よみがえってきた、思い出2つ。

今日は。
被災地地方、大雨だとか・・・・・。
余震に雨とは。
本当に胸が痛む毎日です。

このような災害があると、普段忘れているようなことを思い出したり、昔の人を思い出したりするものですね。


私は・・・、
『地震等によって建物被害を受けて、ライフラインが止まった。』
という経験をね、2回したことがあります。

私の年齢では、「一度も経験していない」と言うラッキーな人の方が、もしや少ない???
様々な地震の他に、噴火や水害など。
この50年にも、数えきれない災害がありましたからね~。



一回目はね、
小学生高学年の時でした。
電気ガス水道は、かなり長期間とまったし。
ご近所では、流血の大怪我をしていた方もいました。
数十名の死者が出た大地震でした。


40年近く前の、その時の記憶がよみがえってきましたわ~~~。


その時。
集合住宅に住んでいた私たち家族は。
建物が危険だということで、地震後、広場に付近の住民で集まっていました。
季節は暖かく、時刻もまだ明るい時間、天気も晴れていたのが幸いでした。

近所の母親たちは、半分パニックのようにもなりながら、広場で情報交換をしたり、助け合ったりしていたと思います。


・・・・・が、しかし。


私は当時小学生。
地震の恐怖が去ると。
その状況が楽しくなっちゃったのですね。
『しばらく学校は休み』という噂で、舞い上がってたのかもしれない。


私と、近所の子たちは。
誰かが持ち出したバドミントンで、遊び始めたのでした。
けが人も出ているようなシビアな状況の中。
暇を持て余した子供たちは、キャッキャと楽しく遊び始めたというワケ。
まだまだ余震もあって、家には入れない状況でした。


そんな私たちにかまう暇もなく、母親たちは、外に集まって、あーだこーだと、情報交換やうわさ話や相互援助活動。
一番困ってる人を、周囲が支えるような関係を築き上げてたと思います。




そこに・・・。
職場から血相を変えて、父が帰宅したのです。
もちろん、ケータイもない昭和の話。
全く連絡の取れないのが、当たり前でした。

父は。
家族の安否を心配しながら、徒歩で、やっとの思いで帰って来たわけでした。



そんな父が見たのは。
ウキャウキャ笑いながらバドミントンにはしゃぐ、娘たち・・・・。


・・・こんな時。
あにゃたが父親なら、どうするッ!?



私がその立場なら、
「おおう
無事じゃったんかぁぁ。
えがったよォ。
子供の笑顔は最高じゃけん。
癒されるわぁぁ。」
と思うはずよ!


でもね!

昭和の頑固オヤジは、違ってたねえ。


まずは。
叱られました


「この非常時に、お前たちは何を考えているのか。」
と。

その後、母がひどく叱られましてん。
「この非常時に、子供たちに、バドミントンをさせておくなど、オマエは何を考えているのか。
恥ずかしくないのか。」と・・・・・。

・・・・・・

いやだね~~~~。
我が父ながら。
心の狭い男だよォ。
八つ当たりじゃないか?


なんだかんだ言って、その後、必死に食糧調達したのは母だしさ。
休校となった中学校のプールに忍び込んで、プールの水を汲んできてトイレ用水にしたのは、私ら娘たちだしさ。
なすべきことがわかれば、頑張るんよ、小学生だって。
子どもなりに家族を支えたはずよ。

それよりも、まだパニック状態の最中。
何するべきかもわからない、空白の時間帯。
そんな大災害の中でも笑えたり、楽しんだりできちゃうのが、子どもの才能というものではッ!?
と、当時の自分たちを慰めたい気分だわ~~。



あれから約30年後。
今度は「母親」と言う立場で、大震災を経験しました。



似たようなことがあったわ~~~、そういえば。



この世の終わりかと思うような、激しい揺れの後。
たまたま、我が子の小学校にいた私は、先生たちが子供たちを校庭に避難誘導するお手伝いをしていました。
女の子たちの多くは、泣いていました。
次々と迎えに現れた母親たちも、多くは泣きながら走って迎えに来ていたのです。
寒くて暗い日でした。


そんな中でも、
ふざけて騒いでるのが、高学年男子のイチブ。
見ると、うちの次男も、キャッキャキャッキャと、笑っていました。
私を見つけた、次男の友人が。
「○○(次男)が、ルフィ―の真似して、地面を拳でたたいたら、揺れたんすよ~~。
この地震起こしたの、○○だぁぁ~~!(笑)」
等と言って、ワイワイ言ってる!!


私はね、その時、男児っていいな、ってホントに思った。


だってさ。
アマリニモ悲惨な揺れでしたから。
深刻になったって、ならなくたって、どうする力もなかったのです。
どうする力もないならば、冗談言って笑って過ごしたい気もする。

でも。
既に大人になって親になっていた私は。
そんな状況の中、笑うなんてことは、できなくなっていました。
イヤな予感で、背筋が寒いだけでした。



もちろん。
息子らには、
「静かにして、先生の指示を聞こうね」
とは言ったけど。
正直、先生方だって、どうしていいかは、すぐにはわからなかったのです。
誰もが、途方に暮れていた夕方でした。


次男が校庭で笑ってたその頃。
遠い海岸では、多くの人々が津波に苦しんでいたなんて、何日もの間、私たちは知らなかったのです。




直後のパニックの中では、悪ふざけして、ゲラゲラ笑ってた次男ですが。
その後、水汲みや、食糧調達。
様々な場面で、一生懸命働いてくれました。
反抗期の最中だったけど。
家族のために、一時封印。


そして、食べ物も水も燃料もない、寒い日々。
私の夫は、一度もイライラすることもなく、子供たちにもすごく優しかった。
そして、残り少ないガソリンの入ったバイクで、あちこちに顔を出してたわ。
震災を通して、そんな夫への感謝が深まった気がするわ~~~。

父が夫じゃなくて、マジで良かったよ
父みたいなんは、いやだ
叱られるなんて、大苦手よ。




そんな、
2つの思い出を、今回の地震でふいに思い出しました。
普段忘れてた、2つの思い出。





熊本の小学生たち。
不自由だろうけど、大変だろうけど。
それでも、楽しく遊んでいますように!!!と願うわ。


にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

昭和40年代・幼い日の恐い思い出

明るい春の日差しに、白髪も増える、今日この良き日。
皆様お元気でいらっしゃいまする???


我が家は・・・。
子供4人中、2名がインフルにて高熱中。←小学生
1名が、ワケあって昨日抜歯。←帰省中大学生
夫は夫で、仕事であまりにも過重なるストレスを抱え、へろへろ・・・・。←クレーマー対応


そんな、春の陽気とは無縁な、むさくるしい、モヤモヤした、ダル~~い本日でございます。
ま、それはそれで、私は好きよ。
頑張らなくてもいいような気がする日・・・・・。
生きてるだけで十分だろう?的なね。


ところで。
年のせいでしょうか・・・・。
この頃、なんだか幼い日を思い出したりすることが増えた気がしますわ。

皆様はいかが?
え?
まだ若いのにッ失礼ねッ、ですと?
アハハ~~~。
すんません~~~





幼い頃
私は、東京近郊ではあるものの、非常に田舎っぽい、とある団地に住んでいました。
5階建ての集合住宅が、何十棟も立ち並ぶ団地でした。


赤ちゃんの頃~小学校低学年まで、過ごしたのです。
時代で言えば、そうですね、昭和40年代をほぼその地で過ごしたことになりますでしょうか・・・。

関東地方とはいえ、開発途上の、雑然とした、非常にローカルな場所であったと思うわ。
山や田んぼや畑もそこかしこに存在していたものでした。
工事現場だらけで、子どもにとって、危険だらけの街だった気がします。
正体不明の土管や穴、そんなものが色々とむき出しにされた町でしたわ~~。

ただし。
その代わり、車は圧倒的に少なかったよね。


このごろ。
もう、何十年も訪れていないその団地が、ふと懐かしくなりまして・・・。
かといって、今さら訪れても、会う人もいないかな・・・。
わざわざ訪れるまでもない。
思い出の中だけでもいいよね
・・・・と思ってたんだけど!



あッ!
そうだッ!

今なら、ネットで検索すれば、その団地の今の姿が見れるかもしれない・・・!
・・・という、ネット社会の恩恵を受けることを思いついたのです!!

今まで思いつきもしなかったわ。



んで・・・。

検索!
検索~~~!!
一昨日昨日と、検索しまくりまして。



ありましたよ~~~
ありました

山ほど画像も出てきましたし、歴史も詳しく書かれていました。
私の人生と、その団地の歴史は、ほぼ重なっていましたよ。
どちらも、約半世紀・・・・・。
50年か。

・・・・・・そりゃあ、ガタが来る頃ですな



でもね。
何枚もの画像を見て、
「昭和40年代の○○団地」
という白黒写真も発見し。
本当に嬉しかったのでした。


ああ
私が幼い日を過ごしたあの町は、実在してたのね。
マボロシじゃなかった・・・・!という思い。

それは。
私の持ってたイメージと、大きくは変わらない風景でした。
ただ、あの頃よりも緑は濃くなり、しっとりとしたいい感じになってたようにも見えました。



ところで!
そんな懐かしの風景を見て、私の記憶の蓋が少々開いたのですが・・・・・。


私のかすかな記憶によると・・・・。
当時、関東の山方面の、開発したての田舎町だったその辺り。

野犬だらけ
だったんですよーーー


迷子犬?
いえいえ。
捨てられた飼い犬?
いえいえ。
そんなかわゆいものじゃなく。
オオカミのような、野生の恐ろしい大きな犬たちが、唸りながら、5~6匹で群れを作って徘徊していたのです。

怖い怖い存在だった。。。。。
もちろん、子どもが噛まれた!という事件は起こってたと思います。よく知らんけども。



たまに・・・。
私たちが公園で遊んでいると・・・・。
野犬の群れがやってくるのでした。
その恐怖と言ったら
今の私だったら、絶対に、ちびってるわッ!

私ら子供たちは、ジャングルジムや、ブランコの棒などによじ登り、群れが去るのを震えて待つのでした。
大人たちは、きっと、気づいてもいなかったと思う・・・・。
町中、子どもだらけでした。
大人の目などなかった。




その後
数回の引越しをしました。
が、その後は、東京近郊ではなく、地方都市に住んだのです。
それらは皆、古い城下町のような街でした。
そして、それ以来、野犬の群れなど出会ったことはありません。

もちろん、そんな地方都市でも。
昭和の頃は、普通の野良犬は、たまに歩いていました。
でもあの、恐ろしい野性味を携えた、大型野犬の群れに遭遇し、命の危険に脅えるようなことは、なくなったのですわ~~~。
存在してなかったと思います。



んで。
今になって不安なんですよ~~


あの、恐ろしい野犬の群れは、ホントに実在したの?
それとも、私の夢の中の出来事なのか?
という点について。

・・・ワカラナイッ



夢かもしれませぬ・・・・・



昭和40年代・・・・・。
中途半端に開発され途中の関東のカタスミには、結構いたのでしょうか!?
どなたか経験者の方がいましたら、教えてほしいものですわーーー。

その後、様々な人々の努力のお陰様で、動物たちは保護され、子供たちも守られるようになったのでしょうか・・・・?




幼い日の印象的な出来事って・・・。
後から思うともう、夢なのか、事実なのか、ワカラナイね・・・・。
共有できる相手がいればいいけどね。
自分だけの記憶だと、本当なのかどうか自信が持てなくなる・・・・・というものですわね?




昨日は。
ネットで、私が数年間だけ通っていた小学校のホームページも見つけました。
当時、一学年が10クラスあった学校でしたが。
時代の流れですね。
今は2クラス規模の、小さな小学校になっていたのでした。


うわ~~~。
今は、なんか、タイムスリップの旅から帰還したような気分だわあ。
素敵な時間でしたよ♪

私たち家族が住んだ、304号室に、今も誰かが住んでいる・・・という不思議。
幸せな誰かでありますように。

昭和の時代にはもう、正直、戻りたくもないけれど。
幼い自分の目や心が見た風景というのは、きっと、奥深くで人間を形作ってるんだろうね~~~。
あんな危険な環境で子育てって、親も大変だっただろうな~~~。


他にも、いろんな景色を思い出したひと時だったわーーー



またね




にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村










バースディプレゼント……

母は、半身不随の身になった今も、欠かさず、私の誕生日には何かしらプレゼントをくれる。
親の愛じゃの…


今年も、誕生日の数日前に
「何が欲しい?」
と聞かれ、迷わず、
「米!!」
と答えたわ。


で、母は宅配の生協に注文して、米を取り寄せてくれて、先日プレゼントしてくれたのだけど。


なんと。
それが。
新潟の、コシヒカリだったのよ~~

でね。
ここ数日、我が家はコシヒカリを食べてるんだけど。

おいッしぃ~~~~っ!!!!!!

んもう。
スゴイわ。
美味しいわ。
モチモチの、ツヤツヤの、ピカピカだわ~~~~

わたくし、最ッ高の食生活を送っとります~~~

ご飯が美味しいと、もう、それだけでいい感じだよね。
お味噌汁と、漬け物とかあればもう、完璧だッ!




さて。
誕生日プレゼントと言えば、どなたにも、いくつかの忘れられない思い出があるんじゃなかろうか…。


私にも忘れられない思い出があるよ


あれは、私が確か、中3の時。

3つ上の兄が、私の誕生日に、ブランド物のステキなシャツを買ってくれた。
「これからは、少しオシャレしな。」
的な言葉をもらったよ。

兄から服なんて、初めてだったし。
親が買ってくれるのとは全然違う、流行のカッコイイブランドだったのが、感激だった。

親は当時、私に「フリフリ」っぽい服を着せたがってたからね。
兄の買ってくれたのは、メンズっぽい感じでね。
高そうだしね。
「おおおッ! ありがとう。」
って喜んだよ。



…と、ここまでは、『ちょっといい話』なんだけど。
続きがあるんよ。
コワイコワ~イ、続きがの…


兄と私の間には、実は姉もいる。
兄から見たら、妹が2人いるわけね。
私が末っ子。


で、その数ヵ月後の、姉の誕生日のこと。

兄が姉にあげたプレゼントをあけると…。

なんと!!。

中には。
デパートの包み紙と、ハサミが入っていたの。

兄は、姉に向かって、

「紙吹雪セット。
 紙を、自分で細かく切って、自分にふりかけな。
 あ、ハサミは後で返してね。」


ですと


姉が怒ったさ~~~~ッ

「なんで、こぶりんぼがブランドシャツで、私が紙吹雪セットなの!
 しかもセルフサービスッ!!??

「どうせ、こぶりんぼだけがかわいいんでしょ!!」

「何よっ、フンッ


もともと、口の悪い、カッとなりやすい、怒りんぼな姉なんよ。


でもさ。
誰でも怒るよね、これ…


兄、ひどッ




あれから30年以上経ったけど。
いまだに兄弟関係の基本は、あの頃と変わらないかも…

天然で、無配慮な兄。

毒舌で、短気な姉。


親ってものは、子供たちになるべく公平に接しようとか何とか、一応気を配るけどね。
兄弟姉妹は、配慮もなんも、ないからね。
怖いわよねぇ~~~



世間でも、相続や介護で、兄弟というものはよくモメるものだけれど。
子供時代から、そんなこんなを積み重ねてるからね。
そう簡単には消せないよね。
恨みや怒りは。


我が家の息子達も、親の私が知らない所で、お互いに愛憎を繰り広げてるのかしら~~~。

知りたくないわ…




プロフィール

こぶりんぼ

Author:こぶりんぼ
毎日毎日、B'zをBGMに4人の男の子を育てています。
育児は好きですが、家事は苦手。

よろしくお願いします☆

最新記事

最新コメント

カテゴリ

フリーエリア

リンク

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

フリーエリア

フリーエリア