、ファンクラブ会報に歌詞カード的なものが入ってた気がする!!
そしてそれを、CDボックスに入れた気がする~~~
と思って。
正確な歌詞を探し当てるまでに、まず、1時間以上かかったんよォ~~~
見つけたよォ~~~(泣)


↑裏歴史





さて。


この曲に描かれてる世界観は、どんなものでしょうか。



私の訳が正しいという自信は全くないのですが。
でも。
自分なりに、稲葉さんとシェーンの2012に迫りたくて訳した結果をもとに考えるに・・・・・。




これは、震災ソング・・・。

と言うよりは。

『原発ソング』
なのだな。と・・・・。



だからこそ、英語で、ネットで、配信し。
海外でツアーをした。
それは、コメントでそめたさんがおっしゃってるように、
「海外へ発信すべきメッセージ」
であったからなんだ・・・と。





あの震災を語るとき。
大きなテーマは、「津波」か、「原発」か…ということになるだろう。


他にも、液状化とか、帰宅困難とか、様々な問題が勃発したけれど。
「津波」と「原発」の衝撃度の大きさは、ものすごいものだった。



そしてその「原発」については。
正直な思いを、素直に言える場ばかりではないのが実状だ。



清志郎がいたらなあ~~~。
とか思いながら、悶々としていた人も多かったのでは?
と言うか、私は今も、その悶々は、消えない・・・・。



そして昨日、この曲を訳してみて、少しだけでもB'zの思いに触れることができ。
すごく救われた。
本当に、嬉しかった・・・。




私の、超個人的な読みだとは思うんですが。
この曲、こんなことを言ってるんじゃなかろうか???






原発の事故の後。
空も、自然も、見た目には何も変わらないように見えた。
放射能で汚染されてるなんて、そんなことは実感できはしない。


でも。
危ないから逃げろという。
ちょっと前までは、「ヨウ素」を飲めば大丈夫、原発事故は怖いものではないなんて、言ってたくせに・・・。
誰かの言うことに、翻弄されるだけの僕たち・・・・。


放射能は、見ることも触ることもできないから、正直、僕たちにはどうすればいいかはわからない。
誰の言うことを信じればいいのかも、わからない。
このまま、僕たちは死んでいくの?生きられるの? わからない。
逃げるかとどまるかを選べ? そんなの、わからないよ。





自分の中の本能を目醒めさせろ!
時間はないんだ!
事実を隠されて、目をふさがれたって、音は聞こえるはずだ!!


僕は弾丸だ。
苦しんでる人たちの、その苦しみの源を、撃つ。攻撃する。倒す。
このままじゃ、皆、殺される。


僕たちは弾丸なんだ。
打ち砕こう、一緒に。
人々を苦しめるものを。


人々を、苦しみから解放し、自由の中へと連れ出したい。
僕たちは皆、自由なはずだ。

僕たちは、苦しむ人たちに、自由を与えられるはずだ。
だって僕たちは、弾丸なんだから!!!







という世界だと、私は解釈しました。





苦しむ福島の人々を、一緒に救ってくれと伝えるために、2012、B'zは、アメリカまで行ったのではないでしょうか・・・。





ここで、『ヨウ素』について、ですが・・・・。
ヨウ素には、放射性ヨウ素と、安定的ヨウ素とがあって。

安定的ヨウ素は、甲状腺の内部被ばくを減らすものとして、福島にて、配布されたものです。
本当に
「これを飲めば大丈夫」
なのかどうかは、たぶん誰にも分らないままに。
他に手立てもなく・・・・・。



「ヨウ素」…。
この一言で、原発ソングであることが、私には確信できたのでした。


その線で行くと、
「触ることも見ることもできない」
が、放射能のことを指してるのかな、と、イメージされました。。。。





元の歌の
さまよえる蒼い弾丸
とは、全く別の歌だったのですね。。。。。



そしてこんなにも、切なくて、決意に満ちた歌だったのですね。。。。。





昨日は。
B'zへの愛が、ますます大きくなった記念日となりました。
なんかもう。
ありがとうしか、言えない。






ところで!!
私の溺愛するブロガー、そめた様が、
ブログ「あなたならかまわないと」
の中で、このヘッポコブログを紹介してくださりました~~~
ARIGATOでする~~~~♪

そめたさんも、私以上に、想像以上にイカレテルんですけど。
それでもいいと言いたくなっちゃう、ステキな世界を作り上げています♪





B'zに。
コメント下さる方々に。
読んでくださる方々に。
これから読んでくださるかもしれない方々に。
いっぱい、いっぱい支えてもらって生きてるな~~、と、胸が熱い夜です。


ARIGATO~~~☆



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










スポンサーサイト

B'zの、Into Free -Dangan-を、訳してみたら。

今日は、な~~んと、お仕事がお休みだったですーー。

んで。
何をしてたかと言いますと。。。。。



B'z「Into Free -Dangan-」
を、和訳して遊んでましたーーーー!!

この曲は、「さまよえる蒼い弾丸」の、英語バージョンでして・・・。
「さまよえる蒼い弾丸」
といえば・・・・、そうです!!


私、大好きなこの曲から、ブログタイトルパクッテますんで・・・・。
感謝してもしてもし足りない曲なんですわーーー


んで。
この英語バージョンが世に出たのは2012年のコト。。。。。
ドラゴンズドグマというゲームとのタイアップでしたわね。


あれから2年以上もの間、
『和訳してみたいわ~~
 Into Freeと、蒼い弾丸は、同じ世界観なのかしら~、それとも大きく違うんかしら~~~
と、気になっておりましたッ!!


リビングに散らばるクサい大きな靴は、気になってから収納するまでに、10年もの年月を費やしてしまいましたけどッ!!
Into Freeに関しては、
たったの2年ッ!!
たったの2年で、活動開始ですもの。
私的には、なんとまあ素早い!!



先日、ブログの中に
「蒼い弾丸とInto Freeの違いを、比べてみたいわ~」
的なことを書いたもんだから。
それからもう、ウズウズしてましてん~~~~


今、車を運転するたびに、聴いてもいるんですよーー。
日本語版とは、前奏もアレンジも違ってて、スッゲーカッコいいんですわ。


タイアップにあたって、「ドラゴン」と言う語を入れるなどの要望もあったらしく、
『そのことが曲の内容にどう影響してるんかな~~。』
等と言う興味もありましてん。



事前にちょいと調べてみると。
これはシェーン(ドラマー)との合作のような歌詞であること、震災の影響が大きいことなどがわかった。


すると。。。。。
震災がらみの曲は、Brotherhood、C'mon、Home、そしてこの、Into free-Dangan-
ということになるね。
あと、私的には「Go for it baby-キオクの山脈-」も、震災後のメッセージと捉えてますが・・・。





Into Free -Dangan-
には、大きな思い出があり。。。。


このライブツアーに、私は、当時中2だった次男と2人で参加してる。
2人でファンレターを書き。
2人で車で出かけたこのライブは、一生の思い出だわ


さて。
うんうんと、苦しみながら完成した私なりの和訳・・・・。
検索かければ、色々な方の和訳が載ってるのですけど。
やっぱここは。
自分でやりたいッ!!
「稲葉風」
に、訳したい!!!


そう思って挑んだ英詞ですが・・・・・。



訳してみたら・・・。




スッゲー、強烈な。
ザ・ストレートな、
震災ソング
でしたーーーーーッ!

思った以上に直球ストレート。
強烈過ぎるメッセージ性に、圧倒されました!!



2012に。
こんなにも真摯に、B'z(&シェーン)が、震災に向き合っていたのか・・・・と、改めて、感動しました。



私は。
正直言って、訳しながら、泣きました!!



一番難しくてうまく訳せなかったところが、一番感動したところ。
「僕は弾丸。
 みんなの根本的な重荷(苦しみ)に命中し、そいつをやっつけたいよ。」
という思いでしょうか・・・。
たぶん・・・ですけども。
 (思いっきり間違えてるかもですが




素人なので。
誤訳もいっぱいあるとは思いますけど・・・・・。


「なるべく稲葉さん風味に仕上げる」
と言うことを目標に、頑張りましたわ。


↓↓




自由の中へーダンガン(弾丸)ー


今日 僕は目覚め もう一回外を見たんだ
だけど 空は 僕にとっては 同じ空に見えたんだ

何かが僕に話しかけてくる 
「この世界は変わっってしまったんだ」と
その意味が、分からなかったんだ

誰かが言う 早く出て行けと 
世界の変化は続いていくように見えるから
オマエのものをすべて持て 
そして飛べ あとには何も残すなと

でもその誰かは 以前はこう言った
進んでも とどまっても 大丈夫
必ずヨウ素を飲むようにね、と


風が僕を押してる 
もう一度 雲の中へと

でも 血管の中に、血が流れてるのを 僕は感じるんだ

時間は自由に流れてる 
僕は自由にさせたい気がするんだ
そう、弾丸みたいに

心の中で砂時計をにらみつけながら
僕の心は疾走し 野生に戻る
事実を覆い隠す目のせいで 盲目にされ
僕の心は粉々に割れて 不確実  笑いながらも

僕は 命を、いや、死を 吸い込んでる 
僕たちは 進歩してるの?

今この時 その選択はキミのもので 僕のもの 
実際よくわからないんだ

反射的な、現実的じゃないテストの次は 
僕たちは何をすればいいの わかんない
触ることも 自分の目で見ることもできないんだから

※波は僕を押すよ 
もう一度 流れの中へと
でも 血管の中に血が流れてるのを 僕は感じるんだ

時間は 自由に流れてる 
僕は自由にさせたい気がするんだ
何も、僕のスピードを 緩められはしないよ

僕の中のドラゴン 
そいつを自由にさせてやりたい気がするんだ
僕は 何の音も聞こえないわけじゃないんだ

自由の中へ 飛ぶんだ 
僕は 根源的な重荷に命中してやるさ
僕は「弾丸」だから

※繰り返し
自由の中に飛び込むんだ 
それを自由にさせられると 感じるんだ
僕は 大地には命中しないさ

空は自由の色に塗られてる 
どうして僕たちはわからないのか?
最後に 僕たちは
僕たち自身を殺してしまうというのに

それは「1,2,3」みたいにシンプルなこと 
それは砂の中に書かれてた

僕たちは みんな 弾丸なんだ!!

飛ぶんだ  自由へ・・・・





Into Free -Dangan-






にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村












B'z「ねがい」と、人生と。

人生は、分かれ道の連続だと思う。



昨夜の記事に書いたように。
「マヨネーズにハマるかハマらないか?」
というのも、一つの岐路よね



一日の中で、私たちは、意識して、または無意識に、選択を繰り返している。
(「きょうのできごと」の、あすも様によりますと・・・
「選択」がテーマのドラマが流行ってるとか・・・?
タイムリー☆!!)




そう・・・。
今の私も、まさにそうだ。


せっかくの休み・・・。
ショッピングに行く。
家を掃除する。
ジムに行って体を鍛える・・・。

様々な選択肢がある中で、私は、
「昼寝&ブログを書く」
という道を選んでる



これは小さな選択だろうか?


きっと、違うんだろうな。

「与えられた時間をどう過ごすのか」
は、大きな選択だ。


仕事を決める、結婚相手を決める・・・・、のだけが「重要な選択」なのではないと思う。

むしろ。
日常の小さな(小さく見える)選択こそが、人生を決定づけてゆくのでは?とも思う。



結婚、仕事、出産など大きな決断をする場合、私たちは誰でも慎重になる。
人によって温度差はあるけれども、誰もが、
「本当にこれでいいのか。
後悔はしないか。
自分にこの道はふさわしいのだろうか。」
等、自問自答するからね・・・・。


その結果、多少の不安や恐怖感を抱えながらも、自分の決断を遂行してゆく。




でもね。
日常の小さなこと。

「今日は寝て過ごす? 出かける?」
とか。

「カチンと来たから、ケンカする? それともぐっとこらえる?」
とか。

「疲れたから、外食? それとも今日はがん張って作る?」
とか。。。。。


そうゆうことは、直感で道を選び、大きな自問自答もしないまま、反省も後悔もしないまま、日常は流れてゆく・・・・・。



だけど。
その小さな決断の積み重ねが、結果として、その人の人生の個性を方向づけてゆくんだろうね。



息子らがどのような子に育ってゆくのか。
きっとそれは、私の日常の小さな決断の積み重ねで決まるのかも。

息子の小さな失敗を、
叱るのか、からかうのか、励ますのか、見て見ぬフリするのか・・・・。
等ね。
日常の中の、何気ない瞬間の、何気ない行動・・・。
それはやがて、大きな結果をもたらす。




夫と幸せになれるか・・・。

それもまたきっと、
「今日の弁当に果物を入れるか・入れないか」
「行ってらっしゃいと見送るとき、リビングで見送るか、玄関に出るか、外まで出るか・・・」
「メールへの返信に、『ヤッホー♪』とか書くかどうか。」

そんな、どうでもよさげで、どうでもよくない、一つ一つの、決断の積み重ねなのかな、と思う。



だから。
人生は、

「自分んで選んで歩いてきた迷路」
なんだよね。





たとえ誰かに、
「こっちを選べッ!」
と強制されたとしても。


無視する・闘う・等の選択肢もある。
その命令を受け入れたならば、それは
「命令通りに動く」
という方向を、自分が選択したってことだ。
相手のせいにはできない。



もちろん、犯罪の被害者になったり、事故に遭ったりなど、本当に不運な場合もあると思う。
でもそれ以外のほとんどのことは、自分が自分にもたらした結果だ。



幸せになりたいなら、神に祈るんじゃなく、他人にすがるんじゃなく。
自分に祈れ。


願いを叶えたいならば。
「キミ」にお願いするんじゃなくて、自分にお願いしろ。

そういうことか。



通勤で疲れる毎日。
世間をののしる毎日。
でもそれは、全て、自分が自分にプレゼントした毎日だ。


違う選択もあったのだ。

全てを放り出す、とか。
もっと大変な何かに挑戦するとか。
ののしる代わりに微笑む、とか。
「疲れた」とつぶやく代わりに、「充実してたな」と笑う、とか。。。。

無限に広がっていたのよね、選択肢は。



沢山の選択肢はいつでも目の前にあったのに。
一つの道しか見えずに、疲れながら、愚痴を言いながら、その一つの道を歩いてゆく。
それは、とても愚かなことだろう。



そう・・・。
いつでも目の前には、無数の岐路があったんだ。
これからもある。



それに気づかずに、イヤな道をとぼとぼ歩くのは、それは、自分の視野が狭かったから。
他の道に気づかないほどバカだったから。
引き返す勇気がなかったから。
走り抜ける強さがなかったから・・・。




全部全部、自分のせいだ。


だから。


もしもこれから幸せになりたいのなら、神でも他人でもない。
自分に祈れ。
自分に願え。
自分にすがれ。






・・・・・ということを、私に教えてくれた名曲。
「ねがい」


この歌が身に染みた日から。
「他人のせいにはしない」
というのが、私の人生の目標になった。


それは、なかなか難しいッ!
なかなかたどり着けない境地・・・・

でも、この歌のおかげで、人生の基本がわかった。。。気がする。



大袈裟に言えば・・・・。
この歌が胸にビンビン来た日、生きる目標が定まった。
そのことによって、夫と仲良くもなれたと思う



もしも。
B'zの曲が、この曲一曲だけだったとしても。

私はB'zを、一生愛せるよ



ねがい→





ねがい


最終電車に揺られて 
つかまった手すりがベトつく
短い夢の中でも 
思い切りオマエは冷たいね

「いつのまにか」じゃない
自分で選んで歩いてきたこの迷路

願いよかなえ いつの日か
そうなるように生きてゆけ
僕は僕に 君は君に
拝み倒して 泣けばいい



もう笑えないテレビなら捨てて 
家出の準備などしてみよう
世間をののしりゃご老人 
おおオマエの胸で窒息したい

誰のためでもない 
流れ落ちそうなこの熱い涙は

願いよかなえ いつの日か
そうなるように生きてゆけ

僕は僕に 君は君に
拝み倒して 泣けばいい

どこでも行ける
きっと行ける
赤から黄色
白から黒へ

願いよかなえ いつの日か
そうなるように 生きてゆけ
僕は僕に 君は君に
拝み倒して 笑えりゃいい

WOWTEAH かなへたまへ
このねがひ かなえろよ
このねがひ かなえてよ・・・




にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村




マヨ嫌い息子・マヨラー息子。

我が家の長男と次男と夫は、マヨネーズが、大苦手なオトコどもなんす。


私?
そらあもう、大好きよん



でもね。
最近まで、
「マヨネーズを買う」
という行動は、全くとらなかったわ、ワタシ。

夫も息子も苦手なものに、お金を払う気にはなれなかったのねーーーー。



ところがッ!!


最近気づいたんですが!!
三男と末っ子が、
「マヨネーズ💛LOVE」
な息子らであることが判明!!!


ほら。
我が家の食卓から追放されてた調味料だったから・・・。
三男&末っ子が、マヨネーズをどう思ってるのかに気づくチャンスが、なかなかなかったものだから。



三男&末っ子がマヨラーだと知って。。。。
我が家も、マヨネーズを買うことが増えました。



そしたらばッ!!!


私のマヨラー精神に火がついてしまい。
もうね。
今日もマヨネーズ。
明日もマヨネーズ。
野菜にマヨネーズ。
卵にマヨネーズ・・・・・・。



うぎゃ


デブるじゃん、ますます・・・・



もしも。
もしも、ですよ?


もしも私が、2人子供を産んだ時点で出産をやめ、上2人だけを育てていたならば・・・・・。
今も我が家には、マヨネーズは登場しなかっただろうよね。
そのような食品があること自体、忘れて生きてたことでしょう。

そうしたら、私もマヨネーズを食することもなく、デブ街道へは進むこともない。
私はすっきりスリムな女性として街を闊歩してたかも。



ああ。
その後2人も。
マヨ好きな子を産んでしまったばかりに。。。。

私まで、マヨ漬けの日々を送ることにッ





そう考えるとですね。


3人目を産むかどうかが、私の人生にとって大きな岐路であった!!

ということが導き出されるであろう。




2人で出産やめてたら、スリムな私に。
3人目、4人目を産んだことにより、マヨに目覚め、おデブ街道へ・・・・・。



人生って。
あとからわかるよね。


「あの時の決断が、大きな岐路だったのねッ!!」
ということに。。。。



ああ。
考えてみればいっぱいあるわ。



例えば・・・・。

子供は一人でストップし、私は仕事を辞めない生き方もあったわ。。。。
そしたら今頃、裕福だったことでしょうね。
あの辺が、貧乏と裕福の岐路だったわ。




そうそう。

もしも3人でストップして、4人目産まなかったら・・・・。
私は、息子の不始末であちこち謝り歩く生活は、経験しなかったわーーー。
上3人は、そこまでの悪さはしなかったから。。。。


3人でやめずに、4人目を産む決心をしたこと。
その時、「悪ガキの母」という生き方を、知らず知らず選んでいたのねー、私。。。。。




1人目出産後、貧乏・裕福分かれ道で、貧乏選び。

2人目出産後、デブ・スリム分かれ道で、デブ選び。

3人目出産で後、「悪ガキすなわち加害者の母」・「悪ガキにやられちゃう被害者の子の母」分かれ道で、加害者母道選び・・・・・。



そうやって、人生の節目節目の分かれ道で、知らず知らずに多くの選択をしてきたのね、私・・・・。
無意識であっても、全ての選択が、今の私を形作ってる。





さっき、ブロッコリーに、ブロッコリーと同じくらいの量の(いや、それ以上か?)マヨネーズをかけて食べながら、そんな風に、人生を振り返ってみました。

しみじみ~~~




あ。
「デブの原因は、マヨネーズだけではないのでは?」
「マヨネーズにハマる前から、おデブだったじゃない。」
という、イヂワルな心の声は、聴こえなかったことにしますね♪






にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

もしも3分後に死ぬとしたら?

もしも、あと3分で、命が終わるとしたら、あなたは何をしますか・・・・・?








お世話になった方へ、ありがとうのメール?
愛する人とともに、静かに過ごす?
我が子の頭をなでて、強く生きろと言うでしょうか・・・・・。



私ね、冷静に考えてみたら。
ありがとう伝えるのは、まあ、いいや、と。。。。
3時間あれば、伝えるけれども。
3分じゃね・・・・
どうせ全員には伝えられないものね。


今ならこう答えようかな。
「B'zの、『ROOTS』を、静かに聴きながら、死にたいな。」
と・・・・・・。






実はね。
昨日、小2末っ子・小5三男・私、の3人でのんびり過ごしてた時。
小2末っ子に聞かれたんよーー。

「あと3分で死ぬとわかったら、何する?」
ってね。

その時私は、こう答えたよ。

「何しよう! 何しよう! 
 って慌ててるだけで、3分終わっちゃいそうだなーー。」
ってね。




三男は、
「好きなもん、食いまくる!」
と言ってたわ。

「どうせ死ぬなら、盗んででも食う。」
ってね。



末っ子は、
「ボクは、強盗!」
と言ってたわーーー。
盗んだもの、どうする暇もないじゃないねぇ
オホホ。
末っ子ったら、コドモねえ~。
な~~~んて思ってたらば。



その後急に。
末っ子が、私をまっすぐな目で見て。
ハッキリとした口調で、こう言いました。
弁論大会の、弁士のように。


「ボクがもし大人だったら。
その3分で、自分の子が欲しがってるモノを、ネットで注文してから死ぬ。」




末っ子の目は、間違いなく私に言ってたわ。
「そういうことが言えなかったキミって、親、失格じゃん??」
と。
なんも、答えられなかったよーーー





ヒイイイ
なんかもう、この頃、末っ子といると、敗北感いっぱいな自分がいますーーー



それが言いたかったのかよッ
自己中なヤツめー


た・・・確かにそれなら、3分あればできるしな



なんか・・・。
くやしーーーーー



にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

DVDをレンタルしたよん。

小学生低学年を育ててる親として。
失格だったわ、私。
無知すぎたわ、私。
反省よッ!
今、わしは、モーーーレツに反省しとるぅッ!




妖怪ウォッチって。
めちゃめちゃ面白いんですねーーーーー!!


いやあ。
気づかんかったわ。


うちの息子はTVアニメを見てないし。。。
「妖怪ウォッチ」イコール「入手困難な人気玩具」
という認識しかなかったわ。私。



それがね。
たまたま小2末っ子が、GEOで、DVDを借りて来たんですわ。
そして一緒に見たらば、
ナニコレーーッ
メチャメチャ面白いじゃーーーん


ハマる♪




私はね、「敵」と「正義」に分かれて戦うようなアニメは、好きじゃないんですわ。
どんなに優れたアニメで、息子らがハマってたとしても。
「敵」と「正義」にこの世を分けて、敵を倒してハイめでたし。みたいなストーリーは、私的には、感動はしづらい。



ところがね。
息子らは違うよね。
敵と味方がはっきりしていて、闘うストーリーが大好き!


アニメだけじゃなくて。
日常生活内でも、勝ち負けで物事を考えるのが好きだし。
「勝つ」
ということに賭ける思いは、オンナである私には、理解不能なほどだわ。
本当に、男は、本能部分で、「戦い」が、好きなのね~~



私的にはね。
それよりは、クレヨンしんちゃんのような、ナンセンス下ネタ系の方が、何倍も素敵だと思う。



世の中は、そんなに簡単に「敵」「味方」にわかれてるわけじゃないし。
たとえ「敵」を倒したとしても、何一つ、問題は解決しないのだから。
いや。むしろ。
倒したことにより、問題はますます大きくなり、新たな問題も生まれるのが普通だ。



「敵さえ倒せば、一件落着」
みたいな安易な考えのせいで、この世から戦争がなくならないのでは
とさえ思っている。




でもね。
笑いは、人を救う。
闘うことより、笑うことの方が、ずっとずっと、多くの果実をもたらすと思う。


シモネタだって、いいじゃない。
お下劣だっていいじゃない。
オヤジギャグも、ステキでしょう。


人を嘲る笑いは最低だけれども。
それ以外の笑はすべて、世界を救うと、私は思うのよーーー。


そんなことを思ってる私にとって。。。。。
素敵な出会いが、今ここに。


妖怪ウォッチ・・・・・。
めっちゃ笑えるッ!
すっごい愉快だわ~~~。


こんなアニメが流行るって。
小学生、ナイスだぜ
って、思ったわーーーー。



ちなみに。

小5三男は、アニメ『スラムダンク』を借りましたわ。

・・・・・桜木の声に対する違和感、ハンパねえ

と、私は思ったけど、三男は気にしてない様子。




高1次男は、「あ~~~、やっと見れるッ!」と言って、アナ雪を借りましてん。




高3長男?
誘ったけど、ついてこなかったわ。。。。




我が家の近くのGEOが、キレイにリフォームしたから、ちょっと久しぶりに行ってみて。
楽しかったんだけど。
CDレンタル、やめちゃったのねーー。
どこのGEOも、そう?
CDレンタル、やめないでほしかったよーーーー



ちょっぴり切ない 秋の夜。


にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

母、言い訳ザンマイの、学期末。

なんだかこの頃。
「時間がないなー。ナゼかしらーー。」
と思ってたんです。


ブログもですね。
毎日書いてる方が、筆が進むのですッ!!
『何日間か書かないでいると、「書きたいネタ」もいっぱいたまって、サクサク書けるか?』
というと、それが全然違うんですわーー。


毎日書く。
すると、書きたいことが次々出てくる。


しばらく書かない。
すると、
「ま、特に書くほどのこともないし。」
っていう気分に飲み込まれ、ますます書くことが見つからない・・・。


とゆうことに気が付いたのだわーーー。
ま、「私の場合」ですけども。



だからこそ。
どれだけクダラン内容でもいいから、とにかく、毎日書こうよ。
それが無理なら、2日以上空けないようにしようよ。

って、自分に言い聞かせてるんだけどもーーーーーッ




ナゼッ??



と、自問自答してみました。



そして。。。。
ひとつの答えにたどり着いたのです。。。。。




私。
息子のバスケットに、ハマり始めてるんでないの!?

土曜も日曜も、早朝から夕方まで、毎週毎週体育館にいて、

「息子・MY LOVE」

みたいな応援母になっちゃってんのよ


そんで帰宅後、焦りながら、非常に貧しい夕飯を食べさせ。
息子(チビ2人)が風呂から上がって、9:00頃に次々就寝体勢に入ると・・・・・


気づくと私も、行き倒れてるんですわ。
今日はソファ、昨日は床。
という風に。



夜中にハッと目が覚め、シャワーを浴び、翌日のご飯をセットし、再び布団になだれ込む。。。。。



家の中はグチャグチャ
夕飯はテキトー
洗濯物を畳んだのは、あれは、いつのことだったかしら。。。。え~~~と。


そんなシッチャカメッチャかな毎日を、なんとか生き延びてる有様ですの。



その上!!
おB'z情報が溢れかえり。

ラジオを聴いたり。
対談動画を見たり(3回見たッ!!)
週刊誌を立ち読みしたり(買わなかった)
工藤静香に嫉妬したりと。。。。。

そりゃあもう、多忙でしたわ。



その上なんとまあ。


「聴きたい曲」
まで選ばなきゃならなくなっちゃって。






そんなこんなで。
忙しかったんですよね、私。


言い訳じゃないですよ
説明です説明。
言い訳じゃないのよ。これ。(←言い訳なのよ、つまり。)



こんな毎日だったから。


忘れてたんですッ!!
コロッと!!




何をって???




え~~~~~ん(号泣)
ごめんなさ~~~~い(号泣)



私の地域は、小学校が2学期制で。
先週の金曜日が、終業式だったのよねーーーーッ!!
金曜日に、今思えば確かに、色々沢山荷物を持ち帰っていたわ。


なのに私ったら。
昨日まで。




「通信簿を見る」




とゆう、親としての重要な役目を、コロッと忘れてましたーーーーッ!!


通信簿を、3日も4日もランドセル内で熟成させる親なんて。
きっと、日本中で、私だけだ。
あああ~~



懺悔。
息子よ、ゴメン。
本当にゴメン。


どんな成績であれ。
私にキミたちを責める資格など、ないのだわ





ちなみに通信簿。。。。


5年三男は・・・・
「うん♡、よく頑張ったね!」
な内容。
こんな母のもと、けなげに頑張るオトコよのぅ


まあ、もちろん、苦手な勉強もあるけどもね。
全体的には、ミスなくソツなくこなしてるよね、学校生活。




2年末っ子は・・・・  OH!!

「身の回りの整理整頓が上手くいかない場面も見られるので」

「授業中集中力が続かない場面が見られるので」

等のご指摘受けましたわーーーーーッ!




センセ~イ!


これ、私のことですか?!?




にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村






B'zライブで聴きたい曲ランキングと、ゆるぎ


※会報ネタバレございます~~~













今日は、B'zファンクラブ会報が届き・・・・。
ライブ開催予定のお知らせが届いたわ♡

日本中のファンが、喜びの雄叫びをあげていたわ。
ええ。
あげていましたとも。
聴こえたもの。
「うをををを~~ッ」
と言う地鳴りが。

空耳?
いいえ、まさか。


少なくとも、私は雄叫びったわ。
うををを~~~~ッ
と叫んで、こぶしを空に、というか天井に向かって振り上げたことを、ここにご報告いたします。
しかも、5回ほど💛



でもね。実はね。
気持ちのとっても小さい私はね。
喜びよりも、心配の方が、いつでも大きいわ


「日本中のみんながチケット取れても、私だけ外れるに違いない。」
そんな予感におびえて、ねちねち悲しむ。
とゆうタイプ。トホ






ところで。
話は変わって・・・・。



「いつかライブで聴きたい曲」
を応募できるという企画が今、ファンクラブでは開催されてる。


明言はしていないけれど。
今度のライブのセットリストに大きく影響するんじゃないかしらん♪


そうそう
会報中のインタビューでも。
松本さんが、インタビュアーに、
「ultra soulとか、イチブトゼンブだとかって、やった方がいいのかね。」
と意見を求めてる、というとってもキュートな場面があったわ。
きゃわゆい


とにかく。
今回のライブにはきっと、
『「自分たちが歌いたい歌」
だけじゃなくて、
「観客が聴きたい歌」
を歌いたい』
という意識が強いのかな~~、という気がするのだわ。
なんて素敵なおB'z様なのでしょう

ファンクラブ会員は応募できるらしい。



うっはーーーーー♡


何にしよう・・・・


と、考えて考えて。
今のところ2曲に絞りましたわ~~♡

「1番好きな曲」
が、30~50曲くらいあるのです、ワタシ。

んだから、そう簡単には選べないんだけど・・・・・。



とにかく、「生きる」ということの、真実を見せてくれる曲で。
聴くたび「救われる」名曲・・・。



「ゆるぎないものひとつ」
と、
「PRAY」

の、2曲まで、絞ってきましたーーーー☆



だったらあげちゃえよ、とか、ロンリースターズとか、白い火花とか・・・・。
どうしても君を失いたくないとか、Fireballとか、もうかりまっかとか。
睡蓮とか、儚いダイヤモンドとか、Do meとか・・・・・・。


聴きたい曲は、山ほどあるけれど。
泣く泣く絞って、今のところこの2曲。


いや。
絞ろう。
今絞ろう。

「ゆるぎ」だな、うん
私の聴きたい曲Bestは、たった今、「ゆるぎ」に決定したわ♡




「ゆるぎないものひとつ」
はね。
本当に本当に救ってくれる、私の救世主ソングです。




逃げたり隠れたりしなくていい。
他人に理解されなくてもいい。
自分のなかの「ゆるぎないもの」を、大切に生きろ。

そんなことを、すごく優しく教えてくれる。



私は、生きてる中で迷う時。
特に、夫との関係、息子との関係で、迷う時。
指針とする一つのコトバは。


「まっすぐ優しく生きてゆきましょう」


という言葉なんだよね。
人生は、この一言に尽きる、と私は思うんだよね。


まっすぐ。
     優しく。



とても簡単な言葉だけど、すごーく難しい。



大人になると、まっすぐって、難しい。
見栄やプライド。

それだけじゃない。
気を遣ったり、遠慮したり、卑屈になったり。
いろんな思いが渦巻いて、
「世の中、そう簡単じゃないのよ。」
みたいな逃げ道に、逃げ込む。


でも、違う。


世の中はもっともっともっと、簡単なんだ。
きっと。
単純なはずだ。
ただ、優しい道を、まっすぐ進めばいいんだよね。それだけ。


ノーベル平和賞をもらった、17歳の少女マララさんのように。
言い訳や、逃げ道や、大人の都合に逃げ込まず。
正しいことに、まっすぐに取り組む。


それだけでいいんだよね。人生って。

でも。
そう生きてると、笑われたり、イジメられたり、傷ついたりする。
必ず。
それがイヤで、私なんかすぐに、言い訳作って、逃げ道作る。



あ~~~~あ
「まっすぐ優しく」
生きたいよな~~、と、いつも夢見てるわ。


周りの人にどう思われるかとか。
バカだと笑われそうとか。
友達無くすかもとか。
付き合いにくい人と思われそうとか。


そんなの、どうでもいいじゃん!!
関係ないじゃん!!

そう思う。
そんな勇気をくれる。


絶望したって、それでもいいじゃん!!
絶望したら、その絶望の、真ん中を、見つめればいい。
目をそらさないで。
適当に笑ってごまかさないで。
まっすぐに、澄んだ目で、そんな日は、ただまっすぐ絶望していればいいのだと思う。


そこからまたきっと、何かが始まるのだと思う。

そんな強さを持ちたい、私も。


「ゆるぎないもの」。
それを守り抜くのは、簡単ではないのだけれど。
私にもできるはずだと、そっと、お2人が肩を抱いてくれるような。
そんな素敵な勇気をくれる歌。


ゆるぎないものひとつ



にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村











プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは中学生一人、小学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア