FC2ブログ

息子は、今年初の水遊び。

こんにちは
お天気のいい、GWですね~~



我が家では。。。
部活動や、スポ小活動で、長男・次男・三男は、非常に多忙な休日を過ごしてる。





さてさて。
せっかくの休日、私はゴロゴロしたいところだけど・・・。
小2末っ子が。
ねえ
一日中テレビばっか見てるってゆうのもねえ


2人で出かけるのも、つまんなそうなので。(間が持たない)
近所の子を誘ったら、一緒に行ってくれるってゆうので。

おでかけしてきました


動物園に行ったらば、満車
100台以上、駐車場待ちしてる~~~



予定変更。
広い公園へッ!!

GO!



結局、末っ子、今年初の水遊びとなりましたわ~~~


公園2


公園1


お友達に一緒に来てもらって、大正解!!


楽しそうだったわぁ~、末っ子。
なんてかわいいのかしら~~。(←親バカ)
赤い帽子が、ちょこちょこ動いてるうぅ~~。
なんてかわいいのか~~し~~~ら~~~~~


などと。
2人が遊んでるのを眺めながら・・・。

レジャーシートの上で横になり、息子のリュックを枕に。

徐々に意識は遠のいて。。。


爆睡ッ!!
しちゃいまひた



末っ子もすっかり大きくなったけど。

私もすっかりオヤジ化したものよのぅ~~~



長男がちっちゃぃ頃とか。
家族でレジャーに行くと、横になった夫がグースカ寝ちゃって。

「もうッ
 なんで寝ちゃうのッ!?
 他のおうちのパパは、みんなあんなに遊んであげてるのに

と、イラついて、悲しんでいた、あれは、若かったのかのぅ~~。
マボロシかのぅ~~。


今じゃ。
レジャーに夫は不必要だし。
 (もちろん、一緒に来ても可よ
    オバチャンが、まとめて面倒見てあげるわ


私自身、
『どこでも爆睡OKよん♪』
な、立派なオヤジヘと、進化。
今なら、駅のホームのベンチでも、いけそう♪♪・・・いや、まだムリか???





「他のうちのママは、もっと、ちゃんとしてるのに~~。」
とか、息子の心は傷ついてるかもわからんが…


時は、流れ流れるものよのぅ~~~~。
しみじみ。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



疲労度マックスな日の、B'z song

先日。
疲労困憊する中で。

「ああ。
 こんな日に聴きたい、B'zソング、ナンバーワンは、何かしらぁぁ~~。
 あああ~~
 一曲に絞るなんて、ムリなのにいい~~

と、思いながら、撃沈したものであった。


その翌日。
とりあえず、「今聴きたいッ」と思う曲で、CDを作成したよ。
何も考えずに、
「うん。聴きたいかも。」
と思うものを適当に。。。



んで。
そのCDを通勤の車で聴くわけっす。

大音量にして、通勤時に聴くB'zが、私にとっては最高ッ!!
メチャメチャ景色がいいんですよ♡

遠くに、まだ雪を残してる美しき峰々。the秀峰!
そして、湖や川。the清水!
花々。
そんな中を、まっすぐ伸びる空いた道。

そして、今から仕事だという緊張感と充実感。。。


そんな中で聴く稲葉ボイス&松本サウンドは、人生の快楽さ~~


って・・・。

この時点で既に、疲れが取れてませんか?
疲れがとれちゃったら、
『疲労度マックスで聴きたいナンバーワン』
を決める感性が、失われるのでは・・・?

まあ、いいや。
しょうがないよな。


しかし。
私の疲労度を、強く物語る物的証拠がコレ。

この、作成CDの、曲名の字ッ!!
ひどッ!


おB'z様に、失礼ではないかッ

無礼者め。


叱ってやって下さい。
解読できます?
 
全・19曲、入ってますの…オホホ。



cd


1、ゆるぎないものひとつ
   ・・・これは名曲!と、何とあの、稲葉様もおっしゃっております。
     カラスの存在感、ハンパない。

2、Do me
   ・・・迷える子羊チャ~~~ン♪
     って
     バカにしてんの
 、と思った時点で、元気回復。(妄想痴話げんか)

3、FIREBALL
   ・・・アレちょん切られても頑張る稲葉さん。私も頑張るッ!

4、Time Flies
   ・・・綴り、「L」か「R」かで、迷ったの、分かります?
     勉強し直さねばなるまいね。

5、love me I love you   
    ・・・以前、「元気ソング」で、ナンバーワンに輝いたわ。
     私はもっと愛を出せるはずだあ~~。と、思う。

6、Go for it baby~キオクの山脈
    ・・・カッコイイねぇ~、これは。
     「放っておけ。」というメッセージが、最高に勇気づけられるわ。

7、信じるくらいいいだろう
   ・・・壊れられる。泣かせて。

8、Don’ wanna lie
   ・・・前奏からして、背筋が伸びるッ!

9、純情アクション
   ・・・純情って。。。純情って。。。純情ってえええ

10、さまよえる蒼い弾丸
   ・・・「そんなのアリですか?」この一言だけで、生きられる。
     ホント、そんなのアリですか~~~ッ!?、と、壊れてる日は、思ってる。

11、LOVE IS DEAD
    ・・・「身内も離れてゆく」って。。。衝撃的表現だわ。
     壊れたい日に、壊してくれる。

12、ねがい
    ・・・「ねがき」って書いてあるうぅ

13、だったらあげちゃえよ
    ・・・通帳見てニヤケんなッ!通帳見てニヤケんなぁ~~ッ!
      まったくもう、コウシちゃんたら

14、X
    ・・・退屈を避けるために、ケンカとキスを編み出したんか・・・人は。。。
      深い。深すぎて、溺れそうだ。。

15、イカロス
    ・・・カーテンの隙間・・・カーテンの隙間かぁ~~。

16、どうしても君を失いたくない
    ・・・Friendsなら、メリクリよりも、これだよねぇ、と、個人的には思う。
      号泣しても、いいですか。。。

17、May
    ・・・この堂々巡りな感じが、疲れた心に、しっくり来る。かなり。

18、銀の翼で翔べ
    ・・・箸で人を指すような、説教野郎。いるいる。やだやだ。

19、HOMETOWN BOYS MARCH 
   ・・・なんかこれ、壊れかけた日に聴くと、一緒に歌ってステキな気持ちになれる♡


19曲、解読できた方、います?
ホンット、どうでもよさげな字でしたね。。。

直感選びの、厳選19曲。。。



そんでですね。


このCDを、『絶景かな』、な通勤路で、繰り返し繰り返し大音量で聴いたワケですね、はい。



どの曲に
  一番、気持ちが入りこめるか!!??


で、ナンバーワンを決めようという、自己企画。。。。




予想:FIREBALL


    ↓


結果:LOVE IS DEAD


でごじゃいましたわ~~。
自分でも、意外でしたッ!

仕事で疲れた日に、失恋ソングだなんて。。。

でもね。きっと。
壊れた日には、ますます壊れたいのね、人って。(私だけ?)



前奏、及び、最初の狂気な笑い声で、もう、イッチャイましたよぉぉぉ~~~ッ!


疲れても、B'z。
壊れた日も、B'z。


近々、LOVE IS DEAD と、FIREBALL の、歌詞について、記事をまとめてみたいです



次は、幸せいっぱいな日に、「幸せな日の一曲」を、選んでみたいなあ~~

にほんブログ村 音楽ブログ グループミュージシャン応援へ
にほんブログ村

10年前の日記を発見したわ。

珍し~~~く、お片づけをしていたらば。
過去に、ほんの2か月ほど付けていた育児の日記を、発見ッ!
うわあ。。。



こうしてブログを書くようになって、良かったなあ~~、としみじみ思うわね。
だって。
自分一人で日記を書くって、私にとっては、無理だったわ。。。



「10年日記」と書かれた、むやみに立派な日記帳に、たった2カ月ぶんだけ残されてる日記。。。

な。
なんて、持続力のない人間なの、私。。。

と、思い知っちゃうわ。
情けなや~~


と、思いながら、その、短~~~い記録に目を通してみたわ。

それは、今は高3になってる長男の、小1の冬だったわぁ~。
次男幼稚園、三男赤ちゃん、末っ子はまだ存在の予想すらない頃。。。


1月7日

夜9:30頃、泣きながら長男ちゃんが起きて来た。
私が髪を乾かしていると、しがみついてくる。
明日からの学校に緊張して、眠れないのだ。
まだまだ慣れない、ドキドキの1年生。



1月8日
長男ちゃんが、小学校を、心から楽しく思える日は、来るのかな。





ひょおおお~~ッ!

ぜんっぜん、覚えてないッ!!
そんな夜が、あったんかぁ~~。


お母さんッ!
お宅の息子さんが小学校を楽しいと思う日は、来ませんでしたよぉぉ~~~。結局。
いいえッ!
中学校も、つまらなそうでしたよぉぉ~~~ッ!

あなたのご長男が、初めて笑顔を炸裂させるのは、10年後の、高校生活のことでありますぞ。
まだまだですな。


ちなみに、この数日後、「長男、××君に、いじめられ、泣きながら帰宅。」とゆう記述もあった。
なに? ××、許さねえ。やってやる




1月9日

キャッツを見に行った。
実家に子供を預けて1人バスに乗リ、町に向かう時、過ぎて来た昔を強く思いだした。
それは懐かしいとかいうものじゃなく、思い出したくないような、辛いような、寂しいような、悲しい思いだった。
生きるのって、やっぱり孤独なのかな。



暗いッ!
暗いですぞ、お母さんッ!!

実家に子供を預けて、劇団四季のキャッツ観劇。(それは、さすがに覚えてる。)
優雅な御身分じゃないですかッ!


その実家は、数年後、両親ともに病に倒れ、もはや、子供を預けるなど不可能な場所になるんですのよぉぉ~~、奥さ~~~んッ!
もっと、楽しむべきだわぁ~~ッ!


優雅なコトしてるわりに、暗かったわ。

だいたい、キャッツのチケットって、あれは自分で買ったんだったかしら。。。
それとも誰かにもらったんだったかしら。。。
覚えてないけど、優雅な一日をお過ごしな30代マダムじゃないの


ま。
この暗さは、100%、夫関係だわね。ぜったいに。
20代も30代も。
夫にフラれたり、裏切られたり、関係が悪化したりの、繰り返しだったわぁ~~ッ!!

ムッキイイ~~
とは思うものの。
そうゆうのも、結局はお互い様なんだよね、きっと。

私も夫に冷たかったし、暗かったし、頑なだった。
いつも自分が正しいと思って、夫をいたわらなかったし。
常に夫を批判して責めてた気がする。。。
だからかな。
自分のやったことが、自分に返って来てただけ。

と、10年かけて分かってきたよ。


10年前の自分に告ぐ。
孤独上等ッ!!めげんな、それっぽっち
ってゆうか、3人も子供がいて、孤独とか、ゆうな。中2か~~





2月23日

三男ちゃん、寝返りマスター!!
段差を利用したりせず、自力で。
夜、次男ちゃんが、アバレンジャーのおもちゃで、つって、完成させました。



ほほ~~~ぅ。

「段差を利用しないで、自力で」
寝がえりすることが、そんなに大事なことなんかねえ~~。
分からんねぇ~~。
そうなの? そういうもん?

そもそも、何の段差?布団か?


4人も育てたのに。
そうゆう感覚、覚えてないわあ~~。

10年後、三男ちゃんは、レイアップシュートをマスターしましたよ、お母さんッ
段差を利用しないでやってますわ。

それにしても。
アバレンジャー。。。
さすがに懐かしい
弟の寝返りに、協力してくれたンねぇ、次男がねえ。
覚えてないな。
ありがとねぇ。かわいかったじゃないのぉ~~、あんた~~。



そんなこんなで。
そこにいたのは、見知らぬ私。
忘れてた思い出。
ハズカシイ日々。。。



いやああ~~。
このブログも、数年後読み返すこともあるのかな。。。
今は日々、更新することで精一杯で、読みなおすこともないけれど。。

もう忘れちゃってる出来事も、あるだろうなあ~~。



10年後の私から見れば、今の私も、アオくてアオくて、情けない私なんだろうかねえ~~。

いやはや。
恥ずかしくて、懐かしくて、いとしいものですねえ~~。文章って

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村








疲労ヨロヨロ母と、リア充息子の春。

ルンルンランララ~~♪

今日は~~♪、お休みのなのぉ~~♪
ウハラヒラロリイ~~♪


と、ヘンなテンションに浮かれてる。



・・・はい
そうなんです

メチャメチャ、疲れてました

疲れると、テンション下がって下がって、下がり過ぎるとバウンドして、今度はヘンにテンションって、跳ね上がりますよね・・・。
ナゼかしら。。。


新しい仕事の忙しさと、予想を上回るプレッシャーと、予想をはるかに上回る、
おお!オノレの無能さよ!!(←演劇風に。)

もう。
キリキリ舞いよ、キリキリ舞いよ、魔球は魔球はハリケエ~~ン♪(←昭和歌謡風に。)

って感じです。
壊れっちゃったわ。


このタイミングでの平日の休みは、天の恵み。
休日の喜びを高めるために、平日の苦しみは、あるのかしらねぇ~~。


生徒は、かわいいんですがねぇ~~
自分が、かわいくないんですねぇ~~





さて。
そんな母の、新学期のドヨヨンとは対照的に。

リア充
ってゆうの?ああゆうの。
羨ましいわあ~~。

我が家の、ぼやぼや高1次男ちゃんなんですわ。


受験時代の受難の様子。こちら。

受験後の恐怖のヒマ人の様子。こちら。

等を、今まで取材してまいりました。



なんと、あの彼が。

高校生活満喫ッ!! (漫喫ではないぞ。)


強いといわれる吹奏楽部に入部したらば。

朝練・昼休み練・放課後練。
弁当食べる時間がない~~~ッ!
  弁当は無理~~ッ!
    おにぎりのみ、プリ~~ず!!

と、嬉しい悲鳴を上げてくれまして。

大きめのお握り4個、プラスお菓子少々を持たせる形となりましたわ。


あんなにヒマだったあの子が・・・
こんなに多忙になるなんて・・・


しかも。
山のような課題に追われ。
勉強しながら気付くと寝てた・・・という夜も度々。


中学時代、大嫌いだった社会科も、
「なんか。
 世界史って、楽しいわ~~。」

と、ここでも、まさかのリア充発言・・・


そして、入学式翌日に行われた課題テストの順位も、予想をはるかに上回る順位で。
「もしや、オレって、やればできるオトコ?」
みたいな手応えを掴んでるっぽいわ。


吹奏楽部内での楽器の担当も。
中学から引き続きクラリネットをやれることに決まり。
無邪気に喜んでたっけなあ~~。

土曜も、日曜も、部活部活部活部活。

連休明けには、演奏会にも出れるらしいわ。



受験生時代。
模擬テストの結果がいつも悪くてうなだれてた次男

受験後の春休み。
何の予定もなく、毎日毎日、一日中パジャマでボヘラリ~~ンと過ごして、私をイラつかせていた次男


ああ。
あの次男ちゃんは、もう、永遠に戻って来ないのかしら~~~(涙)

   ・・・戻られても、かなりヤダけど




そんな感じで。
しなびたヨボヨボ疲労母と、イキイキ青春(恋は無し)高校生。

春休み中は、逆だったのにいい~~~!!
キィィ~~


世代交代の、時期かのゥ。。。。





ところで。
疲労感マックスの時に聴きたくなるB'zソング。

ウフフ~~
今から吟味してみるわぁぁ~~

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

昭和の奥様。

なんか。

すごいもの見ちゃいましたッ!


昨日、一人で運転中。
ふと眼に入った風景に、心を奪われちゃったのぉぉ~~。


運転中ゆえ。
写真撮るわけにも行かず。

帰宅後、ヘタクソながら、スケッチしてみましたので、公開いたしますねぇ。




スケッチ1


そおなんですよぉぉ~~ッ!


バス停で。
お婆さんが。

メッチャきちんとした正座をして、ほんのりと微笑みを浮かべた上品なたたずまいで、バスを待っていたんですぅぅ~~~ッ!! 
何も敷かずに。
コンクリートに直接・・・


かわいい~~~♡



気持ちは分かる。うん。
バスを立って待つのは、辛い。
かと言って、ヤンキー座りをするわけにもいかないし。
かと言って、腰掛ける場所も見当たらなかったのね?


私としては。
その、上品なたたずまいに圧倒されてしまいましてね・・・。


半径2メートルを、またたく間に
「客間(和室)」
に変えてしまう、スゴイ能力ッ

私の目には、床の間に飾られた生け花が、見えた気がしました。



その時、私の脳裏に浮かんだのは、

「昭和の奥様」
という言葉。


昭和の奥様には、かなわねえなあ~~。ホントに。


あ。
これ、昭和生まれって意味じゃないです
奥様としてのキャリアが、高度成長期と重なってる世代と言いますか・・・。


私は昭和生まれだけども。
主婦歴は、バリバリの平成。
コンビニとか、レンジとか、全自動洗濯機とかの世代ね☆



私らの上の世代(70代くらい?)はまた、スンバらしいよねえ。

・きちんとお礼状が書ける。しかも筆マメ。

・常に客間を万全の状態にしておく。

・伝統行事や、家風に詳しい。・・・等々。



オラにはできないことばかり
昭和の奥様は、素晴らしい!!
働き者で、「きちんと」してる。


んだけれど・・・。

付き合うのはなかなか大変す・・・
『自分の常識がこの世の常識だ』と、100%信じてますわ。

実母も姑も・・・


尊敬はするけども。
おんなじ生き方は、ムリだっつーの


皆様の身近な昭和の奥様は、いかがでしょうか???





そうそう。
あのお婆さん、バスに乗る時に、靴を脱がなかったか、心配です
きちんと揃えた高級靴が、ポツンと残ってたり・・・

日本に初めて鉄道が走った日のように・・・





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村







親の仕事は、心配するコト。かしらねぇ~~。

高3長男が、心配である
3年生になった途端に、彼の中で、何かが起きたに違いない。

勉強しすぎなのである・・・。


「あらやだ、自慢~~? 
 勉強するお子さん、羨ましいわぁ~。」

と、思われる方もいるかもしれない・・・


確かに、私も、我が子が次男と末っ子の2人(←勉強嫌い。)だったら、そう思ったと思うわ。



でもでも

実際に自分の子が、あまりに
『切羽詰まった感』バリバリ
で、必死こいてると、そりゃあもう、オバちゃんは・・・じゃなかった、母ちゃんは、心配よぉぉ~~~


だってね。
今日は、部活動の練習試合なんですよ。
練習試合。

なのに。
1時間以上早く行って、試合前に勉強。
試合後も、近くの大学の図書館で勉強してから帰宅する予定。

平日も、早く学校に行って、早朝勉強を始めた。
授業を終え、部活動を終えてから、1~2時間ほど図書館で勉強してるんよ


こんなに勉強して。

精神を病むのではないかしら
睡眠不足で、交通事故ったりしたらどうしましょ

こんなにやって、受験がダメだったら、この子、どうなるの
・・・・・・破滅・・・?




女の子と仲良くなったことも無し
自分で洋服買ってきたことも皆無
遊びにも行かない。
楽しむ時間が、あるように見えない・・・

生きてて、楽しい?
と聞きたいが、怖くて聞けないよぉ~~


あああ~~~
シンパイ。
特にと言えば、交通事故が心配だわ~~。



と思ってたら。
先日ランチした高校時代の同級生と、思い出話をしてた時。

「3年になった途端、こぶりんぼは、目の色が変わったよねぇ~。
 話しかけづらくなっちゃったよ。違う世界に行っちゃった感じ。
 すっごい勉強してたねぇ~(懐~)」


と、言われて(笑われて)、めちゃ驚いた


へ?ほんと?


自分では無意識だったが。
そうだったんかぁ~~。

いやあ、私と長男は、顔も何も、似てるとこが1個もない。
と思ってたけれど。
似たとこもあったんかねぇ~~~。
しみじみ。


トシ行ってから、過去の思い出を笑って話せる相手がいるというのは、楽しいだけじゃなく、発見があるわねぇ~~。



ホント、自分じゃわかんないね。自分の姿は
長男も今、自分じゃわかってないと思うわ。

ヤツが、おっさんになったら、思い出話として、笑って話してやろうかの





うって変って。
我が家のやんちゃ乱暴坊主、小2末っ子の話し・・・。


殴り殴られ事件について、先日書いた。こちら。
その日は多忙すぎて、結局担任の先生とお話しできなかったので、翌日、連絡帳に書いたわ。

「昨日はご迷惑をおかけしました。
 ご指導や傷の手当て、ありがとうございました。
 どのような状況だったのか、本人の話ではよく分かりませんが、
 今後このようなことがないよう、家庭でも気を付けたいと思いますので~~云々かんぬん。」


と、だらだら書きましたん。


末っ子担任の先生(注:長男6年生の時の担任)からの返事。

「末っ子君、長男君の、弟さんだったんですね!!
 今後とも、よろしくお願いしますね!!」






へ?それだけ??


事情とか、その辺は・・・?。いいんでしょうか
もう、追及不要、と・・・?

先生からの、短く、かつ、やけにカルイお返事・・・

「悩むな。」

という、先生からの愛のメッセージだと、受け取らせていただいたぞ。(勝手に。)



了解でござる!!!
お易いご用でィ!


今は、長男の心配に専念しろ、ということか?(胃がキリキリ。)
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村




   

B'z 「BLACK AND WHITE」 な生き方。

「白黒つけたいんだ 灰色はいらない
 勝ち負けを知りたいんだ 引き分けもいらん」


という考えって、世の中には沢山ある。



勝ち負け。
それって、本当に大事なことなの?


善悪。
そんなに簡単に、分けられるの?


ってゆう問いかけ。
問いかけ、というよりは、ズバリ、
「NO」
という答えを提示してくれる歌。
だと思う。


大好きだし、考えさせられることも多い





私達の暮らしの中には、怒りが溢れてる。
いつでもどこでも、いろんな人が、怒ってる。
私もしょっちゅう、怒ってるわ・・・バカみたいに。


怒ってる時、人は皆、

「自分が正しい。
 相手(または世の中?)が、間違ってる。」

という確信を持つ。
確信がなければ、怒れないよね。




でも。
立ち止まって考えてみると。


その怒りって、小さすぎないか?
くだらな過ぎないか?
バカバカしい、どうでもいい怒りに、囚われてるんじゃないか?




「グラスを割ったホシを探すんだろ?
 捕まえてごらんよ
 ママのミルクをこぼしたのは誰なの?
 それが知りたいんだろ?」」


という場面が、最初に提示されてるけど・・・。
どういうコトなんだろ。


本当に小さなことに、「ホシ」等と大袈裟な言葉まで使って。
くだらないことに、むやみに本気で怒ってる人間の滑稽さを、描いてるのかな。

「ママのミルク」
という言い方・・・。
怒ってる人間の幼稚さをからかってる?
幼稚な人間の、幼稚な怒り・・・?
または、マザコンオトコの、独りよがりな犯人探しの、バカバカしさ・・・のイメージ?



「磨いたばかりの愛車に傷をつけられ
 夜も眠れない」


大事なのは、自分と自分の所有物だけなんだね、キミって。
そのことで、そんなに怒りまくってるけど・・・。





こんな風に、この曲は、私達の「怒り」というものの正体を、暴く。
くだらない。
自己中。
幼稚。
怒りなんて所詮そんなものだ、と・・・。




そして、そんなちっぽけなことで怒りまくってるくせに。
大事なことは、考えない私達を痛烈に描いてるのが。

「空に穴をあけるのは誰か考えりゃ眠くなるのに」

ってとこだよねぇ~~。


稲葉さん。
よくこんな歌詞を思いつくね。
鳥肌が立つほど、スゴイナア~~、と思うわ。


この部分は、何を言いたいのかな?


「空に穴をあける」
って、オゾン層の破壊のことだよね?、きっと。
地球環境の破壊とか、そういう、本当に大切な部分には、関心持てない私達の愚かさを、描いてるんだろうかネ。



空に穴をあけてるのは、どこかの誰かじゃない。
私だし、あなたなのだ。
私たち自身が、今、大きな罪を犯しながら生きてる。
私達は、「善悪」に分けたら、「悪」なんじゃないか?みんな。


でも。
とりあえず、そのことは、考えたくないから、考えない・・・



地球や世界の話になると、興味も無くって、眠くなる。
んで。
自分の愛車や、ママのミルクのことなら、怒りまくる。許さない。眠れない。





こんな風に考えてみると。

私達って・・・

どうでもいいコトで怒ってて
大事な部分は知らんふり・・・
自分を「善」だと信じてる「悪」たち・・・?



・・・私も、そうだ

稲葉さんが描いてる通りの、くだらない人間だ。
大事な部分を、素通りしてしまう、卑怯者。


そんな自分の弱さを、イタイほど知らされてしまうんだよねぇ~~、この曲は。
だから。
好きだけど。
聴いてると、心がヒリヒリする。。。。




怒りの原因は。
周囲や他人じゃなくて、自分だ、いつだって。

「永遠に続く憂いの理由は 
 自分自身だと最期まで気づかないまま」


ここって。
ドンワナの、
「ややこしいのは 世の中じゃなくて この頭ん中」
ってトコとも、良く似てるね・・・。

全ての原因は、自分の頭の中にある・・・。



勝ち負けを知りたがる気持ち。
その底には、「自分は勝つはず」という、無意識の驕りがある。
負けると知っていたら、誰が、勝ち負けなど知りたいだろう?


All or nothing
と言いつつ、「All」だけを想定してる、愚か者。
「nothing」は、ヤダナ・・・と。



善悪に分けたいという気持ち。
これも同じだ。
自分は「善」側の人間であるという驕りがある。
自分が善で、自分を脅かす存在が、悪。
というような、みみっちい、自己愛。




ああああ~~~。
やだなあ~、そんな自分。
そんなループから、抜け出したい。


『勝ち負け』
という発想が、嫉妬を生み出し、不幸を連れてくるのか?


「くだらない犯人捜しをするより、さっさとミルクを拭け。
白黒考えるヒマがあるなら、ゴミの分別でもやってろ。

勝ち負けなんて、気にした時点で、全員負けだッ!!」



と、この曲聴きながら、自分に言い聞かせるワケです。




そして。
「THE CIRCLE」
というこのアルバム自体が、全体として。


「怒りや嫉妬の無限の連鎖から抜け出して、ただ君は君のできる小さなことを一つ、頑張ればいいのに。」

って、伝えてくれてる気もする。
愛バクも、Xも、白い火花も・・・。




うん。
頑張るね☆
稲葉さん

稲葉さんはそんなステキな生き方が、できてる人だな、と、改めて思う次第であります。





BLACK AND WHITE

グラスを割ったホシを探すんだろ? 捕まえてごらんよ 
ママのミルクをこぼしたのは誰なの? それを知りたいんだろ?

あいまいさを許せない それは時として不幸

「白黒つけたいんだ 灰色はいらない 勝ち負けを知りたいんだ 引き分けもいらん」
永遠に続く悩みのリングさ 哀しいBLACK AND WHITE

磨いたばかりの愛車に傷をつけられ 夜も眠れない
空に穴をあけるのは誰か考えりゃ眠くなるのに

何かが欠けた正義感 今に行き詰るの?

「善悪にわけるんだ はっきり線を引け 
 なんもかんも All or nothing でも全部欲しいな」
永遠に続く争いのタネさ 世界中 BLACK AND WHITE

アナタハナニイロ?

永遠に続く憂いの理由は 自分自身だと最期まで気づかないまま


にほんブログ村 音楽ブログ グループミュージシャン応援へ
にほんブログ村

闘いと、その後。

私の現在の謎は。
オトコはなぜ、こんなにも、闘いが好きなのか・・・?
というモンダイ・・・。


いや。
オトコにも平和主義者はいるし。
オンナにも、常に闘いモードの方もいる。

一概に決めつけることはできんわね。


でもでも。


息子を育ててると。
オトコって、本能的に、もう、オンナには理解不能なほど、幼児の時から闘いが好きなのだなあ~、と、驚く。
まあ、正直言って、そんな息子に、呆れるのであるわ。


たぶんだけど・・・。
オトコには、オンナの何倍も「闘いパワー」があって。
未熟な場合は、それが「暴力」となって現れる。

成熟した大人の場合は。
それが、「スポーツ」とか「研究」とか「仕事で負けたくない」とか・・・。
「人を助けて、いい世の中作るぞ~~ッ!」とか。
そういった、ステキな形で成果を生み出す・・・


闘いパワーを、プラスオーラに変えられるかどうか。
ってゆうのが、男にとっては人生決めるのかなあ~~、と思うわ。


我が家の未熟な末っ子を見てると、そんな気がする・・・


プラスパワーに変換して、ステキに輝いてるオトナ男性は沢山います。(←例:稲葉様)

が、なかなか、そんな場合ばかりでもないわね


実は今日ね。
高校の同級生2人と会って、ランチしたわ。
久しぶりに。


マシンガントークな感じで、それぞれの近況を報告し合ってると。
Aさんから、こんな報告が飛び出してきた。


「高3息子が、昨年の秋(高2の時)、夫にナマイキなことを言った。
 ウゼエ、的な。
 そしたら夫がブチ切れて。
 『親に向かって、何だ?
  ちょっと来いッ!』
 と・・・。
 
 2階で2人が殴り合いのケンカを始めた。
 しばらく経って、夫が『アイツにはもう敵わないな。』と言って戻ってきた。
 
 その後、夫があまりに手を痛がるので病院に連れてったら、骨折してたわ。
 バカじゃない
 
 しかも。
 あれから約半年。
 息子と夫は一度も口きいてないの。
 メチャメチャ雰囲気悪くて疲れる
 大人げない夫に愛想が尽きて。
 結婚指輪、外しちゃった~~。」




というような、ご報告。


ふうううう
ダメじゃん、友人夫よ。

我が家もホラ、昨日、末っ子の暴力事件で参ってたところだったから。
もう。
切なくなっちゃたわ~~


学生時代の友人なので、率直な(率直すぎる)感想を言ったわ。

「旦那さん、バカだねぇ~」と・・・。

もう一人の友人Bも、同意見だったわ。
やれやれ。
そんな旦那は、ヤダヤダ



息子にナマイキ言われてブチ切れるのは、良く分かる
ついつい殴ってしまった、そこまでも、やや分かる

半年口きかない・・・ここが、情けないね。うん。



たぶんだけど。
殴り合いで結局息子に「負け」てしまい、旦那さんは、どう振る舞っていいか、分かんなくなっちゃたんでしょうね~。

もしも、ご主人が「勝って」いれば、余裕な表情で

『これからは気を付けろよ。』

とか言って、親子の絆は深まりましたとさ~~、
  なんてゆう、都合いい展開になったかもしれないわ。



やはり人間って、
負けた時に、どのように振る舞うか
ってゆうのは、大事なのだな、と感じた次第。

負けた時に、理性あるきちんとした振る舞いができないなら、そもそも闘うなっ
と、思うわぁ~~。



そもそもそんな場合。
闘う時に「勝つ」想定しかしてないのかな?
だから、安易に、殴りかかったりするんカナ?

まあ、瞬間的には、勝つも負けるも考えないんでしょうけど・・・。
普段はどうなんだろ。


我が息子も。
友人夫も。
無意識に、「勝つ自分」をイメージしてるから、そんなに安易に『殴る』なんてゆう行為に出れるのでしょうか?



ワカラナイ。




「闘う」というコトで言うとね。
珍しく大きな話をしますとね。
「戦争のできる国へ」という動きがこの頃、感じられるじゃないですか・・・


子供を育ててる母親で、戦争しようよ、と思ってる方は非常に少ないのではないかと思う。
もちろん私も、戦争はヤダわ

戦争がいいか悪いか、憲法9条をどう解釈するか、など、問題は色々あると思うんだけど・・・。

この、「国」という大問題を見てても、正直、同じことを思うんだよねぇ~~。
息子らを見てる時と・・・。


「戦争できる国」にしたいと考えてる人って。
「勝つ」イメージしか持ってないのかな?
「闘う」ってことは、50パーセントの確率で、「負ける」可能性を引き受けるってことなのに。
負けた自分を、ちゃんと想定してる?  って・・・。


闘うこと自体が、悲しいことだけど。
もしも負けたら、さらに悲しいし、空しいし、恥ずかしい。

そんな時、毅然として、大人な行動ができるのかな?
もしも負けたら、負けの全てを引き受けられるの?

かと言って、勝ったら勝ったで。
それなりの、『勝者の責任』というものも生じるよね。
果たせるのかな?


という風に、国の方向性を見ても、友人の夫を見ても。
そして我が息子を考えても・・・。


後先考えずに闘うのは、やめてほしいよネ。
後から事態を、収拾できるの?




闘いのパワーを、本当に素晴らしいパワーとして、世の中を照らしてくれてる人も、たくさんいるのだから。
誰だってそうなれるはずなのだから。
「暴力」のレベルで止まっちゃうのは、ヨクナイよ・・・。



末っ子にも。
ステキな発揮の仕方を、学ばせてあげないとなぁ~~。


友人宅にも、早く、笑顔あふれる親子関係が訪れますように!
頑張るべきは、若者よりも、親世代でしょう。



そんなことを考え、B'zの
「BLACK AND WHITE」
を、今日は聴きました♡
明日、記事にしますね☆

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村





プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
4人の男児の母です。
長男次男は大学進学のため、家を離れました。
残るは高校生一人、中学生一人。
B'zを溺愛する母の、日々の徒然です。
よろしくね。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

リンク


にほんブログ村

フリーエリア

リンク

フリーエリア

フリーエリア